m3.com トップ>記事検索結果

「日本医学会連合」の検索結果

  • 「二次医療圏に1台手術ロボ」地域医療の維持にオンライン手術導入へ

    カテゴリー:医療維新 9月20日

     日本医学会連合が9月19日に開催したメディア懇談会で、日本医学会・医学会連合副会長で日本外科学会理事長の森正樹・九州大学大学院医学研究院消化器・総合外科教授が講演し、地域医療の維持のためのオンライン
  • 脳心血管病予防管理チャート2019を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 5月24日

    ャートは2015年版の改訂版で、日本疫学会、日本高血圧学会、日本循環器学会などの関連学会と、日本医学会連合、日本医師会の合意のもとに発行。健康診断等で偶発的に脳心血管病リスクを指摘され来院する患者を対
  • 第30回総会閉会、学生5000人を含め約3万人が参加

    カテゴリー:医療維新 4月29日

    で開催された第25回から数えると実に24年ぶりの東京での開催となる」と語った。  その上で、日本医学会連合の中に設置された日本医学会総会在り方委員会が2018年にまとめた総会の目的として、(1)日本医
  • 齋藤会頭講演、テーマは「医学・医療と生老病死」

    カテゴリー:医療維新 4月27日

    年はコ・メディカルの参加が増えたのが特徴。日本医学会の加盟は現在132学会。2014年には、日本医学会連合という名称で法人化。  次いで「急激に変化するわが国の社会環境」として、ゲノム医療、再生医療な
  • 日本医学会、子宮移植の倫理に関する検討を開始

    カテゴリー:医療維新 4月8日

    飯野 正光 日本大学医学部特任教授/日本医学会副会長 市川 家國 信州大学医学部特任教授/日本医学会連合研究倫理委員会委員長 苛原  稔 徳島大学大学院医歯薬学研究部長/日本産科婦人科学会倫理委員会委員長
  • NIPT実施施設の改定案で意見募集

    カテゴリー:臨床ニュース 3月15日

    年3月24日で、同学会の専用フォームにて受け付けている。  NIPTについて、現行指針では、日本医学会連合が認可した大学病院など92施設(2018年7月現在)のみで実施可能。その施設要件としては、産婦
  • 「現状を国民に知らせて世論作れ」保団連

    カテゴリー:医療維新 2018年10月19日

    まう例がある」などと実情を述べた。 医師は「圧倒的に足りていない」  医師の働き方改革では、日本医学会連合「労働環境検討委員会」委員の本田宏氏が、「地域医療の確保のためには人的支援、財政的支援が必要。
  • 社会医学系の専攻医、2年目も100人超え

    カテゴリー:医療維新 2018年10月12日

     社会学系専門医協会は、2015年9月に設立され、2016年12月に法人化。社会医学系の各学会、日本医師会、日本医学会連合など計14の学会・団体から成る。社会医学系専門医の養成は、2017年度からスタートした。制度開
  • 「持続可能な最善のがん医療」、実現できる医療費制度とは?

    カテゴリー:医療維新 2018年10月7日

    川雄光氏、日本臨床腫瘍学会理事長で、神戸大学腫瘍・血液内科教授の南博信氏のほか、日本医師会、日本医学会連合、日本製薬団体連合会、行政、患者、メディアなど、さまざまな立場が加わった。  森氏は、人口減少
  • 質問に速やかに回答できず、不信感に - 寺本民生・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2018年9月17日

    。 ――ではあえて「火中の栗」を拾ったのは、なぜでしょうか。改めてお聞かせください。  私は日本医学会連合の理事も務めており、医学会の皆が「専門医を養成するためには、日本専門医機構が必要」と思っていま
  • 専攻医採用、2019年度も5都府県のシーリング継続

    カテゴリー:医療維新 2018年8月27日

    修プログラムから優先的に削減を依頼する。8月27日に開催した記者会見で、理事長の寺本民生氏(日本医学会連合理事)が明らかにした(資料は、同機構のホームページ)。 日本専門医機構理事長の寺本民夫氏。  
  • 2019年度、東京の専攻医5%減が努力目標

    カテゴリー:医療維新 2018年8月4日

    など柔軟に対応する構え。  同日の理事会後に理事長の寺本民生氏(帝京大学臨床研究センター長、日本医学会連合理事)らが記者会見を開き、明らかにした。2019年度研修開始の専攻医募集の受付開始時期について
  • 日本専門医機構の新理事長に寺本民生氏、副理事長は兼松・今村両氏

    カテゴリー:医療維新 2018年7月20日

    った。  前期(第2期)の執行部の3人は、日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議が推薦母体。これに対し、今期(第3期)は、寺本氏は日本医学会連合、今村氏は日本医師会がそれぞれ推薦母体で、兼
  • 吉村理事長、松原・山下副理事長が交代、日本専門医機構

    カテゴリー:医療維新 2018年6月29日

    【日本専門医機構の理事】(敬称略)、★:新任 設立時社員およびそれに準じる社員:各2人、計8人 日本医学会連合:寺本民夫(帝京大学臨床研究センター・センター、日本医学会連合理事)★、南学正臣(東京大学腎臓・内分泌内科教授) 日本医師会
  • 日本専門医機構の新役員の選考開始、6月末に決定

    カテゴリー:医療維新 2018年6月6日

     日本専門医機構の役員の任期が今月末で満了するのに伴い、役員候補者選考委員会の第1回会議が6月6日に開かれ、委員の互選により、日本医学会連合副理事長の森正樹氏が委員長に就任した。同委員会は月内に2回開催、理事と幹事の候補者名簿を作成、
  • 消化器内視鏡専門医、日本専門医機構認定のサブスペに

    カテゴリー:医療維新 2018年5月18日

    理事決定、医学会連合枠は1人未定』を参照)。「役員候補者選考委員会」は、同機構設立時社員等(日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会)の4団体推薦が各1人、内科系社員学会推
  • 医学生の医行為、27年ぶりに改訂へ、パブコメ経て決定

    カテゴリー:医療維新 2018年4月25日

    先立ち実施された、「医学部の臨床実習において実施可能な医行為の研究」(主任研究者:門田守人・日本医学会連合会長)による調査では、「前川レポート」で定めている医行為であっても、実施率が低い上に、「自信を
  • 保団連「働き方改革」で4項目を要望

    カテゴリー:医療維新 2018年3月16日

    だったのに、それがないまま働き方の議論がされていることに怒りを覚える」と訴えた。  集会では日本医学会連合「労働環境検討委員会」委員の本田宏氏が「実効性ある具体的対策導入・実施の時」、全国医師ユニオン
  • 医学生の医行為、「3類型」に分類、厚労科研

    カテゴリー:医療維新 2018年1月30日

    金による「医学部の臨床実習において実施可能な医行為の研究」の進捗状況を説明した。主任研究者は日本医学会連合会長の門田守人氏が務め、2017年度中に結論を出し、それを基に、同省と文部科学省は、医学生の医
  • 社会医学系専門医・指導医2514人認定

    カテゴリー:医療維新 2017年9月23日

     社会医学系専門医協会は、2016年12月に一般社団法人として設立。社会医学系の8学会と、日本医師会、日本医学会連合など6団体、計14学会・団体で組織する。行政、職域、医療機関、教育研究機関で活躍する専門医養成
  • 新専門医制度、「2年延期は問題」- 門田守人・日本医学会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2017年8月18日

    る。 ――新専門医制度は、日本医学会連合の加盟学会である各学会が直接的に関わる問題であり、かつ喫緊の課題です。  先ほども触れましたが、専門医制度について我々日本医学会連合は、学会単位で運営する制度に
  • 「日本医学会と日本医学会連合、併存の訳」 - 門田守人・日本医学会会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2017年8月13日

     この6月、日本医学会連合の会長選挙があり、12年の長きにわたって同職にあった高久史麿氏に代わり、新会長に就任したのが門田守人氏。門田氏は2010年4月から日本医学会副会長を務め、同会を日本医師会から
  • 門田氏、日本医学会会長に就任、現職高久氏を破る

    カテゴリー:医療維新 2017年6月15日

     日本医学会臨時評議員会と日本医学会連合定時総会は6月15日、任期満了に伴う役員選任を実施、副会長だった門田守人氏が、7期目を目指した現職の高久史麿氏を破り、両会の会長に就任した。  門田氏は、194
  • 「医師偏在や専門医制対策、日医の組織強化が不可欠」

    カテゴリー:医療維新 2017年3月28日

    さらに日医会員になるよう、今後も組織強化に取り組んでいく方針を表明した。  また一般社団法人日本医学会連合の事務所が今春、日医会館から離れることについては、「連合という別法人が動いたということ。日本医
  • 社会医学系専門医、2017年度からスタート

    カテゴリー:医療維新 2017年3月25日

    名から20数人程度。  記者会見に先立ち開催された25日の理事会では、日本職業・災害医学会、日本医学会連合を新規社員として認めた。その結果、社員は、8学会6団体となる(新規以外の7学会5団体は、日本衛
  • 新専門医制度の「運用細則」、引き続き意見募集

    カテゴリー:医療維新 2017年3月23日

    ジュールが多少遅れることも想定される。  社員総会は、同機構の社員23人で構成。日本医師会、日本医学会連合、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会、日本がん治療認定医機構のほか、18の基本領域学会の
  • 症例報告にも「本人同意必須」の懸念

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

     日本医学会 日本医学会連合(会長:高久史麿氏)は8月17日、文部科学省、厚生労働省、経済産業省が合同で設置した「医学研究等における個人情報の取扱い等に関する合同会議」への要望書提出を発表した。昨年9
  • 「日本専門医機構のガバナンスを一新」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年7月29日

    苦労を語った。結果的に選んだ役員(理事)は計25人。第一段階で決まった役員は24人で、後から日本医学会連合推薦の役員が1人追加された経緯がある(『新専門医制度、全19領域とも「1年延期」へ』を参照)。
  • 新専門医制度、全19領域とも「1年延期」へ

    カテゴリー:医療維新 2016年7月20日

    8年度からの新専門医制度に関する検討と並行して進める方針。  そのほか、20日の理事会では、日本医学会連合推薦の理事枠2人のうち、未定だった1人が決定した。東京大学大学院医学系研究科教授の南学正臣氏だ。
  • 新専門医制、7月20日の「精査の場」で議論

    カテゴリー:医療維新 2016年7月12日

    領域も各学会の了解が出れば対応可能な状況にある。  なお、日本専門医機構の理事のうち、2人の日本医学会連合枠で決まっていない1人については、まだ示されていないという(『日本専門医機構、24人の新理事決定、医学会連合枠は1人未定』
  • 日本専門医機構の理事長、吉村・北里大名誉教授が就任

    カテゴリー:医療維新 2016年7月4日

    長、眼科教授)が選任され、新執行部が発足した。6月27日の理事決定の段階では、理事は24人、日本医学会連合の推薦理事枠2人のうち、1人は未定だった。同連合は、新たな理事候補の推薦を検討していたが、意見
  • 日本専門医機構、24人の新理事決定、医学会連合枠は1人未定

    カテゴリー:医療維新 2016年6月27日

    理事長、「新理事に推薦されても辞退」』を参照)。  社員総会後に記者会見した池田氏によると、日本医学会連合が当初推薦した2人のうち、1人は「役員候補者選考委員会」で推薦されなかったため、別途、同連合か
  • 日本専門医機構の新執行部「将来に禍根を残さないように」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月26日

    日本専門医機構の社員となるためには、法人格が必要なことから、日本医学会連合として一般社団法人化したとしたものの、6月17日の日本医学会連合の社員総会で、医学会と連合との関係が問題になったと経緯にも触れ
  • 日本医学会連合、新専門医制への独自文書取りやめ

    カテゴリー:医療維新 2016年6月22日

     日本医学会連合は、6月21日にも可能な領域(学会)は、2017年度から予定通り新専門医制度を開始することを求める文書を出す予定だったが、22日までに取りやめることを決めた。「声明を出すと考えていた時
  • 日本専門医機構、新執行部24人の理事候補者決定

    カテゴリー:医療維新 2016年6月21日

    ったが、役員候補者に選ばれたのは24人。役員選任規定では、機構設立時およびそれに準じる社員(日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会)から各2人、計8人、内科系社員学会と外
  • 新専門医の方針に相違?「医学会」と「医学会連合」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月18日

     日本医学会連合は6月17日の定時総会後に開いた幹部による会議で、新専門医制度について、可能な領域(学会)は、2017年度から予定通り新専門医制度を開始することを求める文書を、基本診療領域の18の学会
  • 日本専門医機構の新理事候補、来週にも決定か

    カテゴリー:医療維新 2016年6月14日

    定することなどを確認した。  理事の23~25人の内訳は、機構設立時およびそれに準じる社員(日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会)から各2人、計8人、内科系社員学会と外
  • 「延期でかえって大混乱」、池田専門医機構理事長

    カテゴリー:医療維新 2016年4月25日

    会、もしくは社員総会のいずれに決定権があるかがたびたび問題になっている。  同機構の社員は、日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会という設立時およびそれに準じる4団体のほ
  • 専攻医数、「激変回避」のため調整も- 池田康夫・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年1月30日

    で、強制力はありません。しかし、日本専門医機構の設立時の社員である、全国医学部長病院長会議や日本医学会連合などから、大学病院や学会に対し、ステートメントを出し、「是正勧告」などがうまく機能するように進めたいと考えています。
  • 日本医学教育評価機構が発足、国際的な質保証目指す

    カテゴリー:医療維新 2015年12月24日

     JACMEは一般社団法人として発足し、全国80大学の医学部長・医科大学長と日本医師会長、日本医学会連合会長、日本医学教育学会理事長が正会員として参加している。各大学が払う年会費100万円と受審料3
  • 運良く「時の流れに身を任せ」◆Vol.30

    カテゴリー:医療維新 2015年8月30日

     やはり直面している課題は、日本医師会との関係ですね。2014年4月に一般社団法人化して、「日本医学会連合」が発足しましたが、「日本医学会」という組織は、いまだ日本医師会の定款上、その一組織として残っ
  • 自治医大学長と日本医学会会長を兼務◆Vol.23

    カテゴリー:医療維新 2015年8月23日

    氏)が、会長になられてから話が進みました。結局、日本医学会とは別に、昨年4月に「一般社団法人日本医学会連合」という形で発足しました。法人化後は、研究倫理委員会、研究推進委員会あり方委員会などを作り、活動の幅を広げています。
  • 「日医を全力で支える」、高久医学会会長

    カテゴリー:医療維新 2015年6月28日

    24日の日本医学会臨時評議員会と日本医学会連合定時総会における役員選挙で、会長に再選された(『高久氏、日本医学会長6期目、副会長4人に』を参照)。  「日本医学会連合」は2014年4月に一般社団法人化
  • 「総合診療専門医」代表は日本プライマリ・ケア連合学会

    カテゴリー:医療維新 2015年6月14日

    注目される発言だ。  日本専門医機構は、一般社団法人で、その社員は現在23団体。日本医師会、日本医学会連合、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会、日本がん治療認定医機構の5団体のほか、18の基本領
  • 専門医機構、18学会を社員として認定へ

    カテゴリー:医療維新 2015年1月14日

    医制度の最終報告』を参照)。  この報告書を踏まえ、当初社員の候補となったのが、日本医師会、日本医学会連合、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会の4団体。学会が入っていないことで、「学会外し」とし
  • ノバ社やSTAP研究不正抑えた今年の1番のニュース◆Vol.5-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月24日

    「過労自殺、上司のパワハラ認定」、公立八鹿病院(5月) 「薬価毎年改定」消える、骨太の方針素案(6月) 日本医学会の新法人「日本医学会連合」が発足(4月) 「11月1日に死にます」と動画、女性死亡、尊厳死の議論も(11月) 地域医療
  • 総合診療専門医、今まさに創設へ◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年7月11日

    会長と今村副会長の下で、非常に協力的に議論に参加されている意義は大きいのです。それに加えて、日本医学会連合、各学会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会なども含め、「オールジャパンでやろう」という
  • 専門医機構の副理事長、有賀氏と小西氏が就任

    カテゴリー:医療維新 2014年6月9日

    8の基本領域専門医制度委員会の代表がそれぞれ加わることが了承された。同機構の発足時の社員は、日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議の3団体の代表。  理事は計22人。理事長は、前身の日本専
  • 日本専門医機構、正式に発足

    カテゴリー:医療維新 2014年5月8日

    構に継承される予定。  日本専門医機構は、池田氏のほか、理事21人、監事3人で構成。社員は、日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議の3団体で、四病院団体協議会、公益財団法人医療研修推進団体
  • サブスペシャリティ、技術認定も新機構で - 池田康夫・日本専門医制評価・認定機構理事長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年3月27日

     当初は3月中を予定していたのですが、日本医学会が日本医学会連合として法人化するのは4月になります(『日本医学会の新法人、4月に発足へ』を参照)。それを待って、新機構も、日本医学会連合を設立時の社員にする形で登記する予
  • 1
  • 2