m3.com トップ>記事検索結果

「日本医師会」の検索結果

  • 厚労省の電カル標準化、医療機関への補助要件を年度内にも策定

    カテゴリー:医療維新 10月10日

    ルテなどの標準的な医療情報システムに必要な機能要件などの検討を進めている。同検討会メンバーには日本医師会常任理事の石川広己氏や医療情報システム開発センター理事長の山本隆一氏ら、医療等分野情報連携基盤検
  • 増田氏「給付切る、負担上げるだけでなく考える」

    カテゴリー:医療維新 10月10日

     記者会見した分科会長代理の増田寛也氏(東京大学公共政策大学院客員教授)は、同日に自民党の人生100年時代戦略本部が日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会から全世代型社会保障についてヒアリングを行ったことに関して所感を問
  • 看護師特定行為、救急領域のパッケージ研修を了承

    カテゴリー:医療維新 10月9日

    って現場が締めつけられるのではないか」(日本看護協会副会長の秋山智弥氏)などの声も上がったが、日本医師会常任理事の釜萢敏氏は「特定行為は必ずしも医師がいつも現場にいるわけではないときにどうするかという
  • 日医横倉会長、「負担ばかりの議論」とけん制

    カテゴリー:医療維新 10月9日

     日本医師会会長の横倉義武氏は10月9日、自民党の人生100年時代戦略本部に出席し、「患者負担を増やすことばかりを議論するのではなく、時代に対応できる給付と負担のあり方という視点で議論することが重要だ
  • 新薬創出等加算、「先駆け審査」品目なら追加か

    カテゴリー:医療維新 10月9日

    加には異論が出なかったが、それ以外の追加には「もう少し具体的事例が示されないと判断できない」(日本医師会常任理事の松本吉郎氏)などデータ提示を求める声が上がった。加算の対象やその額は、「品目要件」と「
  • 複雑化するがん医療提供体制、個別評価すべきか

    カテゴリー:医療維新 10月9日

    。厚労省はこれに合わせた算定要件の検討を提案した。 (2019年10月9日中医協総会資料)  日本医師会副会長の今村聡氏は「がん診療連携拠点病院の類型はどんどん複雑になっていて、いったいどういうがんの
  • 後発医薬品、「安定供給リスク」も念頭に価格設定を

    カテゴリー:医療維新 10月9日

    「骨太方針2017」で、2020年9月までに数量シェアを80%とすることが求められている。  日本医師会常任理事の松本吉郎氏はまず「日医は、後発医薬品メーカーの再編、統合が必要だと主張している。品目の
  • 日医横倉会長、「医師も70歳前後まで働ける」

    カテゴリー:医療維新 10月8日

     日本医師会をはじめ、計40の医療系団体で構成する国民医療推進協議会は10月8日、日本医師会館で第14回総会を開き、持続可能な社会保障制度を確立するための財源確保を政府に対して求める決議を採択した。同
  • 424病院の〇×や「統廃合」ではない、厚労省医政局長

    カテゴリー:医療維新 10月5日

     厚生労働省医政局長の吉田学氏は10月3日、日本医師会が東京都内の日医会館で開いた第63回社会保険指導者講習会で登壇し、地域医療構想の関連で424の公立・公的病院名を公表した反響に触れ、一部誤解が広が
  • 社会保障財源、“消費税一本足打法”だけでない検討を

    カテゴリー:医療維新 10月4日

     日本医師会副会長の今村聡氏は10月3日、日本医師会館で開いた第63回社会保障指導者講習会で、社会保障制度の持続可能性を確保し「全世代型」にするためには、消費税以外の財源として企業の内部留保などへの課
  • 悪質な労基法違反病院は960時間以上認めず

    カテゴリー:医療維新 10月3日

    攻医の研修先が複数医療機関、また都道府県をまたぐケースもあることにも留意が必要だと訴えた。  日本医師会副会長で日本専門医機構副理事長でもある今村聡氏は、C-1水準指定のプロセスで審査に同機構が関わる
  • 「『再編統合』という言葉が先走り、混乱懸念」、横倉日医会長

    カテゴリー:医療維新 10月2日

     日本医師会会長の横倉義武氏は、10月2日の定例記者会見で、地域医療構想に関する具体的対応方針の再検証を要請された公立・公的医療機関等について、「病院リスト公表の結果、大きな混乱が生じている地域もあり
  • 鈴木医務技監「医療はまさに分水嶺」

    カテゴリー:医療維新 10月1日

    いけない」と強調した。 開会式の様子 日医横倉氏、自民党通じて全世代会議に要望へ  開会式には日本医師会会長の横倉義武氏も出席し、政府が新たに発足させた全世代型社会保障検討会議について「構成員は関係閣
  • 「調整会議の活性化、それが目的の9割」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 9月30日

     日本医師会副会長の中川俊男氏は、9月28日の第61回全日本病院学会のシンポジウム「官民格差徹底討論!!」で、地域医療構想に関する具体的方針の再検証の要請対象となった公立・公的医療機関等の病院名が公表
  • 医療保険制度、「給付と負担」議論を加速化

    カテゴリー:医療維新 9月27日

    た。  こうした方向に大きな異論は出ず、特に医師らの働き方改革の取り組みを求める声が相次いだ。日本医師会副会長の松原謙二氏は「人生の大先輩の方々が納得して医療を受けられるよう、必要な医療は担保される制
  • 424の公立・公的病院等、再編統合も視野に「再検証」

    カテゴリー:医療維新 9月26日

    (A)と(B)の2類型の考え方(9月6日の「地域医療構想に関するワーキンググループ」資料)  日本医師会副会長の中川俊男氏は、厚労省の説明に先立ち、データの取り扱い等について、(1)本日の資料は、全国
  • 特許切れ医薬品の値下げ、前倒しの検討開始

    カテゴリー:医療維新 9月26日

    先発品の薬価をAGと同程度や同じにする場合、長期品メーカーがAGを出すメリットがなくなる。  日本医師会常任理事の松本吉郎氏は、後発品への置き換えが進んでいる品目については、先発品の薬価を後発品の薬価
  • 院内調剤の見直しが焦点、薬局との比較で

    カテゴリー:医療維新 9月25日

    、薬局の業務を「対物」から「対人」へ転換させていくための方策などについて議論を求めたのに対し、日本医師会や病院団体の代表する診療側委員と保険者を代表する支払側委員らが院外調剤に対する手厚い報酬設定から
  • 医師の働き方改革にはOTC類似薬の保険適用除外?

    カテゴリー:医療維新 9月25日

    の受療行動の変容に加えて、一部OTC類似薬の保険適用除外やオンライン診療の推進を求め、診療側の日本医師会委員が猛反発。診療側は勤務環境改善への診療報酬上の評価などを求めた(資料は、厚労省のホームページ)。
  • 医師派遣、期間終了後のポスト保障など必要

    カテゴリー:医療維新 9月20日

    日医・釜萢氏  日本医師会常任理事の釜萢敏氏は9月19日、委員を務める社会保障審議会・医療部会(部会長:永井良三・自治医科大学学長)の会議で、地域医療支援病院について今後の法改正で要件を見直すことで役
  • 病院薬剤師の評価、調剤薬局との格差に異論続出

    カテゴリー:医療維新 9月20日

    医療部会(部会長:永井良三・自治医科大学学長)で、調剤報酬の高さに異議を唱える意見が噴出した。日本医師会や病院団体を代表する委員など、医療・病院関係者が調剤報酬が高すぎるとの見方を示しただけでなく、患
  • 入院時のポリファーマシー対策で“プロセス”評価へ

    カテゴリー:医療維新 9月19日

    2019年9月18日中医協資料(厚労省ホームページより) 2019年9月18日中医協資料(厚労省ホームページより)  日本医師会常任理事の松本吉郎氏は、ポリファーマシー対策として地域で療養を支える診療所などの医療機関と病院が
  • 日医、医師の複数機関での勤務時間通算「当面は慎重に」

    カテゴリー:医療維新 9月18日

     日本医師会常任理事の松本吉郎氏は、9月18日の定例記者会見で、厚生労働省の「副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方に関する検討会」(座長:守島基博・学習院大学経済学部経営学科教授)が8月に取りまとめ
  • 日医横倉会長、医療費削減・負担増をけん制

    カテゴリー:医療維新 9月18日

     日本医師会会長の横倉義武氏は9月18日の定例記者会見で、政府が近く設置する「全世代型社会保障検討会議」を巡り、「医療費抑制策と患者・国民負担増について厳しい議論が行われる」との見通しを示した上で、「
  • カルテとリハビリ計画書の重複負担軽減を、診療側

    カテゴリー:医療維新 9月18日

    簡略化・効率化や、患者への分かりやすい情報提供等の観点から、記載項目の整理や様式の検討を提案。日本医師会常任理事の松本吉郎氏は様式の検討について賛意を示した上で、「患者に説明した書面が保存されていれば
  • ロタウイルスワクチン「早ければ来年度中」定期接種化

    カテゴリー:医療維新 9月14日

    役社長のポール・リレット氏らと、MSD医薬政策部門統括兼社長室長の諸岡健雄氏が参加した。委員の日本医師会常任理事の釜萢敏氏によると「非常に元気を無くす結果」だったとのことで、費用対効果の課題を解決でき
  • 「機能強化加算」、診療所の約1割が届出

    カテゴリー:医療維新 9月12日

    825回で、診療所の再診料の算定回数7373万2455回の1.7%。  幸野氏に反論したのが、日本医師会常任理事の松本吉郎氏。「初診の約1割で、機能強化加算を算定しているのは、同加算の届出施設数が診療
  • 再生医療の公定価格、妥当な算定方式とは?

    カテゴリー:医療維新 9月12日

    いるのがまだ4製品にとどまっており、独自の薬価算定方式を検討するための「知見が足りない状況」(日本医師会常任理事・松本吉郎氏)だ(資料は、厚労省のホームページ)。  4製品だけ見ても特性は大きく異なる
  • 日医 、米ジョスリン糖尿病センターと連携

    カテゴリー:医療維新 9月12日

     日本医師会は9月11日の定例記者会見で、糖尿病の研究で世界的に知られる米・ハーバード大学医学部付属ジョスリン糖尿病センターと連携して、かかりつけ医が糖尿病の治療法を学ぶ「ジョスリン糖尿病研修会」を始
  • 地域枠、自治医大卒医師、専攻医シーリング外での採用可能に

    カテゴリー:医療維新 9月11日

    ついては、地域枠医師等の扱いも含めて、シーリングのかけ方自体を検討し直すことになるという。  日本医師会常任理事の釜萢敏氏は、「(シーリングの枠外とする話は)地域枠医師等が、シーリングのためにその役割
  • 地域包括ケア病棟、回復リハ病棟、届出施設・病床数は増加傾向

    カテゴリー:医療維新 9月11日

    は96.5%に上ることなどを報告している(『入院料「7対1」から転換は3.5%』を参照)。  日本医師会常任理事の松本吉郎氏は、地域包括ケア病棟入院料と回復期リハビリ病棟の届出施設について、「大規模の
  • PHR、厚労省が整備へ、健診結果など個人の閲覧・活用が可能に

    カテゴリー:医療維新 9月11日

    的についての疑問が構成員からあった。PHRは個人の情報を本人が閲覧できるようにする仕組みだが、日本医師会常任理事の長嶋公之氏は「(情報提示による行動変容は)医学的に安全性や効果を担保する必要があるが、
  • 療養費、前回踏襲で0.44%増を検討、消費増税対応

    カテゴリー:医療維新 9月9日

    いない状況で決めてよいのか」とも質問したが、事務局は事前に説明し、理解を得ていると述べた。  日本医師会常任理事の釜萢敏氏は、幸野氏の指摘に「全く同感」としつつ、「消費税の影響を調査してそれに見合う形
  • 公立・公的病院「再編統合」の再検証、要請方針を了承

    カテゴリー:医療維新 9月6日

    関等の名称入りのデータを公表する予定。このデータは、当初は2019年央にも公表する予定だった。日本医師会副会長の中川俊男氏は、「公表の時期はいつ頃か」と会議の最後に質問。厚労省医政局地域医療計画課長の
  • 「無理に改善すれば診療体制縮小」医師の働き方改革

    カテゴリー:医療維新 9月3日

     これらが未実施だった場合に、都道府県による支援、改善命令を経てなお従わない場合は、罰則もしくはB、Cの特例取消となる。  日本医師会常任理事の城守国斗氏は「管理者も一生懸命されると思うが、地域の医療需要に対応するために頑張らざる
  • 電子処方箋GL存在も「運用ゼロ」

    カテゴリー:医療維新 9月3日

     同検討会の構成員からは、電子処方箋を用いる利点が明確になるようなガイドライン改訂にしなければならないとの意見が多数出た。日本医師会常任理事の長島公之氏は、電子処方箋を用いる利点がある医療現場の例として、▽在宅医療での多職種連携
  • HPVワクチンのリーフレット、7割の市町村が利用せず、厚労省調査

    カテゴリー:医療維新 8月30日

    応検討部会、2019年度第7回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会資料)  日本医師会常任理事の長島公之氏は、「リーフレットが活用されていないことは、極めて残念。全ての市町村で活用す
  • 「20、30年後より今日の当直医が大事」日精協・山崎会長

    カテゴリー:医療維新 8月29日

     記者会見では、根本匠厚労大臣宛ての2020年度税制改正要望を8月9日に厚労省医政局総務課長の佐々木祐介氏と日本医師会会長の横倉義武氏に、また医療法人に係る外部監査の適用基準見直しの要望を厚労省医政局長の吉田学氏に
  • 日医、健保連提言に「被保険者への配慮なく失望」

    カテゴリー:医療維新 8月29日

     日本医師会常任理事の松本吉郎氏は、8月28日の定例記者会見で、健康保険組合連合会が公表した「機能評価加算の見直し」「リフィル処方箋の導入」などを提言した報告書について、「医療費削減ありきで、保険者と
  • 国内初の遺伝子治療薬、9月4日から保険適用へ

    カテゴリー:医療維新 8月28日

    、薬液が確実に筋肉内に注入されたことを超音波検査で確認しながら投与する。  同製品については、日本医師会副会長の今村聡氏が「3月の製造販売承認取得後、国内初の遺伝子治療として医療関係者だけでなく広い範
  • 市販類似薬の患者負担増、厚労省「検討の事実ない」

    カテゴリー:医療維新 8月28日

    討に入ったとの一部報道について、「記事にあったようなことを検討している事実はない」と否定した。日本医師会常任理事の松本吉郎氏の質問に答えた。 松本吉郎氏(右)  市販類似薬の患者負担増については、日経
  • 第4回 ACPはなぜ必要になってきたのか その2

    カテゴリー:臨床ニュース 8月27日

    精神腫瘍学開発分野長を併任。日本精神神経学会 精神科専門医制度指導医、日本精神神経学会専門医、日本医師会認定産業医、日本総合病院精神医学会特定指導医。座右の銘は「とりあえずやってみる」、趣味は能と笛。
  • 在宅児ときょうだいの予防接種で学会要望

    カテゴリー:臨床ニュース 8月26日

     日本小児科学会はこのほど、日本医師会に対し、「在宅で医療的ケアを必要とする児及びその同胞に対する定期予防接種の実施に関する要望書」を提出した。在宅で医療的ケアを必要とする児(在宅児)とそのきょうだい
  • 特定機能病院は医療監視で要件を確認

    カテゴリー:医療維新 8月23日

    院が自主的に取り組まれているという視点で、審査についての充実をさらに図っていく」と述べた。  日本医師会副会長の中川俊夫氏は、「現時点では『異論ない』とさせていただくが、完全に十分というわけではない。
  • 外国人旅行者の診療拠点「手上げのメリット見えず」

    カテゴリー:医療維新 8月20日

    関名がリストに載るよう調整を続ける。 日医常任理事・松本氏  20県が未回答の状況については、日本医師会常任理事の松本吉郎氏が「手上げ、県の選定が進まないことには何か条件があるからなのか気になっている
  • 日医、スイッチOTC化「真摯に議論している」

    カテゴリー:医療維新 8月7日

     日本医師会常任理事の長島公之氏は8月6日の記者会見で、スイッチOTC化について「あまり広めたくないのが医師の本音」などとする日本経済新聞7月12日付朝刊の記事について、「(厚生労働省の)検討会議では
  • AJMC山下会長「一方的に破られると対応できない」

    カテゴリー:医療維新 8月7日

     全国医学部長病院長会議会長で山形大学医学部長の山下英俊氏は8月6日に日本医師会と合同で行った記者会見で、山形県が県立河北病院の診療体制の見直しを含む経営健全化計画を策定したことについて「山形には蔵王
  • OSCE公的化、大学・教員の負担が課題

    カテゴリー:医療維新 8月2日

    ちだと問題となる。公的化するなら基準をしっかりつくる必要がある」と述べた。模擬患者に関しては、日本医師会常任理事の羽鳥裕氏が「学生だと先輩におもねるだろうし、一般の患者ならいじわるしたりもするのでは」と述べた。
  • オンライン診療「医療の質の向上にエビデンス構築を」

    カテゴリー:医療維新 7月29日

    もオンラインの方が安心感がある」と述べた一方で、「対面か?オンラインか?」といった議論に対して日本医師会副会長の今村聡氏は「『オール・オア・ノン』の話をするとおかしくなる。オンライン診療は現在、本当に
  • 「外来医療計画は開業規制」は誤解、日医が改めて説明

    カテゴリー:医療維新 7月24日

     日本医師会常任理事の釜萢敏氏は、7月24日の定例記者会見で、厚生労働省医政局地域医療計画課長の鈴木健彦氏が、7月18日の社会保障審議会医療部会の冒頭で、「今回の外来医療計画の仕組みは、医師の開業を強
51