m3.com トップ>記事検索結果

「東京医療センター」の検索結果

  • 「患者の命を危険にさらす」受け入れ断念に苦悩

    カテゴリー:医療維新 8月14日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 行動制限に「出口戦略」、病院での勤務の議論も必要

    カテゴリー:医療維新 7月25日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 慣れてきた頃に増える「研修医・専攻医の異変」

    カテゴリー:医療維新 6月13日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 救急医としてオリンピック開催には賛成し難い

    カテゴリー:医療維新 5月15日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • ワクチン接種と連休中の勤務ローテーション

    カテゴリー:医療維新 4月26日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 2回目接種の翌日に仕事するのは難しい

    カテゴリー:医療維新 4月9日

    6%なので、(その中で)実際に解熱鎮痛剤を使った割合は低かった」と述べた。解熱鎮痛剤の成分については、「(国立病院機構)東京医療センターの先行モデルではアセトアミノフェンをあらかじめ渡しているのと、海外ではアセトアミノフェンを一
  • 世代の違うあっと驚く新人研修医、どう迎える?

    カテゴリー:医療維新 3月31日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 2回目接種の翌日に頭痛や倦怠感などの副反応が顕著

    カテゴリー:医療維新 3月26日

    く出ているのではないか」との見方を示した。その理由について「(先行接種を国内で最初に始めた)東京医療センターのモデルを参考に、2回目接種の翌日はできるだけ被接種者が休みの日を選んでもらうようお願いして
  • 国内でワクチン2回目接種始まる「さらに安心」

    カテゴリー:医療維新 3月11日

     新型コロナウイルワクチンの2回目接種が国内で始まっている。国内で初めてワクチン接種が行われた国立病院機構東京医療センターでは3月11日、2回目の接種が始まり、新木一弘院長は「順調に進み安心している。安心して仕事が
  • 医療者1万8794人参加、先行接種の副反応調査開始

    カテゴリー:医療維新 2月27日

    37.5℃以上」が30%超だったことなどに触れた上で、先行接種の第1例目となった国立病院機構東京医療センターが作成した「モデルプログラム」ではアセトアミノフェンの服用を推奨していると紹介。「同センター
  • 24時間PCRで救急応需率を向上

    カテゴリー:医療維新 2月21日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 先行接種1例目は院長「全く痛くない」、東京医療センター

    カテゴリー:医療維新 2月17日

     2月17日に始まった医療従事者を対象とした新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの先行接種。第1例目となった東京医療センターでは、2月16日夜にワクチンが到着し、翌17日に接種を開始した(会見の様子は『4万人ワクチン
  • 4万人ワクチン先行接種が国内で開始「対策の切り札」

    カテゴリー:医療維新 2月17日

    、国立病院機構等の全国100病院、計4万人の医療従事者が対象となる。 第1例目は国立病院機構東京医療センターで行われ、新木一弘院長が接種。新木院長は接種後の会見で「待望の、新型コロナ対策の切り札と考え
  • 研修医・専攻医ローテ、冬場は手厚く

    カテゴリー:医療維新 1月24日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 年末年始の発熱対応、準備は大丈夫?

    カテゴリー:医療維新 2020年12月13日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 今年の忘年会、どうしますか

    カテゴリー:医療維新 2020年11月23日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 全米最高峰の病院で救急医として働くための努力-志賀隆・国際医療福祉大学医学部救急医学教室教授◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2020年11月15日

    総合診療、救急も良いかなと思うようになって、救急と総合内科がしっかりしている(国立病院機構)東京医療センターで2001年から初期研修をしました。 中山:先生が入ったときはもう人気病院でしたか? 志賀:
  • イレウス?腸閉塞?混同しやすい急性腹症

    カテゴリー:医療維新 2020年11月1日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 武蔵野日赤、1位に躍進-2020年度マッチング中間

    カテゴリー:医療維新 2020年9月25日

    位には同16位の自治医科大学附属さいたま医療センター(埼玉)、3位には同19位の国立病院機構東京医療センター(東京)が大きく躍進した。2019年度1位の虎の門病院(東京)は3位にやや後退。2019度と
  • マッチングの秋、研修先選びは「自分に正直に」

    カテゴリー:医療維新 2020年9月20日

    総合内科がある。 初期研修体制に歴史がある。 同僚や先輩が毎年10名以上入る。  これらは私が初期研修先に東京医療センターを選んだ際の条件でした。当時の初期研修医の給与は非常に限られたもので生活は苦しかったものの、
  • 「漫然と面接していませんか?」戦略的選考で人柄も見極め

    カテゴリー:医療維新 2020年8月15日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「退職する専攻医はいますか」研修医が見学時に聞くべき点

    カテゴリー:医療維新 2020年7月26日

    用試験を受けました。面接まで進みましたが、結果は不合格でした。その後、初期研修を国立病院機構東京医療センターで行い、2年目の夏に再度横須賀の見学に行きました。  当時はローテーションが忙しい救命センタ
  • 「うるせー!」泥酔して暴れる患者、飲み過ぎた理由は「コロナで…」

    カテゴリー:医療維新 2020年6月27日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • COVID-19でイベント中止、リクルートはどうする?

    カテゴリー:医療維新 2020年5月31日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 研修医のギャップととまどいに備える

    カテゴリー:医療維新 2020年4月26日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 新型コロナとの“勝負”に勝つ秘訣 - 尾藤誠司・国立病院機構東京医療センター臨床研修科医長に聞く

    カテゴリー:医療維新 2020年4月17日

    ――。  「一内科医の立場から」と断りつつ、こう指摘するのは、東京都目黒区にある国立病院機構東京医療センター臨床研修科医長の尾藤誠司氏だ。第一段階は、一般市民の相談に応じる「プレクリニック」、第二段階
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)の流行はいつまで続くのか?

    カテゴリー:医療維新 2020年3月29日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 第14回 循環器とCOVID-19――中国の文献より その2

    カテゴリー:臨床ニュース 2020年3月26日

    ウェルビーイングクリニック駒沢公園院長。1994年、東京慈恵会医科大学医学部医学科卒。同年、国立東京第二病院(現・国立病院機構東京医療センター)内科で初期研修。同院循環器科、および集中治療室(ICU)副室長、東京医療保健大学大学院臨床
  • 第13回 循環器とCOVID-19――中国の文献より その1

    カテゴリー:臨床ニュース 2020年3月24日

    ウェルビーイングクリニック駒沢公園院長。1994年、東京慈恵会医科大学医学部医学科卒。同年、国立東京第二病院(現・国立病院機構東京医療センター)内科で初期研修。同院循環器科、および集中治療室(ICU)副室長、東京医療保健大学大学院臨床
  • 医師のタスクスイッチの効率を上げる5つの方法

    カテゴリー:医療維新 2019年12月28日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 先生が誘った飲み会、楽しいの?

    カテゴリー:医療維新 2019年11月29日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 医療者の提案が伝わらない患者さんに出会った時は

    カテゴリー:医療維新 2019年10月25日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 突然、来年の職場がなくなっても

    カテゴリー:医療維新 2019年9月29日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 医療データ活用で厚労省が新計画、AI・全ゲノム活用を推進

    カテゴリー:医療維新 2019年9月10日

    、今回の計画改定の背景を説明した。 冒頭で挨拶をする根本厚労相(右)と本部顧問の国立病院機構東京医療センター名誉院長の松本純夫氏(左)  新たな計画では、実現を目指す未来として、「全ゲノム情報等を活用
  • 3人の医師の運命を変えた“熱い夏”

    カテゴリー:医療維新 2019年8月30日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 女性医師がカギ!救急専門医倍増私案

    カテゴリー:医療維新 2019年8月2日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • NPの増加こそ医療界を救う秘策

    カテゴリー:医療維新 2019年6月28日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 職場の雰囲気が悪いことで失う物って?

    カテゴリー:医療維新 2019年5月26日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • アナフィラキシーには「オッサン筋注」か?エピペンか?

    カテゴリー:医療維新 2019年4月7日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 優秀な医師ほどバーンアウトする?

    カテゴリー:医療維新 2019年3月3日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「早稲田卒」医師、医師養成過程と入試の多様化提言

    カテゴリー:医療維新 2019年2月2日

    ョンが高い学生の選抜につながった。 東海大学医療技術短期大学学長の灰田宗孝氏  国立病院機構東京医療センター精神科医師の杉原正子氏も、米国の医師養成大学院(メディカルスクール)の選抜方法を例に挙げて、
  • “ウザい指導医”になってないか心配じゃないですか?

    カテゴリー:医療維新 2019年1月27日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • コンサルトのうまいコツ、教えます

    カテゴリー:医療維新 2018年12月30日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「研修医よ、なぜ忘れる!」と怒ってはダメ

    カテゴリー:医療維新 2018年11月10日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「24時間働けますか」は時代遅れ?

    カテゴリー:医療維新 2018年10月27日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 「悪くなったらまた来てください!で大丈夫?」

    カテゴリー:医療維新 2018年9月28日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 忙しい外来でCTをオーダー!翌日のレポート確認できますか?【後編】

    カテゴリー:医療維新 2018年8月31日

    1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代から総合診療・救急を志し、東京医療センター初期研修後、在沖米国海軍病院,浦添総合病院救急部での勤務を経て渡米。米国メイヨー・クリニック
  • 1
  • 2