m3.com トップ>記事検索結果

「残薬」の検索結果

  • 多職種連携、「尊敬の気持ち」がベース、横倉日医会長

    カテゴリー:医療維新 10月9日

    て下記を挙げた。 調剤(医薬品の適正供給)、薬剤情報提供、薬剤管理・服薬指導・服薬支援、服薬状況・残薬・有害事象等確認、処方医への情報のフィードバック、麻薬製剤の供給・管理、処方設計支援(剤形・用法用
  • 多剤併用対策で減薬成功、最多は「睡眠薬」

    カテゴリー:臨床ニュース 10月3日

    Vol. 1 患者の服薬状況を最も把握している診療科は? Vol. 2 服薬状況把握は7割が問診、「残薬持参させる」も Vol. 3 服薬管理のコツ「合剤の活用」が最多 【時流多剤併用・処方】 Vol.1 5剤未満でもポリファーマシー
  • 多剤併用対策「自分だけで悩んでいる」の声も

    カテゴリー:臨床ニュース 9月28日

    Vol. 1 患者の服薬状況を最も把握している診療科は? Vol. 2 服薬状況把握は7割が問診、「残薬持参させる」も Vol. 3 服薬管理のコツ「合剤の活用」が最多 【時流多剤併用・処方】 Vol.1 5剤未満でもポリファーマシー
  • 多剤併用「5剤以上」、精神科が最も低い

    カテゴリー:臨床ニュース 9月26日

    Vol. 1 患者の服薬状況を最も把握している診療科は? Vol. 2 服薬状況把握は7割が問診、「残薬持参させる」も Vol. 3 服薬管理のコツ「合剤の活用」が最多 【時流多剤併用・処方】 Vol.1 5剤未満でもポリファーマシー
  • 服薬管理のコツ「合剤の活用」が最多

    カテゴリー:臨床ニュース 9月7日

    るつもり。当院の薬剤については投薬日数と通院間隔の整合性を確認している【消化器科開業医】 再診時に残薬を聞くようにしている【小児科勤務医】 できるだけ密にコミュニケーションを取っています【外科系勤務医】
  • 服薬把握は7割が「問診」、「残薬持参させる」も

    カテゴリー:臨床ニュース 9月5日

    ており、そのうちの7割が問診を活用していることが分かった。また、その他の把握法として「残薬を持参してもらう」「残薬を本人とカウント」といった工夫も寄せられた。(m3.com編集部・小島領平) Q. 外
  • 高齢多剤服用で検討必要な9薬効群示す

    カテゴリー:臨床ニュース 7月18日

    方に共通する問題)、抗菌剤」を記載。対応が必要な医療現場として、急性期、回復期、入院、外来に加え、残薬や服薬管理の問題が多く指摘されている「在宅」が追加された。  (3)の医療現場での多職種連携の項目
  • 2016年度改定検証、5つの調査票案を承認

    カテゴリー:医療維新 6月29日

    ハビリテーション料を算定している病院から無作為抽出した600施設。 (2)医薬品の適正使用のための残薬、重複・多剤投薬の実態調査並びにかかりつけ薬剤師・薬局の評価を含む調剤報酬改定の影響及び実施状況調査
  • 「医学部定員増、精査を」、骨太2017素案

    カテゴリー:医療維新 6月3日

    得る。 ・調剤報酬については、薬剤の調製などの対物業務に係る評価の適正化を行うとともに、在宅訪問や残薬解消などの対人業務を重視した評価を、薬局の機能分化の在り方を含め検討する。 ・医師の指示に基づくリフィル処方の推進を検討する。
  • 後発品シェア80%、「2020年9月」と明言、塩崎厚労相

    カテゴリー:医療維新 5月24日

    評価、▽門前・門内薬局は院内調剤と同等の機能であるとして、評価の見直し、▽リフィル処方せんに基づく残薬抑制など対人サービスを重視した調剤推進、▽電子お薬手帳や医療等IDを基礎としたオンラインの服薬管理――を提言。
  • 院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き

    カテゴリー:医療維新 3月29日

     松本氏「医薬分業ありきで議論しなければならないのか」  2016年度調剤報酬改定では、患者の服薬情報の一元的・継続管理、重複投薬・残薬管理などを行う、薬剤師の「対人業務」が評価された(『「薬局改革の元年」、2016年度改定』、『「か
  • 医師の55%「在宅医療受けたい」と回答

    カテゴリー:医療維新 2月12日

    ころが大きく、さまざまな報告会に参加しても、もう少しよい方法がないだろうかと疑問を抱くことが多い。残薬管理(ポリファーマシー問題)など解消するために、ガイドラインなど参考となる指針を早めに確立した方がよいと思う。【薬剤師】
  • 患者の診察で困ったこと、私の場合

    カテゴリー:臨床ニュース 1月24日

    回の薬は飲み忘れが多い。【腎・泌尿器科開業医】 本人は「毎日内服している」と申告するが、処方日数と残薬が明らかに異なる。【腎・泌尿器科開業医】 自己判断で服薬を中止する。【腎・泌尿器科勤務医】 ◆調査
  • 服薬管理カレンダーを開発、試験開始

    カテゴリー:臨床ニュース 1月17日

    情報に頼らざるを得ないのが現状だ。その結果、誤った服用情報に基づいて不必要な薬を追加したり、不要な残薬が発生しているとされている。  そこで3者は共同で、在宅医療で現在使われている「お薬カレンダー」の
  • 抗リウマチ薬MTXの誤投与に注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月18日

    ている。  別の事例では、数年前からMTXを服用するRA患者が、自己判断で過去に処方されたMTXの残薬を連日服用した。こうした事例についてPMDAは、長年MTXを服用する患者でも服用法を正しく理解して
  • 「診察せず処方?」「上下関係でなく立場の相違」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月31日

    や添加物の情報についてはAIによる補完を開発促進すべき。多剤併用の際には、調剤にて一剤化するなど、残薬解消への薬剤師の役割は大きい。情報セキュリティを確保した上で、カルテ連携オーダリングシステムの双方向性進化が必要。
  • 「残薬管理、疑義照会が前提」「リフィル処方、責任は?」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月30日

    きください。 ◆調査結果はこちら ⇒ 医師と薬剤師、意識の違いが鮮明に 【疑義照会】 ◆勤務医 ・残薬確認に関して、「医師に疑義照会せず、薬剤師の判断で対応」とするのは、わざわざフェールセーフのための
  • 後発薬処方で「適応外」、その責任は?

    カテゴリー:医療維新 2016年10月30日

    一されればよいと考える。処方せんでは、医師の意図が全て読めるわけではい。しかし、ポリファーマシー、残薬を考えれば調剤権はもう少し力を持ってよいと考える。
  • 中川日医副会長、「医師の処方権と薬剤師の調剤権、全く違う」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月19日

    中川氏は質した。  幸野氏は、処方せん欄に「後発医薬品への変更不可」欄があること自体が問題であり、残薬管理なども医師に疑義照会するのではなく、薬剤師の判断で対応することなどが、「調剤権の拡大」の意味で
  • 薬剤師の47%が残薬の一因「医師」に

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月13日

     QLifeは、調剤薬局に勤務している薬剤師300人を対象に「残薬問題」に対する現場の薬剤師の見方を調査した。残薬は、治療が狙い通りに進まないリスクだけでなく、「医療費のムダ」にもつながるため、最近は
  • 医師の6割強、「多剤・重複投与の是正」を支持◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2016年8月7日

     2016年度診療報酬改定では、「薬」が医療費削減のターゲットになった。基本方針には、後発医薬品の使用促進、残薬や重複投薬、不適切な長期処方の減少などの適正使用を推進、門前薬局にもメスが入った(『「治し、支える
  • 自己保管の抗菌薬7割超「残薬」【米国微生物学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月21日

     プライマリケアクリニックを受診した患者が自宅に保管している抗菌薬の74%は以前処方された残薬との調査結果が明らかになった。米国微生物学会(ASM)が7月11日、Antimicrobial Agents
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年6月2日

    。このたび認知症治療薬が追加処方されるようになったのですが、薬をほとんど正しく飲めておらず、家には残薬が山積みになっているそうです。そのためか、現在は収縮期血圧がおよそ140~160mmHgで推移して
  • 後発医薬品の使用状況等、9項目を調査

    カテゴリー:医療維新 2016年5月18日

    推進や適切な向精神薬の使用の推進等を含 む精神医療の実施状況調査※ (6)医薬品の適正使用のための残薬、重複・多剤投薬の実態調査並びにかかりつけ薬剤師・ 薬局の評価を含む調剤報酬改定の影響及び実施状況調査
  • 長期投薬、「ルール変更でなく考え方の整理」- 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2016年4月12日

    ョン」を基に進められた取り組みを、診療報酬で評価していくのが一番いいと思います。 ――薬関連では、残薬、重複投薬、不適切な多剤投薬・長期投薬の是正が進められました(『「内服薬2種類以上、減少」で250
  • 先発薬と後発薬、同価格かつ安価に◆Vol.14

    カテゴリー:医療維新 2016年4月10日

    床以上) ・開業医は、やたらと来院した度に同じ薬を処方せずに、必要がなくなった薬剤は中止する。また残薬を必ず持参していただき、クスリの量を合わせる努力をする(50代、200床未満) ・医療費の大部分が
  • 残薬、82%が「重要な課題」と認識◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年3月21日

     2016年度診療報酬改定では、残薬や長期投薬が「適正化」のターゲットになった。残薬や長期投薬は一定程度の必要性を認める声もあるが、意識調査の回答では、82%が「残薬の是正は重要な課題」と認識し、59
  • 湿布薬の制限、「1処方当たり」

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    例2 Mパップ 28枚(14日分) 例3 Mパップ 28枚(1日2枚)  そのほか今改定では、医薬品の適正給付の観点から、残薬や長期投薬にも制限が加わったほか(『「内服薬2種類以上、減少」で250点』などを参照)、後発医薬品
  • 「医師と薬剤師」間の情報提供、疑義照会増加

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    提供が要件になっている。  「30日超」の長期投薬の場合には、分割調剤などの指示が必要になるほか、残薬の管理では、処方せん様式が変更になるなど、医薬品の適正使用に向け、医療機関と薬局との間の疑義照会、情報提供の機会が今後、増えそうだ。
  • 2016年度改定、4割が60点以上の評価◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年3月4日

    5%が選択。勤務医の1位は「7対1入院基本料の要件見直し」で35%が選択、薬剤師の1位は「薬関係(残薬・多剤投薬の適正化、調剤報酬の見直しとかかりつけ薬剤師の強化)」で84%が選択など。  (回答者総数は1827人で、内訳は開業医
  • 「診療報酬の遍在是正」がキーワード - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    患者が服薬を忘れたり、中断したために、病状が改善しなかった」などの問題が生じています(『分割調剤や残薬調整、診療側と支払側で意見対立』を参照)。大病院から逆紹介で診療所に戻ってきても、患者さんが「60
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    、ピッキングを行う前に、薬剤師がQRコードリーダーで処方せん情報をスキャンし、服薬状況や体調変化、残薬状況および後発医薬品への変更希望などについて確認します。次に、処方内容の妥当性を確認後に印刷される
  • 「かかりつけ薬剤師」の有無で点数に大差

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    ンバック)を配布する取り組みを通じた管理も評価。 ・処方せんの指示に基づく残薬に伴う日数調整の実施  処方せんに、薬局で残薬を確認した場合、(1)医療機関へ疑義照会した上で調剤、(2)医療機関へ情報提
  • 横倉日医会長、「2016年度改定の5つのポイント」

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    5.医薬品の適正使用  服薬管理を行う医師から見て、長期処方が原因で患者や家族による薬剤管理が難しくなる場合があり、残薬の原因の一つになっている。今回の改定の対応により、薬剤師との連携を通じて、処方の見直し、より適切な
  • 「内服薬2種類以上、減少」で250点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

     2月10日に答申された2016年度診療報酬改定において、引き下げのターゲットとなったのは「薬」関係であり、残薬、重複投薬、不適切な多剤投薬・長期投薬にメスが入った(資料は、厚生労働省のホームページ)。複数の疾
  • 患者の死と向き合う――在宅が教えてくれたもの

    カテゴリー:医療維新 2016年2月8日

    て、深作さんとスタッフの方に薬剤の効果を一つずつ丁寧に説明。その甲斐あって、飲み間違いがなくなり、残薬も減らすことができました。  一方、オーディションや撮影現場では「よーい、スタート!」とメガホンを
  • 2016年診療報酬改定、附帯意見案を了承

    カテゴリー:医療維新 2016年2月3日

    の医療機関を含めた在宅医療の在り方(『在宅専門診療所、「訪問エリア規定」で可能に』を参照)、(5)残薬、重複・多剤投薬の実態の調査・検証(『「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価』を参照)、(6
  • 「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    た場合の「連携管理加算」を、それぞれ新設する。  医薬品の残薬管理に向け、処方せん様式も見直す。処方せんの欄に新たに、「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄を設け、(1)医療機関へ疑義照会
  • 「薬局改革の元年」、2016年度改定

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    めるほか、残薬確認する仕組みも導入する。「重複投薬・相互作用防止加算」は処方変更がない場合の評価を廃止し、処方変更の場合のみ算定可とする。残薬確認については、処方せん様式を変更、薬局が残薬確認を行った
  • 「健康サポート薬局」 薬局経営者に聞く現状と課題

    カテゴリー:医療維新 2016年1月20日

    複数科を受診していたり、認知症などで薬の管理が難しくなっている高齢者も多く、飲み合わせのチェックや残薬の確認など、かかりつけ薬剤師の必要性を、日々意識しますね」  栄養サポートチーム(NST)の資格を
  • 分割調剤、「やむを得ない事情」で認める

    カテゴリー:医療維新 2016年1月13日

    に生じ得る問題であるため、長期投薬の是正とセットで議論すべきと指摘。日医常任理事の松本純一氏も、「残薬を調整する意味での分割調剤もあるが、より大きな問題は長期投薬であり、その見直しは、薬剤費の削減にも
  • 「2回連続のマイナス」、2016年度改定率決定

    カテゴリー:医療維新 2015年12月21日

    住宅への訪問診療は締め付けが強化されそうだ(『「湿布薬、1回70枚」に制限する案も』、『分割調剤や残薬調整、診療側と支払側で意見対立』などを参照)。大型門前薬局についても、メスを入れる(『門前薬局から
  • 門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る

    カテゴリー:医療維新 2015年12月5日

    この数字だ」と述べ、福岡市薬剤師会が取り組んでいる「節薬バッグ運動」で、次回来局時に残薬を入れて持参してもらい、残薬確認と調整を行う取り組みで、処方された薬剤費の約20%削減できた点に着目。「この推進
  • 「不適切な長期投薬」は是正、削減対象は薬

    カテゴリー:医療維新 2015年12月4日

    なるのが薬の関係。後発医薬品を使用促進するほか、「残薬や重複投薬、不適切な多剤投薬・長期投薬の削減」を推進する。基本方針(骨子案)の段階では、「残薬や多剤・重複投薬の削減」となっていたが、多剤投薬につ
  • 「長期投薬の削減」結論出ず、社保審

    カテゴリー:医療維新 2015年12月2日

    が12月2日に開かれ、「2016年度診療報酬改定の基本方針」について議論した。医療費適正化のための残薬問題に対する取り組みで、「不適切な長期投薬の削減」を盛り込んだ基本方針を支持する診療側と認めない支
  • 「多剤投与にメス」「在宅の暴力対策を」との声も

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

     多剤投与をめぐっては、基本方針(骨子案)の具体的方向性のうち、医療費の効率化・適正化の項目で、「残薬や多剤・重複投薬の削減を進める」としている。19日の医療部会では、日本医師会副会長の中川俊男氏が「
  • 「治し、支える医療」に転換、削減のターゲットは薬

    カテゴリー:医療維新 2015年11月19日

    が特徴。  一方で、医療費抑制に向け、引き下げのターゲットとなるのが医薬品。後発医薬品の使用促進、残薬や重複投薬を減らすなどの適正使用を推進するほか、医薬分業については、いわゆる門前薬局にもメスを入れる。
  • 分割調剤や残薬調整、診療側と支払側で意見対立

    カテゴリー:医療維新 2015年11月7日

    研究科教授)で、薬剤使用の適正化について議論した。厚生労働省は、高齢者の多剤投与や残薬の問題への取り組みとして、残薬調整についての医師の指示欄を処方せん様式に設置することや分割調剤の導入などを提案した
  • 今、薬局に求められる地域貢献の在り方

    カテゴリー:医療維新 2015年11月2日

    なっているのが薬剤師の抜井留理子さんです。  「来局する患者さんへの『おくすり手帳』の普及・啓蒙、残薬の確認はもちろんのこと、グループ全体の教育改革、マンツーマンによる薬学生の研修受け入などを、ここを
  • 2016年度改定、重点課題は機能分化と地域包括ケア

    カテゴリー:医療維新 2015年10月22日

    立を目指した困難な調整が求められそうだ。 医師と薬剤師の連携がカギ  医薬品の適正使用の推進では、残薬や多剤・重複投薬を減らすために医師・薬剤師の協力による取り組みの推進が掲げられた。これに関して賛成
  • 1
  • 2