m3.com トップ>記事検索結果

「特定行為」の検索結果

  • 日本外科学会、「大学病院で特定行為のパッケージ研修を」

    カテゴリー:医療維新 3月19日

     日本外科学会は、2020年度から開始する特定行為研修制度の「パッケージ研修」に取り組むなどしてタスク・シフティングを進め、外科医の時間外労働の削減を進める方針を明らかにした。3月19日の外科系学会社
  • 医療の“司令塔”は国ではなく都道府県 - 武内和久・福岡県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 3月17日

    題です。   さらに、看護師や薬剤師、介護スタッフなどの役割もとても大事です。看護師については、特定行為の研修機会を拡大したい。薬剤師についても、オンライン服薬指導への取り組みのほか、地域包括ケアの中
  • 産婦人科医の不安、疑問続出「5年でゼロにできるのか」

    カテゴリー:医療維新 1月28日

    議論することを考えている」(堀岡氏)。  「特定行為研修制度のパッケージ化」、1万人の養成目指す  労働時間の短縮方法は種々あるが、堀岡氏は、特に「特定行為研修制度のパッケージ化」と医学部の地域枠の卒
  • 「大学病院こそ危機意識を持ち、10年後に960時間を目指す」と宣言を - 渋谷健司・東大教授に聞く

    カテゴリー:医療維新 1月15日

    の意見もありますが、救急外来においてはそれを否定する研究結果が出ています(「救急外来診療における特定行為看護師(修士)の貢献を測定する研究」 国際医療福祉大学病院の白石佳奈、志賀隆ら)。  いまだに大
  • 「連続勤務は28時間まで」「勤務は9時間のインターバル」

    カテゴリー:医療維新 2018年12月17日

    関する検討会」の進捗状況を報告したほか、看護師の特定行為研修制度に、研修の質を確保しつつ、効率的に研修ができるよう、2019年度から頻度が高い特定行為をパッケージ化して研修できるようにすることも提案。
  • 看護師とのコミュニケーション、工夫は?◆Vol.11

    カテゴリー:医療維新 2018年12月15日

    Vol.2◆医師にはメリット、看護師にはデメリットか Vol.3◆看護師の特定行為」、活用まだ約1割 Vol.4◆看護師特定行為、拡大なら「経口・経鼻挿管と抜管」 Vol.5◆NP創設、外科系で期待高く
  • 看護師から医師へのセクハラ、2割強が経験◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2018年12月8日

    Vol.2◆医師にはメリット、看護師にはデメリットか Vol.3◆看護師の特定行為」、活用まだ約1割 Vol.4◆看護師特定行為、拡大なら「経口・経鼻挿管と抜管」 Vol.5◆NP創設、外科系で期待高く
  • 看護師と飲みに行く?おごる?◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2018年12月2日

    Vol.2◆医師にはメリット、看護師にはデメリットか Vol.3◆看護師の特定行為」、活用まだ約1割 Vol.4◆看護師特定行為、拡大なら「経口・経鼻挿管と抜管」 Vol.5◆NP創設、外科系で期待高く
  • 看護師から何を学ぶ?「医師以上」も◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2018年11月30日

    Vol.2◆医師にはメリット、看護師にはデメリットか Vol.3◆看護師の特定行為」、活用まだ約1割 Vol.4◆看護師特定行為、拡大なら「経口・経鼻挿管と抜管」 Vol.5◆NP創設、外科系で期待高く
  • 医師が看護師に求める役割とは?◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2018年11月24日

    Vol.2◆医師にはメリット、看護師にはデメリットか Vol.3◆看護師の特定行為」、活用まだ約1割 Vol.4◆看護師特定行為、拡大なら「経口・経鼻挿管と抜管」 Vol.5◆NP創設、外科系で期待高く
  • PAも外科系で期待◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2018年11月17日

    Vol.2◆医師にはメリット、看護師にはデメリットか Vol.3◆看護師の特定行為」、活用まだ約1割 Vol.4◆看護師特定行為、拡大なら「経口・経鼻挿管と抜管」 Vol.5◆NP創設、外科系で期待高く
  • NP創設、外科系で期待高く◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2018年11月10日

    ベルでは知らない医師も多い。指示を出す、受けるという関係は、どうしても上下関係になりやすいため、特定行為について看護師は必須にするという方が良い。【33歳女性、看護師、その他】 知識・技術共に十分に習
  • 看護師特定行為、拡大なら「経口・経鼻挿管と抜管」-医師・看護師調査◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2018年11月4日

    「経口・経鼻挿管の実施」など、検討されたものの制度開始時の導入は見送られた項目もあり、今後の検討課題とされています。特定行為として追加するべきと思われるものを、お選びください。【複数選択可】  医師、看護師ともに最も多か
  • 「看護師の特定行為」、活用まだ約1割◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2018年10月27日

    Q: 医師作成の手順書のもとで一定の診療の補助を行う「特定行為に係る看護師」の研修制度が2015年10月に施行されましたが、勤務先でこの制度の活用は行われているでしょうか?  医師全体で「活用している」が13
  • タスク・シフティング、緒に就いたばかり-医師・看護師調査◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2018年10月14日

    ィング」だ。その中でも、医師の包括的な指示のもと、一部の医行為を行える看護師を養成する「看護師の特定行為研修制度」(ポータルサイトを参照)が2015年10月にスタートするなど、看護師にはチーム医療で多
  • 厚労省「働き方検討会」、年内の議論がカギ◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2018年9月17日

    に担保しようという話です。 日本医師会副会長の今村聡氏 ――「制度的に担保」とは、例えば看護師の特定行為のように、どんな医療行為まで認めるか、という議論になるのでしょうか。  今村 医師会は以前から、
  • 外科医業務を補助する新制度創設を要望

    カテゴリー:医療維新 2018年8月31日

    取組」においては、書類作成や静脈注射等の業務を原則、医師以外の職種が分担して実施することに加え、特定行為研修を修了した看護師の有効活用が掲げられており、その活用も期待されるところですが、外科医の業務の
  • 医療従事者の働き方改革に21億円、厚労省概算要求

    カテゴリー:医療維新 2018年8月29日

    の患者モニタリングを行うTele-ICU体制整備に対する支援を行う。 ・特定行為に係る看護師の研修制度の推進【5.8億円】(4.1億円)  「特定行為に係る看護師の研修制度」(2015年10月1日施行)の円滑な実
  • DNAR事案の救急要請で起きること【JSEM2018】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年7月5日

     また、「あえてポジティブに考えれば、心肺停止の超高齢者が救命救急センターに搬送されることで、救急隊が蘇生処置(特定行為)を行えたり、病院到着後研修医や実習生が蘇生処置を実践できたりする。施設は少ない人員やリソースで
  • 「柔整師の超音波検査に懸念」松原日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2018年6月25日

     相原氏の代表質問では、看護師の特定行為に超音波検査が加えられる可能性と、日医の対応も質問。松原氏は、「主として臨床検査技師が行っており、チーム医療の推進の観点からも、看護師の特定行為に含めることは適当ではな
  • 医師の意識が変われば進む、「地域包括ケア」は“時代”の要請

    カテゴリー:医療維新 2018年6月8日

    ST事業で中核を担う人材育成にもつながるためです。また、公的医療グループとしては初めて、看護師の特定行為研修機関の指定を受け、昨年から研修を始めました。現在は80数人が受講中です。  好事例の横展開に
  • 「独自の医師労働法制」を要望、四病協

    カテゴリー:医療維新 2018年4月18日

    医師の働き方改革にはタスクシフティングが欠かせないことから、医師法、医療法の見直しを含め、医師事務作業補助者のさらなる活用、特定行為研修を修了した看護師の養成はもとより、救急救命士等、他の医療従事者の業務拡大、 PA(physician
  • 「他ができる仕事をなぜ医師が」、外国で指摘も

    カテゴリー:医療維新 2018年4月10日

    が、2013年3月には「特定行為に係る看護師の研修制度」として、日本医師会や日本看護系大学協議会の反対を受けて「骨抜きになった」と説明した。  今後については、現行の「特定行為に係る看護師の研修制度」
  • 看護師の特定行為研修、「急性期より在宅医療」

    カテゴリー:医療維新 2018年3月28日

    定例記者会見で、2016、2017年度の日医「医療関係者検討委員会」の報告書を公表した。看護師の特定行為研修については、急性期の病院での実施が想定される行為よりも、「在宅医療を支えるために必要な行為の
  • カニューレ緊急時再挿入で厚労省回答

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月27日

    ただし書の規定により、違反にはならないとの見解を示している。  質問状では、2014年10月の「特定行為に係る看護師の研修制度」施行以降、看護師による診療の補助が制限されたことで、重症心身障害児(者)
  • 医学部新設を実現、その狙いと道のり- 国際医療福祉大学◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2018年1月24日

    複雑化、多様化に伴い、ようやく2008年頃から厚労省もチーム医療を重要視するようになり、看護師の特定行為の在り方を検討するようになりました。看護師の国家試験の受験資格に大学が明記されたのは、2014年の保助看法改正時です。
  • 年明けに中間整理、厚労省「医師の働き方検討会」

    カテゴリー:医療維新 2017年12月25日

    ばいいが、医行為をどうするかだ」と述べ、訪問看護ステーション愛美園所長の中島由美子氏は「看護師の特定行為の周知、理解に不足がある。どんな医行為でニースがあるか見極めが必要だ」と指摘。社会医療法人ペガサ
  • 「複数名での訪問看護、算定回数制限を」

    カテゴリー:医療維新 2017年11月16日

    携についてどう考えるか。 在宅において、介護職員等による必要な特定行為の実施を推進し、利用者のニーズに対応した在宅医療に向けて、特定行為を実施する介護職員等との連携の評価についてどう考えるか。 今村氏
  • 三保連シンポ、「働き方改革には財源」

    カテゴリー:医療維新 2017年10月31日

    、現役世代の勤務時間が長くなり、外科医を目指す人が減るという悪循環に陥っているとも指摘。看護師の特定行為を拡充するなど、外科医の負担を減らすために「今までとは違う方向性でやっていかなければ、外科が立ちゆかなくなる」と警鐘を鳴らした。
  • 「医師の働き方改革は喫緊の課題」、2018年度改定の基本方針

    カテゴリー:医療維新 2017年9月15日

    、医療従事者の負担軽減、患者にとって効率的な医療を行うと言う観点からも、チーム医療の推進が重要。特定行為研修を修了した看護師も活用する方向で検討してもらいたい。 ・連合総合政策局長の平川則男氏:過重労
  • 「医師の働き方改革」、2018年度改定の基本方針に

    カテゴリー:医療維新 2017年9月6日

    と働き方改革の推進、(2)(1)を実現するためのチーム医療の推進(タスクシェア、タスクシフト)、特定行為の研修を修了した看護師の活用、(3)強化型の訪問看護ステーションの増加、(4)外来医療の機能分化
  • 医療者の勤務改善に8.7億円、厚労省概算要求

    カテゴリー:医療維新 2017年8月31日

    点から研修プログラムをチェックするために必要な経費等を補助する。 ・特定行為に係る看護師の研修制度の推進 (4.3億円) 「特定行為に係る看護師の研修制度」(2015年10月1日施行)が円滑に実施され
  • 医師偏在対策「キャリア形成プログラム」、医療計画に位置付け

    カテゴリー:医療維新 2017年6月30日

    ・「地域の実情を踏まえ、看護師が特定行為研修を地域で受講できるよう、指定研修機関および実習を行う協力施設の確保等の研修対壊死の整備に向けた計画」を明記し、都道府県における特定行為研修を修了した看護師の確保に向けた取り組みを推進。
  • 「看護基礎教育、4年制化は不可欠」福井・日看協会長

    カテゴリー:医療維新 2017年6月28日

    けた新設阻止および看護師養成所への転換促進」「志願者を減少させるための活動」を展開していく。  特定行為研修を受けた看護師が伸び悩んでいる現状については、「学習環境が整っていないのが実態。特定研修が終
  • 看護師特定行為研修は低調、「しっかり対策を」

    カテゴリー:医療維新 2017年6月26日

     厚生労働省の医道審議会保健師助産師看護師分科会の第13回看護師特定行為・研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が6月26日に開かれ、2015年10月に施行された「特定行為に係る看護師の研修制度」についての現状や課題が報告された。
  • 「参照価格制、骨太の方針2017から削除」、日医が評価

    カテゴリー:医療維新 2017年6月10日

    会をはじめとする自民党内の良識ある判断等によって最終的に削除」と評価。  素案では「看護師の行う特定行為の範囲の拡大などタスクシフティング、タスクシェアリングを推進する」とされていたが、「十分な議論を
  • 「医学部定員増、精査を」、骨太2017素案

    カテゴリー:医療維新 2017年6月3日

    給の見通しを踏まえて精査を行う。 ・医師等の負担を軽減しつつ医療の質を確保するため、看護師の行う特定行為の範囲の拡大などタスクシフティング、タスクシェアリングを推進するとともに、複数医師によるグループ
  • 最終的な責任、医師?それとも業務実施者?

    カテゴリー:医療維新 2017年4月24日

    での医療では医師が全てに関与していましたが、今後はできるものは他職種に移譲してもよいと考えます。特定行為研修もどんどん進めるべきと考えます。【勤務医】 ・死亡診断(看取り)を医師の指示のもとに看護職員
  • リフィル処方、薬剤師の62.2%が支持

    カテゴリー:医療維新 2017年4月24日

     看護師が行う「診療の補助」の範囲を広げるために、2015年10月からスタートした、特定行為の研修制度。厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」は、研修対象とな
  • 医学部定員増に歯止め、「偏在対策、成果を出すラスト・チャンス」

    カテゴリー:医療維新 2017年4月6日

     タスク・シフティングについては、「チーム医療」を発展させる形で有効活用すべきと指摘。まず2015年10月から創設された看護師の特定行為研修制度を充実させ、現時点で研修対象となっている医行為を拡大し、「診療看護師」(仮称)の養成を提
  • 在宅医療、二つの「重点分野」で推進

    カテゴリー:医療維新 2017年3月1日

    ていく。  全日本病院協会が実施している取り組みの中で、「非常に重要」として挙げたのは、「看護師特定行為の推進」。そのほか、エビデンスの蓄積については、既に多くの在宅医療に関する研究に取り組んでおり、
  • 「医師から看護師へ、業務移譲が必要」

    カテゴリー:医療維新 2017年2月28日

    を指摘した。  熊谷氏は、(1)タスクシフティングの推進(Nurse Practitioner、特定行為研修修了者の積極的養成と活用)、(2)タスクシェアリングの推進(看護師、社会福祉士、介護福祉士の
  • 看護師の特定行為、「医師と看護師の連携」に課題

    カテゴリー:医療維新 2016年12月10日

     m3.com意識調査「特定行為に係る看護師増加で、医師の負担は?」において、看護師の「特定行為研修制度」については、医師・看護師ともに賛成が反対を上回る結果となった。  開業医は賛成45%に対し、反
  • 診療科・地域の制限なくして解決なし

    カテゴリー:医療維新 2016年11月2日

    Nurse Anesthetistなど)、日本で最も抵抗するのは、ほかならぬ医師だろう。看護師の特定行為に対してすら、医師会が反対している地域がまだある。【勤務医】 ・現状医師不足ではあるが、人口が減
  • 外科の待遇改善、「医師と施設の集約化必要」

    カテゴリー:医療維新 2016年5月3日

    り、「専門的業務が希釈されている」と指摘。米国のNP(ナースプラクティショナー)制度を紹介して、特定行為研修を経た看護師の業務拡大への期待を込めた。  学会に期待される処遇改善計画としては、「連続勤務
  • 新専門医制、中小病院の質低下へ◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2016年4月23日

    【反対】 ・「医師が行う医療の一部を、看護師などの医療職ができるようにする」という内容は、認定看護師や特定行為を念頭に置いた質問と思われるが、大学病院では現状でも看護師が行える注射などの医療行為が現実には行
  • 【宮城】「医療者用の支援物資を」「月に一度でも被災地考える日を」◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2016年3月22日

    患者・医師・看護師から頼られる頼もしい看護師を東北の隅々まで、との思いで教育に取り組んでいます。特定行為研修制度に多くの批判があるようですが、要は「どう生かすか」であって、広く知ってもらえればと考えて
  • 「医師不足ではなく、勤務医不足」「全職員の生活の質向上を」◆Vol.10-2

    カテゴリー:医療維新 2016年3月15日

    T(作業療法士)、ST(言語聴覚士)、ORT(視能訓練士)、臨床工学技士などを養成する大学です。特定行為研修機関となりました。長期的に人材不足を解消する努力を及ばずながら続けております。 ・東北地域は
  • 有賀徹・昭和大学教授、「医療は総力戦で戦え!」

    カテゴリー:医療維新 2016年2月17日

    認も、看護師なども担う時代が来るのではないか」と問題提起した。  2015年10月から、看護師の特定行為の研修制度がスタートした。「各職種が、相互乗り入れで仕事をやっていかなければいけない時代が来る」
  • 2017年4月、看護大学の新設目指す◆Vol.28

    カテゴリー:医療維新 2016年1月30日

     口腔ケアも含め、全身のことが分かる看護師を養成するのが一番の狙い。そしてやはり高齢社会においては、チーム医療が重要。(特定行為が認められたこともあり)看護師ができる「診療の補助」の範囲も広がり、特に在宅における柱になれる看