m3.com トップ>記事検索結果

「治療ガイドライン」の検索結果

  • 飲酒量低減薬ナルメフェンを承認申請

    カテゴリー:臨床ニュース 10月20日

    依存性や離脱症状は認められていないとしている。  なお、最新のアルコール依存症に対する診断・治療ガイドラインでは、飲酒量低減治療が、断酒に導くための中間的ステップあるいは治療目標のひとつとして位置づけられている。
  • 皮膚リンパ腫診療GL第2版を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 10月19日

     同ガイドラインは、第1章「原発性皮膚リンパ腫の病型と病期分類」、第2章「原発性皮膚リンパ腫の治療ガイドライン」、第3章「各治療法の推奨度と解説」からなる。第3章では、「菌状息肉症・Sezary症候群」
  • 中枢神経合併症を有するIE治療の実際【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月12日

    鈴木 次のテーマは、「MSSAによるIEに対してどのような治療をすべきか」です。  IEの治療ガイドラインは様々な機関から発表されています。  起因菌がMSSAの場合、米国心臓協会(American
  • 血液癌薬を濾胞性リンパ腫適応で申請

    カテゴリー:臨床ニュース 8月28日

    売承認申請を行ったと発表した。  オビヌツズマブは、非ホジキンリンパ腫の治療薬として国内外の治療ガイドラインで推奨されているリツキシマブと同様に、幹細胞や形質細胞以外のB細胞上に発現するタンパク質CD
  • 大腸癌治療指針医師用2016年版公開

    カテゴリー:臨床ニュース 8月3日

     大腸癌研究会はこのほど、「大腸癌治療ガイドライン医師用2016年版」を研究会ホームページで公開した。同ガイドラインの改訂は、2018年に予定していた改訂版刊行を前倒して実施したもの。2014年以降に
  • 収縮期が30mmHg減!? AOBPの実際【時流◆SPRINT】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月27日

    と森氏。 外来血圧と家庭血圧の差は本当に5mmHgなのか  議論すべき点は他にもある。高血圧治療ガイドライン(JSH2014)では、家庭血圧は収縮期・拡張期とも外来血圧より5mmHg低いとしているが、
  • 「120mmHg未満」は本当に低いのか【時流◆SPRINT】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月22日

    SPRINT-Jだ。これによってSPRINTの解釈はどうなるのか。2019年改訂予定の高血圧治療ガイドライン(JSH2019)に影響するのか。帝京大学衛生学公衆衛生学講座の大久保孝義・主任教授と、SP
  • 「120mmHg未満」を検証、SPRINT-J始動【時流◆SPRINT】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月20日

    降圧群と、同120mmHg未満とする厳格降圧群に無作為に割り付けられた。降圧薬は通常の高血圧治療ガイドラインにのっとり、利尿薬やレニン・アンギオテンシン系抑制薬、カルシウム拮抗薬を中心に処方され、必要
  • 脳卒中治療指針追補版の草案公開

    カテゴリー:臨床ニュース 5月26日

     日本脳卒中学会はこのほど、「脳卒中治療ガイドライン2015追補版2017」案を学会ホームページで公開した。一過性脳虚血発作(TIA)例で脳卒中再発リスクの高い例に言及するなど、最新のエビデンスに基づ
  • スパズム治療、新展開へあと一歩【STROKE2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月22日

     「脳卒中治療ガイドライン2015」は、くも膜下出血後の遅発性脳血管攣縮(スパズム)に対してファスジルやオザグレルの投与を考慮するようグレードAのエビデンスをもって推奨しているが、発症はいまだ十分抑え
  • マルチセンサー携帯型自動血圧計開発

    カテゴリー:臨床ニュース 4月20日

    血圧は常に変動しており、それを評価するにはスポットの血圧測定では不十分と言われ、近年の高血圧治療ガイドラインでは、高血圧の管理・診断における診察室外血圧の重要性が強調されている。  現状、携帯型の血圧
  • ソバルディの適応追加で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 4月3日

     同学会は、対象外の症例に関する対応は、肝炎診療ガイドライン作成員会で検討のうえ「C型肝炎治療ガイドライン」に掲載予定としている。 関連リンク ソバルディ錠400mg(一般名:ソホスブビル)の保険適用に関するご注意
  • 骨吸収抑制薬内服中に抜歯、休薬する?

    カテゴリー:臨床ニュース 3月31日

    P)によるビスホスホネート関連顎骨壊死(BRONJ)が問題視されているが、「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」では、他の骨吸収抑制薬の使用時にも認められることから骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(
  • 子宮頸癌治療指針の草案を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 3月30日

     日本婦人科腫瘍学会は3月22日、「子宮頸癌治療ガイドライン2017年版」の草案全文を学会ホームページで公開した。同ガイドラインは2011年版と同じく、総説、各ステージ別の解説と資料集から成る9章構成
  • 若年者の骨粗予防対策、最重視項目は?

    カテゴリー:臨床ニュース 3月27日

    を教えてください。(単一選択)  若年期における骨粗鬆症の意義については、「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」で比較的高い骨密度を獲得しておけば、加齢とともに骨密度の低下を来しても骨粗鬆症
  • 中高年の骨粗予防で重視は「運動指導」

    カテゴリー:臨床ニュース 3月24日

    入することが重要とお考えですか。(複数選択)  骨粗鬆症の予防については、「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」の2011年版から予防・検診の項目が盛り込まれるなど、早期からの対応が重視されてきている。
  • 50歳以上の椎体骨折で最初に考慮する骨粗薬

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    いのは椎体とされる。そこで50歳以上の骨粗鬆症で椎体骨折を来した症例に対し、骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版で有効性が一覧で評価されている薬剤のうち、まずどの使用を検討することが多いか質問した。
  • 50歳超の大腿骨近位部骨折でまず選ぶ骨粗薬

    カテゴリー:臨床ニュース 3月17日

    クが高まる。そこで50歳以上の骨粗鬆症で大腿骨近位部骨折を来した症例に対し、骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版で有効性が一覧で評価されている薬剤のうち、まずどの使用を検討することが多いかを質
  • 骨粗鬆症疑いで最も重視する項目

    カテゴリー:臨床ニュース 3月13日

    骨粗鬆症を疑う患者の問診・診察で、最も重視する項目を教えてください。(単一選択)  骨粗鬆症の診断については、骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版でも医療面接の重要性について言及し、一般的な方法や質問すべき項目について解説している。そこでm3
  • 抗マラリア薬「リアメット配合錠」発売

    カテゴリー:臨床ニュース 3月10日

    in-based combination therapy:ACT)の配合剤。WHOのマラリア治療ガイドラインでは、マラリアの治療薬としてACTが推奨されており、特に重症化しやすい「合併症のない急性熱帯
  • 9mg/dL未満の無症候高尿酸血症に「薬物療法」24.6%

    カテゴリー:臨床ニュース 1月26日

    る。無症候性尿酸血症に対する薬物療法の導入は、日本痛風・核酸代謝学会による高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版によると8.0mg/dL以上を一応の目安とするものの、「適応は慎重にすべき」としている。
  • C型肝炎「治癒する時代」へ

    カテゴリー:臨床ニュース 1月5日

    ナプレビル併用療法での不成功例の場合は高度な判断が必要とされる。  日本肝臓学会の「C型肝炎治療ガイドライン(第5.2版)」では、ジェノタイプ1型でダクラタスビル+アスナプレビル併用療法やオムビタスビ
  • 生活習慣病、GL推奨薬の処方率低く

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月28日

    今回の今川氏らの研究ではこれら対象住民全員のお薬手帳を調査し、この当時用いられていた「高血圧治療ガイドライン2004/2009」(日本高血圧学会編)、「糖尿病治療ガイド(2008-2009)」(日本糖尿病学会編)と照合した。
  • 外陰癌・腟癌治療GLを公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

     日本婦人科腫瘍学会は、学会ホームページ上で「外陰がん・膣がん治療ガイドライン2015年版」を公開した。同ガイドラインは、外陰癌、腟癌の治療指針が国際的にも明示されていない実状を踏まえ、世界初の治療ガイドラインとして2015年8月に刊行されたもののオンライン版。
  • 認知症疾患診療GL2017で再パブコメ

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月25日

    ライン2017(案)」を公表し、パブリックコメントを募集している。同ガイドラインは、「認知症治療ガイドライン2010」の改訂版で、今夏に実施した初回のパブコメで寄せられた意見を反映している。意見募集の
  • C型肝炎治療GL改訂5.1版を公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月19日

     日本肝臓学会はこのほど、「C型肝炎治療ガイドライン」の改訂第5.1版を学会ホームページ上で公開した。  同学会ではC型肝炎に関して、各種新規抗ウイルス薬が発売されるたび、国内臨床試験の成績を基に治療
  • 先天性高インスリン血症診療GLを公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月13日

    今回の策定は、平成27年度厚生労働省「小児期発症の希少難治性肝胆膵疾患における包括的な診断・治療ガイドライン作成に関する研究」班(研究代表者:東北大学仁尾正記氏)の一環として行われた。  同診療ガイド
  • 胃癌治療GLの使用実態が判明

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月7日

     日本胃癌学会はこのほど、胃癌治療ガイドライン(第4版)アンケート調査の結果を学会ホームページで報告。調査対象のおよそ9割が「高齢など患者因子」を理由に、「胃癌治療ガイドラインに則した治療が行われないことがある」と回答した。
  • 大腸癌の左右で治療選択が可能に?◆Vol.2

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月25日

     とはいえ、「現行のガイドラインにも課題はある」と砂川氏。現在、改訂作業が進む大腸癌研究会の大腸癌治療ガイドラインでは米国立がん研究所(NCI)のNCCNガイドラインを踏襲し、大腸癌薬物治療のキードラッグ9
  • うつ病・大うつ病性障害の治療指針公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月19日

     日本うつ病学会はこのほど、日本うつ病学会治療ガイドラインの「II.うつ病(DSM-5)/大うつ病性障害2016」を学会ホームページで無料公開した。3年ぶりの改訂版で、課題として積み残していた児童思春
  • 大腸癌3指針の改訂案を公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月20日

     大腸癌研究会は「遺伝性大腸癌診療ガイドライン」と「大腸癌治療ガイドライン医師用2016年版」、「大腸癌治療ガイドライン医師用2018年版(予定)クリニカルクエスチョン(CQ)」の改訂案をそれぞれホー
  • 高齢者の安全な漢方薬治療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月13日

     東北大学病院漢方内科准教授の高山真氏らが7月1日、「高齢者医療における安全な漢方薬治療ガイドライン」を初めて作成したと発表した。国際誌Geriatr Gerontol Intに今年6月オンライン掲載
  • 卵巣癌治療指針2015年版を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月13日

     日本婦人科腫瘍学会はこのほど、「卵巣がん治療ガイドライン2015年版」を学会ホームページに無料で公開した。卵巣癌と腹膜癌、卵管癌の現時点で適性と考えられる治療法を示しており、術式や化学療法などを41
  • 高齢糖尿病「8.5%未満」目標も許容

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月25日

    5%未満を許容することなども示されている。  国内外のエビデンスやガイドラインを踏まえ、従来の糖尿病治療ガイドラインでは特記されていなかった高齢者に特有の背景を鑑みた個別の目標設定を推奨している。両学会が示し
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年4月8日

    が原因とはいえません。既に10年ほど前に米国医学会は、複数の疾患を持つ高齢者に対してそれぞれ治療ガイドラインに従った処方を行うと、結果として好ましくない事象が起こることを指摘しています(※2)。つまり
  • 腹部救急疾患、これからの抗菌薬療法【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月7日

    思います。 バンコマイシン一辺倒のMRSA治療に疑問  最後にMRSAです。MRSA感染症の治療ガイドラインが日本化学療法学会と日本感染症学会から出ていますが、少しユニークなガイドラインになっています
  • 良いチームでいるために大切なこと Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年3月30日

    べてが認識すべき問題です。今まであまりきちんと認識されていませんでしたが、近年、高齢者の薬物治療ガイドラインが示されたり、多剤併用の問題がクローズアップされたりして、医療従事者はもとより、介護者や患者
  • 尋常性ざ瘡治療の新指針を発表【米国皮膚科学会】(2016/7/19訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月4日

     米国皮膚科学会(AAD)は2月17日、尋常性ざ瘡管理のための治療ガイドラインを発表した。2つ以上の治療法を組み合わせることでざ瘡治療の効果が高まることから、推奨する併用療法などを提示している。同指針は同日、Journal
  • 腸管感染症の治療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月5日

     日本化学療法学会はこのほど、「JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015―腸管感染症」をホームページで無料公開した。細菌性腸炎やウイルス性腸炎などの種類や推奨される第一選択薬を成人と小児に分けて解説している。
  • 尿路・男性器感染症治療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月4日

     日本化学療法学会はこのほど、「JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015―尿路感染症・男性性器感染症」をオンラインで公開した。膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症と小児の尿路感染症、さらに急性前立腺
  • 胃癌治療指針の改訂Web版を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月28日

     日本胃癌学会はこのほど、胃癌治療ガイドライン第4版のWeb版を学会ホームページで無料公開した。胃癌手術法の定義など7つの主な改訂点が序文にまとめられているほか、手術や化学療法、緩和ケアなど治療法の種
  • 骨粗鬆症の予防・治療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月6日

     日本骨粗鬆症学会と日本骨代謝学会はこのほど、「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」をオンラインで無料公開した。骨粗鬆症財団とともにまとめたもので、4年ぶりの改訂版となる。骨粗鬆症における骨
  • C型肝炎治療指針の第4.1版を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月25日

     日本肝臓学会はこのほど、C型肝炎治療ガイドラインの改訂第4.1版をまとめ、学会ホームページで公開した。オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル併用療法臨床試験の結果を追加したことに伴って、ゲノタイ
  • 大腸癌治療指針の医師用公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月12日

     大腸癌研究会は11月10日、「大腸癌治療ガイドライン-医師用 2014年版」をホームページに無料公開した。2005年の初版以降3回目の改訂で、大腸癌診療に携わる全ての臨床医を対象としている。治療方針
  • ラムシルマブ2試験受け胃癌指針改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月11日

     日本胃癌学会はこのほど、分子標的薬「ラムシルマブ」に関する2つの臨床試験結果を受け、胃癌治療ガイドラインにおける切除不能進行・再発胃癌に対する二次化学療法の推奨内容を変更した。これまで推奨度1(推奨
  • 統合失調症の薬物治療指針発行

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年10月2日

     日本神経精神薬理学会は9月24日、統合失調症患者に対する薬物治療の指針を示した「統合失調症薬物治療ガイドライン」を作成・発行した。従来は諸外国の指針を翻訳したものやエキスパートオピニオンによる指針を利用
  • 収縮期120mmHg未満の米試験「慎重判断を」

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月29日

    への影響についても解析される予定という。  日本高血圧学会ではこの新知見に対し、日本の高血圧治療ガイドライン2014では通常140/90mmHg未満を降圧目標とし、糖尿病や蛋白尿を伴う慢性腎臓病患者に