m3.com トップ>記事検索結果

「気腹」の検索結果

  • 巨大腹壁ヘルニア、術前気腹とボツリヌス毒素併用が有効

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月9日

     多臓器脱出を来した巨大腹壁ヘルニア患者70例を対象に、術前の漸増性気腹法とA型ボツリヌス毒素投与の併用効果をスペインの観察研究で検討した。  その結果、漸増性気腹法とA型ボツリヌス毒素投与の併用で、瘢痕ヘルニア容量/腹腔容積比率に平均16
  • 10°のウェッジが直腸癌手術を変える?

    カテゴリー:海外ジャーナル 1月22日

    1 cmを超えたが、10°のウェッジブロックを用いることで変化は最小限になった。仰臥位、下肢伸展、気腹なしの条件では、位置合わせの誤差は最小(1.9mm)となり、正確な定位ナビゲーションが達成された。
  • 気胸の胸腔ドレナージ、ドレーンチューブ至適径は?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年2月14日

    べきです。この疾患の発症機序として、横隔膜胸膜の異所性子宮内膜の穿孔、または子宮から流入した空気が気腹となり横隔膜欠損孔を介して胸腔内に移動するという説などがあります。治療は外科的切除となります。  
  • 腹腔鏡と開腹、双方の習得求める声も

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月28日

    とは言い難い。【外科系勤務医】 術中腸管が体外に露出しないため術後イレウスの発生率が低くなること、気腹圧により出血量が減ること、という点で腹腔鏡手術にメリットがあると思われます。【腎・泌尿器科勤務医】
  • 腹腔鏡手術の侵襲性どうとらえる?

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月26日

    8%、36.7%だった。また、術野確保のアプローチについて気腹法と腹壁吊り上げ法のどちらを採用しているか尋ねたところ、「すべて」もしくは「おもに」気腹法を選んでいる医師が87.8%に上った。  ※調査は2
  • LESS-A、気腹時間延長のリスク同定

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年6月10日

    因子を検討。学習曲線は30例で安定した。30例に至るまでの習得期は、30例以上からの熟練期に比べ、気腹時間が有意に長かった(92 ± 35分 vs. 55 ± 18分、P<0.001)。多変量解析の結果、腫瘍サイズ(オッズ比20
  • アカラシアに腹腔鏡、POEM同等

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年9月24日

    合部の伸展性指標(DI)を測定した。LHMにおいてDIは気腹と裂孔切開の影響を受けなかった。DIは筋切離術で増大.。部分噴門形成術で低下、気腹減圧で増大した。接合部の伸展性の全体的改善はLHMとPOEMで同様だった。