m3.com トップ>記事検索結果

「東京医療センター」の検索結果

  • 突然、来年の職場がなくなっても

    カテゴリー:医療維新 9月29日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 医療データ活用で厚労省が新計画、AI・全ゲノム活用を推進

    カテゴリー:医療維新 9月10日

    、今回の計画改定の背景を説明した。 冒頭で挨拶をする根本厚労相(右)と本部顧問の国立病院機構東京医療センター名誉院長の松本純夫氏(左)  新たな計画では、実現を目指す未来として、「全ゲノム情報等を活用
  • 3人の医師の運命を変えた“熱い夏”

    カテゴリー:医療維新 8月30日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 女性医師がカギ!救急専門医倍増私案

    カテゴリー:医療維新 8月2日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • NPの増加こそ医療界を救う秘策

    カテゴリー:医療維新 6月28日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 職場の雰囲気が悪いことで失う物って?

    カテゴリー:医療維新 5月26日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • アナフィラキシーには「オッサン筋注」か?エピペンか?

    カテゴリー:医療維新 4月7日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 優秀な医師ほどバーンアウトする?

    カテゴリー:医療維新 3月3日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「早稲田卒」医師、医師養成過程と入試の多様化提言

    カテゴリー:医療維新 2月2日

    ョンが高い学生の選抜につながった。 東海大学医療技術短期大学学長の灰田宗孝氏  国立病院機構東京医療センター精神科医師の杉原正子氏も、米国の医師養成大学院(メディカルスクール)の選抜方法を例に挙げて、
  • “ウザい指導医”になってないか心配じゃないですか?

    カテゴリー:医療維新 1月27日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • コンサルトのうまいコツ、教えます

    カテゴリー:医療維新 2018年12月30日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「研修医よ、なぜ忘れる!」と怒ってはダメ

    カテゴリー:医療維新 2018年11月10日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「24時間働けますか」は時代遅れ?

    カテゴリー:医療維新 2018年10月27日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「悪くなったらまた来てください!で大丈夫?」

    カテゴリー:医療維新 2018年9月28日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 忙しい外来でCTをオーダー!翌日のレポート確認できますか?【後編】

    カテゴリー:医療維新 2018年8月31日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「忙しい外来でCTをオーダー! 翌日のレポート確認できますか? 」【前編】

    カテゴリー:医療維新 2018年7月27日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「全国保健医療情報ネットワーク」工程表を公開、個人識別に被保険者番号利用

    カテゴリー:医療維新 2018年7月26日

    ことができることを入れられると良いのではないか」(データヘルス改革推進本部顧問で国立病院機構東京医療センター名誉院長の松本純夫氏)などの意見があった。
  • “おじさん世代 ” の価値観のままで大丈夫?!研修医を支える指導医とは

    カテゴリー:医療維新 2018年6月28日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 救急車は無料でいいの?【後編】

    カテゴリー:医療維新 2018年5月25日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 救急車は無料でいいの?【前編】

    カテゴリー:医療維新 2018年4月27日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 救急医に必要な3つの能力

    カテゴリー:医療維新 2018年3月16日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 誰でも救急医になれる!

    カテゴリー:医療維新 2018年3月2日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 3人の医師国会議員が語る日本の医療の課題と未来◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2018年1月31日

     2005年に博士号を取り、その後すぐ眼科専門医も取りました。医局人事で、江南市の厚生連昭和病院(現・江南厚生病院)、東京医療センター(旧・国立東京第二病院)で勤務しました。その後は、渡米して、ジョンズホプキンズ大学ウィルマー
  • 1位聖路加、2位武蔵野日赤、3位亀田、2017年度中間マッチング

    カテゴリー:医療維新 2017年9月23日

    人)といずれも2割以上増加。  一方、2016年度に、それまで2年連続1位だった国立病院機構東京医療センター(東京)は4位に後退したが、2017年度はさらに順位を下げ、18位。「1位希望人数」も201
  • 医師から厚労省、衆院議員に挑戦 - 国光あやの・元厚労官僚に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2017年5月7日

    2003年 長崎大学医学部医学科卒業 2004年 国立病院機構災害医療センターで研修 2005年 国立病院機構東京医療センターで研修 2005年 10月に厚生労働省入省 2008年 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)公衆衛生大学院修士課程修了
  • 「基幹施設は大学が基本」が招く産科医療の危機

    カテゴリー:医療維新 2017年2月7日

    中病院を見てみると、淀川キリスト病院(大阪府)は178件、都立広尾病院(東京都)は152件、東京医療センター(東京都)は103件などだ。大学医学部付属病院における常勤医一人当たりの年間分娩数が、全国の
  • 1位聖路加、2位虎の門、3位横浜市立市民、2016年度中間マッチング

    カテゴリー:医療維新 2016年9月26日

    大の「三強」不変、2016年度中間マッチング』)。  一方、2年連続で1位だった国立病院機構東京医療センターは4位に順位を下げた。同じく上位常連組の国立国際医療研究センターは、造影剤誤投与事故と募集定
  • 1位東京医療センター、2位聖路加

    カテゴリー:医療維新 2015年10月13日

     2015年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」で、東京都内の臨床研修病院の中で「1位希望人数」が最も多かったのは、国立病院機構東京医療センターだった。定員30人に対し、「1位希望人数」は54人だった。2位は聖路加国際病院の50人。例年
  • 1位岩手県立中央、2位大崎市民

    カテゴリー:医療維新 2015年10月2日

    19人のまま、希望人数が12人から36人に大幅に増加。全国のランキングでも17位に入った(『東京医療センターがトップ、2016年度中間マッチング』を参照)。  集計対象は、北海道、青森県、岩手県、宮城
  • 東京医療センターがトップ、2015年度中間マッチング(2015/10/5 訂正)

    カテゴリー:医療維新 2015年9月29日

    中病院と大学病院分院を「1位希望」として登録した人数でランキングした結果、1位は国立病院機構東京医療センターが54人で1位となった(昨年の結果は、『国立医療研究センター、4位に後退』を参照)。造影剤に
  • 卓球からテニスに「転向したわけ」◆Vol.27

    カテゴリー:医療維新 2015年8月27日

    簡単と分かり、当時、そのパイオニアの斉藤史郎先生(東京医療センター泌尿器科医長)がおられた東京医療センター(東京都目黒区の国立病院機構東京医療センター)に行きました。午前中、自治医大に行き、午後に入院
  • 薬剤師のためのワクチン入門

    カテゴリー:医療維新 2015年7月14日

    -4の4タイプに分類されており、国内感染者のウイルス型はDEN-1(終生免疫)である。ただ、東京医療センターでは、PCR検査でDEN-2症例1例(海外渡航歴・輸入症例)を確認している。  ここで留意す
  • 総合診療医のアイデンティティ確保が重要

    カテゴリー:医療維新 2015年6月17日

    れば上手くまわっていく」と経験を語った。 管理者になれば総合内科への理解進む  国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)総合内科の鄭東孝氏は、「管理者になればなるほど、総合内科への理解が進む」と語
  • 医師や組織に好影響与えるJNP - 東京医療センター松本・菊野両氏に聞く◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2015年2月24日

    ――JNP養成の大学院のカリキュラムを作る際、一番、苦労された点は何ですか。松本まず思考過程をいかに学んでもらうか、です。看護師養成の学校や大学で多くが教えるのは、「心に寄り添う」こと。目の前の患者が...
  • 研修医とJNP、いいライバル関係に - 東京医療センター松本・菊野両氏に聞く◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2015年2月15日

     看護師以外のコメディカルについても、同様の傾向で、JNPと一緒に働くと皆が味方になってくれる。 国立病院機構東京医療センターには現在、8人のJNP(Japanese Nurse practitioner:診療看護師)が勤務している。
  • JNPは「ミッドプロバイダー」 - 東京医療センター松本・菊野両氏に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2015年2月1日

    ――JNPの給与体系はどうなっているのですか。菊野基本的には看護師としての給与体系で、JNP手当という形で、プラスアルファで月数万円を支給しています。「自分で大学院の学費を払う。大学院の2年間は給与も...
  • 特定行為の議論、あまり意味なく - 東京医療センター松本・菊野両氏に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年1月25日

    ――厚労省の検討会や審議会では、看護師に認める医行為の範囲や、医師の包括的指示のあり方について、長年議論されました。しかし、これまでのお話からすると、そうした議論はあまり意味がないとお考えでしょうか。...
  • JNPの研修、初期研修医と同等 - 東京医療センター松本・菊野両氏に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年1月18日

    ――JNP(JapaneseNursepractitioner:診療看護師)は、大学院に入学する前、認定看護師あるいは専門看護師の資格を取得していた人が多いのでしょうか。菊野救急の認定看護師や集中治療...
  • JNP、日本の医療の欠点を補う - 東京医療センター松本・菊野両氏に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年1月8日

    の動きの一つだ。それに先んじて、いち早く看護師の役割の拡大に取り組んできたのが、国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)だ。2010年から東京保健医療大学が設立した大学院と連携し、米国のナースプラ
  • 多摩総合、日赤、東京医療センターが1位

    カテゴリー:医療維新 2014年10月3日

    かったのは、東京都立多摩総合医療センター、日本赤十字社医療センター、独立行政法人国立病院機構東京医療センターの3病院で、いずれも55人で「定員」を大幅に上回る結果となった。  ランキングは都内にある1
  • 国立医療研究センター、4位に後退

    カテゴリー:医療維新 2014年9月30日

    ンキングした結果、1位は東京都立多摩総合医療センター、日本赤十字社医療センター、国立病院機構東京医療センターの、いずれも都内に所在する3つの医療機関が、55人ずつで並んだ。近年1位を維持してきた国立国
  • 国際医療研究センターのトップ続く(2013/10/2訂正)

    カテゴリー:医療維新 2013年10月1日

    3(↑) 6 横浜市立市民病院 神奈川 18 55 305.6% 3(↓) 2 国立病院機構東京医療センター 東京 30 55 183.3% 5(↓) 4 武蔵野赤十字病院 東京 10 54 540.0%
  • 専門医の第三者機関、「高久氏と金澤氏が音頭を」

    カテゴリー:医療維新 2013年5月20日

    小森貴・日本医師会常任理事に聞く』を参照)。  「特定看護師、研修医1年目を上回る」  伊藤氏は、国立病院機構東京医療センターでも、入院患者の多くが80歳を超える現状を紹介し、「高齢者のケアを行ったり、高度医療を提供す
  • 眼の検診、視野検査の導入を

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年10月15日

    ムページで公開した。東京慈恵医科大学眼科の中野匡氏が眼検診の現状と課題を報告し、国立病院機構東京医療センター・感覚器センターの山田昌和氏が視覚障害を減らすための眼検診プログラムについて解説している。
  • 国立国際医療研究センター、不動の1位

    カテゴリー:医療維新 2012年10月2日

    を「1位希望」として登録した人数でランキングした結果、1位国立国際医療研究センター、2位国立東京医療センター、2位聖路加国際病院という順位になった(大学病院本院のランキングは、『東京医科歯科大、再び1
  • 眼底検査の施行率激減、訴え

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年9月20日

    底検査を含めた眼科検診を成人への実施を現在よりも広げるよう訴えた。  記者会見で国立病院機構東京医療センターの山田昌和氏(感覚器センター)は、「2008年4月を機に眼底検査は激減した」と説明する。老人
  • 1位国立国際医療研究センター、2位に沖縄県立中部病院が躍進

    カテゴリー:医療維新 2011年10月3日

    トップ、震災の影響は軽微か』を参照)。  2位は沖縄県立中部病院、3位は聖路加国際病院と国立東京医療センターで、これら上位陣は人気ランキングの常連組だ。   「1位希望人数」が20人を超えた市中病院、
  • がん診療連携拠点病院、11を新規指定、計388カ所に

    カテゴリー:医療維新 2011年2月10日

    :中津市立中津市民病院 ○、(独)国立病院機構・大分医療センター × 東京都 :(独)国立病院機構・東京医療センター ×、慶應義塾大学病院 ○、東京医科大学病院 △、東京都立多摩総合医療センター △、公立昭和病院 ○
  • 1
  • 2