m3.com トップ>記事検索結果

「死亡診断書」の検索結果

  • 「ICTを利用した死亡診断等GL」公開

    カテゴリー:臨床ニュース 9月20日

    活用して患者の状況を把握することなどにより、医師による対面での死後診察によらず死亡診断を行い、死亡診断書を交付できるよう、規制が見直された。今回のガイドライン(GL)では、そのための5つの要件などが記載されている。
  • 死亡診断書作成ソフト「DiedAi」の利用呼びかけ

    カテゴリー:医療維新 7月12日

     日本医師会副会長の今村聡氏は7月12日の定例記者会見で、日医ORCA管理機構が死亡診断書(死体検案書)作成ソフト「DiedAi」の大幅な更新を行ったことを報告し、死亡診断書(死体検案書)を簡便に作成できるとして「ぜひ知って、使
  • 看護師確認で死亡診断書、GL案を公表

    カテゴリー:医療維新 7月1日

     看護師による確認で、医師が死後24時間経過後も死後診察なしで死亡診断書を交付できるように規制緩和すべきとする政府・規制改革会議の答申を受けて、厚生労働省が実施した厚労科研費「ICTを利用した死亡診断
  • 「初診から可能」「SNSやメールで」遠隔診療の明確化を

    カテゴリー:医療維新 5月23日

    合化の推進」「審査の一元化に向けた体制の整備」を求めている(『死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委』を参照)。  太田議長は「今残っている規制は構造的に難しいもの。まずは省庁を議論
  • 抗血栓薬「休薬」で出血増加?!【時流◆抗血栓療法】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月11日

    氏は「報告の対象は“予期しない”だけでなく、“医療起因性があるもの”と定義されている。たとえば死亡診断書の死亡原因欄に“薬剤の投与に伴う脳出血”と記載のあるようなものが対象となる」と説明。一方、「予期
  • 妊産褥婦の死亡診断書で周知依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 4月28日

     日本救急医学会はこのほど、日本産科婦人科学会から同学会へ周知依頼のあった「妊産褥婦の死亡診断書の記入について」の依頼文を、学会ホームページで公開した。女性の死亡を検案する際に、妊娠していたか、1年以
  • 看取りの問題「意思に反した搬送・救命措置等」

    カテゴリー:医療維新 3月22日

    書きには、「診療中の患者が受診後24時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない(診察しなくても、死亡診断書の交付可能)」とある。これが限定解釈されており、実際には「診療中の患
  • 医療事故等の警察届出、2年連続2ケタにとどまる

    カテゴリー:医療維新 3月11日

    なった。2015年は65件で、41件の1999年以来、16年ぶりに2ケタとなり、厚生労働省の「死亡診断書記入マニュアル」の改訂で、医師法21条に基づく警察への届出に関する理解が進んだことが要因として考
  • 「奈良県警内での医師死亡」契機に死因究明制度を議論

    カテゴリー:医療維新 2月26日

    「公衆衛生の向上」などが目的として想定される。後者は厚労省の管轄であり、死亡統計を扱い、また「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル死体検案書」の作成も同省であるなどの理由から、新たな法律は厚労省の管
  • 米国で早期死亡率上昇、原因に薬物中毒【Lancet】

    カテゴリー:海外ジャーナル 2月15日

     米国の1999-2014年の死亡診断書データを用いて、25-64歳の死亡率の推移を年齢、性別、人種、民族ごとに分析。若年および中年(25-49歳)の早期死亡率は、白人、米国先住民、アラスカ先住民のい
  • 「死亡前日のカルテ、検査結果」掲載

    カテゴリー:医療維新 2016年12月6日

    (検査時間は8時48分)(5)、カルテ(6)、退院時サマリー(7) 死亡時刻は10時45分、「死亡診断書」(2月25日付け)の「I.直接死因」は「心筋梗塞」、「II.直接死因には関係しないが、I欄の傷
  • ARDS死減少は本当か【米国胸部学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月20日

    が最も高いことも分かった。研究グループは、自身らのARDS診断例の死亡に関する複数の検討から、死亡診断書にARDSを死因として記載することがかなり少ない可能性があると結論づけている。 関連リンク Is
  • 「なぜ」事故が問題視されていなかったのか?- 上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年9月9日

    …。執刀医本人も、誰も、何も隠してはいません。皆が状況を見ていたわけで、執刀医は、一番確定的な死亡診断書も書いていたわけです。同じことをやっていて、最後になって、「お前、何をしていたのか」と言われたら、それは気の毒でしょう。
  • 第7次医療計画、「在宅医療」の方向性固まる

    カテゴリー:医療維新 2016年9月2日

    だ。全国有床診療所連絡協議会専務理事の玉城嘉和氏は、在宅で想定される死亡者数と医師一人当たりの死亡診断書作成数などを基に、各地域での在宅医療の不足数などの目標を立てることを提案。全日本病院協会副会長の
  • 医師偏在、「実効性のある対策」で解消

    カテゴリー:医療維新 2016年6月3日

    び指定医薬部外品の広告基準等の見直し――が打ち出されている(『死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委』を参照)。
  • 「医師不足地域の勤務が院長の要件」、日医

    カテゴリー:医療維新 2016年5月27日

    の確認などを条件に、医師が死後24時間経過後も、死亡診断書を交付できるようにすることなどがを提言している(『死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委』を参照)。この点については、離島の
  • 死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委

    カテゴリー:医療維新 2016年5月20日

    」を公表した。医療分野では、看護師の確認などを条件に、医師が死後24時間経過後も死後診察なしで死亡診断書を交付できるようにしたり、 薬剤師不在時でも薬局で登録販売者が第二類、第三類医薬品を販売できるようにしたりすることなどを求めた。
  • 医療事故等の警察届出、2015年は前年から半減

    カテゴリー:医療維新 2016年4月6日

    された事件もある。  「死亡診断書記入マニュアル」改訂影響か  「医療関係者等」の届出等件数が減少した要因の一つとして考えられるのが、2015年度版の厚生労働省の「死亡診断書記入マニュアル」の改訂だ。
  • 「“事故調”、一粒で二度おいしい」と指摘

    カテゴリー:医療維新 2016年3月20日

    ている」と反論。死亡診断書を例に挙げ、「直接死因」と「直接には死因に関係しないが、直接死因に影響を及ぼした傷病名」は明確に記入欄が分かれており、起因と関連は意味が違うとした。死亡診断書は公文書であり、
  • 日医の21条改正案に異議、医療法人協会

    カテゴリー:医療維新 2016年2月25日

    照)、2014年6月10日の当時の田村憲久厚労相の参議院厚生労働委員会での発言、2015年度の死亡診断書記入マニュアルの改訂などを挙げる。  医師法21条に違反した場合は、「50万円以下の罰金」の罰則
  • てんかん関連死に総説発表【米国神経学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月6日

    墜落、熱傷、自殺、突然死などがあり、乳幼児突然死症候群や火災よりも死亡数が多いという。しかし、死亡診断書にはてんかんが死因と記載されないことが多く、てんかんが過小評価されていることが示唆されている。
  • 「専攻医の募集数、制限」「全医師かかりつけ医に」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月20日

    を行った同機構の評価結果について紹介。現場訪問や書面の調査で、安全管理の研修に問題があったり、死亡診断書を臨床研修医に書かせたことがなかったりするケースがあったと報告した。岩崎氏は特に「一般外来での研
  • 特攻直前、「手術を代わってやれず、後悔」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年8月23日

    に染まっていたという。治療は翌朝になるまで続いた。  帰還後の仕事には、「大和」の行方不明者の死亡診断書の作成があった。死亡場所を、「大和」が沈没した徳之島付近と書こうとしたら、南西太平洋方面にするよ
  • 「事故調査報告書、遺族に開示」

    カテゴリー:医療維新 2015年7月19日

    ホームページ参照)。この点についても、シンポジストは外部委員の参画を支持した。  北大「全ての死亡診断書を確認」  シンポジウムは、4人の演者の講演の後、質疑応答という形で進められた。医療事故調査制度
  • 「リスクマネージメントマニュアル作成指針」失効

    カテゴリー:医療維新 2015年7月6日

    、大川産婦人科医院(東京都日野市)院長の大川豊氏が務める。  なお、厚労省の2015年度版の「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」では、医師法21条の異状死体の届出の判断について、2014年度版ま
  • 事故調、「責任追及の恐れ、払拭できず」

    カテゴリー:医療維新 2015年6月30日

    ニュアル作成指針」)だが、国立病院はもはや存在しないので、無効であるという見解だ。今年度版の「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル)では、(24時間以内に所轄警察署に届け出る判断について)以前は日本
  • 課題は医師法21条と刑法211条 - 松原謙二・日医副会長に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2015年5月2日

    がある場合には、警察に届け出る」というのが、医師法21条の解釈です。厚労省の2015年度版の「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」では、「日本法医学会」という言葉も消えています(編集部注:21条の
  • 医療法人協会、他に先駆け“事故調”GL案

    カテゴリー:医療維新 2015年4月26日

    題――などの考えを述べた(『医療事故・医療安全に関する文書と裁判上の提出義務』を参照)。  「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」改訂に注意  医師法21条について言及したのは、小田原氏。2004
  • 死亡11事例中10事例で問題、千葉県がんセンター

    カテゴリー:医療維新 2015年3月31日

    ことから腹腔鏡下での止血にこだわり、結果的に開腹移行が遅れたと考えられる」とした。  病院側が死亡診断書の死因を「老衰」としていた胆管癌の86歳男性については、最初の手術から225日間に6回の手術が行
  • 「調査不十分、悪質な医療過誤」群大被害者弁護団

    カテゴリー:医療維新 2015年3月7日

    公文書であるとされ、過去には都立病院の病院長が担当医師と共謀して、医療事故により死亡した患者の死亡診断書および死亡証明書の作成の際、死因を病死としたことについて、虚偽有印公文書作成罪が成立したこともあ
  • 「事故から学ぶ」医療安全は限界

    カテゴリー:医療維新 2014年11月24日

    医師法21条違反だけでなく、「虚偽有印公文書等作成および同行使罪」で有罪になっている。医師は、死亡診断書もしくは死体検案書の作成も求められ、「異状死体の届け出のみ」では済まない状況にあるからだ。  広
  • 「HPV接種後21歳以上の検診」勧告【米国癌協会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年11月18日

    Result Programのデータから得た。頸部癌による死亡数は、米国人口動態統計に提出された死亡診断書に基づいて計算している。  報告書は、米国では毎年1万2000人以上の女性が子宮頸癌を発症するが
  • 成長ホルモン治療で脳卒中発症増 【米国神経学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年8月27日

    9年)を、2008-2010年にわたり追跡したもの。追跡には被験者に対する質問票を用い、併せて被験者の医療記録や死亡診断書の調査も行った。ホルモン治療開始から追跡期間終了までの平均期間は17年。  追跡期間中、脳卒中を
  • 医師法21条理解のカギは広尾病院高裁判決

    カテゴリー:医療維新 2014年8月12日

    条と医療事故調をバーター取引してはならないこと、医療団体・学会等の対応に多くの問題があること、死亡診断書記入マニュアルの問題点を指摘。医師法21条は正確に理解することが重要であると述べた。佐藤医師が述
  • “事故調”の参院審議、光と影

    カテゴリー:医療維新 2014年6月24日

     参院厚生労働委員会では、異状死体の届け出を定めた医師法21条の解釈が明確になり、同条の解釈の混乱の一因だった厚生労働省の「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」が2015年度改訂のメドが立つなど、医療界にとって、幾つか有意義な
  • 「“事故調”法案、発展途上」、自民3議員が指摘

    カテゴリー:医療維新 2014年5月25日

    し、今後マニュアルを改正する必要があるとした。  さらに、井上弁護士は、厚労省が作成している「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」で、「死体を検案して、異状があるときは、24時間以内に所轄警察署に
  • 医師ら10人の被害届提出へ、女子医大事故

    カテゴリー:医療維新 2014年5月22日

    0人。業務上過失致死傷罪、異状死の届出を定めた医師法21条違反、「自然死および病死」とした虚偽死亡診断書作成に当たる可能性を念頭に置いた内容だという。  女子医大病院では現在、外部評価委員を含めた「医
  • 医師法21条、法改正の必要なし - 田邉昇弁護士に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年5月15日

    ある解説本である『最高裁判例解説』でも記載されていますが、「診療関連死は、死体検案書ではなく、死亡診断書を書く」というのが、当時までの厚生労働省の解釈。医師の間でも、診療関連死は検案の対象ではないので
  • ある質問、自殺を高率予測判明 【米国精神医学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年12月26日

    Questionnaire(PHQ9)への回答を求め、それぞれの患者のその後について電子医療記録、保険請求、死亡診断書から追跡した。  PHQ9の第9問は「過去2週間に、死んだ方がましだ、あるいは何らかの方法で自分
  • 次期改定、「機能分化・強化と連携」が軸

    カテゴリー:医療維新 2013年8月2日

    死亡難民”が増えるだろう。70、80代の移動が多く、移動先のかかりつけ医がどこにいるのか、また死亡診断書を書いてくれる医師がいない問題について、きちんと紹介できる仕組みを」と高齢者の移動に着目し、日本
  • 死因究明関連法、情報開示が担保されず

    カテゴリー:医療維新 2013年2月12日

    本正二氏も、学会として、(1)情報公開(附帯決議の遺族等への情報開示の内容や方法など)、(2)死亡診断書・死体検案書におけるAiの実施の有無などの記載方法、(3)費用(支払対象やその額など)、(4)施
  • 田村厚労相らに医師法21条で公開質問状

    カテゴリー:医療維新 2013年1月25日

    スクマネージメントスタンダードマニュアル作成指針」の改正の予定の有無とその理由。もう一つは、「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」の2013年度版において、「死体を検案して、異状がある時は24時間
  • “事故調”機構案はNG、医学部長病院長会議

    カテゴリー:医療維新 2013年1月17日

    になる。有賀氏は、2012年6月に成立した死因究明関連二法に関する議論で、「死因が特定できず、死亡診断書・死体検案書が記載できない場合に限り、警察に届け出る」との整理がなされていることに言及(『死因究明関連二法案、診療関連死は除外
  • “モンスター機構”を許すな - 加納繁照・日本医療法人協会副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2012年11月30日

     日本法医学会のガイドラインで、診療関連死は届出なければいけないとなった。基本的にこれは違うでしょう。また(死亡診断書と死体検案に関する)医師法20条と、21条の混乱もあります。医師法21条の問題は解釈で対応できると思っています。
  • 日医、“事故調”案の再考迫られる

    カテゴリー:医療維新 2012年10月30日

    、その解釈を改めて質した。同条では死亡診断書や死体検案書作成について定めており、ただし書きには、「診療中の患者が受診後24時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りではない」と記載されている。
  • 1
  • 2