m3.com トップ>記事検索結果

「日本専門医機構」の検索結果

  • 「専門医取得、義務ではない」、新整備指針に明記か

    カテゴリー:医療維新 4月25日

    が取得しなければならないものではないことを明確にする」という論点について構成員の意見が一致、日本専門医機構理事長の吉村博邦氏も、「専門研修は受けてもらいたいが、専門医の取得は義務付けてはいない」と発言
  • 医師偏在対策、5月から集中的議論、医療計画に盛り込む

    カテゴリー:医療維新 4月21日

    いては、地域医療への配慮が重要になっている」と武井課長は述べ、全国市長会の緊急要望に言及し、日本専門医機構での議論も踏まえて検討を進めるとした(『国民不在の新専門医制度を危惧」、全国市長会』を参照)。
  • 地域医療への配慮と専門医の質「バランス必要」

    カテゴリー:医療維新 4月17日

    育成のための教育レベルを保持できる新専門医制度の実施など、計3点の要望を盛り込んだ意見書を、日本専門医機構の吉村博邦理事長宛に提出したことを説明した。意見書は4月7日付け。制度の開始時期については、「
  • パブコメは50~60件、賛否あり、新専門医制

    カテゴリー:医療維新 4月14日

     日本専門医機構は4月14日、理事会後に記者会見し、「専門医制度新整備指針」の運用細則についてのパブリックコメントの結果を公表、同機構副理事長の松原謙二氏は、「50~60件のパブコメが寄せられたが、賛
  • 「国民不在の新専門医制度を危惧」、全国市長会

    カテゴリー:医療維新 4月14日

    ムページ)。緊急要望の提出は、4月12日に開催した同市長会の政策推進委員会で決定した。  「日本専門医機構という、プロフェッショナルオートノミー(専門職自律)の建前のもとに、地域医療の実態を軽視した新
  • 本庶氏、「法的根拠ある全員加盟の医師団体を」

    カテゴリー:医療維新 4月13日

    組みは、医師の診療科の偏在の問題に重大な影響を与える。日本医師会は、診療科偏在解消に向けて、日本専門医機構が長期ビジョンに基づく適切な専門医制度を運営するよう、さらなる関与を努めていくことが必要である。
  • 新専門医制度などで新たな検討の場、厚労省

    カテゴリー:医療維新 4月10日

    響などについて検討を着手する予定だ。メンバーは18人で、日本医師会や全国医学部長病院長会議、日本専門医機構などの医療関係団体の代表のほか、行政関係、学識経験者、患者代表などが入る見通し。文部科学省とも協力して、議論を進める。
  • かかりつけ医普及、「地域包括診療加算の算定要件緩和を」

    カテゴリー:医療維新 4月7日

    関があるという仕組みを作り上げていく考えで、医療的・社会的機能を有するとしている。  現在、日本専門医機構が19番目の専門医としている総合診療専門医との違いについては、「専門医はあくまで学問的な見地か
  • 医学部定員増に歯止め、「偏在対策、成果を出すラスト・チャンス」

    カテゴリー:医療維新 4月6日

    にメリットが生じるような医療保険制度の見直しを検討」、「自由標榜制の仕組みについても、例えば日本専門医機構の認定する専門医と標榜とを関連付けるなど、患者に分かりやすく、適切な選択に資する標榜の在り方を検討」なども求めた。
  • 「医師偏在や専門医制対策、日医の組織強化が不可欠」

    カテゴリー:医療維新 3月28日

    になる可能性がある」と述べ、日医の見解を質した。  横倉会長は、連合として法人化した理由は、日本専門医機構など、法人格を持たないと社員になれない組織があるためであるとし、その上で現状を次のように説明。
  • 医師の残業規制猶予、「医療の特殊性、理解された」日病

    カテゴリー:医療維新 3月28日

    約に盛り込み、記録に残す必要がある」と話した。 新たの検討の場を予想、専門医  3月23日の日本専門医機構社員総会で予定していた「専門医制度新整備指針」の運用細則が審議されなかったことについては、「機
  • 「医師需給分科会、早急に再開を」、横倉会長

    カテゴリー:医療維新 3月26日

    度、検討会を開催して、書き直さなければいけない」(横倉会長)。  専門医の関連では、日医から日本専門医機構への運営資金の貸し付けに関する質問も出た。横倉会長によると、日医として「1億円を上限として貸し
  • 「かかりつけ医の普及と定着、日医の最大課題」、横倉会長

    カテゴリー:医療維新 3月26日

    ともに、2016年度から開始した、かかりつけ医機能研修制度の充実を図っていく方針を表明した。日本専門医機構が検討を進める新専門医制度はあくまで学術的な評価であり、かかりつけ医は地域医療を支える存在であ
  • 社会医学系専門医、2017年度からスタート

    カテゴリー:医療維新 3月25日

    、臨床系の基本領域の専門医制度は長い歴史がある一方、我々はこれからスタートするところであり、日本専門医機構とすり合わせ等を行う段階ではない。(専門医制度という)“箱物”はできたので、“中身”を充実させ
  • 新専門医制度の「運用細則」、引き続き意見募集

    カテゴリー:医療維新 3月23日

     日本専門医機構は3月23日、社員総会を開催したが、予定していた「専門医制度新整備指針」の運用細則は審議事項から外れた。去る3月17日に開催された同機構理事会で運用細則を了承、社員総会に諮り、了承を得
  • 臨床研修「外科と精神科も必修に」、四病協が要望予定

    カテゴリー:医療維新 3月22日

    はないか」と議論は発展、要望提出という結論に至ったという。  四病協総合部会では、四病協から日本専門医機構に出している理事から、新専門医制度について、「3月17日の理事会で、専門医制度新整備指針の運用
  • 新専門医制、8月から専攻医の募集開始を予定

    カテゴリー:医療維新 3月18日

     日本専門医機構は3月17日の理事会で、新専門医制度の基本的ルールを定めた「専門医制度新整備指針」の「運用細則」を了承した。同機構のホームページで広く意見を求めた後、3月23日の同機構理事会に諮り、最
  • 塩崎厚労相、新専門医制度「必要なら抜本的対応求める」

    カテゴリー:医療維新 3月9日

    任を負う立場から、「必要に応じて、地域医療に従事する医師、地方自治体の首長などを含めた場で、日本専門医機構に対して、抜本的な対応を求めていきたい」と答弁した。自民党議員で、日本医師連盟参与の自見はなこ氏の質問への回答だ。
  • 「新専門医制度、2018年度からの開始反対」、署名活動

    カテゴリー:医療維新 3月9日

    こちら)。その後も署名活動は継続する。16日を第1回目の締め切りとしたのは、翌3月17日に、日本専門医機構の理事会で、「専門医制度新整備指針」の運用細則が決定する見通しのため(『専攻医数の上限設定は5都府県、京都は除外へ』などを参照)。
  • 医師の「時間」と「場所」を拘束 - 自見はなこ・参院議員に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 3月1日

    なく拘束されます。昨年秋から全体の1割でもいいから、「研修カリキュラム制」を認めてほしいと、日本専門医機構の吉村博邦理事長にも再三お願いしていました。  今までのように、経験すべき症例などを条件とする
  • 専攻医数の上限設定は5都府県、京都は除外へ

    カテゴリー:医療維新 2月17日

     日本専門医機構は2月17日の理事会で、2018年度から開始予定の新専門医制度において、都市部への専攻医の集中を防ぐため、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡の5都府県において、専攻医の募集定員の上限を設定
  • 指定医不正問題は「実利なき専門医」を変えるのか

    カテゴリー:臨床ニュース 2月16日

    べき姿というものを、もう一度整理しても良いのではないか、という議論はあります。ただしこれは、日本専門医機構の関与する専門医が、実際にどんな意味を持ってくるかに影響される部分になります。 措置入院制度の見直しは小手先?
  • 新専門医、精神科にはなかった「あの雰囲気」

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    返っていただけますでしょうか。  2016年に限って言えば、やはり専門医制度改革の中心となる日本専門医機構執行部の大改造が大きな出来事でした。それから、精神保健指定医資格の不正取得の問題。相模原障害者
  • 「新専門医制度を危惧、拙速は反対」、全国医系市長会

    カテゴリー:医療維新 2月10日

    危機に陥る懸念」「地方創生に逆行する危険と医師偏在の助長」など地域医療への影響が生じるほか、日本専門医機構と大学病院をはじめ基幹病院への新たな権限が誕生することを問題視する内容だ。さらに、医師のキャリ
  • 「女性医療職エンパワメント推進議員連盟」発足のわけ - 自見はなこ・参院議員に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2月9日

    員会で初めての国会質問をした際に、医学部は文部科学省、初期研修が厚生労働省、専門医の仕組みは日本専門医機構と担当が分断されており、横断的な仕組みがない現状を問題視しました。これを受けて、医学教育と初期
  • 総合診療専門医、学会の関与限定的で不安も-草場鉄周・北海道家庭医療学センター長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2月7日

    か。  家庭医療専門医の認定は日本プライマリ・ケア連合学会が担っていますが、総合診療専門医は日本専門医機構が行うことになり、学会が全部管理できているわけではありません。学会が責任を持って関わる内科、外
  • 「基幹施設は大学が基本」が招く産科医療の危機

    カテゴリー:医療維新 2月7日

     1年間の開始延期が決まった新専門医制度。日本専門医機構は新しい理事会になったとはいえ、残念ながら根本的に制度は変わっていないようだ。  私は2年間の初期研修を終え、この4月より産婦人科を専攻しようと
  • 「専門医、医師の偏在解消の道具にあらず」

    カテゴリー:医療維新 1月28日

    ・以前から医師の偏在はあった。医師が地元を離れる原因を不明確にしたままでは根本的な解決にならないと思う。【開業医、50代】 ・日本専門医機構は何のために作られたのか?上から目線の厚労省の下請け機構か?なりたい専門医になれない制度なんか
  • 専攻医の上限設定、「反対」は勤務医の47.8%

    カテゴリー:医療維新 1月28日

     2018年度の開始に向け、準備が進みつつある新専門医制度。日本専門医機構は1月13日の理事会で、専攻医の都市部への集中を防ぐため、東京など6都府県で募集定員の上限を設定する方針を固めた(『6都府県、
  • 新専門医制、混乱の根源は「画一化」

    カテゴリー:臨床ニュース 1月24日

    ――2016年の医療界の注目トピックスとしては、新専門医制度をめぐる動きがあります。先生は、日本専門医機構の「役員候補者選考委員会」の委員を務めたほか(『日本専門医機構の新理事候補、来週にも決定か』を参照)、全国医学部長病院長会議
  • 最大のニュースは「専門医制度で混乱」

    カテゴリー:臨床ニュース 1月23日

    増えたわけではありません。そして、新たな専門医制度の混乱も大きな問題でした。 ――6月には「日本専門医機構の結論が出ないのであれば、2017年度は現行の学会の制度を運用する」との立場を明らかにしました。
  • 新専門医制、各県「協議会」が影響チェック

    カテゴリー:医療維新 1月19日

    る行政、医師会、大学、病院団体から成る「協議会」が、各研修プログラムを承認する重要性を強調。日本専門医機構が2016年12月にまとめた「専門医制度新整備指針」を踏まえ、改めて都道府県に対し、協議会に関
  • 耳鼻咽喉科と他科との「調和」を胸に

    カテゴリー:臨床ニュース 1月17日

    れ大きな力になる「調和」が大事です。  専門医の質の向上を目指した新専門医制度での議論では、日本専門医機構(旧)の先生方が一生懸命に取り組まれ、タイミングも悪く気の毒な面もあったと思いますが、せっかく
  • 医師偏在、実態把握に向け「見える化」、日病

    カテゴリー:医療維新 1月16日

    勤務医の中で、総合診療医として活躍したいと考える医師に、援助の手を差し伸べたいと考えており、日本専門医機構の総合診療専門医の議論を制限するものではない」と説明。全国自治体病院協議会や全日本病院協会、地
  • 2017年の課題、プライマリ・ケアの「見える化」

    カテゴリー:臨床ニュース 1月16日

    化の必要性と正当性を発信していきます。  またわれわれは新専門医制度が1年延期になったため、日本専門医機構の理事長から直接の依頼を受け、総合診療専門医の専門研修の実施を予定していた施設、あるいは総合診
  • 6都府県、専攻医の募集上限設定、都市部集中防ぐ

    カテゴリー:医療維新 1月13日

     日本専門医機構は1月13日の理事会で、2018年度から開始予定の新専門医制度において、東京都など都市部への専攻医の集中を防ぐため、専攻医の募集定員の上限を設定することを了承した。東京、神奈川、愛知、
  • 「非常に困難な崖」に直面した2016年

    カテゴリー:臨床ニュース 1月4日

    ――それはどのような意味でしょうか。2017年度から開始予定だった新専門医制度が1年延期したことではない。  日本専門医機構は2014年5月の設立以降、総合診療専門医について議論を重ねてきました。われわれも学会の立場と
  • 2016年の10大ニュース、1位はノーベル賞受賞◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年12月29日

    実施見送りへ』を参照)。本決定に至るまで、日本医師会と四病院団体協議会が緊急会見を開いたり、日本専門医機構の執行部が大きく様変わりしたりするなど、新専門医制度は大きく揺れた。2016年後半から本格化し
  • 社会医学系専門医協会、700人超す医師登録

    カテゴリー:医療維新 2016年12月26日

    、少しその距離が近づいたのではないか」。  20番目の基本領域専門医か、別の立ち位置か?  日本専門医機構では、基本領域を19として新専門医制度をスタートさせる方針。宇田氏は、「任意団体の段階から、わ
  • 新専門医制度、2018年度開始に向け前進

    カテゴリー:医療維新 2016年12月17日

     日本専門医機構の社員総会が12月16日に開かれ、「専門医制度新整備指針」を了承した。新整備指針は、12月9日の同機構理事会で了承を得ており、正式に決定したことになる(内容は、『新専門医制度の「新整備
  • 新専門医制度の「新整備指針」、機構理事会了承

    カテゴリー:医療維新 2016年12月10日

     日本専門医機構は12月9日の理事会で、新専門医制度の基本指針となる「専門医制度整備指針」を了承した。12月16日に開催予定の社員総会で了承が得られれば、正式決定、公表する。2017年度から開始予定だ
  • 「大学、学会回帰を懸念」、新専門医制で堺日病会長

    カテゴリー:医療維新 2016年11月28日

     日本病院会会長の堺常雄氏は、11月28日の定例記者会見で、日本専門医機構で検討が進む、専門医制度整備指針について、「大学、学会回帰」と指摘した。11月26日の常任理事会では、専門医制度が主たる議題と
  • 「大学以外でも基幹病院に認定を」、全自病

    カテゴリー:医療維新 2016年11月23日

     全国自治体病院協議会は11月22日、日本専門医機構で現在検討されている「専門医制度整備指針」改訂案について「今までの議論やいったん立ち止まって再検討するに至った最大の要因である地域の医師偏在に全く応
  • 「私大であっても公的な役割を果たす」◆岩手医大Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年11月21日

     問題は地域偏在、診療科偏在の問題が極めて大きいということで、それをどうするか。診療科偏在は専門医とも関連するので日本専門医機構とも一緒にやっていかなくてはいけませんが、そう簡単に解決するようなものではないでしょう。地域偏
  • 新専門医「整備指針」、地域医療に配慮し12月に改訂

    カテゴリー:医療維新 2016年11月19日

     日本専門医機構は11月18日の理事会で、新専門医制度の骨格となる「専門医制度整備指針」(2014年7月策定)を改訂し、研修プロセスを重視する「プログラム制」以外にも、基本領域のダブルボードの取得が容
  • 専門医研修プログラム6割が問題、日病調査

    カテゴリー:医療維新 2016年10月25日

    、大病院への集中」(47病院)、「日本専門医機構のガバナンス欠如」、「グランドデザイン不足」(37病院)、「地域・診療科偏在助長」(36病院)と続いた。日本専門医機構の新体制について堺会長は「新体制に
  • 「医師不足地域での勤務」、保険医療機関の責任者の条件

    カテゴリー:医療維新 2016年10月24日

    茂氏をはじめ、計26人の医療者から成る「医療分科会」で検討を重ねてきた。医師の診療科偏在は、日本専門医機構が議論しているとし、今回の私案は医師の地理的遍在に焦点を絞った内容。なお、尾身氏は厚生労働省の
  • 「医学部定員、2020年度以降も増員」をけん制

    カテゴリー:医療維新 2016年10月20日

    ・自治医科大学学長。  日本専門医機構、事務局長は出向者  医師需給分科会が議論する医師偏在対策では、専攻医の在り方も検討課題の一つ。中川氏は9月の医療部会で、日本専門医機構理事長の吉村博邦氏へのヒア
  • 1位は「出身大学」、脳神経外科研修プログラム選択理由

    カテゴリー:医療維新 2016年10月11日

     日本脳神経外科学会では、新専門医制度で導入予定の「研修プログラム制」を、2011年から導入済み。日本専門医機構が新制度用に行った1次審査を終えた脳神経外科の専門研修プログラムは94。今回のアンケート結果は
  • 診療科別の「専攻医研修枠」、JCHO尾身氏が提案

    カテゴリー:医療維新 2016年10月6日

    診療科別の「専攻医研修枠」を設定することを提案、多くの構成員の支持が得られた。  尾身氏は、日本専門医機構の「専門医研修プログラムと地域医療にかかわる新たな検討会」に、公衆衛生の専門家として加わった立