m3.com トップ>記事検索結果

「泌尿器」の検索結果

  • 「特殊処方には波線」など薬剤師連携での工夫

    カテゴリー:臨床ニュース 11月14日

    医師が自ら薬剤師に尋ねることで関係を密にしている【整形外科勤務医】 知らないことも多いので、なるべく耳を傾けるようにしています【腎泌尿器科勤務医】 ほとんど意味のない照会ですが、時に重要な案件があり、やはり必要。丁寧に受けることで、疑
  • 病気腎移植の先進医療適応に要望書

    カテゴリー:臨床ニュース 11月10日

     日本移植学会はこのほど、日本臨床腎移植学会、日本泌尿器科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会の5学会連名で「腎摘出術による病気腎(小径腎腫瘍)を用いた修復腎移植の先進医療適応に関する要望書」を厚生労働
  • 薬剤情報、主な入手先は…?

    カテゴリー:臨床ニュース 11月9日

    0ポイント以上も上回っており、消化器科(n=77)でも「薬剤師」の方が多かった。  一方で、腎・泌尿器科(n=31)や整形外科(n=49)、眼科(n=23)、皮膚科(n=27)では、「製薬会社のMR」
  • 前立腺癌検診GL2018の草案公開

    カテゴリー:臨床ニュース 10月27日

     日本泌尿器科学会は10月23日、「前立腺がん検診ガイドライン2018年版」の草案を学会ホームページで公開した。同草案では、43のクリニカルクエスチョン(CQ)を設定。前立腺癌検診のアルゴリズムでは、
  • フル接種、好評・不評交差する「工夫」

    カテゴリー:臨床ニュース 10月25日

    器科32人、産婦人科24人、耳鼻咽喉科21人、循環器科49人、小児科43人、消化器科69人、腎・泌尿器科30人、整形外科44人、精神科38人、糖尿病25人、内科172人、脳神経科47人、皮膚科26人、その他17人
  • 上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も

    カテゴリー:医療維新 10月18日

    に積算すると、内科41%、循環器内科33%、整形外科25%、消化器外科24%、脳神経外科17%、泌尿器科15%、麻酔科25%、放射線診断科47%の診療縮小が必要となる。  医師の増員や診療体制縮小を余
  • 「9歳以上1回接種」する、しない理由

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    2007年のCDC(米疾病管理センター)の勧告に基づいている【消化器科勤務医】 小児での2回接種の有用性が不明【腎泌尿器科勤務医】 【調査の概要】 ・調査期間:2017年9月27日-10月2日 ・対象:m3.com会員
  • 内科、レセプト平均点数の都道府県差は?

    カテゴリー:医療維新 10月16日

    ・内科(いずれもなし、在宅あり、人工透析あり) ・精神・神経科、小児科、外科 ・整形外科、皮膚科、泌尿器科 ・産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科 【病院編】 ・都道府県で1.2倍の格差、病院のレセプト平均点数
  • 精神・神経科・小児科・外科、レセプト平均点数の都道府県差は?

    カテゴリー:医療維新 10月16日

    ・内科(いずれもなし、在宅あり、人工透析あり) ・精神・神経科、小児科、外科 ・整形外科、皮膚科、泌尿器科 ・産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科 【病院編】 ・都道府県で1.2倍の格差、病院のレセプト平均点数
  • 産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科、レセプト平均点数の都道府県差は?

    カテゴリー:医療維新 10月16日

    ・内科(いずれもなし、在宅あり、人工透析あり) ・精神・神経科、小児科、外科 ・整形外科、皮膚科、泌尿器科 ・産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科 【病院編】 ・都道府県で1.2倍の格差、病院のレセプト平均点数
  • 整形外科・皮膚科・泌尿器科、レセプト平均点数の都道府県差は?

    カテゴリー:医療維新 10月16日

    ・内科(いずれもなし、在宅あり、人工透析あり) ・精神・神経科、小児科、外科 ・整形外科、皮膚科、泌尿器科 ・産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科 【病院編】 ・都道府県で1.2倍の格差、病院のレセプト平均点数
  • 外科や産婦人科などで男性医師が長時間勤務◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 10月13日

    男性406人(内科87、小児科17、呼吸器科16、皮膚科6、耳鼻咽喉科5、循環器科45、精神科30、腎・泌尿器科8、消化器科35、脳・神経科21、外科56、整形外科31、産婦人科10、眼科1、上記以外38)
  • フル接種「9歳以上は1回」の割合は

    カテゴリー:臨床ニュース 10月11日

    器科32人、産婦人科24人、耳鼻咽喉科21人、循環器科49人、小児科43人、消化器科69人、腎・泌尿器科30人、整形外科44人、精神科38人、糖尿病25人、内科172人、脳神経科47人、皮膚科26人、その他17人
  • フルワクチン「十分確保」半数下回る

    カテゴリー:臨床ニュース 10月4日

    器科32人、産婦人科24人、耳鼻咽喉科21人、循環器科49人、小児科43人、消化器科69人、腎・泌尿器科30人、整形外科44人、精神科38人、糖尿病25人、内科172人、脳神経科47人、皮膚科26人、その他17人
  • 総合診療専門研修プログラム「1次審査基準」、都市集中回避が狙い - 松原謙二・日本専門医機構副理事長に聞く

    カテゴリー:医療維新 9月28日

    一人で診ます。一方で、例えば褥瘡については、皮膚科の先生と組む。膀胱炎を起こす患者さんがいれば、泌尿器科の先生と組む。都市部では、他科の先生方とチームを組むことは容易です。 ――総合診療専門医には、どの程度の応募があるとお考えでしょうか。
  • 多剤併用対策「自分だけで悩んでいる」の声も

    カテゴリー:臨床ニュース 9月28日

    (消化器科勤務医)、「他院の薬説明書を持参させ、直接薬効を説明して不要薬剤中止を指示する」(腎・泌尿器科勤務医)、「薬剤の副作用で入院してくる患者さんが多いため、前医の紹介状を参考にしながらも、全体に
  • 運転免許更新にかかる認知症診断、現場の本音

    カテゴリー:臨床ニュース 9月22日

    すべからく臨床医は時の要請に従い、必要な知識を得る努力をするべきである【内科開業医】 どの専門の医師も積極的に関わっていくべき【腎泌尿器科勤務医】 無理しなければ、中等度以上の認知症なら診断可能だと思う。診断が困難なら専門医に相談して
  • 外科研修医は人道的貢献を行える用意ができているか

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月22日

    MSFの標準的ケアに合致する手術の割合は一般外科41.3%、整形外科1.9%、産婦人科0.1%、泌尿器科0.3%だった(MSFでの手術の割合は順に30.1%、21.2%、46.8%、1.9%)。産婦人科手術には有意な差があり(P<0
  • 最初に選択する便秘薬は

    カテゴリー:臨床ニュース 9月21日

    器科28人、産婦人科31人、耳鼻咽喉科15人、循環器科47人、小児科47人、消化器科73人、腎・泌尿器科38人、整形外科53人、精神科47人、糖尿病26人、内科165人、脳神経科53人、皮膚科23人、その他11人
  • 腎移植後の免疫抑制は癌再発に影響せず

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月20日

     泌尿器癌の既往がある末期腎不全患者における腎移植が癌再発に影響するかを、後ろ向き研究32件(対象2519例)のシステマティックレビューで検証。腎細胞癌の再発率、癌特異的生存率、全生存率は移植群と透析
  • 下痢に抗菌薬「医学的に間違っている」「逆効果」

    カテゴリー:臨床ニュース 9月14日

    放っておけば治る【腎・泌尿器科勤務医】 自然治癒力があるので【循環器科勤務医】 自然治癒することが多いため【循環器科勤務医】 自己回復理力をまず優先させたいから【腎・泌尿器科勤務医】 <細菌性なら処方する>
  • ドイツに倣い「ドクターサロン」◆Vol.13

    カテゴリー:医療維新 9月13日

    す力のある者が集まって、患者さん個別の問題点を捉えることが必要。内科や外科だけではなく、男性なら泌尿器科、女性なら婦人科も関係する。しかし、済生会中央病院の医師は、慶應大出身という意味では同門が多かったけれど、各科がバラバラだった。
  • 下痢への抗菌薬、診療科別の処方率は?

    カテゴリー:臨床ニュース 9月12日

    2%で、勤務医の9.5%を上回る結果となった。  診療科別でも差が見られ、産婦人科(0.0%)、腎・泌尿器科(2.2%)、耳鼻咽喉科(4.2%)などで「処方派」の割合が低かった一方、内科(19.0%)、内分泌・血液科(15
  • 泌尿器科レジデント、4分の1が「職場に不満」

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月8日

     ドイツの泌尿器科レジデント721人を対象に、労働環境等を29項目のオンライン調査で包括的に評価。卒後5年目のレジデントの累積手術件数は113件(中央値)だった。小手術(全手術の57%)は全レジデント
  • 服薬管理のコツ「合剤の活用」が最多

    カテゴリー:臨床ニュース 9月7日

    3割を占めており、服薬管理に難渋している医師も少なくないことも示唆された。  診療科別では、腎・泌尿器科(n=30)56.7%、脳・神経科(n=39)56.4%、小児科(n=31)54.8%、眼科(n=21)52
  • 医師が一般に考える「便秘への検査」は

    カテゴリー:臨床ニュース 9月7日

    器科28人、産婦人科31人、耳鼻咽喉科15人、循環器科47人、小児科47人、消化器科73人、腎・泌尿器科38人、整形外科53人、精神科47人、糖尿病26人、内科165人、脳神経科53人、皮膚科23人、その他11人
  • 処方派「患者説得がおっくう」「細菌感染を否定しきれない」

    カテゴリー:臨床ニュース 9月4日

    おっくう【脳・神経科勤務医】 昔からの習慣、希望する患者も多い【腎・泌尿器科勤務医】 ビジネスマンが多く必要とされるから【腎・泌尿器科勤務医】 保護者希望のため【小児科勤務医】 本人が希望することが多い【整形外科開業医】
  • 患者の服薬状況を最も把握している診療科は?

    カテゴリー:臨床ニュース 9月1日

     診療科別の“把握率”は、脳・神経科(n=39)が87.2%で1位、それに精神科(n=37)86.5%、腎・泌尿器科(n=30)83.3%、呼吸器科(n=17)82.4%などが続いた。一方、最下位は耳鼻咽喉科(n
  • 自虐ギャグ、カンファで試してマスター

    カテゴリー:臨床ニュース 8月31日

    ニュース、落語、お笑い番組を利用 ドリフを見て笑う【循環器科開業医】 生の落語を聞く【内科開業医】 アメトーーク!【腎・泌尿器科勤務医】 新しい話題やニュースを知る【外科系勤務医】 日頃の何気ないニュースなどを気にかける【消化器科勤務医】
  • 「余裕がない」「今の職場では難しい」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月24日

    器科14人、産婦人科14人、耳鼻咽喉科20人、循環器科37人、小児科31人、消化器科46人、腎・泌尿器科19人、整形外科34人、精神科32人、糖尿病13人、内科111人、脳神経科34人、皮膚科24人、その他14人
  • 風邪に抗菌薬、開業医と勤務医で処方率に差

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

     診療科別でも差が見られ、「処方派」が最も多かったのは、耳鼻咽喉科34.5%、以下、皮膚科32.1%、腎・泌尿器科28.1%、内分泌・血液科26.9%などと続いた。 各科の「処方派」比率(カッコ内の%は「常に処
  • 抗菌薬の適正使用「医師と患者の“悪徳”が邪魔」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月18日

    勤務医は意識して適正使用を心がけているが開業医、施設の往診医が培養検査もせず適正ではない使用をしている【腎・泌尿器科勤務医】 クラビットやジェニナックを気軽に使い過ぎだと思う【内科開業医】 意識改革が必要【消化器科勤務医】
  • 尿失禁術、泌尿器科と婦人科で内容に差

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月18日

     腹圧性尿失禁に対するスリング手術2万2192件を対象に、泌尿器科医と婦人科医による手術の施行パターンを比較。施行数は、婦人科医が1万6474件と泌尿器科医の5718件より多かったが、自家腹筋スリング施行率は泌尿器科医のほうが高かった。
  • 「笑顔ない医師に診てもらいたくない」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月17日

    顔の筋肉、咀嚼にも大事【内科開業医】 エビデンスは確立されていないが、笑いは免疫を賦活する【腎・泌尿器科勤務医】 どんなに深刻な病状でも笑顔を忘れない人は苦しみが少ないように思う【外科系勤務医】 とに
  • 「個別指導で医師の人権侵害阻止」、埼玉の開業医

    カテゴリー:医療維新 8月16日

     山崎外科泌尿器科診療所(さいたま市浦和区)院長で、埼玉県保険医協会常任理事の山崎利彦氏はこのほど、4年の長きにわたる個別指導を経て、二つの画期的な回答を関東信越厚生局から文書で引き出すことができた。
  • 抗菌泌尿器用カテーテルで一部自主回収

    カテゴリー:臨床ニュース 8月15日

     医薬品医療機器総合機構(PMDA)は8月8日、メディコンの「抗菌泌尿器用カテーテル」(商品名:バードシルバーTSCトレイ)の自主回収情報(クラスII)を発表した。当該製品の包装内から異物(虫)が発見
  • 年代別・男女別「専門の決め手」

    カテゴリー:医療維新 8月15日

    。(消化器科系/60代男性) ・いつでも内科になれるように、25年前から内科研修をしている。(腎泌尿器科系/60代男性) ・女性だからと言う理由で、意味もなく上司から嫌がらせをされたとき。(整形外科系/50代女性)
  • 「広域薬は温存」など、医師会員による抗菌薬適正使用の工夫集

    カテゴリー:臨床ニュース 8月14日

    効果がないと断言してつっぱねる【呼吸器科勤務医】 強い意志を持つこと【整形外科勤務医】 がっといく【腎・泌尿器科勤務医】 【調査の概要】 ・調査期間:2017年6月23日-6月29日 ・対象:m3.com会員
  • 男性の夜間頻尿、抗利尿薬のみ効果確認

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月14日

     下部尿路症状を有する男性における夜間頻尿の治療選択肢を欧州泌尿器学会ガイドラインパネルによるシステマティックレビューで評価(対象文献44件)。抗利尿薬の用量漸増法による治療は、プラセボとの比較で、夜
  • 笑いの医学的効用、医師の9割「ある」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月10日

    器科14人、産婦人科14人、耳鼻咽喉科20人、循環器科37人、小児科31人、消化器科46人、腎・泌尿器科19人、整形外科34人、精神科32人、糖尿病13人、内科111人、脳神経科34人、皮膚科24人、その他14人
  • 尿管結石の救患、CTは治療に影響せず

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月10日

     CTで尿管結石が確認された救急受診成人患者475例の前向きデータを用い、入院および泌尿器科的介入の予測因子を検討。泌尿器科的介入を要したのは入院患者72%、非入院患者17%だった。介入予測因子は素因によ
  • 腎癌代謝特性に「腫瘍内ヘテロ性」存在

    カテゴリー:臨床ニュース 8月9日

     杏林大学は8月4日、腎がんの代謝特性に腫瘍内ヘテロ性が存在することを明らかにしたと発表した。この研究は、同大学泌尿器学の桶川隆嗣教授らが、武田薬品工業株式会社と共同で行ったもの。研究成果は、オンライン出版誌「EBioMedicine」に掲載されている。
  • 「バランス重視で専門決めた」多いのは何科?◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月5日

    ・画像診断に魅力を感じたからです。(60代男性) 【腎泌尿器科系】 ・人気がなかったから、ある程度の需要はあると思った。(30代男性) ・昭和52年当時には、内視鏡手術と言えば、泌尿器科のTURしかなかった。(60代男性)
  • 診療科別、自分の専門決めた時期◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 8月5日

     「自分の性格に合っているから」を選択した会員割合が最も高かったのは整形外科系(36.5%)、最も低かったのは腎泌尿器科系(9.8%)だった。 ★「ワークライフバランス重視」「今後重要になるから」「過去の体験がきっか
  • 耐性菌への意識が最も高い診療科は?

    カテゴリー:臨床ニュース 8月2日

    。その結果、薬剤耐性菌の発生について79.6%が日常診療で意識しており、診療科別では皮膚科と腎・泌尿器科が最も意識が高いことが分かった。また、78.3%が「抗菌薬は必要ない」と判断した患者への処方を控