m3.com トップ>記事検索結果

「特定行為研修」の検索結果

  • 医療機関の広告事項に「医師の働き方改革」是非は?

    カテゴリー:医療維新 9月24日

    き方改革やチーム医療を推進していることと併記する場合に限り、看護師の特定行為について業務内容や特定行為研修を修了した看護師の氏名を記載できるという内容だ。  日本医師会常任理事の城守国斗氏は、「国や学
  • 「タスクシフトは外科医減少問題の有効な対応策」

    カテゴリー:医療維新 8月27日

     福島県立医科大学肝胆膵・移植外科の見城明氏は、2017年から同大学病院および医療センターで開始した特定行為研修の実績と課題を発表した。  同大実施の特定行為研修修了者は計67人、今年度受講生が31人いる。そのうち85%が他施設所属
  • 医師の働き方改革と医療安全、その工夫

    カテゴリー:医療維新 7月29日

    があるといいのでは」と話した。  さらに、医療と行政がタッグを組む重要性が挙げられた。看護師の特定行為研修普及のために、麻酔のパッケージなど一部を診療報酬で評価していく見込みであり、医師の時間外労働や
  • 「再検証で中小規模医療機関が救急撤退しないよう」

    カテゴリー:医療維新 1月24日

    」として評価。一方で、「タスク・シフト/シェアとの言葉が独り歩きしている。医師事務作業補助者や特定行為研修を修了した看護師に過度な期待が寄せられ、負担を招いている」とも指摘。少子高齢化、現役世代の減少
  • 救急医療機関の働き方改革を評価へ

    カテゴリー:医療維新 2019年12月18日

    事項その14として医療従事者の働き方を取り上げ、救急医療機関のさらなる評価と、麻酔管理の一部を特定行為研修修了の看護師が補助した場合に評価することを議論した。麻酔管理補助については両側から異論が出ず、
  • 診療報酬改定、「働き方」巡り対立埋まらず

    カテゴリー:医療維新 2019年11月21日

    ているのは看護職。これまで以上に看護職員の手厚い配置を評価してもらえるよう議論を進めてほしい。特定行為研修修了者も非常に高い成果を上げているので、ぜひ推進してほしい」と求めた。
  • 特定行為導入で医師から看護師への指示3分の1以下に

    カテゴリー:医療維新 2019年11月21日

    めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会」(座長:永井良三・自治医科大学学長)で、特定行為研修を修了した看護師を配置した結果、医師による指示の回数が3分の1以下に減ったとする研究内容を紹介
  • 厚労省、医療部会に2020年度改定の基本方針(骨子案)提示

    カテゴリー:医療維新 2019年11月18日

     同じく働き方改革の推進の具体的方向性として、「タスク・シェアリング/タスク・シフティングの推進」とある点について、「特定行為研修を修了した看護師」の評価について質問したのは、日本看護協会副会長の井伊久美子氏。森光課長は「積
  • 診療側、病棟薬剤師の報酬拡充求める

    カテゴリー:医療維新 2019年11月8日

    及び処遇の改善に資する計画」の選択肢として、医師の業務負担軽減につながる看護職員との業務分担、特定行為研修修了者の配置、院内助産等の開設等について追加することとしてはどうか。 看護職員の夜間における負
  • 医師以外への移管可能業務、年内に取りまとめへ

    カテゴリー:医療維新 2019年10月24日

    が能力を高めるための特定行為研修に絡めた意見が相次いだ(『看護師特定行為、救急領域のパッケージ研修を了承』を参照)。日本大学医学部附属板橋病院看護部長の木澤晃代氏は、「特定行為研修の修了者は1000人
  • 看護師特定行為、救急領域のパッケージ研修を了承

    カテゴリー:医療維新 2019年10月9日

     厚生労働省は10月9日、医道審議会保健師助産師看護師分科会の第23回看護師特定行為・研修部会(部会長:國土典宏・国立国際医療研究センター理事長)で、新たに救急領域のパッケージ研修を了承した。10月中
  • 医師の業務移管、四病協は5分野に言及

    カテゴリー:医療維新 2019年7月26日

    ・抗菌薬の治療コントロール処方の提案  看護師業務の拡大では、研修修了者を対象に医師の包括的指示で医行為の実施を認めている「特定行為研修制度」とは別に、病棟、在宅、介護施設などで侵襲性の低い医行為を実施できるモデルを作り、看護師が
  • 日本外科学会「外科医が手術に専念できる環境を」

    カテゴリー:医療維新 2019年7月18日

    、NCD調査によれば業務移管が十分に進んでいない。また、移管した際に質を確保する対策としては、特定行為研修等を受講し、手技の適応や内容について十分に理解することや、医療機関が当該行為を行う必要な条件を
  • 国立大学病院「増収減益」続く、2018年度決算

    カテゴリー:医療維新 2019年7月11日

    の確保のほか、働き方改革に向けた取り組みへの財政支援(医師の待遇改善に必要な財源確保、看護師の特定行為研修の実施機関への支援増額、タスクシフティングのための医師以外の増員に必要な経費の支援)などを求めていく方針。
  • NPの増加こそ医療界を救う秘策

    カテゴリー:医療維新 2019年6月28日

    手順書などを定めて包括的な指示を出しておける行為については研修を修了した看護師に実施を認める『特定行為研修制度』を国が進めておりますが、ここでは、日本NP学会が認定するNPについて述べます。私自身、国
  • 日医、「新職種の創設反対」を強調

    カテゴリー:医療維新 2019年6月18日

    ることや、現行法解釈でも実施可能な業務について、さらなる精査をするべきとの見解を説明。看護師の特定行為研修についても、「特定行為の拡大ではなく、研修のパッケージ化と修了者の増加を最優先するべきである」と述べた。
  • 周術期特定行為研修で意見募集

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年6月13日

     日本麻酔科学会はこのほど、同学会が作成を進めている「周術期特定行為研修」プログラムの検討にあたって、会員からのパブリックコメントを募集している。同プログラムでは、麻酔科医から看護師へのタスクシフティ
  • 2020年度改定「医師偏在是正」要望へ、「地域医療を守る病院協議会」

    カテゴリー:医療維新 2019年6月5日

    構(JCHO)がオブザーバーとなる。 「地域医療を守る病院協議会」の会議後に会見する幹部  「特定行為研修修了の看護師」、評価は時期尚早  押淵氏は、「改定に向けた要望の根幹にあるのは、地域における医
  • 「医師、7%以上の効率化を」、厚労省社会保障・働き方改革本部

    カテゴリー:医療維新 2019年5月29日

    の上限規制が2024年度から適用されることを踏まえ、「2023年度までに外科等の領域で活躍する特定行為研修を修了した看護師を1万人育成等」など、数値目標を明記。  組織マネジメント改革では、「現場の効
  • 医療を変えるため、国会議員になるべきか-神野正博・社会医療法人財団董仙会理事長◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2019年5月26日

    報酬に絡み、健康局ではがん拠点病院の指定など。それから、中央医療対策協議会の委員なども。看護師特定行為研修部会委員もやっているので、多いときは週2回くらいは東京と七尾を往復しています。 中山:すごい数
  • 各科教授にはマネジメント改革を要請 - 山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.4

    カテゴリー:医療維新 2019年5月13日

    費も増えるでしょう。  それからタスクシフティングを行うための看護師の養成経費。とりあえず、(特定行為研修制度のパッケージ化のための2019年度予算は)各病院500万円ですが、やはり思い切った資本投下
  • 働き方改革、カギは医師自身の意識改革 - 山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.3

    カテゴリー:医療維新 2019年5月7日

    になると思います。 ――特定行為研修制度のパッケージ化ですね(『「連続勤務は28時間まで」「勤務は9時間のインターバル」』を参照)。  そうです。千葉大病院にはまだ特定行為研修を受けた看護師はいません
  • 「医師で研究者」の働き方早急な議論を、国立大学病院長会議

    カテゴリー:医療維新 2019年4月25日

    べきである。 働き方改革の実施に伴う時間外勤務手当増、タスクシフティングの推進のための看護師の特定行為研修の実施に係る経費および医師以外の職員の増員に係る経費等について、財政支援を行うべきである。  
  • 「黒船来襲」働き方改革は待ったなし

    カテゴリー:医療維新 2019年4月23日

    ことなどが挙げられた。 提供:大塚耕司氏  福島県立医科大学肝胆膵・移植外科学講座教授で看護師特定行為研修センターを担当している見城明氏は、修了者にタスク・シフティングをしていく上での課題として医療機
  • 日本外科学会・馬場氏「外科医の業務総量減らす必要」

    カテゴリー:医療維新 2019年4月22日

    る「看護師の特定行為研修」についての説明会が行われた。同学会外科医労働環境改善委員長で熊本大学大学院教授の馬場秀夫氏が外科医の労働環境の現状について講演し、厚生労働省の担当者は特定行為研修を行うための手続きを説明した。
  • 「外科医こそ率先して働き方改革を」、迫井厚労省審議官

    カテゴリー:医療維新 2019年4月22日

    付いた評価になると思う」と見通した。タスク・シフティングの推進に向け、2020年度から開始する特定行為研修制度の「パッケージ研修」が始まる。迫井氏は、大学病院での取り組みを期待した(『日本外科学会、「
  • 日本外科学会、「大学病院で特定行為のパッケージ研修を」

    カテゴリー:医療維新 2019年3月19日

     日本外科学会は、2020年度から開始する特定行為研修制度の「パッケージ研修」に取り組むなどしてタスク・シフティングを進め、外科医の時間外労働の削減を進める方針を明らかにした。3月19日の外科系学会社
  • 産婦人科医の不安、疑問続出「5年でゼロにできるのか」

    カテゴリー:医療維新 2019年1月28日

    論することを考えている」(堀岡氏)。  「特定行為研修制度のパッケージ化」、1万人の養成目指す  労働時間の短縮方法は種々あるが、堀岡氏は、特に「特定行為研修制度のパッケージ化」と医学部の地域枠の卒業
  • 「連続勤務は28時間まで」「勤務は9時間のインターバル」

    カテゴリー:医療維新 2018年12月17日

    保険会社が医療機関に求める診断書等の簡素化等に関する検討会」の進捗状況を報告したほか、看護師の特定行為研修制度に、研修の質を確保しつつ、効率的に研修ができるよう、2019年度から頻度が高い特定行為をパ
  • タスク・シフティング、緒に就いたばかり-医師・看護師調査◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2018年10月14日

    ング」だ。その中でも、医師の包括的な指示のもと、一部の医行為を行える看護師を養成する「看護師の特定行為研修制度」(ポータルサイトを参照)が2015年10月にスタートするなど、看護師にはチーム医療で多く
  • 外科医業務を補助する新制度創設を要望

    カテゴリー:医療維新 2018年8月31日

    組」においては、書類作成や静脈注射等の業務を原則、医師以外の職種が分担して実施することに加え、特定行為研修を修了した看護師の有効活用が掲げられており、その活用も期待されるところですが、外科医の業務のう
  • 医師の意識が変われば進む、「地域包括ケア」は“時代”の要請

    カテゴリー:医療維新 2018年6月8日

    T事業で中核を担う人材育成にもつながるためです。また、公的医療グループとしては初めて、看護師の特定行為研修機関の指定を受け、昨年から研修を始めました。現在は80数人が受講中です。  好事例の横展開につ
  • 「独自の医師労働法制」を要望、四病協

    カテゴリー:医療維新 2018年4月18日

    医師の働き方改革にはタスクシフティングが欠かせないことから、医師法、医療法の見直しを含め、医師事務作業補助者のさらなる活用、特定行為研修を修了した看護師の養成はもとより、救急救命士等、他の医療従事者の業務拡大、 PA(physician
  • 看護師の特定行為研修、「急性期より在宅医療」

    カテゴリー:医療維新 2018年3月28日

    例記者会見で、2016、2017年度の日医「医療関係者検討委員会」の報告書を公表した。看護師の特定行為研修については、急性期の病院での実施が想定される行為よりも、「在宅医療を支えるために必要な行為の研
  • 「医師の働き方改革は喫緊の課題」、2018年度改定の基本方針

    カテゴリー:医療維新 2017年9月15日

    医療従事者の負担軽減、患者にとって効率的な医療を行うと言う観点からも、チーム医療の推進が重要。特定行為研修を修了した看護師も活用する方向で検討してもらいたい。 ・連合総合政策局長の平川則男氏:過重労働
  • 医師偏在対策「キャリア形成プログラム」、医療計画に位置付け

    カテゴリー:医療維新 2017年6月30日

    ・「地域の実情を踏まえ、看護師が特定行為研修を地域で受講できるよう、指定研修機関および実習を行う協力施設の確保等の研修対壊死の整備に向けた計画」を明記し、都道府県における特定行為研修を修了した看護師の確保に向けた取り組みを推進。
  • 「看護基礎教育、4年制化は不可欠」福井・日看協会長

    カテゴリー:医療維新 2017年6月28日

    た新設阻止および看護師養成所への転換促進」「志願者を減少させるための活動」を展開していく。  特定行為研修を受けた看護師が伸び悩んでいる現状については、「学習環境が整っていないのが実態。特定研修が終わ
  • 看護師特定行為研修は低調、「しっかり対策を」

    カテゴリー:医療維新 2017年6月26日

     厚生労働省の医道審議会保健師助産師看護師分科会の第13回看護師特定行為・研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が6月26日に開かれ、2015年10月に施行された「特定行為に係る看護師の研修制度」についての現状や課題が報告された。
  • 最終的な責任、医師?それとも業務実施者?

    カテゴリー:医療維新 2017年4月24日

    の医療では医師が全てに関与していましたが、今後はできるものは他職種に移譲してもよいと考えます。特定行為研修もどんどん進めるべきと考えます。【勤務医】 ・死亡診断(看取り)を医師の指示のもとに看護職員が
  • リフィル処方、薬剤師の62.2%が支持

    カテゴリー:医療維新 2017年4月24日

    業務の移管)の是非―医師の働き方改革(3) Q1.「診療看護師(仮称)」の養成について(今の「特定行為研修」の対象となる医行為の対象を拡充、医師の指示の下、胸腔穿刺など侵襲的な行為も可能な看護師) Q
  • 医学部定員増に歯止め、「偏在対策、成果を出すラスト・チャンス」

    カテゴリー:医療維新 2017年4月6日

     タスク・シフティングについては、「チーム医療」を発展させる形で有効活用すべきと指摘。まず2015年10月から創設された看護師の特定行為研修制度を充実させ、現時点で研修対象となっている医行為を拡大し、「診療看護師」(仮称)の養成を提案
  • 「医師から看護師へ、業務移譲が必要」

    カテゴリー:医療維新 2017年2月28日

    指摘した。  熊谷氏は、(1)タスクシフティングの推進(Nurse Practitioner、特定行為研修修了者の積極的養成と活用)、(2)タスクシェアリングの推進(看護師、社会福祉士、介護福祉士の基
  • 看護師の特定行為、「医師と看護師の連携」に課題

    カテゴリー:医療維新 2016年12月10日

     m3.com意識調査「特定行為に係る看護師増加で、医師の負担は?」において、看護師の「特定行為研修制度」については、医師・看護師ともに賛成が反対を上回る結果となった。  開業医は賛成45%に対し、反
  • 外科の待遇改善、「医師と施設の集約化必要」

    カテゴリー:医療維新 2016年5月3日

    、「専門的業務が希釈されている」と指摘。米国のNP(ナースプラクティショナー)制度を紹介して、特定行為研修を経た看護師の業務拡大への期待を込めた。  学会に期待される処遇改善計画としては、「連続勤務時
  • 【宮城】「医療者用の支援物資を」「月に一度でも被災地考える日を」◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2016年3月22日

    者・医師・看護師から頼られる頼もしい看護師を東北の隅々まで、との思いで教育に取り組んでいます。特定行為研修制度に多くの批判があるようですが、要は「どう生かすか」であって、広く知ってもらえればと考えてい
  • 「医師不足ではなく、勤務医不足」「全職員の生活の質向上を」◆Vol.10-2

    カテゴリー:医療維新 2016年3月15日

    (作業療法士)、ST(言語聴覚士)、ORT(視能訓練士)、臨床工学技士などを養成する大学です。特定行為研修機関となりました。長期的に人材不足を解消する努力を及ばずながら続けております。 ・東北地域は、
  • 責任あいまいで診療の補助進まず◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2015年9月23日

    ように、看護師の知識や判断力を教育・強化していく予定。 ・特定行為研修を組む。それに準じた内容。 ・特定行為研修を実施するため 特定行為研修の7項目。 ・特定行為の研修を受ける予定があるので、研修修了した看護師は、当然増えてくる。
  • 「動脈穿刺採血」も看護師業務◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年9月11日

      2015年10月から始まる看護師の特定行為研修では、研修を修了した看護師が、医師の書いた手順書に基づいて、これまでできなかった38の「診療の補助」業務を実施できるようになる。  看護師の「診療の補
  • 「医療の世界は異常」、政治色前面に訴え、日看協

    カテゴリー:医療維新 2015年9月2日

    協議会に専門医委員を送ったことや入院基本料の看護配置基準の創設、新人研修の努力義務化、看護師の特定行為研修制度などを列挙し、勤務環境関連の政策について、「法律にならなければ診療報酬の評価を得るなどして
  • 看護師特定行為14施設で研修実施へ、厚労省部会

    カテゴリー:医療維新 2015年8月5日

     10月から始まる看護師の特定行為研修に向けて、厚生労働省は7月末に医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)を開き、研修施設の指定申請14件を
  • 1
  • 2