m3.com トップ>記事検索結果

「特定行為研修」の検索結果

  • 「医師の働き方改革は喫緊の課題」、2018年度改定の基本方針

    カテゴリー:医療維新 9月15日

    医療従事者の負担軽減、患者にとって効率的な医療を行うと言う観点からも、チーム医療の推進が重要。特定行為研修を修了した看護師も活用する方向で検討してもらいたい。 ・連合総合政策局長の平川則男氏:過重労働
  • 医師偏在対策「キャリア形成プログラム」、医療計画に位置付け

    カテゴリー:医療維新 6月30日

    ・「地域の実情を踏まえ、看護師が特定行為研修を地域で受講できるよう、指定研修機関および実習を行う協力施設の確保等の研修対壊死の整備に向けた計画」を明記し、都道府県における特定行為研修を修了した看護師の確保に向けた取り組みを推進。
  • 「看護基礎教育、4年制化は不可欠」福井・日看協会長

    カテゴリー:医療維新 6月28日

    た新設阻止および看護師養成所への転換促進」「志願者を減少させるための活動」を展開していく。  特定行為研修を受けた看護師が伸び悩んでいる現状については、「学習環境が整っていないのが実態。特定研修が終わ
  • 看護師特定行為研修は低調、「しっかり対策を」

    カテゴリー:医療維新 6月26日

     厚生労働省の医道審議会保健師助産師看護師分科会の第13回看護師特定行為・研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が6月26日に開かれ、2015年10月に施行された「特定行為に係る看護師の研修制度」についての現状や課題が報告された。
  • 最終的な責任、医師?それとも業務実施者?

    カテゴリー:医療維新 4月24日

    の医療では医師が全てに関与していましたが、今後はできるものは他職種に移譲してもよいと考えます。特定行為研修もどんどん進めるべきと考えます。【勤務医】 ・死亡診断(看取り)を医師の指示のもとに看護職員が
  • リフィル処方、薬剤師の62.2%が支持

    カテゴリー:医療維新 4月24日

    業務の移管)の是非―医師の働き方改革(3) Q1.「診療看護師(仮称)」の養成について(今の「特定行為研修」の対象となる医行為の対象を拡充、医師の指示の下、胸腔穿刺など侵襲的な行為も可能な看護師) Q
  • 医学部定員増に歯止め、「偏在対策、成果を出すラスト・チャンス」

    カテゴリー:医療維新 4月6日

     タスク・シフティングについては、「チーム医療」を発展させる形で有効活用すべきと指摘。まず2015年10月から創設された看護師の特定行為研修制度を充実させ、現時点で研修対象となっている医行為を拡大し、「診療看護師」(仮称)の養成を提案
  • 「医師から看護師へ、業務移譲が必要」

    カテゴリー:医療維新 2月28日

    指摘した。  熊谷氏は、(1)タスクシフティングの推進(Nurse Practitioner、特定行為研修修了者の積極的養成と活用)、(2)タスクシェアリングの推進(看護師、社会福祉士、介護福祉士の基
  • 看護師の特定行為、「医師と看護師の連携」に課題

    カテゴリー:医療維新 2016年12月10日

     m3.com意識調査「特定行為に係る看護師増加で、医師の負担は?」において、看護師の「特定行為研修制度」については、医師・看護師ともに賛成が反対を上回る結果となった。  開業医は賛成45%に対し、反
  • 外科の待遇改善、「医師と施設の集約化必要」

    カテゴリー:医療維新 2016年5月3日

    、「専門的業務が希釈されている」と指摘。米国のNP(ナースプラクティショナー)制度を紹介して、特定行為研修を経た看護師の業務拡大への期待を込めた。  学会に期待される処遇改善計画としては、「連続勤務時
  • 【宮城】「医療者用の支援物資を」「月に一度でも被災地考える日を」◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2016年3月22日

    者・医師・看護師から頼られる頼もしい看護師を東北の隅々まで、との思いで教育に取り組んでいます。特定行為研修制度に多くの批判があるようですが、要は「どう生かすか」であって、広く知ってもらえればと考えてい
  • 「医師不足ではなく、勤務医不足」「全職員の生活の質向上を」◆Vol.10-2

    カテゴリー:医療維新 2016年3月15日

    (作業療法士)、ST(言語聴覚士)、ORT(視能訓練士)、臨床工学技士などを養成する大学です。特定行為研修機関となりました。長期的に人材不足を解消する努力を及ばずながら続けております。 ・東北地域は、
  • 責任あいまいで診療の補助進まず◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2015年9月23日

    ように、看護師の知識や判断力を教育・強化していく予定。 ・特定行為研修を組む。それに準じた内容。 ・特定行為研修を実施するため 特定行為研修の7項目。 ・特定行為の研修を受ける予定があるので、研修修了した看護師は、当然増えてくる。
  • 「動脈穿刺採血」も看護師業務◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年9月11日

      2015年10月から始まる看護師の特定行為研修では、研修を修了した看護師が、医師の書いた手順書に基づいて、これまでできなかった38の「診療の補助」業務を実施できるようになる。  看護師の「診療の補
  • 「医療の世界は異常」、政治色前面に訴え、日看協

    カテゴリー:医療維新 2015年9月2日

    協議会に専門医委員を送ったことや入院基本料の看護配置基準の創設、新人研修の努力義務化、看護師の特定行為研修制度などを列挙し、勤務環境関連の政策について、「法律にならなければ診療報酬の評価を得るなどして
  • 看護師特定行為14施設で研修実施へ、厚労省部会

    カテゴリー:医療維新 2015年8月5日

     10月から始まる看護師の特定行為研修に向けて、厚生労働省は7月末に医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)を開き、研修施設の指定申請14件を
  • 特定行為研修、2、3カ月も可能か - 洪愛子・日本看護協会常任理事に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年5月18日

     この点は、厚労省の通知では噛み砕いた記載がありませでした。日本看護協会としては、、「特定行為の実施にあたっては、特定行為研修を必ず受講すべき」と考えていますが、そこまで制度化されませんでした。1%に満たなくても、実施し
  • 10万人育成は難しい、特定行為制度‐洪愛子・日本看護協会常任理事に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年5月11日

    。 日本看護協会常任理事の洪愛子氏は、看護師の特定行為研修制度について、実施の可否の判断ができるようになる点を、メリットとして指摘した。 ――特定行為研修制度を全体として、どう評価していますか。  こ
  • 特定行為研修はゴールにあらず - 洪愛子・日本看護協会常任理事に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年5月4日

    ーズがあるように感じています ――現時点で、就業している看護職員数は150万人程度とされます。特定行為研修以前の問題として、看護師の数は足りているという認識でしょうか。  不足していると思いますが、2
  • 「10万人以上養成、看護師への期待の表れ」

    カテゴリー:医療維新 2015年3月27日

     10月から看護師の特定行為研修制度が始まるのを受けて、厚生労働省は3月下旬に、研修機関としての届け出を検討している大学や医療機関向けの制度などに関する説明会を2回開いた(省令などは、同省のホームペー
  • 特定行為、医師の責任大きい - 釜萢敏・日本医師会常任理事に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年3月26日

     今回の特定行為の研修を修了した看護師が現場で実績を積んで、制度の定着を見ていくことが必要です。特定行為研修の結果、行為の危険性が認識されれば、現場でのより安全な対応が可能になります。また、今回の38行
  • 患者1人に手順書1通、看護師の特定行為

    カテゴリー:医療維新 2015年3月17日

    労省医政局看護課)の手順書を定めることが盛り込まれている。さらに、研修を実施する医療機関に、「特定行為研修管理委員会」を設置することを求めているほか、研修の免除についても言及している。今年度内に、より
  • JNP、日本の医療の欠点を補う - 東京医療センター松本・菊野両氏に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年1月8日

     2015年10月から、看護師の「特定行為」研修制度がスタートする。今年注目される医療界の動きの一つだ。それに先んじて、いち早く看護師の役割の拡大に取り組んできたのが、国立病院機構東京医療センター(東
  • 山中氏、横倉氏抑えた医療界の顔は?◆Vol.4-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月19日

    (厚生労働副大臣) 足立信也氏 (元厚生労働大臣政務官、民主党参院議員、医師) 桐野高明氏 (医道審議会看護師特定行為・研修部会長、国立病院機構理事長)   36   里見進氏 (東北大学総長) 高柳元明氏 (東北薬科大学理事長)
  • 「看護師の気管挿管」を除外、特定行為を決定

    カテゴリー:医療維新 2014年12月18日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」(部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第6回が12月18日に開かれた(資料は、厚労省のホームページに掲載)。
  • 日医が強硬に反対、看護師の気管挿管

    カテゴリー:医療維新 2014年11月28日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」 (部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第5回が11月26日に開かれた(資料は、厚労省
  • 看護師の特定行為巡り、平行線の議論、厚労省検討部会

    カテゴリー:医療維新 2014年11月20日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」(部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第4回が11月20日に開かれた。前回に見直すこと
  • 「削除」意見のある特定行為、再検討開始

    カテゴリー:医療維新 2014年10月24日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」(部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第3回が10月23日に開かれた。前回の会議で、2
  • 41の特定行為削除せず、21区分で実施へ

    カテゴリー:医療維新 2014年10月3日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」(部会長:桐野高明国立病院機構理事長)の第2回が10月2日に開かれた。改めて日本医師会の
  • “特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで

    カテゴリー:医療維新 2014年9月11日

     2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」が9月10日に始まり、部会長に国立病院機構理事長の桐野高明氏を選んだ(資料は、厚労省のホームページ)。