m3.com トップ>記事検索結果

「日本血管外科学会」の検索結果

  • 裁判の9年、逆境にめげず手術続行◆Vol.20

    カテゴリー:医療維新 9月20日

    Surgery』に投稿、すぐにアクセプトされ、僕の過外転症候群の手術法はデファクト・スタンダードになった。  日本血管外科学会でも結果を発表したところ、とても尊敬していた東大の名誉教授が、すごく評価してくれてね。「こん
  • 浅大腿動脈ステント管理委を設立

    カテゴリー:臨床ニュース 1月11日

     日本血管外科学会はこのほど、浅大腿動脈ステントグラフトグラフト実施基準(SFASG)管理委員会を設立したと発表した。浅大腿動脈における症候性末梢動脈疾患治療の適応を有する日本ゴア社のステントグラフト
  • 専門医制、「10年前と同じ議論が展開」◆Vol.26

    カテゴリー:医療維新 2016年9月26日

     それ以前に私は、心臓血管外科専門医認定機構を作り、代表理事を務めていた。これは日本心臓血管外科学会、日本胸部外科学会、日本血管外科学会の3学会をまとめ、一つの専門医制度を作るために発足させた組織。厚生労働省が2002年4月から
  • 「避難先での心・血栓疾患予防を」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月19日

     DCAPリスクスコアと同予防スコアは日本内科学会の公式サイトで、日本循環器学会、日本静脈学会、日本心臓外科学会、日本血管外科学会、日本脈管学会、日本胸部外科学会、肺塞栓症研究会の7学会による避難所や車中で避難している人の
  • 需要増のこの領域、求む若手!

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月1日

    呼吸器外科は、外科技術だけでなく、分子標的療法や化学療法にも精通でき、臨床腫瘍学にも強くなれる。 高齢社会で患者激増中――日本血管外科学会  高齢化社会となり、血管疾患の患者数は激増しています。それに伴い、保存治療、血管内治療、外
  • ブラックジャックは受入れられなくなる

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月19日

    。いわゆるブラックジャック的な術者は受け入れられなくなる。 直達手術、減っても必ず習得を――日本血管外科学会 (1)10年後に大きな発展が見込まれる診断や治療の技術、方法は? 血管内カテーテル治療やロボット治療といった低侵襲治療
  • 急性腹症の診療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月4日

    めて。作成にあたっては日本医学放射線学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本産科婦人科学会、日本血管外科学会から委員の派遣を得ている。 関連リンク 急性腹症診療ガイドライン2015[第1版第3刷]
  • ASOのグローバル指針、全邦訳版を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年10月1日

     日本血管外科学会は、このほど全文翻訳・監修が完成した「下肢アテローム硬化性閉塞性動脈疾患に対する診療ガイドライン」を公開した。米国血管外科学会(SVS)が2015年2月に発刊した指針の翻訳版で、無症
  • 心臓血管外科専門医制度で重要告知

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年8月20日

     日本血管外科学会はこのほど、心臓血管外科専門医の新規申請や更新に用いるNCD(National Clinical Database)登録手術症例のうち、半分以上がNCDの検索システムで抽出されないこ
  • 初の急性腹症指針案を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年1月19日

     急性腹症全般を対象とした指針はこれまでになく、同学会と日本腹部救急医学会、日本医学放射線学会、日本産科婦人科学会、日本血管外科学会が共同で原案を取りまとめてきた。108のクリニカルクエスチョン(CQ)で構成し、推奨度はA(
  • ライブ手術指針、7年ぶり改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年7月1日

     日本胸部外科学会は6月25日、「心臓血管外科ライブ手術ガイドライン(改訂版)」を公表した。日本胸部外科学会および日本血管外科学会と合同で作成したもので、2007年以来7年ぶりの改訂となる。「患者本人には利益のないライブ手
  • PAD不適切治療、7割超は循内で

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年10月15日

     日本血管外科学会PAD(末梢動脈疾患)ガイドライン作成委員会の大木隆生委員長は10月11日、第54回日本脈管学会総会で「患者本位ではないPAD治療の全国実態調査」の結果を報告。この中で、不適切な治療
  • 「不適切なPAD治療」実態調査

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年4月16日

     末梢動脈疾患(PAD)または閉塞性動脈硬化症(ASO)と呼ばれる疾患の診療環境の是正を求める動きが出ている。日本血管外科学会の宮田哲郎理事長とPADガイドライン作成委員会の大木隆生委員長は4月15日、学会員を対象に「
  • 原発性リンパ浮腫に保険適用を

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年9月10日

    ・推進することも求めている。日本脈管学会、日本血管外科学会、日本リンパ学会、日本静脈学会、日本形成外科学会との連名で8月2日付。共同提言書は日本血管外科学会のホームページで閲覧することができる。  原
  • 日本の女性外科医、65%が将来展望描けず

    カテゴリー:医療維新 2012年4月17日

    5学会が回答。女性評議員がいないのは3学会のみだったが、いずれも外科系で日本消化器外科学会、日本血管外科学会、日本整形外科学会だった。また外科系12学会のうち、女性役員がいる学会はゼロで、認定医・専門
  • CAS新実施基準、手術実績除く

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年1月23日

     日本循環器学会は1月19日、日本血管外科学会や日本脳卒中学会など関連11学会と合同で承認した「頸動脈ステント留置術(CAS)実施基準」の2012年1月改訂版をホームページ上で公開した。この基準では、
  • リンパ浮腫治療の標準示す

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年6月29日

     日本血管外科学会は6月24日、ホームページに「リンパ浮腫研修委員会における合意事項」を掲載した。標準的なリンパ浮腫治療を確立するため、リンパ浮腫の予防や治療、用語の統一に関する合意事項を示している。
  • 日本循環器学会総会・学術集会など中止を決定

    カテゴリー:医療維新 2011年3月14日

    日本関節運動学的アプローチ(AKA)医学会北海道地域技術研修会(博田法)(第13回) 北海道 中止 4/20(水)-22(金) 日本血管外科学会学術総会(第39回) 沖縄県 開催予定 4/21(木)-22(金) 日本感染症学会総会・学術講演会(第85回)
  • 「大綱案は欠陥品、対話型システムの確立を」◆Vol.39

    カテゴリー:医療維新 2010年5月27日

    会の提案の法制化を求めた。  議論の最後に、議連事務局長の梅村聡・参議院議員は、5月22日の日本血管外科学会の医療安全講習会で講演した際に、高本眞一・三井記念病院院長(前東京大学心臓血管外科教授)と話