m3.com トップ>記事検索結果

「特定看護師」の検索結果

  • 「看護基礎教育、4年制化は不可欠」福井・日看協会長

    カテゴリー:医療維新 6月28日

    を医療機関の中で抱えるのではなく、地域で共有した上で人材活用できる仕組みが必要だと思う。在宅で特定看護師が活躍する時代は必ず来ると思う」と指摘。10万人規模が目安とされていたが、「(現状の500人超は
  • 看護師の特定行為、「医師と看護師の連携」に課題

    カテゴリー:医療維新 2016年12月10日

    の充実、役割を明確にして協働体制を強化することが求められる。【看護師】  ・特定看護師と言う身分を作ってしまうと、特定看護師でないとできない業務となり、結局のところ、あまり医師の負担軽減にはならないと
  • 「医師の独占の時代終わった」「お医者さんごっこ」◆Vol.6-1

    カテゴリー:医療維新 2015年10月4日

    ・看護師ができる業務は多くあり、禁止する必要はない。できる施設がやれば良い。 ・他国、特にアメリカでは特定看護師が活躍している。それによって、看護師の自覚とプライドが向上すると思う。 <その他> ・世の中の主
  • 薬剤師の技量を増大させるエネルギー源とは

    カテゴリー:医療維新 2015年9月14日

    うすべきかを考えます。   現況打開に必須のエネルギー源  近年、一般医薬品のネット販売解禁や特定看護師の登場で薬剤師の存在価値が問われている。 おそらく薬剤師の技術発展なくして、今後薬剤師が国民の期待に応えていくことは難しくなるだろう。
  • 医学部、新設するなら第二の自治医大◆Vol.25

    カテゴリー:医療維新 2015年8月25日

    た千葉県成田市と国際医療福祉大学が新設を検討)方はちょっと問題ですね。  その関連で言えば、「特定看護師」も以前検討されていましたが、看護師さんができることはやってもらえばいい。ナースプラクティショナ
  • 特定行為研修はゴールにあらず - 洪愛子・日本看護協会常任理事に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年5月4日

     今年10月から始まる「特定行為に係る看護師の研修制度」。厚生労働省は「2桁万人」、10万人以上の育成を目指している(『“特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで』を参照)。看護師については、チーム医療においても、重要な
  • 「10万人以上養成、看護師への期待の表れ」

    カテゴリー:医療維新 2015年3月27日

    に向けて2桁万人の養成を想定」とする資料を提示し、改めて10万人以上を目指す考えを示した(『“特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで』を参照)。  同省は、説明会の中で、特定行為が38行為2
  • JNP、日本の医療の欠点を補う - 東京医療センター松本・菊野両氏に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年1月8日

    にどんな役割を期待しているのでしょうか。 松本 私が講演などを依頼された時に言っているのは、「特定看護師や診療看護師が、病棟の師長になれば、日本の医療の今の欠陥を補うことができる」ということ。これは矢
  • ノバ社やSTAP研究不正抑えた今年の1番のニュース◆Vol.5-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月24日

    広島大医学部試120人、全員不合格、大学反省求める(2月) 薬剤師国試、合格率60%と低迷、13%の大学も(4月) “特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで(9月)   50 元東大森口氏の不正、研究費の返還求める、経産省(1月)
  • 41の特定行為削除せず、21区分で実施へ

    カテゴリー:医療維新 2014年10月3日

    学会から「削除」求める意見も  第1回の会議から再燃した特定行為の議論が、再び盛り上がった(『“特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで』を参照)。2013年10月のチーム医療推進会議において示
  • “特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで

    カテゴリー:医療維新 2014年9月11日

    2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」が9月10日に始まり、部会長に国立病院機構理事長の桐野高明...
  • メスを置いたその後、それは未定 - 天野篤・順天堂大学心臓血管外科教授に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年3月19日

    なった。だからそれは仕方がない」という論理にするでしょう。役人は自分の身を守り、勝負はしない。特定看護師の問題もそうでしょう。何のために制度化するのか、患者のためなのか、といった点が、いつの間にかどこかに行ってしまう。
  • 「医師になりたいわけではない」-草間朋子・日本NP協議会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2013年12月27日

    りたい「どういう手術をするのか」「予後はどうなのか」という情報について、診療にも踏み込んでいる特定看護師が患者にとって分かりやすい言葉で納得がいくまで説明する方が、患者の満足度や納得感は高いと思います。
  • NPへの道、まだあり得る-草間朋子・日本NP協議会会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2013年12月16日

    界で長年に渡って議論されてきた看護師の役割拡大は、大きな一歩を踏み出すことになる。  当初は「特定看護師」として新たな資格創設も検討されたが、難易度の高い診療の補助行為「特定行為」の研修制度の制度化に
  • 看護師の“底上げ”が目的 - 有賀徹・昭和大学病院長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2013年11月13日

    ――改めてお聞きします。現在は現場で個別に対応している部分を、制度化する意義はどこにあるとお考えですか。厚労省は当初は「特定看護師」という形での資格化も想定していました。全体の底上げという意味で必要だったのでしょうか。  「今
  • 次期医療法改正、主要事項がほぼ決定

    カテゴリー:医療維新 2013年11月9日

     日医副会長の今村聡氏は、「患者にとっては、自分が受けているのが、特定行為であるのか否か、また実施しているのが特定看護師なのか、一般の看護師なのか、包括的な指示を受けているのか、具体的指示なのかが分からない」と述べ、
  • 自民は「実質無回答」、全医連アンケート

    カテゴリー:医療維新 2013年7月17日

    よる財源で、医療介護の拡充を謳う。 ・医師の労務環境改善に言及しているが、医療機関の集約化や、特定看護師等へのタスクシフトを否定する点は、矛盾している。 ・医療事故調に関して、ADRの利用、医師法21
  • 「特定看護師は必須」外科学会

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年7月11日

    回の完全な休日取得制度がある。日本でこれを実現するためには、ナースプラクティショナー(NP)や特定看護師といった、周術期管理や手術助手などを任せられる「医師と看護師の中間職種」を創設、養成することが必
  • 看護師の「特定行為」、現場の混乱懸念する声も◆Vol.54

    カテゴリー:医療維新 2013年7月11日

    を懸念する意見のほか、麻酔関連など今回の特定行為に含まれなかった項目に対して説明を求める声や「特定看護師」の資格創設ではなく特定行為の研修制度創設に変更した理由、新制度の開始時期や申請条件などの具体的な事務手続きに関する質問などがあった。
  • 資産運用は「堅実さ」が8割強◆Vol.24

    カテゴリー:医療維新 2013年6月17日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「1日3時間増えても、仕事」は1割弱◆Vol.23

    カテゴリー:医療維新 2013年6月14日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 貯金十分、65歳でも「辞めない」が6割強◆Vol.22

    カテゴリー:医療維新 2013年6月13日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 自分が医師でなかったら、「医師を伴侶」は2割強◆Vol.21

    カテゴリー:医療維新 2013年6月12日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「女性医師は働く上で不利」が7割弱◆Vol.20

    カテゴリー:医療維新 2013年6月11日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「変えられないなら、ずっと勤務医」が6割弱◆Vol.19

    カテゴリー:医療維新 2013年6月10日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 薬剤師の知識「役立つ」6割超◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2013年6月7日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「免許取得時の理想に接近」は4割弱◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2013年6月6日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「皆保険が崩壊したら海外へ」は3%◆Vol.16

    カテゴリー:医療維新 2013年6月5日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「U35」世代の仕事姿勢、「違わない」が8割弱◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2013年6月4日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認◆Vol.14

    カテゴリー:医療維新 2013年6月3日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「学会より趣味」が6割弱◆Vol.13

    カテゴリー:医療維新 2013年5月31日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「准看より特定看護師」が6割弱◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 2013年5月30日

    特定看護師と准看護師。増えてほしいのは?  医師「究極の選択」として、「どちらかと言えば増えてほしいのは、特定看護師と准看護師どちら」との質問を、m3.com医師会員に聞いた(調査概要は、『混合診療に否定的、9割弱に上る◆Vol
  • 「育児中の当直免除に異議」が2割弱◆Vol11

    カテゴリー:医療維新 2013年5月29日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2013年5月28日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「初期研修は市中病院」が6割超◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2013年5月27日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 大学を聞かれて、「入局大学」回答も1割◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2013年5月24日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 積極さより確実な看護師支持、7割弱◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2013年5月23日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「女性医師で良かった」が女性の6割弱◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2013年5月22日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「27歳医師が辞めたい」 、7割弱が容認◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2013年5月21日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 専門医の第三者機関、「高久氏と金澤氏が音頭を」

    カテゴリー:医療維新 2013年5月20日

    『開業医レベルの高さ、それが日本の根幹 - 小森貴・日本医師会常任理事に聞く』を参照)。  「特定看護師、研修医1年目を上回る」  伊藤氏は、国立病院機構東京医療センターでも、入院患者の多くが80歳を
  • 「出身大学の病院に入院しない」が6割◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2013年5月20日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • MRの接待「現状が妥当」が半数超◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2013年5月14日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 50%が「医師レベルに疑問」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2013年5月13日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 混合診療に否定的、9割弱に上る◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2013年5月10日

    10◆出身大学病院の勤務、約9割が「条件次第」 Vol.11◆「育児中の当直免除に異議」が2割弱 Vol.12◆「准看より特定看護師」が6割弱 Vol.13◆「学会より趣味」が6割弱 Vol.14◆「稼ぎたいだけで医師」、6割超が容認
  • 「薬剤師外来」の導入を求める声も◆Vol.9-1

    カテゴリー:医療維新 2013年5月2日

    ・専門看護師(例えば、関節リウマチ、自己血輸血等)。 ・看護師の業務は拡大すべきでなく、パラメディカルを増強すべき。 ・特定看護師を目指すくらい仕事をしてほしい。 ・看護師の看護以外の業務が多すぎるためクラークの導入は必要。 【看護師関連(回答者:看護師)】
  • 業務拡大で「医療水準が低下する」◆Vol.9-2

    カテゴリー:医療維新 2013年5月2日

    ・根本的な治療との住み分けが曖昧。 ・医師の指示が全て正しいとは限らないので、その判断がどこまでできるか。 ・特定看護師の業務範囲、研修等がどのように具体的になるのか心配。 ・チーム医療と言葉では簡単ですが医師は必ず
  • 医師と看護師の“中間職種”の創設を

    カテゴリー:医療維新 2013年4月20日

    assistant)などに代表される医師と看護師の“中間職種”の創設を求める意見が相次いだ。  「特定看護師・中間職種創設によるチーム医療推進」というタイトルで発表したのは、防衛医科大学心臓血管外科教授で
  • 外科医の時間外150時間超、いまだ過労死水準

    カテゴリー:医療維新 2013年4月11日

    0%)、(3)担当患者数を減らす、もしくは外科医を増やす(46.9%)――などを期待する回答が多かった(複数回答)。「特定看護師やナースプラクティショナーなど、医師と看護師の中間職種を創設」を望む外科医は36.7%。  調査
  • 看護師の業務拡大、研修制度を創設へ◆Vol.50

    カテゴリー:医療維新 2013年4月1日

    いまだ意見分裂』を参照)、約3年間続いた看護師の業務拡大に向けた議論は、反対派の意見に配慮、「特定看護師」(仮称)という資格の創設には至らなかったものの、研修制度の創設という形で推進する決着となった。
  • 最先端の医療モデル示せる可能性あり-真野俊樹・多摩大学統合リスクマネジメント研究所教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2013年1月22日

    医療をより良く、充実させるための制度として、かかりつけ医の議論が急速に進むと思います。併せて、特定看護師の話も、もう少し前面に出てくると思います。  産業化の側面では、もっとダイナミックな話があり得ま