m3.com トップ>記事検索結果

「泌尿器」の検索結果

  • 日本専門医機構の新役員の選考開始、6月末に決定

    カテゴリー:医療維新 6月6日

    外科系社員学会(外科、整形外科、産婦人科、眼科、麻酔科、皮膚科、救急科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、脳神経外科、泌尿器科、形成外科)から計3人 4. 専門医育成に関係する団体(日本医療安全調査機構、医療研修推進財団)から各1人、計2人
  • 前立腺癌診療指針2016年版公開

    カテゴリー:臨床ニュース 6月5日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本泌尿器科学会が作成した「前立腺癌診療ガイドライン2016年版」をオンラインで無料公開した。2006年初版、12年改訂版を経て、4年ぶりの改訂。16年版で
  • 動脈硬化発見も患者の問いに答え詰まる

    カテゴリー:臨床ニュース 5月31日

    複合的病態なので、単純には考えられない【循環器科勤務医】 もっと気軽にABIが測定できるようになればいいのにと思います【腎・泌尿器科開業医】 コレステロールはあまりあてにならないと思うので廃止されてよかった【整形外科開業医】 「超音波検査」について
  • Dr. コトー「日本の医療はつながっている」-対談:瀬戸上健二郎・元手打診療所長◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 5月27日

    、尿道が挫滅していたのでしょうか。 瀬戸上:ぐちゃぐちゃになってる。これは難儀やった。その時は、泌尿器科に行った同級生に電話で相談しましたよ。何とかかんとかやって、バルーンカテを入れて下で引っ張り下げ
  • 現在の診療科、9割が「満足」◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 5月26日

    ・専門職ですが、実際には幅広く患者対応ができるスキルが身に付いたこと。【脳神経外科】 ・マックジョブではない、全てのこと。【泌尿器科】 ・新しい知識を仕入れ、それを臨床に還元し、効果が得られたとき。【皮膚科】 ・入院患者さんが退
  • 動脈硬化リスクでこの項目を重視する訳

    カテゴリー:臨床ニュース 5月24日

    科勤務医】 高血糖は血管を破壊する最たるものだと思います【腎・泌尿器科開業医】 糖尿病は、動脈硬化などの欠陥病変を促進するから【腎・泌尿器科勤務医】 「喫煙」の理由 動脈硬化性疾患全ての危険因子となるから【内科開業医】
  • 過活動膀胱のボツリヌス治療後UTI、定義がまちまち

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月23日

     その結果、尿路感染症の診断基準が定義されていた27試験で、10の異なる定義が確認された。欧州泌尿器学会議の尿路感染症基準に準拠する定義を用いた試験はなかった。神経因性膀胱対象の10試験のうち2試験
  • 病院側逆転敗訴、高裁はどう判断したか-横浜地裁、東京高裁判決の詳報◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 5月9日

     搬送時、波田町立波田総合病院という名称で、救急総合診療科、および小児科のほか、内科、外科、整形外科、形成外科、産婦人科、泌尿器科、脳神経外科等を有する総合病院であった。また、松本市を中心とする松本広域圏において、産科医および
  • 私自身が自覚症状で緑内障発見

    カテゴリー:臨床ニュース 5月8日

    る傾向にあると思います【循環器科勤務医】 閉塞か開放か、鑑別を容易にする方法はありませんか【腎・泌尿器科勤務医】 【調査の概要】 ・調査期間:2018年4月12日-17日 ・対象:m3.com医師会員
  • 先天性腎尿路異常(CAKUT)の指針公開

    カテゴリー:臨床ニュース 4月24日

    随伴症状を伴うことから、小児期および移行期の腎・泌尿器疾患の診療に携わる全ての医師としている。クリニカルクエスチョン(CQ)形式を採用し、構成は泌尿器科的随伴病態やCAKUTの管理法などの4項目立てとした。
  • 倉敷中央病院、38人の専攻医集めるも「不安」残る

    カテゴリー:医療維新 4月23日

    、耳鼻咽喉科、泌尿器科、臨床検査科、リハビリテーション科、精神神経科の6領域を除く、13の基本領域。6領域のうち、臨床検査科を除く5領域は連携施設となった。次年度は、耳鼻咽喉科と泌尿器科でも基幹施設となる予定。
  • 「10年後に向け、一つでも学び取ろうとする」-対談:大西卓哉・宇宙飛行士◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 4月22日

    」 と書いておられましたよね。私は大腸癌の専門家でして、排尿とか排便など「下の方」に関心があり、泌尿器科の先生ともなぜなのかと議論したりしました。 大西  完全に感じないわけではなくて、相当たまってこ
  • 先天性難治性稀少泌尿生殖器疾患群の診断治療GL公開

    カテゴリー:臨床ニュース 4月19日

    H症候群が含まれ、これらは先天性難治性稀少疾患である。同ガイドラインの利用対象は小児外科医や小児泌尿器科医、産婦人科医、小児腎臓内科医、小児精神科医などとしている。クリニカルクエスチョン(CQ)形式を
  • くしゃみ、鼻かみでこんな診療経験も【時流◆くしゃみの医学的インパクト】

    カテゴリー:臨床ニュース 4月10日

    肩の脱臼【内科開業医ほか複数】 腰椎椎間板ヘルニア【整形外科勤務医ほか複数】 圧迫骨折、骨粗鬆症の方が骨折【腎泌尿器科勤務医ほか複数】 椎体骨折【内科勤務医】 その他の症状  前期破水【産婦人科勤務医】  鼠径ヘルニア【消化器科開業医】
  • 第1回 かかりつけ医・腎専門医紹介基準こう使う

    カテゴリー:臨床ニュース 4月5日

    の疾患を有している可能性もあるのです。  つまり、糖尿病患者も、一般住民と同じ割合で他の腎疾患や泌尿器科疾患を発症する可能性があること、その中には治療可能な疾患も含まれていることを念頭に置く必要があり
  • 尿路結石、泌尿器科コンサルで再受診減を

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月5日

     米国で救急科を受診した尿路結石患児5642例を対象に、泌尿器科への診察依頼と救急科再受診の関連を後ろ向きコホート研究で検討した。  180日以内の結石関連事象による再受診率は11%で、48時間以内の再受診のオッズ比が22
  • A1c目標「7-8%」日本も追従?に意見百出

    カテゴリー:臨床ニュース 4月3日

    は、便宜上、あるいは政策上の必要性からであり、個別化・テイラーメイドが本来の姿だと思います(腎・泌尿器科開業医) 妥当でない もう少し厳しくすべき(内科勤務医) 7%未満が妥当(内科勤務医) 厳格に血
  • 「成人A1c目標値、高齢者並み」は妥当?

    カテゴリー:臨床ニュース 3月29日

    外科系120人、眼科28人、呼吸器科50人、産婦人科28人、耳鼻咽喉科22人、循環器科102人、小児科66人、消化器科105、腎・泌尿器科50人、整形外科59人、精神科55人、内分泌・血液科50人、内科312人、脳・神経科71人、皮膚科37人
  • ダヴィンチ手術「そう簡単には広がらず」、岩中外保連会長

    カテゴリー:医療維新 3月20日

    が約300台普及しているが、保険適用された点数では採算が合わない、(2)約300台のうち、大半は泌尿器科での使用であり、実施の空枠がない、(3)「ダヴィンチ」の使用には、販売元のインテュイティブサージ
  • 「DNAR」の対応に揺れる医師の思い

    カテゴリー:臨床ニュース 3月9日

    基本的には、全員が蘇生希望の有無に対する希望カード(家族の同意サイン付き)を持っていてほしい【腎・泌尿器科勤務医】 やはりかかりつけ医は、きちんと80歳以上などの高齢者からは意思を確認しておくべきでしょう【呼吸器科開業医】
  • 刺青DNARで尊重すべきは生前の意思

    カテゴリー:臨床ニュース 3月2日

    本人と家族の同意が得られたなら、蘇生措置を行わないということも患者の希望であり、無理な処置は誰のためにもならない【腎・泌尿器科勤務医】 刺青でのDNARが認知されるまでは、善意でも悪く取られ得ると考えるから【小児科勤務医】
  • 刺青DNARに従うと後の家族トラブルに懸念

    カテゴリー:臨床ニュース 2月23日

    本人の意思であっても、家族がそのことを認識していない場合、後になって問題となる可能性があるため【腎・泌尿器科勤務医】 蘇生せず亡くなって、蘇生しなかったことをとがめられる可能性がある。一方で、蘇生して命を
  • 直腸にテニスボールでストーマ造設も

    カテゴリー:臨床ニュース 2月22日

    慮。最終的に産婦人科医がトライし用手的に摘出。会計時、本人が「ドライバー返してください」と【腎・泌尿器科勤務医】 患者自身、坐薬だと思って挿入した物体がボールペンのキャップだった【脳・神経科開業医】
  • ザイティガ、ハイリスク予後因子有する日本人前立腺癌患者で臨床的有効性

    カテゴリー:臨床ニュース 2月16日

    テロン群が66%、ADT群が20%だった。  この結果について、第一著者である千葉県がんセンター泌尿器科部長の深沢賢氏は、「LATITUDE試験において、日本人サブグループにおける有効性と安全性の結果
  • 性同一性障害診断・治療GLの一部改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2月16日

    であることが求められることなど、内容の追記や修正を行っている。  同学会、日本産婦人科学会、日本泌尿器科学会、日本形成外科学会は、2016年3月よりGID学会認定医の認定を始めた。GID学会は認定医取
  • 老衰指針は「むしろ不要」【時流◆高齢社会の「老衰」を考える】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月2日

    さんも多いので【精神科開業医】 正当な死因である。病気でなければ死ねない、という方がおかしい【腎泌尿器科勤務医】 直感的に老衰と判断して、スタッフや家族も納得しているから【糖尿病科勤務医】 【調査の概要】
  • 淡明細胞型腎細胞癌、EAUガイドライン更新

    カテゴリー:海外ジャーナル 1月18日

     欧州泌尿器科学会(EAU)が未治療の進行性・転移性淡明細胞型腎細胞癌(RCC)患者に対する標準療法についてのガイドライン勧告を更新した。  今回の更新は、これまでの標準療法であるスニチニブとの比較で
  • 「診療制限を感じる」日本76.9%、米国70.6%◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 1月14日

    しくは自分で行うことに、ジレンマを感じる。これは特に当直業務中に多く認められる。(35-39歳腎泌尿器科系、大学病院) ・医療事故の件で、施設に擁護されず警察の取り調べを受けたことがある。最終的には起
  • 「内科15.2%減、外科10.7%減」、専攻医の領域別割合

    カテゴリー:医療維新 1月4日

    は、内科(27人)、小児科(24人)、精神科(24人)、耳鼻咽喉科(14人)、皮膚科(13人)、泌尿器科(10人)。 (※表の後に本文続く) 「2014年医師・歯科医師・薬剤師調査」3~5年目医師数:
  • 短期的使用泌尿器用フォーリーカテーテルで一部自主回収

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月26日

     医薬品医療機器総合機構(PMDA)は12月20日、メディコンの「短期的使用泌尿器用フォーリーカテーテル」(商品名:バーデックスバイオキャスフォーリーカテーテル)の自主回収情報(クラスII)を発表した
  • 尿で癌診断可能に、特異的miRNA発見(2017/12/25訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月21日

    比較から、がん患者で特異的に過剰・減少発現しているマイクロRNAを発見。泌尿器系のがん患者(前立腺・膀胱)のみでなく、非泌尿器系のがん患者(肺・膵臓・肝臓)においても、がん患者特異的なマイクロRNAを発見することができたという。
  • 198人、専攻医1次登録で研修先決まらず

    カテゴリー:医療維新 2017年12月16日

    (1次登録から27人減)、総合診療は157人(同1人減)。その他、眼科、小児科、精神科、皮膚科、泌尿器科では、1 次登録から採用者数が2桁以上減少したもようだ。  採用者数の基本領域別割合を見ると、最も多いのが内科で、全体の32
  • インフル迅速検査せず後で感染判明し苦情

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月14日

    検査は行うしかないかと思われる。家族や学校内の感染で、感染源が明らかであれば省略できそうだ【腎・泌尿器科勤務医】 インフルエンザのみ特別扱いのようで違和感はあり【消化器科勤務医】 薬局で妊娠検査薬のよ
  • 医療機器の安全対策における課題と単回使用機器の可能性

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月4日

    ティフィック ジャパン株式会社は11月22日、メディアセミナーを開催。埼玉医科大学泌尿器科教授の矢内原仁氏が、「泌尿器科領域における医療機器の安全対策」をテーマに講演した。  単回使用医療機器(SUD
  • 企業から医学誌編集医師への報酬、最多は960万円

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年11月30日

    臓科2664(0-1万2912)ドル(約30万円/約0-145万円)が続き、胃腸科、リウマチ科、泌尿器科などでも多額の金銭が支払われていた。
  • 国内初のガイドライン登場で問われる慢性便秘症の診かた

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月29日

    予想される。同ガイドライン作成に関わった中島氏は、「慢性便秘症は、内科・外科だけでなく、婦人科や泌尿器科、精神科などの非専門医が診療することが多い『診療科横断的疾患』」と説明。また近年、海外での新薬開
  • 「特殊処方には波線」など薬剤師連携での工夫

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月14日

    医師が自ら薬剤師に尋ねることで関係を密にしている【整形外科勤務医】 知らないことも多いので、なるべく耳を傾けるようにしています【腎泌尿器科勤務医】 ほとんど意味のない照会ですが、時に重要な案件があり、やはり必要。丁寧に受けることで、疑
  • 病気腎移植の先進医療適応に要望書

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月10日

     日本移植学会はこのほど、日本臨床腎移植学会、日本泌尿器科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会の5学会連名で「腎摘出術による病気腎(小径腎腫瘍)を用いた修復腎移植の先進医療適応に関する要望書」を厚生労働
  • 薬剤情報、主な入手先は…?

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月9日

    0ポイント以上も上回っており、消化器科(n=77)でも「薬剤師」の方が多かった。  一方で、腎・泌尿器科(n=31)や整形外科(n=49)、眼科(n=23)、皮膚科(n=27)では、「製薬会社のMR」
  • 前立腺癌検診GL2018の草案公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月27日

     日本泌尿器科学会は10月23日、「前立腺がん検診ガイドライン2018年版」の草案を学会ホームページで公開した。同草案では、43のクリニカルクエスチョン(CQ)を設定。前立腺癌検診のアルゴリズムでは、
  • フル接種、好評・不評交差する「工夫」

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月25日

    器科32人、産婦人科24人、耳鼻咽喉科21人、循環器科49人、小児科43人、消化器科69人、腎・泌尿器科30人、整形外科44人、精神科38人、糖尿病25人、内科172人、脳神経科47人、皮膚科26人、その他17人
  • 上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も

    カテゴリー:医療維新 2017年10月18日

    に積算すると、内科41%、循環器内科33%、整形外科25%、消化器外科24%、脳神経外科17%、泌尿器科15%、麻酔科25%、放射線診断科47%の診療縮小が必要となる。  医師の増員や診療体制縮小を余