m3.com トップ>記事検索結果

「日本消化器病学会」の検索結果

  • 便秘診療の“機運”高まらぬ要因【時流◆便秘症】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

    、これまで国内でも日本内科学会や日本消化器病学会が定義を示している。 日本内科学会 3日以上排便がない状態。または毎日排便があっても残便感がある状態 日本消化器病学会 便秘症では排便が数日に1回程度に
  • 大腸憩室症ガイドラインの草案公開

    カテゴリー:臨床ニュース 7月27日

    め切りで、電子メールで意見を募集している。  同ガイドラインは、日本消化管学会が中心となり、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本インターベンショナルラジオロジー学会の協力のもと作成。大腸憩室症
  • 肝細胞癌追加でスチバーガ適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 7月3日

    40mg)が、癌化学療法後に増悪した切除不能な肝細胞癌に対して一部変更承認されたことを受け、日本消化器病学会は6月26日、同薬の適正使用アドバイザリー・ボードがまとめた医療関係者に適正使用を求める文書
  • 糞便移植、潰瘍性大腸炎への効果は限定的か【JSGE 2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月28日

    定的である可能性が、藤田保健衛生大学病院消化器内科の城代康貴氏らの検討で示された。第103回日本消化器病学会総会(東京都)のワークショップ「腸内細菌を標的とした消化管疾患の治療と実際」での発表内容で、
  • 低用量アスピリン内服中の胃十二指腸潰瘍、出血増やす3因子【JSGE2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月1日

    6倍に高まることが、広島市立安佐市民病院消化器内科の青山大輝氏らの検討で分かった。第103回日本消化器病学会総会(4月20-22日、東京都)のワークショップ「抗血栓薬と消化管傷害」で発表した内容で、こ
  • DOACの消化管出血、種類で部位に違い?【JSGE2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月31日

    が、倉敷中央病院消化器内科の國吉宣行氏、下立雄一氏、水野元夫氏らの検討で分かった。第103回日本消化器病学会総会(4月20-22日、東京)のワークショップ「抗血栓薬と消化管障害」で報告された内容で、直
  • クローン病、術後早期の生物学的製剤導入で転帰良好【JSGE2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月12日

    術率を低下できることが、慶應義塾大学消化器内科の水野慎大氏らの検討から示唆された。第103回日本消化器病学会総会(4月20-22日、東京)のシンポジウム「IBD治療における生物学的製剤 これからの課題
  • 潰瘍性大腸炎への抗菌薬3剤療法、有効性確立に挑戦【JSGE2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月10日

    6施設で進行している。治験調整医師を務める北海道大学病院消化器内科の桂田武彦氏は、第103回日本消化器病学会総会(4月20-22日、東京)のワークショップで講演。「まだ薬事承認は得られていないが既に多
  • ポラプレジンク重大副作用で改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月22日

    判断した。  厚労省の周知依頼は、日本医師会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、日本内科学会、日本消化器病学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本皮膚科学会、日本耳鼻咽喉科学会、日本口腔・咽頭科学会、日
  • ERCP後膵炎ガイドラインを公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月14日

    グレイディングは強い・弱いの2段階で示されている。  同ガイドラインで想定している使用者は、日本消化器病学会や日本消化器内視鏡学会認定の消化器専門医。実際の診療にあたっては、患者ごとの個別的条件が重要
  • 「検診重視のがん対策」から予防に転換を◆Vol.25

    カテゴリー:医療維新 2016年4月25日

     特に力を入れたのは、“わが国からの胃がん撲滅計画”。これは、私が2009年札幌で開かれた日本消化器病学会総会の会長講演で初めて提唱した概念です。ピロリ菌除菌とその後の内視鏡によるサーベイランスが胃
  • Lancet論文、ピロリ菌除菌の適応拡大に貢献◆Vol.21

    カテゴリー:医療維新 2016年4月21日

    リ感染胃炎への保険適用に絞ることにしました。厚労省の感触はきわめて良く、2011年12月に、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本ヘリコバクター学会の3学会で厚労大臣宛てに要望書を提出、その後、
  • 「ピロリ教」との仇名にも屈せず◆Vol.19

    カテゴリー:医療維新 2016年4月19日

    のですが、それと同時に大きな問題となってきたのが再発。どこまで維持療法を続ければ良いのかが、日本消化器病学会で毎回取り上げられていました。この問題を解決したのが、ピロリ菌除菌です。  胃・十二指腸潰瘍
  • 「生化学を3カ月間研究」で学位取得遅れる◆Vol.11

    カテゴリー:医療維新 2016年4月11日

    リポ蛋白との結合が強いことを証明できました。卒後4年目に私の初めてとなる論文が、1976年の日本消化器病学会雑誌に掲載されました。たまたま担当した患者さんから学んだことが、研究につながったことは大きな
  • 専任教授の有無、学会員数を左右

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月29日

     同学会では、呼吸器内科専任教授の不在は徐々に解消され、全体としては学会会員数も専門医数も伸びているが、日本循環器学会や日本消化器病学会などの内科関連学会と比べて半分以下であると指摘。  呼吸器内科専任教授が創設されると会員数や
  • NAFLD/NASHの診療指針公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月8日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、「NAFLD/NASH診療ガイドライン 2014」をホームページに掲載した。日本消化器病学会が編集し、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)につい
  • 過敏性腸症候群の診療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月7日

    能性消化管疾患診療ガイドライン 2014-過敏性腸症候群(IBS)」をオンラインで公開した。日本消化器病学会がまとめたもので、IBSの診断や治療、予後について図表やクリニカルクエスチョン(CQ)形式で解説している。
  • GERD患者をドクターショッピングから守れ【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年9月17日

    ッピング」に陥りやすくなるという。どうすれば患者に適切な治療を継続して行うことができるのか。日本消化器病学会でGERDガイドラインの作成委員長を務める島根大学医学部内科学講座第二(消化器・肝臓・健診予
  • EUS-BDの偶発症で4学会提言

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年7月17日

    スもあり、長期の有効症例数が十分でないため、実施時の留意点などを示した。  提言は、同学会と日本消化器病学会、日本胆道学会、日本膵臓学会の合同で行われた。4学会は「手技の標準化、偶発症の予防策など解決
  • HP除菌Q&A、大幅加筆し発表

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年3月18日

     日本消化器病学会H.pylori診断治療委員会は3月18日、ヘリコバクター・ピロリ(HP)感染胃炎の除菌療法に関するQ&A集を大幅に加筆し、公開した。63項目の疑問を7カテゴリ(疫学、内視鏡診断、H
  • 胃癌撲滅元年、ピロリ除菌の現場【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年1月8日

    CAMは耐性率が高い。CAM耐性と明らかであれば、1次除菌から2次除菌のレジメンを使うべきと日本消化器病学会から声明も出ていますが、保険ではCAM耐性が調べられないのも問題です。今後改善していくべきことの一つと考えています。
  • 除菌、「内視鏡で胃炎」半年有効

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年5月2日

     日本消化器病学会H. pylori診断治療委員会は4月26日、「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」(HP胃炎)の除菌治療に関するQ&A集を公開した。質問件数が多かった10項目を取り上げて回答を示してい
  • 日本循環器学会総会・学術集会など中止を決定

    カテゴリー:医療維新 2011年3月14日

    日本下肢救済・足病学会学術集会(第3回) 神奈川県 (*変更) 会場をパシフィコ横浜に変更し開催 5/13(金)-15(日) 日本消化器病学会総会(第97回) 東京都 検討中 5/13(金)-14(土) GPCR研究会(第8回) 東京都
  • 学会処分は行政処分の追認でいいのか

    カテゴリー:医療維新 2010年3月4日

    立的専門機関の創設へ向けて」の前文に書かれている理念とは合致しないように私には思われる。  日本消化器病学会も同様に行政処分を根拠とした処分を行なっている。こちらは、学会としての懲戒処分案に関する聴聞