m3.com トップ>記事検索結果

「日本医学会連合」の検索結果

  • 消化器内視鏡専門医、日本専門医機構認定のサブスペに

    カテゴリー:医療維新 5月18日

    理事決定、医学会連合枠は1人未定』を参照)。「役員候補者選考委員会」は、同機構設立時社員等(日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会)の4団体推薦が各1人、内科系社員学会推
  • 医学生の医行為、27年ぶりに改訂へ、パブコメ経て決定

    カテゴリー:医療維新 4月25日

    先立ち実施された、「医学部の臨床実習において実施可能な医行為の研究」(主任研究者:門田守人・日本医学会連合会長)による調査では、「前川レポート」で定めている医行為であっても、実施率が低い上に、「自信を
  • 保団連「働き方改革」で4項目を要望

    カテゴリー:医療維新 3月16日

    だったのに、それがないまま働き方の議論がされていることに怒りを覚える」と訴えた。  集会では日本医学会連合「労働環境検討委員会」委員の本田宏氏が「実効性ある具体的対策導入・実施の時」、全国医師ユニオン
  • 医学生の医行為、「3類型」に分類、厚労科研

    カテゴリー:医療維新 1月30日

    金による「医学部の臨床実習において実施可能な医行為の研究」の進捗状況を説明した。主任研究者は日本医学会連合会長の門田守人氏が務め、2017年度中に結論を出し、それを基に、同省と文部科学省は、医学生の医
  • 社会医学系専門医・指導医2514人認定

    カテゴリー:医療維新 2017年9月23日

     社会医学系専門医協会は、2016年12月に一般社団法人として設立。社会医学系の8学会と、日本医師会、日本医学会連合など6団体、計14学会・団体で組織する。行政、職域、医療機関、教育研究機関で活躍する専門医養成
  • 新専門医制度、「2年延期は問題」- 門田守人・日本医学会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2017年8月18日

    る。 ――新専門医制度は、日本医学会連合の加盟学会である各学会が直接的に関わる問題であり、かつ喫緊の課題です。  先ほども触れましたが、専門医制度について我々日本医学会連合は、学会単位で運営する制度に
  • 「日本医学会と日本医学会連合、併存の訳」 - 門田守人・日本医学会会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2017年8月13日

     この6月、日本医学会連合の会長選挙があり、12年の長きにわたって同職にあった高久史麿氏に代わり、新会長に就任したのが門田守人氏。門田氏は2010年4月から日本医学会副会長を務め、同会を日本医師会から
  • 門田氏、日本医学会会長に就任、現職高久氏を破る

    カテゴリー:医療維新 2017年6月15日

     日本医学会臨時評議員会と日本医学会連合定時総会は6月15日、任期満了に伴う役員選任を実施、副会長だった門田守人氏が、7期目を目指した現職の高久史麿氏を破り、両会の会長に就任した。  門田氏は、194
  • 「医師偏在や専門医制対策、日医の組織強化が不可欠」

    カテゴリー:医療維新 2017年3月28日

    さらに日医会員になるよう、今後も組織強化に取り組んでいく方針を表明した。  また一般社団法人日本医学会連合の事務所が今春、日医会館から離れることについては、「連合という別法人が動いたということ。日本医
  • 社会医学系専門医、2017年度からスタート

    カテゴリー:医療維新 2017年3月25日

    名から20数人程度。  記者会見に先立ち開催された25日の理事会では、日本職業・災害医学会、日本医学会連合を新規社員として認めた。その結果、社員は、8学会6団体となる(新規以外の7学会5団体は、日本衛
  • 新専門医制度の「運用細則」、引き続き意見募集

    カテゴリー:医療維新 2017年3月23日

    ジュールが多少遅れることも想定される。  社員総会は、同機構の社員23人で構成。日本医師会、日本医学会連合、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会、日本がん治療認定医機構のほか、18の基本領域学会の
  • 症例報告にも「本人同意必須」の懸念

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

     日本医学会 日本医学会連合(会長:高久史麿氏)は8月17日、文部科学省、厚生労働省、経済産業省が合同で設置した「医学研究等における個人情報の取扱い等に関する合同会議」への要望書提出を発表した。昨年9
  • 「日本専門医機構のガバナンスを一新」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年7月29日

    苦労を語った。結果的に選んだ役員(理事)は計25人。第一段階で決まった役員は24人で、後から日本医学会連合推薦の役員が1人追加された経緯がある(『新専門医制度、全19領域とも「1年延期」へ』を参照)。
  • 新専門医制度、全19領域とも「1年延期」へ

    カテゴリー:医療維新 2016年7月20日

    8年度からの新専門医制度に関する検討と並行して進める方針。  そのほか、20日の理事会では、日本医学会連合推薦の理事枠2人のうち、未定だった1人が決定した。東京大学大学院医学系研究科教授の南学正臣氏だ。
  • 新専門医制、7月20日の「精査の場」で議論

    カテゴリー:医療維新 2016年7月12日

    領域も各学会の了解が出れば対応可能な状況にある。  なお、日本専門医機構の理事のうち、2人の日本医学会連合枠で決まっていない1人については、まだ示されていないという(『日本専門医機構、24人の新理事決定、医学会連合枠は1人未定』
  • 日本専門医機構の理事長、吉村・北里大名誉教授が就任

    カテゴリー:医療維新 2016年7月4日

    長、眼科教授)が選任され、新執行部が発足した。6月27日の理事決定の段階では、理事は24人、日本医学会連合の推薦理事枠2人のうち、1人は未定だった。同連合は、新たな理事候補の推薦を検討していたが、意見
  • 日本専門医機構、24人の新理事決定、医学会連合枠は1人未定

    カテゴリー:医療維新 2016年6月27日

    理事長、「新理事に推薦されても辞退」』を参照)。  社員総会後に記者会見した池田氏によると、日本医学会連合が当初推薦した2人のうち、1人は「役員候補者選考委員会」で推薦されなかったため、別途、同連合か
  • 日本専門医機構の新執行部「将来に禍根を残さないように」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月26日

    日本専門医機構の社員となるためには、法人格が必要なことから、日本医学会連合として一般社団法人化したとしたものの、6月17日の日本医学会連合の社員総会で、医学会と連合との関係が問題になったと経緯にも触れ
  • 日本医学会連合、新専門医制への独自文書取りやめ

    カテゴリー:医療維新 2016年6月22日

     日本医学会連合は、6月21日にも可能な領域(学会)は、2017年度から予定通り新専門医制度を開始することを求める文書を出す予定だったが、22日までに取りやめることを決めた。「声明を出すと考えていた時
  • 日本専門医機構、新執行部24人の理事候補者決定

    カテゴリー:医療維新 2016年6月21日

    ったが、役員候補者に選ばれたのは24人。役員選任規定では、機構設立時およびそれに準じる社員(日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会)から各2人、計8人、内科系社員学会と外
  • 新専門医の方針に相違?「医学会」と「医学会連合」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月18日

     日本医学会連合は6月17日の定時総会後に開いた幹部による会議で、新専門医制度について、可能な領域(学会)は、2017年度から予定通り新専門医制度を開始することを求める文書を、基本診療領域の18の学会
  • 日本専門医機構の新理事候補、来週にも決定か

    カテゴリー:医療維新 2016年6月14日

    定することなどを確認した。  理事の23~25人の内訳は、機構設立時およびそれに準じる社員(日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会)から各2人、計8人、内科系社員学会と外
  • 「延期でかえって大混乱」、池田専門医機構理事長

    カテゴリー:医療維新 2016年4月25日

    会、もしくは社員総会のいずれに決定権があるかがたびたび問題になっている。  同機構の社員は、日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会という設立時およびそれに準じる4団体のほ
  • 専攻医数、「激変回避」のため調整も- 池田康夫・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年1月30日

    で、強制力はありません。しかし、日本専門医機構の設立時の社員である、全国医学部長病院長会議や日本医学会連合などから、大学病院や学会に対し、ステートメントを出し、「是正勧告」などがうまく機能するように進めたいと考えています。
  • 日本医学教育評価機構が発足、国際的な質保証目指す

    カテゴリー:医療維新 2015年12月24日

     JACMEは一般社団法人として発足し、全国80大学の医学部長・医科大学長と日本医師会長、日本医学会連合会長、日本医学教育学会理事長が正会員として参加している。各大学が払う年会費100万円と受審料3
  • 運良く「時の流れに身を任せ」◆Vol.30

    カテゴリー:医療維新 2015年8月30日

     やはり直面している課題は、日本医師会との関係ですね。2014年4月に一般社団法人化して、「日本医学会連合」が発足しましたが、「日本医学会」という組織は、いまだ日本医師会の定款上、その一組織として残っ
  • 自治医大学長と日本医学会会長を兼務◆Vol.23

    カテゴリー:医療維新 2015年8月23日

    氏)が、会長になられてから話が進みました。結局、日本医学会とは別に、昨年4月に「一般社団法人日本医学会連合」という形で発足しました。法人化後は、研究倫理委員会、研究推進委員会あり方委員会などを作り、活動の幅を広げています。
  • 「日医を全力で支える」、高久医学会会長

    カテゴリー:医療維新 2015年6月28日

    24日の日本医学会臨時評議員会と日本医学会連合定時総会における役員選挙で、会長に再選された(『高久氏、日本医学会長6期目、副会長4人に』を参照)。  「日本医学会連合」は2014年4月に一般社団法人化
  • 「総合診療専門医」代表は日本プライマリ・ケア連合学会

    カテゴリー:医療維新 2015年6月14日

    注目される発言だ。  日本専門医機構は、一般社団法人で、その社員は現在23団体。日本医師会、日本医学会連合、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会、日本がん治療認定医機構の5団体のほか、18の基本領
  • 専門医機構、18学会を社員として認定へ

    カテゴリー:医療維新 2015年1月14日

    医制度の最終報告』を参照)。  この報告書を踏まえ、当初社員の候補となったのが、日本医師会、日本医学会連合、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会の4団体。学会が入っていないことで、「学会外し」とし
  • ノバ社やSTAP研究不正抑えた今年の1番のニュース◆Vol.5-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月24日

    「過労自殺、上司のパワハラ認定」、公立八鹿病院(5月) 「薬価毎年改定」消える、骨太の方針素案(6月) 日本医学会の新法人「日本医学会連合」が発足(4月) 「11月1日に死にます」と動画、女性死亡、尊厳死の議論も(11月) 地域医療
  • 総合診療専門医、今まさに創設へ◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年7月11日

    会長と今村副会長の下で、非常に協力的に議論に参加されている意義は大きいのです。それに加えて、日本医学会連合、各学会、全国医学部長病院長会議、四病院団体協議会なども含め、「オールジャパンでやろう」という
  • 専門医機構の副理事長、有賀氏と小西氏が就任

    カテゴリー:医療維新 2014年6月9日

    8の基本領域専門医制度委員会の代表がそれぞれ加わることが了承された。同機構の発足時の社員は、日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議の3団体の代表。  理事は計22人。理事長は、前身の日本専
  • 日本専門医機構、正式に発足

    カテゴリー:医療維新 2014年5月8日

    構に継承される予定。  日本専門医機構は、池田氏のほか、理事21人、監事3人で構成。社員は、日本医学会連合、日本医師会、全国医学部長病院長会議の3団体で、四病院団体協議会、公益財団法人医療研修推進団体
  • サブスペシャリティ、技術認定も新機構で - 池田康夫・日本専門医制評価・認定機構理事長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年3月27日

     当初は3月中を予定していたのですが、日本医学会が日本医学会連合として法人化するのは4月になります(『日本医学会の新法人、4月に発足へ』を参照)。それを待って、新機構も、日本医学会連合を設立時の社員にする形で登記する予
  • 専門医の新機構、学会外したわけ - 池田康夫・日本専門医制評価・認定機構理事長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年3月13日

    い問題です。  例えば、設立時の社員。法人格を持っている、日本医師会、(4月に法人化予定の)日本医学会連合(『日本医学会の新法人、4月に発足へ』を参照)、全国医学部長病院長会議の3団体が、社員になりま
  • 「学会外し」の専門医制度、73学会が覆す

    カテゴリー:医療維新 2014年3月1日

    社員総会」の構成メンバー。設立当初は、日本医師会、日本医学会(4月に発足予定の法人格を持つ、日本医学会連合として参加予定、『『日本医学会の新法人、4月に発足へ』を参照)、全国医学部長病院長会議で、設立
  • 日本医学会の新法人、4月に発足へ

    カテゴリー:医療維新 2014年2月6日

     この4月、学術団体の新法人、「日本医学会連合」が誕生する。既存の「日本医学会」と名称が似ており、日本内科学会や日本外科学会をはじめ、118の分科会を束ねる点では共通だが、最大の相違は、法人格を持ち、
  • 「日医と日本医学会のけんか別れ防ぐ」、今村副会長

    カテゴリー:医療維新 2013年4月1日

    名前を残す、という2つの選択肢を提示。(2)の場合、「日本医学会」の名前は使えず、新法人は「日本医学会連合会」など、別の名称を使わざるをえなくなるが、「外部から『けんか別れした』との印象を持たれ、医療