m3.com トップ>記事検索結果

「救急医療管理加算」の検索結果

  • 加藤厚労相「新内閣、新型コロナ対応が1丁目1番地」

    カテゴリー:医療維新 9月15日

    り検査を受ける場合に公費負担分の2分の1を国が負担し、51億円を充てる(『新型コロナ受け入れ救急医療管理加算5倍、4750点算定可に』参照)。  COVID-19対応には直接当たらない医療機関への支援
  • 新型コロナ受け入れ救急医療管理加算5倍、4750点算定可に

    カテゴリー:医療維新 9月14日

    治療室管理料などが算定できない一般病棟で、「中等症II」以上の臨床像の患者を受け入れる場合に救急医療管理加算の5倍相当、1日4750点を算定できるようにすることを承認した。近く適用される(資料は厚生労働省のホームページ)。
  • 重症・中等症で診療報酬3倍決定、新型コロナ対応

    カテゴリー:医療維新 5月25日

    重症では特定集中治療室管理料などを算定する病床に入院している場合の評価を3倍とし、中等症では救急医療管理加算の3倍相当2850点を加算できるようにする。5月26日から適用する予定(資料は厚労省のホームページ)。
  • 次回改定への課題、医薬品フォーミュラリー - 幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 5月12日

    。療養病棟入院基本料は一本化をして、介護医療院への速やかな転換を図っていく必要があります。「救急医療管理加算」は今改定で算定患者がより精緻化され、分析が可能になるので、その実態を踏まえて次回以降、さらに見直す必要があります。
  • 「新型コロナ対応PICUやNICU の点数も2倍に」、日医が要望

    カテゴリー:医療維新 4月22日

    対応がなされたことは評価できる」との受け止めを示した。  第二は、中等症以上の患者について、救急医療管理加算の2倍相当の加算、2類感染症患者入院診療加算に相当する加算が算定できるようになった点。「危険手当的な対応は評価できる」。
  • 入院料を2倍に、ECMO等が必要な新型コロナ患者対象

    カテゴリー:医療維新 4月17日

    厚い対応を行う(資料は、厚生労働省のホームページ)。  中医協総会は4月8日に、一般病棟での救急医療管理加算を14日間まで算定するなどの措置を行った(『新型コロナ疑い患者の外来診療で院内トリアージ実施
  • 新型コロナ疑い患者の外来診療で院内トリアージ実施料、中医協

    カテゴリー:医療維新 4月8日

    来診療で院内トリアージ実施料300点を算定可能とし、入院を必要とする患者への診療の評価として救急医療管理加算950点を特例的に14日間まで(通常は7日間)算定できることとするなどの対応を了承した。厚生
  • 急性期一般入院基本料、重症度割合は1%引き上げ

    カテゴリー:医療維新 2月7日

    で8の「救急搬送後の入院」の評価期間を入院後2日間から5日間に延ばす。必要度IIでは入院日に救急医療管理加算1か2、または夜間休日救急搬送医学管理料を算定する患者で入院後5日間を評価対象とする。B項目
  • 支払側、旧「7対1」で35%要求

    カテゴリー:医療維新 1月15日

    ◆内科の重症患者を含め、救急の患者を適切に評価するため、以下の項目を算定する患者を対象に追加する。 ・A205 救急医療管理加算1及び2 ・B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料 ◆認知症・せん妄患者の対応を評価す
  • 救急医療管理加算、抜本改革は「次回改定で」

    カテゴリー:医療維新 2019年12月4日

    2次救急医療を担う医療機関を診療報酬で適切に評価するよう、診療側が中医協総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で求めていたことについて、2020年度診療報酬改定にはデータ収集などが...
  • 2次救急を評価する診療報酬が必要

    カテゴリー:医療維新 2019年10月25日

    適切に評価するよう求めた。現在は、緊急に入院が必要な重篤な患者に対する医療提供の評価として「救急医療管理加算1(900点)」と「同加算2(300点)」を設けているが、加算1の算定要件として求める患者像
  • 虫垂切除の救急医療管理加算1で通知

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年10月8日

     社会保険診療支払基金はこのほど、入院当日の虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)を実施した患者に対し、救急医療管理加算1の算定を認めるとする審査情報提供検討委員会の第21次審査情報提供事例(医科)を公表した。
  • 日病協、電カルの将来像「議論白熱」

    カテゴリー:医療維新 2018年10月19日

    入院料改定の影響度、2019年3月に調査結果報告』を参照)。日病協の診療報酬実務者会議では、救急医療管理加算についての要望書を11月の代表者会議でまとめる予定で、「加算1」が認められるかどうかのばらつ
  • 医師等の専従要件緩和、経営的メリット大 - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2018年3月21日

    度の在り方については、最優先で検討する必要があります。  今回は整理できず、手つかずになった救急医療管理加算も同様です。今改定に向けた議論でも、各項目を数値化して評価を試みたものの、現状で加算を請求し
  • 病院団体、入院医療の再編を評価

    カテゴリー:医療維新 2018年2月8日

    を評価することや、医師の働き方改革で短時間勤務職員の常勤加算や専従要件緩和を評価する一方で、救急医療管理加算の見直しが行われなかったことについては、「次期改定に向けこの評価をきちっとしていただきたい。非常に大きな課題だ」と述べた。
  • 「重症度、医療・看護必要度」の定義・判定基準を一部変更

    カテゴリー:医療維新 2018年1月10日

    危険行動」のいずれかに該当している患者』を追加 「A8 救急搬送後の入院」について、定義を「A205 救急医療管理加算1」の算定対象に変更 「C18 開腹手術」の所定日数を5日→4日へ変更 ◆見直し案2 『「A
  • 「7対1」と「10対1」を一体系に、段階的評価導入を検討

    カテゴリー:医療維新 2017年11月28日

    1点以上を併存する場合は該当患者に追加する、(2)A項目の救急搬送後入院(2日間)について、救急医療管理加算の算定患者(2日間)へ見直す、(3)C項目の開腹手術について、所定日数を短縮する。 また、評
  • 入院医療と食事療養の給付に係る調査項目決定

    カテゴリー:医療維新 2017年5月18日

    期滞在手術基本料および総合入院体制加算の評価の在り方について、(3)救急患者の状態を踏まえた救急医療管理加算等の評価の在り方について――を聞く「病棟調査票(A票)」を、後者には療養病棟入院基本料等の慢
  • 「再診後」「土曜の時間外」の緊急入院、評価か

    カテゴリー:医療維新 2015年11月4日

    時のみ)の要件を見直し、例えば「土曜日の時間外」や「再診時」なども算定可能とするか、(2)「救急医療管理加算2」(400点)の算定患者のうち、脳梗塞でt-PA施行、狭心症などで緊急に冠動脈検査・治療が
  • 特定集中治療室管理の届出進まず 、人材確保できず

    カテゴリー:医療維新 2015年3月20日

    果検証部会では、2014年度と2015年度に2カ年で、計12項目について検証の進めており、「救急医療管理加算等の見直しによる影響や精神疾患患者の救急受入を含む救急医療の実施状況調査」では、臨床工学技士
  • 「7対1」施設基準の厳格化、影響を調査

    カテゴリー:医療維新 2014年10月23日

    定に向けた医療経済実態調査の実施、2014年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査のうち、「救急医療管理加算等の見直しによる影響や精神疾患患者の救急受入を含む救急医療の実施状況調査」「夜間の看護要員の
  • 訪問診療の減額の影響、優先的に調査

    カテゴリー:医療維新 2014年5月14日

    (6)適切な向精神薬使用の推進や精神疾患患者の地域移行と地域定着の推進等を含む精神医療の実施状況調査 ※ (7)救急医療管理加算等の見直しによる影響や精神疾患患者の救急受入を含む救急医療の実施状況調査 ※ (8)廃用症候
  • かかりつけ医評価の第一歩 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年3月11日

    かった。今回は、やみくもに上げたわけではなく、人員配置に手厚いところが上がっている。  あと救急医療管理加算。(算定対象の「その他」の)「コ」の点数を、「ア」から「ケ」の50%に減額した。その影響を非
  • 救急医療管理加算、不適切事例の排除へ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月6日

    、厚生労働省のホームページに掲載)。  厚労省は、緊急入院が必要な重症患者に対して算定する「救急医療管理加算」(入院日から7日間、1日で800点)について、対象とする重症患者を見直す方針を示した。同加
  • 急性期医療主体病院では3%超の増加、板橋中央総合病院グループ

    カテゴリー:医療維新 2010年4月22日

    31%増)、4800億円の医科の改定財源のうち、4400億円が入院医療に充てられた。それを反映した結果となっている。  「救急医療管理加算」「急性期看護補助体制加算」の寄与大  急性期医療主体の病院については、平均では2.1%増。
  • 入院の改定案を提出、救急・入院基本料・有床診・勤務医負担軽減など

    カテゴリー:医療維新 2010年1月27日

    アユニット入院医療管理料は評価を引き上げ、要件を緩和。二次救急医療機関を評価する救急医療管理加算・乳幼児救急医療管理加算は評価引き上げ。入院時医学管理加算は「総合入院体制加算」に改称。救急医療機関に入