m3.com トップ>記事検索結果

「服薬指導」の検索結果

  • 接遇失敗談「孫かと思ったら息子だった」

    カテゴリー:医療維新 11月18日

    思った。(40代男性) ・男性の処方せんで、窓口にいらっしゃったのは外見は女性。奥様かと思い込み服薬指導。本人様だった。(40代男性) ・年末にご主人を亡くされたばかりの奥様に、よいお年を、と言ってしまったこと。(50代女性)
  • 「院外処方、なぜ院内の3倍の技術料か」、疑問の声

    カテゴリー:医療維新 11月17日

    備蓄や建物などの運営経費という性質で、調剤料には薬剤の調製、服薬情報の確認、処方監査、疑義照会、服薬指導などが基本的な業務として位置付けられていること、薬学管理料は薬歴の記載や後発医薬品の説明、お薬手
  • 「特殊処方には波線」など薬剤師連携での工夫

    カテゴリー:臨床ニュース 11月14日

    ほとんど意味のない照会ですが、時に重要な案件があり、やはり必要。丁寧に受けることで、疑義照会をしやすくと心掛けている。患者さんへの服薬指導の方法のやり方を当院と統一してもらう【眼科開業医】 問い合わせには、基本的に応じる【耳鼻咽喉科開業医】
  • 「先生がいたから、最期まで幸せだったと思う」

    カテゴリー:医療維新 11月11日

    あまり丁寧に説明してくれない。ありがとう」と言われた時は うれしかったし、これからも頑張って 丁寧な服薬指導に努めようと思った。(50代女性) ・かかりつけだった高齢の患者さんが亡くなり、しばらくしてその
  • 多職種連携、「尊敬の気持ち」がベース、横倉日医会長

    カテゴリー:医療維新 10月9日

    期待する薬剤師の主な役割として下記を挙げた。 調剤(医薬品の適正供給)、薬剤情報提供、薬剤管理・服薬指導・服薬支援、服薬状況・残薬・有害事象等確認、処方医への情報のフィードバック、麻薬製剤の供給・管理
  • 週刊誌の「漢方報道」巡り協会がコメント

    カテゴリー:臨床ニュース 9月22日

    ていることを強調している。  コメントではさらに、適正使用の推進に向けた取り組みとして、漢方薬の服薬指導に関するQ&A集や甘草(カンゾウ)含有医療用漢方製剤による低カリウム血症の防止、治療法の解説資料
  • かかりつけ薬剤師、地域包括ケアでの活躍期待

    カテゴリー:医療維新 1月19日

    地域包括ケア推進に向け、かかりつけ薬剤師・薬局の役割の重要性を強調、「患者に適正な医薬品の提供や服薬指導を行うことで、地域医療の向上に非常に大切なことだと考えている」と述べ、診療報酬上と薬事行政が一体
  • 北米現地レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年8月23日

    れ、各問題の解答時間は7分間。出題内容は、服用歴の確認や処方せん監査、薬剤に関連した問題の解決、服薬指導、フォローアップ内容の考案などで、問題によっては一般用医薬品や医療機器の選択や推奨も含まれます。
  • 漢方エキスの服薬指導、施設間に差異

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月25日

     漢方薬処方の裾野が広がるにつれて、薬局が漢方エキス製剤の服薬指導に当たる機会は年々増加傾向にある。そうしたなかで石川県金沢市の映寿会みらい病院薬剤部の吉田恵里氏らは、同院薬剤部や近隣薬局へのアンケー
  • シタフロキサシンなど注目リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月20日

    では、評価中のリスク情報を基に患者が自己判断で服薬を中止したり、用量を減らしたりしないよう適切な服薬指導を呼び掛けている。  シタフロキサシン水和物では血小板減少と精神症状、持続型ループ利尿薬のアゾセ
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月24日

    の価格競争が始まっています。$1の差であれば、「高い専門性を持った信頼できるかかりつけ薬剤師から服薬指導を受けたい」と思う患者が多いのではないかと考えますが、今後仮にこの値引き可能額の上限が上がった場
  • 女性の包括的健康支援へのチャレンジ

    カテゴリー:医療維新 2016年3月23日

    たどり着き、ようやく排泄をするわけです。その一連を見ずに、排泄部分だけを取り出してアセスメントや服薬指導するのは適切でありません(図1)。排泄とは、外界から取り入れた物質(食物や水分)を消化・吸収した
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    なお、ピッキング前に服薬状況などを確認することは全薬局で実施できているわけではなく、薬局によっては旧来の調剤鑑査後の服薬指導時に服薬状況などを確認する業務フローを採用しているのが現状です。また、日本でいう薬剤情報提供書やお薬手帳は存在しません。
  • 緩和ケアにおいて薬剤師さんに望むこと

    カテゴリー:医療維新 2016年2月12日

    だし、「スピリチュアルケアを行うぞ!」という意気込みで患者さんのもとを訪問するのではなく、日常の服薬指導や症状アセスメントを行う際の「丁寧な対応」がスピリチュアルケアに繋がると考えています。「この薬剤
  • 「かかりつけ薬剤師」の有無で点数に大差

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    」の業務よりも、患者への服薬指導という「対人業務」を評価するのが基本的考え方(『「薬局改革の元年」、2016年度改定』を参照)。  かかりつけ薬剤師を配置し、患者への服薬指導等を行っているか否かで、改
  • 横倉日医会長、「2016年度改定の5つのポイント」

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    原因の一つになっている。今回の改定の対応により、薬剤師との連携を通じて、処方の見直し、より適切な服薬指導、薬剤管理が行われることを期待する。また高齢者における薬物治療に関するエビデンスが蓄積されてきて
  • 初再診料は据え置き、2016年度改定を答申

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    には追い風が吹いていたが、患者本位の分業の確立へと舵を切った。薬などの「対物」業務から、患者への服薬指導など「対人」業務を評価するのが、その基本的な考え方。今回はその第一弾の改定であり、この方針は今後
  • 患者の死と向き合う――在宅が教えてくれたもの

    カテゴリー:医療維新 2016年2月8日

    さんが引き継がれ、無事完成。2003年7月に公開されました。 薬剤師の役割、それは「患者に伝わる服薬指導」をすること  私は深作さんとの出会いを通して「薬剤師としての役割」について改めて考えさせられま
  • 植物療法が変えるセルフメディケーションの世界

    カテゴリー:医療維新 2016年2月5日

    てうかがいます。 予防医療における食生活指導  現代医療における薬剤師の患者指導の目的は、適切な服薬指導を行うことで、薬物治療のアウトカムを高めることにあります。それに対して予防医療における薬剤師の患
  • 「薬局改革の元年」、2016年度改定

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    「質」を問うのが今改定だ。  一言で言えば「対物業務から対人業務への転換」を求める内容。患者への服薬指導などを行う、かかりつけ薬剤師を評価する点数として、「かかりつけ薬剤師指導料」「かかりつけ薬剤師包
  • かかりつけ医を重点評価、小児も対象に

    カテゴリー:医療維新 2016年1月27日

    要件に、地方厚生局長に届出をした、「かかりつけ薬剤師」は、患者の署名付きの同意書を作成した上で、服薬指導等をする場合に「かかりつけ薬剤師指導料」を算定できる。算定要件には患者からの相談を24時間応じる
  • 鍛えよう! 薬剤師のコミュニケーションスキル

    カテゴリー:医療維新 2016年1月25日

    伝えると、相手も回答しやすいものです。 患者からの信頼を得るには焦らず気長に距離を縮める Q. 服薬指導時、患者さんへのヒアリングでより多くの情報を引き出すには、どのような工夫をするとよいですか。アドバイスをお願いします。
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年1月22日

    CPA期間内でも、糖尿病患者への服薬支援が及ぼす効果を評価するための研究や、薬剤師が患者に行った服薬指導の内容を評価・解析するための分類項目を開発する研究などが行われており、そこで得られた研究結果が5
  • 「健康サポート薬局」 薬局経営者に聞く現状と課題

    カテゴリー:医療維新 2016年1月20日

     リンゴ薬局は透析専門クリニックの門前薬局としてスタートしましたが、調剤の際にさりげなく栄養指導をしたり、ニーズに応じた服薬指導を行ったりするうちに、患者さんの層に変化が見られるようになりました。勝野さんの人柄によって、患者
  • ドイツの薬局・薬剤師レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年1月18日

    ら医薬品を渡すまで短時間ですみます。そして、軟膏やカプセルなどの調合はPTAが行うため、薬剤師は服薬指導や学術業務などに専念できます。薬剤師はできる限り、患者さんの応対や自身の勉強のために時間を割くようにしているのです。
  • 7対1入院基本料、“平均在院日数の短縮”は明記せず

    カテゴリー:医療維新 2016年1月14日

    まれた。かかりつけ薬剤師は、患者が選択し、処方医と連携して患者の服薬状況を一元的・継続的に把握し服薬指導を行う業務を薬学管理料として評価。地域包括診療料・加算の対象患者には、かかりつけ薬剤師の調剤料、
  • ドイツの薬局・薬剤師レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年1月6日

    薬局は厳しい経営を強いられており、経費節減は需要な課題となっているのです。  さらに、義務である服薬指導などをきちんと行っていないというマスメディアからのバッシングもあることから、より一層厳しい立場と
  • 今、薬局に求められる地域貢献の在り方

    カテゴリー:医療維新 2015年12月16日

     ドイツではほとんどの薬局にピッキングマシンが導入されており、IT化も進んでいました。業務を効率化し、そのぶん薬剤師が患者さんの服薬指導や健康相談に時間を割いています。そこで、監査システムのIT化や、薬品の発注管理の自動化を進め、薬
  • つるつるの「ドラッグストアでトリアージ」

    カテゴリー:医療維新 2015年12月14日

    することがあり、夜中に胃が締め付けられるように痛み出し、救急車を呼ぶ事態になった方もいます。  服薬指導の際は教科書通りではなく、患者の生活パターンなども同時にうかがいましょう。それが、OTC薬の正しい選択と適正使用につながります。
  • 「分配比率1:0.3の公平な改定求める」、日薬・森副会長

    カテゴリー:医療維新 2015年12月11日

    は調剤の中できちんと考えていく必要がある。日薬のスタンスはこれから議論する中で示していく。 ――服薬指導や服用歴管理などは薬局の本来業務であり、「薬剤服用歴管理指導料」と「基準調剤加算」を統合すべきという意見はいかがでしょうか。
  • 門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る

    カテゴリー:医療維新 2015年12月5日

     中川氏は、「基準調剤加算」を抜本的に見直し、「かかりつけ薬局」の機能を満たすよう、厳格化を求めた(詳細は後述)。幸野氏も、服薬指導や服用歴管理などが薬局の本来業務であるなら、「薬剤服用歴管理指導料」と「基準調剤加算」の統合が、将来の目指す方向であるとした。
  • コミュニケーションスキルと脳科学

    カテゴリー:医療維新 2015年12月2日

     薬局業務は、マルチタスクを求められるものです。  日々の調剤業務だけでなく、調剤監査や患者さんへの服薬指導など、一人でいくつもの業務をこなさないとなりません。もちろん、スタッフや患者さんとのコミュニケー
  • がん専門薬剤師の仕事

    カテゴリー:医療維新 2015年11月26日

    体的にどういった仕事をしているのでしょうか。  がん専門薬剤師の主な仕事は「抗がん剤の調製」と「服薬指導」です。業務内容は病棟、オンコロジーセンター、医薬品情報室など配属によって変わってきますが、がん
  • 薬剤師の役割「治療的健康教育の担い手に」

    カテゴリー:医療維新 2015年11月25日

    ては栄養士が成り得ると期待した。  ただ、サービス利用時が治療的健康教育の好機に関わらず、現在の服薬指導は方法論が確立しておらず、評価もされていないと指摘。薬学教育や薬剤師学会の中で検討されていないと
  • チーム医療で活躍する病院薬剤師の仕事

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    の業務を評価するものではありませんでした。それでも、薬剤師が患者さんとコミュニケーションをとって服薬指導することの意義を感じていたので、私たちは病棟業務に取り組んでいました。ですから、12年の法改正が
  • 女性の包括的健康支援へのチャレンジ

    カテゴリー:医療維新 2015年11月18日

    せますが、BP製剤のように服薬に注意が必要な薬剤があるために、用法や歯科医受診時の注意を強調して服薬指導しがちです。  また、カルシウム製剤や活性型ビタミンD製剤などは、古くから一般的に用いられている
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師・専門薬剤師の仕事

    カテゴリー:医療維新 2015年11月9日

    剤師と専門薬剤師の違いを教えてください。  はじめにこの領域の専門性についてお話します。一般的な服薬指導は「患者さんが抱える疑問を解決すること」「薬に関する情報を患者さんに教えること」ですよね。正しい
  • 今、薬局に求められる地域貢献の在り方

    カテゴリー:医療維新 2015年11月2日

    ています。また、2015年から地域のクリニックとの連係による在宅業務も始めました」 薬剤師として服薬指導で老老介護の負担を軽減  現在、抜井さんが週1回訪問している山田さんご夫婦は、夫の一郎さん(86
  • 緩和ケアにおいて薬剤師さんに望むこと

    カテゴリー:医療維新 2015年10月9日

    とができるのです。  患者さんの話をうわの空で聞きながら「患者さんにどのように説明しようか。この服薬指導の後に調剤をして、そのあとは会議か……」などと考えてしまう。日々の業務に忙しく、患者さんに意識が
  • 女性の包括的健康支援へのチャレンジ

    カテゴリー:医療維新 2015年10月7日

    と食習慣の推奨が重要です。そこで、住民が最もアクセスしやすい健康情報ステーションである薬局には、服薬指導やセルフメディケーションの指導の一環として、正しい食習慣づくりの支援にも取り組んでいただきたい。
  • 緩和ケアにおいて薬剤師さんに望むこと

    カテゴリー:医療維新 2015年10月5日

    。 スピリチュアルケアの基本は「聞くこと」  薬剤師さんは調剤業務の他に、病棟や調剤薬局であれば服薬指導、在宅医療であれば訪問先でのコミュニケーションなど、患者さんと接する機会が増えていると思います。
  • アメリカとの比較でわかる日本の薬剤師の未来

    カテゴリー:医療維新 2015年9月2日

    ため、コミュニケーション力が非常に求められている。 a)薬剤のベネフィット及びリスクの情報伝達と服薬指導 b)患者の疾病マネージメント指導と教育 OTCのネット販売解禁は薬の副作用問題を引き起こす  
  • 女性の包括的健康支援へのチャレンジ

    カテゴリー:医療維新 2015年8月20日

    「特定健診」「骨量検診」などの施設情報を絶えず、調査し、住民や顧客が見やすいところに掲示したり、服薬指導の際に情報を提供するような体制を作る。 (3)女性が40歳を超えてさまざまな症状により複数科受診
  • 薬局のあるべき機能とは

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    ることや、第1類医薬品を含む一般用医薬品を販売していることを求めました。  構造・設備については服薬指導等での患者のプライバシー保護の視点からパーテーション等を設けることや、クリーンベンチ等無菌調剤を
  • 医薬分業、見直すべきか

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    つけ医」。薬局も同じだ。医師と患者の信頼関係のように、「私のことを全部分かってくれて、薬歴管理も服薬指導もしてくれる」という薬剤師が求められている。 ――「かかりつけ薬剤師」を制度上、評価することは可能でしょうか。
  • 「調剤バブル」、医薬分業への批判相次ぐ

    カテゴリー:医療維新 2015年7月23日

    れる状況は早急に改善すべき」と語気を強めた。鈴木氏は、医師の業務は「服薬管理」、薬剤師の業務は「服薬指導」と「薬剤管理」であり、言葉を使い分けるよう求めた。  日医副会長の中川俊男氏も、「医薬分業のメ
  • 日医、リフィル処方せん反対明言

    カテゴリー:医療維新 2015年7月23日

    認識を示した。さらに多剤処方となっている高齢者への服薬し忘れについては、「独居や認知症の高齢者で服薬指導がうまくいなかない。飲み忘れが出て当然」とした。鈴木氏が、認知症患者のデータを示すように求める場面もあった。
  • 鍛えよう! 薬剤師のコミュニケーションスキル

    カテゴリー:医療維新 2015年7月22日

    たりと、頑なになった心をほぐす工夫をしてみましょう。 服薬指導は患者さんの安全のため。質問に応えるメリットを知ってもらうことも大切 Q.服薬指導時、何を質問しても面倒臭そうに「別に」としか回答しない患
  • コミュニケーションスキルと脳科学

    カテゴリー:医療維新 2015年7月17日

    相手の目を見て話すことは、自分の印象を良くする万能薬なのでしょうか。  薬剤師の皆さんは、調剤や服薬指導などで毎日お忙しくされていることと思います。「忙」という漢字は「りっしんべん(=心)」に「亡」と
  • 1
  • 2