m3.com トップ>記事検索結果

「東北医科薬科大学」の検索結果

  • 抗体カクテル療法、投与後95%が軽快、都内実績

    カテゴリー:医療維新 9月9日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は9月9日の都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、都内医療機関で抗体カクテル療法を受けた患者420人のうち、95%に当
  • 「2週間待たず第3波はるかに超える危機的状況に」

    カテゴリー:医療維新 7月21日

    ため、病床使用率は第3波ほど高くはなっていない。  東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は都内の新規感染者に占めるL452R変異株の割合が1週間(7月5~11日)で30
  • 都内入院者2000人超、重症者急増の恐れも

    カテゴリー:医療維新 7月15日

    い危機感を示した。  (都モニタリング会議資料)  東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は都内の新規感染者に占めるL452R変異株の割合が1週間(6月28~7月4日)で21
  • 都内、L452R変異株が15%に

    カテゴリー:医療維新 7月8日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は7月8日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、都内の新規感染者に占めるL452R変異の割合が1週間(6月21~27日)で14
  • ザックリ!今週のニュースまとめ読み

    カテゴリー:医療維新 7月3日

    小池知事はリモートで「総力戦」訴え、モニタリング会議 [レポート]  東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は7月1日、都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、1日当たりの新規感
  • 都内「非常に危機的な状況に」iCDC賀来座長

    カテゴリー:医療維新 7月1日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は7月1日、都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、1日当たりの新規感染者数の7日間平均が500人を超えたなどとする報告
  • L452R変異株が8.2%に上昇、都モニタリング会議

    カテゴリー:医療維新 6月24日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は6月24日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、都内の新規感染者に占めるL452R変異の割合が直近1週間(6月14~20日)の速報値で8
  • 東京新規陽性者数「下げ止まっている」

    カテゴリー:医療維新 6月17日

    迫を招く」と厳しい状況が続いていると判断された。  東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は、都内でデルタ株などに見られるL452R変異が新たに12人から見つかり、計
  • ザックリ!今週のニュースまとめ読み

    カテゴリー:医療維新 6月5日

    賀来iCDC専門家ボード座長「水際対策の徹底を」 [レポート]  東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は6月4日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、5月中旬に北アフ
  • 国内初の変異株検出か、都モニタリング会議で報告

    カテゴリー:医療維新 6月4日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は6月4日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、5月中旬に北アフリカから帰国した感染者から国内で確認されていない新
  • ザックリ!今週のニュースまとめ読み

    カテゴリー:医療維新 5月29日

    5人はクラスター、賀来座長「まだ市中感染ではない」 [リポート]  東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は5月27日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、インド由来の変
  • L452R変異株、都内で新たに6人

    カテゴリー:医療維新 5月27日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は5月27日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、インド由来の変異株の特徴であるL452R変異を持つ陽性者が5月2
  • 米国COVID-19診療ガイドラインの変遷を概説

    カテゴリー:臨床ニュース 5月13日

    おける推奨治療薬に関する記述とその変遷についてまとめた文書をホームページに掲載した。同文書は東北医科薬科大学医学部感染症学の関雅文教授 が取りまとめたもので、この1年での推奨治療薬に関する変遷を、改訂
  • 都内陽性者68%がN501Y変異株に、インド型も4月以降5人判明

    カテゴリー:医療維新 5月6日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は5月6日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、4月26日~5月2日の都内の陽性者に占めるN501Y変異株の割合が67
  • 都内陽性者89.3%が変異株、N501Y変異株は32.8%

    カテゴリー:医療維新 4月22日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は4月22日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、都内の陽性者に占める変異株の割合が、N501Y変異株32.8%、E484K単独変異株56
  • 都内「N501Y変異株が主流に」38%まで急上昇

    カテゴリー:医療維新 4月16日

     東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は4月15日、都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、感染力や重症化率の上昇が指摘されるイギリス型などのN501Y変異
  • 「変異株で急激に再拡大も」都モニタリング会議で警鐘

    カテゴリー:医療維新 3月12日

    とを提案した。 変異株検査、4月までに4000件  東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長(東北医科薬科大学医学部特任教授)は、再拡大対策として、3月中下旬から、繁華街の飲食店従業員らに対して唾液によ
  • 「病床逼迫のまま感染再拡大の可能性」都モニタリング会議

    カテゴリー:医療維新 3月4日

    も4段階中最上位の警戒レベル赤色に据え置いた。  東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は感染拡大防止のための取り組みとしてリバウンドと変異株への対応、ワクチン接種
  • 都、感染再燃の早期把握へ積極的疫学調査を強化

    カテゴリー:医療維新 2月26日

    株の感染再拡大に対応できない」と強い懸念を示した。東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は、高齢者施設などに絞っている積極的疫学調査の体制を再強化し、新たな感染拡大
  • “感染災害”、東日本大震災の経験生かす -石井正・東北大総合地域医療教育支援部教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2月24日

    をしました。その他に、人工呼吸器やECMOが必要になるなど重症な患者の受け入れ調整専任として東北医科薬科大学病院救急科教授の遠藤智之先生と、東北大の集中治療部助教の志賀卓弥先生の2人の本部員がいます。
  • 都モニタリング会議、変異株への懸念初めて示す

    カテゴリー:医療維新 2月18日

    に重点化している積極的疫学調査の体制強化を訴えた。東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)も「既に変異株は全国的に広がりつつあると考えなければならない。ここで新規陽性
  • 都内7繁華街、緊急事態宣言後に昼間の人流15%増

    カテゴリー:医療維新 2月11日

    スクリーニングで変異株4例も「面的に広がっているわけではない」  東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は、東京都健康安全研究センターでスクリーニングした約1900人のうち、変異株
  • 都で「臨時対応」、積極的疫学調査は高齢者などに縮小・重点化

    カテゴリー:医療維新 1月28日

     1月28日の東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は「臨時対応」として、感染経路を追跡する積極的疫学調査の対象を重症化リスクの
  • 新型コロナ未診断者の抗体陽性率、新規陽性者の増加と相関

    カテゴリー:医療維新 1月28日

    資料による) ※クリックで拡大  この報告に対し、東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は「中和抗体が必ずしも十分でない方も散見されることから、再感染の可能性も考え
  • 都の2週後の入院患者「7000人超え」予測

    カテゴリー:医療維新 1月14日

    た。 都実地疫学調査チーム、34医療機関に派遣  東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は、東京都実地疫学調査チーム(Tokyo Epidemic Investigation
  • 「都の入院患者、2週間待たず確保4000床超えか」

    カテゴリー:医療維新 1月7日

    (2021年1月7日東京都モニタリング会議資料による) ※クリックで拡大  東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は、1月7日に緊急事態宣言が発出されることを受け「社会的な感染制御としての人
  • 都の医療提供体制、初の最高警戒レベルに

    カテゴリー:医療維新 2020年12月17日

    用病床3750床)を都内の医療機関に要請した。  東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は、感染状況と医療提供体制ともに最高警戒レベルの赤色になったことを受け、「年
  • 都モニタリング会議「医療体制、逼迫し始めている」

    カテゴリー:医療維新 2020年12月10日

    52%と大幅に減少した。この死亡率の大幅減少について、東京iCDC専門家ボード座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部特任教授)は、「検査処理能力を向上させて幅広く早期に検査を実施したこと、それにより重症
  • クルーズ船対応「死者ゼロの真相」 - 河野茂・長崎大学学長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2020年12月7日

    が第2内科から誕生し、国内で活躍されているとのことです。日本感染症学会理事長の舘田一博先生、東北医科薬科大学特任教授の賀来満夫先生などのほか、第2内科に籍を置いていたり、熱研などで研さんを積まれた感染症専門家も多数おられます。
  • 日本医師会最高優功賞20人、医学賞3人が受賞

    カテゴリー:医療維新 2020年11月1日

    Dean(京都大学大学院)、鈴木顕(大阪大学大学院)、内藤尚道(大阪大学微生物研究所)、牧之段学(奈良県立医科大学)、目時弘仁(東北医科薬科大学)、永井利幸(北海道大学院)、片岡雅晴(慶應義塾大学)、垣内伸之(京都大学大学院)、高原充佳
  • 大学人気低下傾向が続く、マッチ率100%は11大学

    カテゴリー:医療維新 2020年10月22日

    口大学などの6大学だった。卒業生が出身地で研修する自治医科大学と、卒業生をまだ輩出していない東北医科薬科大学を除き、30%未満は順天堂大学(27.66%)、千葉大学(26.0%)、大阪大学(22.41%)、東京慈恵会医科大学(21
  • 感染症部会「感染研が検査会社に墜ちている」との指摘も

    カテゴリー:医療維新 2020年2月19日

    わせがあったが、回線占有は80%ほどで、状況に応じてさらに回線を増やしていくと説明した。  東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授の賀来満夫氏は、「感染が広がったときに医師会の先生方、かかりつけの
  • 日本は新型コロナ蔓延国になる?

    カテゴリー:臨床ニュース 2020年2月14日

     東北医科薬科大学感染症学特任教授の賀来満夫氏は2月10日、東京都で開かれた「新型コロナウイルス感染症対策にかかる緊急提言」の記者会見(主催:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会)で、新型コロナ
  • 新型コロナ、東京五輪までの終息は「可能性低い」

    カテゴリー:臨床ニュース 2020年2月12日

     東北医科薬科大学感染症学特任教授の賀来満夫氏は2月10日、東京都で開かれた「新型コロナウイルス感染症対策にかかる緊急提言」の記者会見(主催:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会)で、新型コロナ
  • 2020年度の医学部地域枠、12大学で計77人減

    カテゴリー:医療維新 2019年11月18日

    減少した。  医学部の定員は2008年度以降、地域枠や研究医枠の創設、歯学部からの振り替え、東北医科薬科大学医学部(定員100人)と国際医療福祉大学医学部(定員140人)の開設によって、大幅に増加。2
  • 大学病院本院が激減、マッチ率100%は10大学

    カテゴリー:医療維新 2019年10月18日

    大学(19人)のみだった。卒業生が出身地で研修する自治医科大学と、卒業生をまだ輩出していない東北医科薬科大学を除き、30%以下は慶應義塾大学(25%)、神戸大学(28.99%)、東大(22.22%)、九州大学(28
  • 東京医科歯科大、2年ぶり1位―2019年度マッチング中間

    カテゴリー:医療維新 2019年9月20日

    1位)、東海大学(9位から24位)、順天堂大学(6位から35位)など。  医学部設置4年目の東北医科薬科大学は定員24人に対して、1位希望は12人だった(2018年度は定員19人に対し4人、2017年
  • 第3回 腰痛診療に役立つ英米GLをレビュー

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年8月6日

    16: 120-131 シリーズ スペシャリストの視点―整形外科 小澤 浩司(おざわ・ひろし) 東北医科薬科大学医学部整形外科学教授。1985年、東北大学医学部卒、同整形外科入局。2000-2002年、米マイアミ大学
  • 東北医科薬科大、第1期生が臨床実習へ

    カテゴリー:医療維新 2019年7月26日

     東北医科薬科大学の第11回教育運営協議会(委員長:里見進・日本学術振興会理事長)が7月26日に仙台市内で開催され、2016年4月に入学した第1期生が今秋から臨床実習を開始することや、東北以外からの教
  • 医学部定員減、受け入れざるを得ず - 小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2019年7月26日

    CE等の体制を整える必要がある。  その通りです。 ――最後にお聞きします。2016年度には東北医科薬科大学が、2017年度には国際医療福祉大学が、それぞれ医学部を新設しました。2大学は私大協に加盟しないのでしょうか。