m3.com トップ>記事検索結果

「新薬」の検索結果

  • 2020年度薬価制度改革の骨子(たたき台)、おおむね了承

    カテゴリー:医療維新 12月13日

    万円を超え、著しく高額な場合には、補正加算の額を抑制する。  革新的新薬を評価する新薬創出・適応外薬解消等促進加算の企業指標に「革新的新薬の収載実績」が加わるなど、新薬創出へのインセンティブとなる改革があるものの、効能
  • 新薬創出等加算の充実求め、再算定強化には反対

    カテゴリー:医療維新 12月6日

    )発注の医薬品を巡る卸4社の談合疑惑で業界が揺れる、日本医薬品卸売業連合会は欠席。  製薬団体は、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の品目要件の拡大など、⾰新性・有⽤性の高い医薬品の評価を求めた一方、予
  • 遺伝子パネル検査、「2倍以上市場規模拡大」なら引き下げ

    カテゴリー:医療維新 11月27日

    市場拡大再算定がある。最近は、免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大などで対象になるケースがある(『新薬14成分33品目の薬価了承、費用対効果評価の対象は2成分』を参照)。  医療機器や体外診断用医薬品
  • 革新的新薬の開発、薬価制度がさらに後押し

    カテゴリー:医療維新 11月22日

     厚生労働省は、2018年度に実施した「薬価制度の抜本改革」で、新薬メーカーの動向との関連で掲げた「長期収載品に依存するモデルから、より高い創薬力を持つ産業構造への転換」との方針に沿った取り組みをさら
  • 新薬14成分33品目の薬価了承、費用対効果評価の対象は2成分

    カテゴリー:医療維新 11月13日

    算定の対象とし、薬価を17.5%引き下げることも了承した(資料は、厚生労働省のホームページ)。  新薬のうち、費用対効果評価の対象となるのは、精神神経用剤(うつ病・うつ状態用薬)のトリンテリックス錠(
  • FDA承認新薬、25%が公的資金支援研究から

    カテゴリー:海外ジャーナル 11月13日

     2008-17年に米国食品医薬品局(FDA)が承認した新規化合物を含有する新薬248品目を対象に、後期開発段階での公的機関からの資金支援への依存度をコホート研究で検討した。  その結果、19%が公的
  • RWDでの既存治療評価でネガティブ・スタディ - 康永秀生・東大臨床疫学・経済学教授に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 11月4日

    ――リアルワールドデータ研究やRCTは例えば10年後、どのような役割分担になっていくとお考えですか。  新薬の治験では、RCTが絶対必要です。リアルワールドデータではプラセボ効果を除外できないからです。RC
  • 新薬の製造原価「開示度、不十分」

    カテゴリー:医療維新 10月24日

    、原材料費や製造経費、営業利益率、流通経費などを積み上げて薬価を決める「原価計算方式」の対象になる新薬のうち、既存治療に比べて有用性などが高い場合、製造原価に関する資料の開示度に応じて補正加算を調整す
  • EMA承認の抗がん剤にバイアスリスク

    カテゴリー:海外ジャーナル 10月18日

     欧州医薬品庁(EMA)が承認したがん治療薬のピボタル無作為化比較試験54件(承認新薬32種類)を横断解析で検討し、試験デザインの特性、バイアスリスクおよび報告の妥当性を解析した。  対象とした試験5
  • 血液疾患治療の未来と展望【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月16日

    えるべき白血病治療の基本」。最終回では、分子標的薬によって一気に進化した白血病治療の現状や、次なる新薬とその展望を紹介する。 前回の記事 『研修医が押さえるべき白血病治療の基本』 はこちら 血液疾患も免疫療法で治療する時代に
  • 薬のフォーミュラリーで医療の標準化を

    カテゴリー:医療維新 10月14日

    management team)があり、Local Formularyのアップデートや質の向上、新薬費用対効果の解析や採用の可否、地域内の病院や地域総合診療専門医(GP)との処方についての連携や相談
  • 新薬創出等加算、「先駆け審査」品目なら追加か

    カテゴリー:医療維新 10月9日

     中医協・薬価専門部会(部会長:中村洋・慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)は10月9日、新薬創出・適応外薬解消等促進加算制度について議論、「先駆け審査指定制度の対象医薬品」の追加には異論が出なかっ
  • デジタル療法、指針と医師の対応が適正使用のカギ

    カテゴリー:医療維新 10月8日

    App」を説明したのは、共同開発者である東京大学医学部附属病院検査部助教の佐藤雅哉氏。C型肝炎は画期的新薬の登場で治療が可能になっている一方、肝がんで現在増加している一つが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)由来のもの。
  • 第20回 主役降板!? ESC/EASDガイドラインを読み解く

    カテゴリー:臨床ニュース 10月2日

    すが、新剤を単独第一選択薬とするのは臨床的にうなずけない印象です。 (2) 薬価も無視できません。新薬の費用対効果はまだ不明ですし、医療費の高騰は通院中断の主要なファクターです2)。注射薬への抵抗感も
  • 後期高齢者の自己負担、半数近くが「2割」求める

    カテゴリー:医療維新 9月29日

    の先進医療は全て自己負担とする。【開業医】 ・医師がメーカーや卸に気を使い過剰に薬を使いすぎだし、新薬ばかりも問題。先発の選択をする人は7割くらいの負担にする。風邪に一律に抗生剤を出す問題医師がいまだに多いのも問題。【薬剤師】
  • 医療は「権利」それとも「贅沢なもの」?

    カテゴリー:医療維新 9月15日

    れ、標準化されていないことに違和感を覚えた。例えば大規模なマーケティングの効果もあり、昨シーズンに新薬であるゾフルーザが従来の定番薬を抑え、抗インフルエンザウイルス薬の売り上げ1位を獲得したことは記憶
  • 薬価制度改革へ、個別の検討開始

    カテゴリー:医療維新 9月12日

    評価」を取り上げ、論点を示した。算定方式については、再生医療等製品の価格算定のほか、「配合剤」と「新薬創出等加算対象品目を比較薬とする場合の薬価算定」ごとに検討を求めた。イノベーションの評価では、「効
  • 第5回 PSA検診の行方―ERSPC最新結果を解説

    カテゴリー:臨床ニュース 9月11日

     大規模なRCTを実施する際に、対照群の検診受診のコンタミネーションはできる限り低く抑えたいのですが、新薬の臨床試験と異なり、PSA検診は特に欧米では既に広く普及していること、また簡単に日常的に検査可能な
  • 「規制、厳格になりすぎ」「前近代的な手法、終止符を」

    カテゴリー:医療維新 9月8日

    手段(具体的にはAIを介した配信)に取って変わられるのではないか。(勤務医) 勉強会という意味での新薬の流布などは有意義と思うが、医局の前に待機するは、やめていただきたいですし、勤務時間の無駄。言うな
  • 国内初の遺伝子治療薬、9月4日から保険適用へ

    カテゴリー:医療維新 8月28日

    と指摘。「こういう企業に対し厚労省は今後、どのように対応するのか。薬創出・適応外薬解消等促進加算(新薬創出等加算)の対象企業から外すのかなどを聞きたい」と質問した。  これに対し厚労省保険局医療課薬剤
15