m3.com トップ>記事検索結果

「持参薬」の検索結果

  • 医師の66.2%が「勤務状況の改善必要」

    カテゴリー:医療維新 5月31日

    置しているのは63.3%。医師の負担軽減や医療の質向上への効果は、「患者からの情報収集(投薬歴、持参薬など)」や「医師への処方や服薬計画等の提案」など5項目全てで、「とても効果がある」と「効果がある」との回答を合わせて80%以上に上った。
  • ワーファリンなどの取り違えに警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月30日

    、歩行困難となり、2日経っても症状が改善しないため外来を受診し、脱水状態で入院となった。入院後に持参薬を確認したところ「ワーファリン錠1mg3錠 1日1回夕食後」と記載された薬袋に、ラシックス錠40m
  • A1c高値の糖尿病患者、手術可否は?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月24日

    の血糖コントロール、血糖不安定性はないかの確認も必要です。低血糖を患者自身が自覚できるか、また、持参薬などが多くありますので、そこはしっかりと把握しておく必要があります。手術法式に関しては待機的か緊急
  • DPC病院、「高度な内科系技術」も評価

    カテゴリー:医療維新 2015年12月11日

     これらの係数のほか、一定の入院期間を超えた場合に出来高算定に切り替えるルールをはじめ、運用の見直しも行う。議論になっていた「持参薬」については、「特別な理由がない限り、使用不可」という現行ルールを継続するが、「やむを得ない理由が
  • DPCのアップコーディング防止、一定の成果

    カテゴリー:医療維新 2015年11月21日

    改定における、DIC(播種性血管内凝固症候群)へのアップコーディング防止、再入院ルールの見直し、持参薬の制限など、4つのDPC算定ルールの見直しが、一定の成果を挙げていることが示された。いずれも、今後も継続する方針。
  • 業務の2割は「医師でなくても可」◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2015年10月15日

    <検査・投薬関係> 過去の薬の再処方。検査指示。 検査オーダー、検査についての説明 検査伝票作成 定期薬の処方や持参薬の管理 便秘薬等一部の薬剤の処方 指導管理料に含まれる定期的な検査の指示 <療養関係や患者対応> セカンドオピニオンの補助
  • 「動脈穿刺採血」も看護師業務◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年9月11日

    薬剤投与の種類が増えた 医師立会いでの危険薬投与 腎代替療法選択支援 内服管理 定期的な処方せんの発行 内服薬の持参薬確認業務(夜間入院) 処方指示切れ確認の回数が増えた 薬剤投与(例えば、抗がん剤投与など)の複雑化
  • 持参薬NGの影響調査、DPC病院

    カテゴリー:医療維新 2015年7月24日

    DPC病院を対象として、持参薬の取り扱いについての調査を実施することを決めた(資料は、厚生労働省のホームページに掲載)。月内をめどに実施する。2014年度診療報酬改定時に持参薬の使用が原則禁止としたこ
  • 処方適正化で年400万円の削減効果

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年6月19日

     当該薬剤を完全に排除することはできていなかったものの、入院時持参薬では1日平均7.60だった薬剤数が、退院時処方薬では6.01まで低減していた。一方、入院時持参薬で17%だった後発医薬品の使用率が退院時処方薬では
  • 新有害事象に「薬剤誘発性褥瘡」を提唱

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年6月17日

    認めた。各種検査結果などからは、歩行可能な患者の褥瘡発症につながる手掛かりは得られなかった。  持参薬を確認したところ6剤を服用していたが、BZD系眠薬のトリアゾラムの薬袋には介助していた夫の氏名が書
  • 500床以上の長期処方制限、例外は7分類

    カテゴリー:医療維新 2014年3月5日

    合)、(7)1から6の内服薬と併用する健胃消化剤(1から6の疾患に用いた場合)――だ。  DPC持参薬、次回改定の検討課題  今改定では、DPC対象病院では、「入院の契機となった傷病」の治療に用いる薬
  • DPC、持参薬はNG、再入院も厳しく

    カテゴリー:医療維新 2014年2月1日

    見なす」再入院のルールを、「7日以内」に延長する。持参薬についても、入院中に使用する薬剤を外来処方し、患者に持参させている医療機関があるため、「持参薬を、入院の契機となった傷病の治療目的に使用すること
  • DPCの改正、「公平」「適切」が主眼

    カテゴリー:医療維新 2013年12月26日

    度、「同一診療科の疾患」に拡大する提案をし、反対意見はなかった。  入院時の持参薬の問題についても明確に規定するため、持参薬を原則禁止とし、特段の理由がある場合は診療録に記載することとした。 新指数で後発品の使用促進
  • DPC病院のモラル・ハザード対策が主眼

    カテゴリー:医療維新 2013年12月14日

    の、方向性についてはおおむね認められた。  「算定ルールなどの見直し」では、持参薬の問題についても明確に規定するため、持参薬を原則禁止とし、特段の理由がある場合は診療録に記載することとした。  中川氏
  • DPC、「持参薬」入院にメス入る?

    カテゴリー:医療維新 2013年9月25日

    から悪いということではなく、傾向を把握するための調査」と説明。全日本病院協会会長の西澤寛俊氏は、持参薬がDPC算定ルール上問題ないことを厚労省に確認した上で、厚労省が作成した調査概要の説明資料が「否定的な書き方になっている」と指摘した。
  • 「薬剤師外来」の導入を求める声も◆Vol.9-1

    カテゴリー:医療維新 2013年5月2日

    ・手術前の薬剤は全て薬剤師に任せた方がよい。外来で医師が確認しているのは不十分で、手術をした方が効果的。 ・持参薬管理の実施。Do処方の支援。 ・入院前の処方調整。 ・副作用の早期発見。 ・副作用を疑った時の検査オーダー。
  • 定時前にPHSを切っている◆Vol.6-1

    カテゴリー:医療維新 2013年4月25日

    ・専門領域以外の知識はほとんどなく、薬剤にいたっては、「知らないし、知らなくても良い」と考える医師が意外と多い。 ・持参薬鑑別報告書で、同成分の薬剤が院内採用されていない時、医師は他科の薬の知識がないため、薬剤師が記入し
  • 「500床未満」の外来縮小を外す、要件変更

    カテゴリー:医療維新 2012年2月2日

    た。  一方、日本薬剤師会常務理事の三浦洋嗣氏は、「急性期病棟と同様に、療養病棟や精神病棟でも、持参薬の確認や服薬指導などの業務がある。既に精神病棟でも、(病棟薬剤業務実施加算の要件に相当する)業務を
  • 薬剤師の病棟薬剤業務、加算新設で評価

    カテゴリー:医療維新 2012年1月27日

    、業務量的な違いはあるものの、「病棟薬剤業務の必要性については、病棟による差はない」とし、例えば持参薬の管理や腎機能低下した患者での薬剤選択への関与など、療養病棟に特徴的な病棟薬剤業務があるとし、各病棟での算定を求めた。
  • 「一度は心が折れた」、JMAT医師が報告

    カテゴリー:医療維新 2011年3月16日

    的な財政支援――の3点の必要性を訴えた。 現地報告する日医災害救急対策委員会の永田高志氏。  「持参薬がなく、パニックを来しそうな人も」  永田氏は、地震当日の3月11日は福岡で仕事していた。JMAT
  • チーム医療推進のカギは「人数か、意識か、制度か」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2009年10月14日

    で、(1)抗菌薬処方支援チーム、(2)循環器チーム、(3)がん化学療法チーム、(4)病棟における持参薬の管理・服薬計画の提案、といった分野での活動を紹介した。  「病院組織を変えることがチーム医療推進のカギ」