m3.com トップ>記事検索結果

「熱中症」の検索結果

  • 救急クリニックから見るマスメディアの医療報道

    カテゴリー:医療維新 9月16日

    数回にわたって民放で発言させていただいたので、反省を踏まえましてご報告いたします。 『マスコミと熱中症』  以前より、当院は取材を受けていましたのでマスコミの皆さんは当院の取り組みを知っていただいたよ
  • 夏の「困った」:てんかん、妊婦、痰・胃瘻管理など

    カテゴリー:臨床ニュース 8月16日

    面倒という方もいて、なかなか水分摂取を促しても実践できない方が多いという現実があります。脱水から熱中症は進行が早い場合も多く、難しい問題。まずは脱水にならないような水分や塩分の摂取方法をお教えし、室内
  • 医師が考える「夏の甲子園」改善案

    カテゴリー:臨床ニュース 8月14日

    ピッチャーの球数制限は必要やろねえ【内科勤務医】 参加する全ての学校関係者や大会主催者に、生理学や熱中症に関する講習受講を義務化する。WBGT(暑さ指数)などから判断される暑熱環境で行われる試合には、学
  • 夏の「困った」:認知症、精神疾患

    カテゴリー:臨床ニュース 8月13日

    com医師会員1136人を対象とした意識調査で、夏に管理が難しくなる慢性疾患について聞いた。認知症については、熱中症・脱水対策のための生活指導の徹底が難しいことが浮き彫りになったほか、精神疾患では飲水指導、治療薬の
  • 甲子園で感じた熱中症への低い指導者意識

    カテゴリー:臨床ニュース 8月10日

    5%が「高い気温・湿度」と回答した。その理由として、救護班を務めた経験から「指導者の熱中症に対する意識が低過ぎる」や「医学部でも野球部が最も熱中症を起こしている」など心配の声が寄せられた。ここでは、夏の甲子園の懸念点で選んだ回答理由を紹介する。
  • 「猛暑日に低体温症でヘリ搬送」を防ぐ医師の指導【時流◆夏山の注意点】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月10日

    写真:白根山  8月11日は山の日。酷暑の今年は熱中症対応に目を奪われがちだが、暑い日であっても低体温による急変は起こり得る。涼しい山地でのレジャーを計画する患者に対し、医師は低体温症や持病の急変にど
  • 夏の「困った」:アトピー性皮膚炎、COPD、喘息

    カテゴリー:臨床ニュース 8月9日

    、換気について指導しています【小児科勤務医】 ●COPD 痩せると呼吸状態が悪くなる。栄養管理、熱中症予防の説明をする【呼吸器科勤務医】 呼吸困難を自覚しやすい【呼吸器科勤務医】 【調査の概要】 ・調査期間:2018年7月13日-19日
  • 夏の「困った」:糖尿病・慢性腎臓病

    カテゴリー:臨床ニュース 8月6日

    。季節の変わり目に塩分摂取・水分摂取の目標値を変更することも、正確に指示していく必要がある。夏は熱中症が多くなりやすく、脱水や梗塞も引き起こしやすくなるため、水分補給とともに高血圧の方でも塩分設定を1
  • 被災地に多数の医療支援チーム、情報共有に課題

    カテゴリー:医療維新 7月26日

    、チームを重点的に配置すると説明。避難所では上気道炎や感染性腸炎など感染症が出始めていることや、熱中症による救急搬送があり、倉敷市以外からも岡山県内の救急隊が応援に入ってきているがニーズを満たせておら
  • ビッグデータで対策の構築は可能か【時流◆熱中症2018】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月26日

    熱中症に関するデータ活用の可能性を指摘する清水氏  酷暑など気温の上昇とともに発症数が増えるのが熱中症だが、近年は気温などさまざまなデータを駆使した暑さ指数(WBGT)や、過去の気象条件から導き出した
  • 医療現場での啓発も予防の鍵に【時流◆熱中症2018】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月19日

    熱中症のデータについて解説する小野氏  熱中症は適切に対応すれば予防できるはずだが、6-9月の好発期は毎年、救急搬送数に関する報道が繰り返されている。近年は熱中症の予防策として、天気予報などで熱中症
  • 「医療機関の復旧が焦点」日医・石川常任理事

    カテゴリー:医療維新 7月18日

    所、避難所などを視察。兵庫県JMATの医師からは、熱中症対策をテレビなどで呼びかけることを強く依頼された。ボランティアに入った人が怪我をしたり熱中症になったりするケースも多く、対策を取って現地入りする
  • 患者の診察で気を付けてほしいこと【時流◆熱中症2018】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月12日

    熱中症を疑う場合の注意点を解説する清水氏  2018年は、例年よりも早めに梅雨明けを迎える地域が目立ち、本格的な夏のシーズンが各地で長く続くと見られている。特に梅雨明けからお盆までの間は、熱中症が最も
  • 日医、「被災地JMAT」の派遣を準備

    カテゴリー:医療維新 7月11日

    や避難者数減少が見込まれるものの、「水が足りない、暑い状態が続いており、健康が損なわれる」として熱中症や感染症、DVT対策などが重要と述べた。
  • 順大・久岡教授の最終講義、故小渕首相に随行した経験など紹介

    カテゴリー:医療維新 6月11日

    た。 ニュースウオッチ9に登場で大騒ぎ  総合診療科に移ってからの思い出としては、総合診療学会で熱中症対策に取り組んだ時のテレビ報道の影響に言及。「NHKのニュースウオッチ9が取り上げてくれたが、テレ
  • 「訪日外国人患者への対応、問題が山積」、横倉会長

    カテゴリー:医療維新 3月27日

    ・パラリンピックの開催で訪日外国人の増加が見込まれることについても、日医と東京都医師会が連携して熱中症対策の要望活動や関係省庁を招いての会議やシンポジウムを開催。4月には大規模テロの災害研修を開催準備していることも明らかにした。
  • 熱中症「水分たっぷりでもなる」

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月27日

    comの意識調査「熱中症、どう予防・冷却する?」では、777人のm3.com医師会員からさまざまな意見が寄せられました。ここでは、熱中症の予防と処置に対する回答者の考えを紹介します。 Q.熱中症の予防・処置
  • 熱中症予防で水分摂取を重視する訳

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月25日

     m3.comの意識調査「熱中症、どう予防・冷却する?」で、m3.com医師会員(777人)に熱中症の予防で重視する項目を尋ねたところ、「水分の摂取」が78.9%を占め、2位以下に20ポイント以上の差
  • 尾崎都医会長、2期目が始動、タバコ、五輪対策を重視

    カテゴリー:医療維新 2017年7月21日

    医療支援体制の確立。 4.東京オリンピック・パラリンピックに向けて求められる医療提供体制の確立(熱中症、感染症、訪日外国人医療等)と関係機関との連携。 5.生涯をつなぐ保健という観点からの母子保健(乳
  • 熱中症の身体冷却、最多回答の選択理由

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月21日

     m3.comの意識調査「熱中症、どう予防・冷却する?」で、m3.com医師会員(777人)に一定条件下で発症したII度の成人非労作性熱中症に対し、体温が37.5度だった場合の身体冷却について質問したところ、最多は「腋窩を冷却する」で61
  • 「熱中症」では体のどこを冷やすのか

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月18日

     m3.com意識調査「熱中症、どう予防・冷却する?」で、m3.com医師会員(777人)に気温35℃を超える酷暑日にII度(頭痛・嘔気・虚脱感)の非労作時熱中症を来した基礎疾患のない成人の体温が37
  • 夏休み、「ひたすら勤務」「旅行中でも患者のことが気になる」

    カテゴリー:医療維新 2017年7月16日

    待たされたこと。お盆休み明けの外来に帰国できない可能性もあり、焦った。【開業医】 ・暑さに負けて熱中症を自己体験。医者として教科書通りの症状を体験して納得した。今後の患者さんへの指導に大いに役立つと考
  • 安易な熱中症の予防指導に警鐘【時流◆熱中症】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月14日

    患者に応じた熱中症予防の必要性を指摘する三宅氏  熱中症予防でよく聞く対策の1つが、「水分をこまめに補給する」ことである。脱水を避けるために水分の摂取は重要だが、予防指導の指示をしっかり守ろうとするあ
  • 日医、JMAT2チームを福岡県朝倉市に派遣

    カテゴリー:医療維新 2017年7月12日

    本地震では車中泊し、“エコノミークラス症候群”になった例もあり、注意が必要。暑くなっているので、熱中症の問題や、腸管、消化器の感染症、食中毒にも注意しなければいけない」と述べた。  13日以降も派遣を
  • 熱中症診断で押さえておくべき基本【時流◆熱中症】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月12日

    熱中症に関するキャンペーンの効果を強調する三宅氏  夏本番を迎えると、医療機関の受診者数が激増するのが熱中症である。好発期(6-9月)には、レセプトベースで症例数が40万を超えた年もあるが、医療機関で
  • 皮膚トラブルに「汗」は敵か、味方か【時流◆汗のエビデンス】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年6月21日

    に100ccの汗が全て蒸発しないと体温は低下しない」(室田氏)。少しでも汗が出ないことはうつ熱や熱中症といった症状にもつながる。また、室田氏は「汗腺の機能は加齢とともに衰える。自律神経障害が関連する多
  • 医者の不養生「病気を治してから治療に当たってください」

    カテゴリー:医療維新 2017年4月29日

    が、対策していてもかかる時はかかるのだと身にしみました。【看護師】 ・中性脂肪が1200を超え、熱中症による脱水から心不全を起こしました。さすがにヤバいと思いダイエットし、1年で30キロ減量しました。【看護師】
  • “医療の溝”、熊本地震で生じず、8000人以上が医療支援

    カテゴリー:医療維新 2016年10月10日

    た――などを挙げた。それ故、重要になったのが、さまざまな救護班の調整活動のほか、DVT・感染症・熱中症対策だ。益城町の避難所では、過密対策として、ゴールデンウイーク期間中、「リフレッシュ避難」と称して
  • 「“老害”にならず、引き際は自ら決める」「後継者が課題」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月19日

    ないかと思う。まもなく80歳になるが、自分自身の体調の変化を気付きにくくなっていると思っている。熱中症で倒れる人のニュースを聞くと、一番の原因が自身の体調の変化に気づかないことにあるのではないかと考えている。注意すべきことかと思う。
  • 「医学部生の夏を謳歌して」「やはり医学の勉強が第一」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月13日

    ・暑くて大変ですが、若い時しかできません。頑張れ! ・暑いだろうけど、その汗が良い思い出になる! ・熱中症にならないように頑張って楽しんでください。 ・つらい練習もきっと糧になります。頑張ってください!
  • 夏休み「数年間なし」「医局を辞めて家族旅行」「研修医で2週間」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月30日

    みの概念が無くなりました。でもきっと暇でしょう。24時間対応は管薬の仕事ですしね。【薬剤師】 ・熱中症の急患が多かった時、救急外来まで足りなくなった輸液を運びに薬局と救急外来とを何往復かしたこと。【薬剤師】
  • 熱中症リスクを気象データ連動で評価

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月29日

    ンスセンター、日本気象協会と共同で、熱中症リスク評価シミュレーション技術に気象予報データと経験から得られた数式を融合させたデータを組み込み、現実的な条件での熱中症リスク評価システムを開発したと発表した。
  • 医療と介護の連携のハブ、ケアマネジャー担う

    カテゴリー:医療維新 2016年7月5日

     医療の立場から、連携を考えるに当たって盛り込むべき視点を提示したのが、日本医師会副会長の今村聡氏。(1)在宅から熱中症などで救急搬送される高齢者の情報の共有、(2)認知機能は低下したものの、医療や介護のサービスは利用
  • 熱中症即日登録調査2016で協力依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月8日

     日本救急医学会の熱中症に関する委員会は7月1日、「熱中症即日登録調査2016」をスタートさせる。入院症例の変化などをできるだけ早く把握することで、関係機関への注意喚起を早期に行うことを目的に毎年実施
  • 趣味は畑仕事、予定はテニス優先◆Vol.27

    カテゴリー:医療維新 2016年4月27日

    ニスコートを借りてやっているうちに、病みつきになってしまいました。ヒューストンの夏はとても暑く、熱中症にならないように麦茶をたくさん作ってコートに行きました。  サウジアラビアに3カ月間行った時も、屋
  • 有賀徹・昭和大学教授、「医療は総力戦で戦え!」

    カテゴリー:医療維新 2016年2月17日

    4割増加したにもかかわらず、救急告示医療機関は約2割減少した。件数増の原因として、高齢の傷病者や熱中症患者の増加だけでなく、「緊急性が低いと思われる傷病者」や「不適正利用者の増加」が挙げられるという。
  • 泣きやまない2カ月男児、意外な原因【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年10月1日

    。頭のけが、胸の痛み、足先の傷、異物飲みこみ、授乳量、ゆさぶられっこ症候群、おむつ、熱い、寒い、熱中症、若木骨折。たくさん鑑別が挙がりましたね。 渡辺 Shaken Baby Syndrome(ゆさぶ
  • 人材不足解消が急務。学校薬剤師の現状と課題

    カテゴリー:医療維新 2015年9月28日

    び教室等の備品の管理、水泳プールの水質及び施設設備等) 健康相談及び保健指導に従事する(感染症、熱中症等) 学校において使用する医薬品、毒物、劇物並びに保健管理に必要な用具及び材料の管理に関し必要な指
  • 「クリニックに火をつけてやる」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年5月24日

    なくても分かるるだろ。具体的に誠意をみせろ」 <その他> ・別の医師の診ている患者さんが不幸にも熱中症になり亡くなられた時、管理医師である私の監督不行き届きが原因であると電話等で毎日のように暴言を吐かれ脅、迫めいた言葉も含まれていた。
  • 熱中症診療ガイドライン2015を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年4月15日

     日本救急医学会は4月13日、熱中症診療ガイドライン2015を公開した。Clinical Question(CQ)形式となっており、疫学、診断、治療、予後――の4分野に分けて、11問の質問を設定。熱中症の疫学や発生条
  • 高齢者の入院、猛暑で統計的増加

    カテゴリー:海外ジャーナル 2015年1月8日

    分析で検証。マッチさせた非猛暑期間に比べ猛暑期間で水分/電解質異常、腎不全、尿路感染症、敗血症、熱中症による入院リスクが統計的有意に増加した(相対リスク1.18、1.14、1.10、1.06、2.54)。
  • 熱中症搬送の全国データ、提供開始

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年12月16日

     総務省消防庁はこのほど、熱中症による救急搬送の人員数調査で得られたデータの提供を開始し、日本救急医学会などに周知している。同庁では、2008年から熱中症で救急搬送された人員の月別データを取りまとめており、熱中症の予防啓
  • 熱中症、ランナーに深刻な脅威 【米国心臓病学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年8月14日

     米国心臓病学会は7月28日、長距離ランナーにとって、熱中症は心イベントよりも死亡リスクが10倍高いというイスラエルの研究結果を紹介した。Journal of the American College
  • 車の電子キー、乳幼児にリスク

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年12月17日

    電子キーの誤作動や車内からの操作を介した意図しないロックにより、乳幼児が車内から出られなくなり、熱中症などの危険にさらされた事例だ。委員会は「同様の事故は2カ月の間に全国で470件発生したという報告が
  • 緊急被曝医療の3つのポイント

    カテゴリー:医療維新 2013年3月15日

    付着した患者や、傷口に放射性物質が付着した患者など放射線被曝に関連した患者のほか、ノロウイルスや熱中症にかかった作業員など、想像以上に多様で、その数も多い。「治療で自らも被曝するのではないか」「除染が
  • 内部被曝リスク「低いと言える」、東大・坪倉氏

    カテゴリー:医療維新 2013年3月13日

    る悪影響の方が問題である可能性を話す。南相馬市内で活動する医師の中には、仮設住宅の入居者に対し、熱中症や脳卒中対策、うつ病防止などの活動をしているケースもある。   内部・外部被曝データを突合した自治体ゼロ
  • 高齢者のめまいは、まず運動!◆Vol.3【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月25日

    診療部長) ◆足白癬「まず抗真菌薬」はNG:常深祐一郎氏(東京女子医科大学病院皮膚科 講師) ◆熱中症、脱水に「飲む点滴」:谷口英喜氏(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授) ◆抗菌薬の「
  • めまいが主訴でない「めまい患者」◆Vol.2【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月24日

    診療部長) ◆足白癬「まず抗真菌薬」はNG:常深祐一郎氏(東京女子医科大学病院皮膚科 講師) ◆熱中症、脱水に「飲む点滴」:谷口英喜氏(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授) ◆抗菌薬の「
  • 「ならば精神科」、めまいの呪縛◆Vol.1【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年1月22日

    診療部長) ◆足白癬「まず抗真菌薬」はNG:常深祐一郎氏(東京女子医科大学病院皮膚科 講師) ◆熱中症、脱水に「飲む点滴」:谷口英喜氏(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授) ◆抗菌薬の「
  • 1
  • 2