m3.com トップ>記事検索結果

「生体肝移植」の検索結果

  • 【私の医歴書BN】水田祥代 氏  (福岡学園・福岡歯科大学理事長)

    カテゴリー:医療維新 8月22日

    1.16) 女性の教授、「全うしなければ」と覚悟◆Vol.14 (2016.1.17) 九大の生体肝移植、1例目を手掛ける◆Vol.15 (2016.1.18) 研究成果、「個人のものにあらず」◆Vol
  • 肝臓再生の新メカニズムを解明

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月19日

    。  現在、肝硬変などの致死的肝疾患患者には肝臓移植が行われているが、脳死移植ではドナー不足、生体肝移植では健康なヒトの体にメスを入れるといったさまざまな問題がある。肝臓移植に代わるものとして、細胞移
  • 群大の被害者弁護団「執刀医への刑事告訴を検討」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月31日

     一方で、さらに検討を要する点として(1)日本外科学会が調査した死亡50例のうち事故調が対象とした18例以外、(2)2005年の生体肝移植問題に遡った検討がされていない、(3)「執刀医」の問題が薄れている、(4)改善策に優先順位がない――という点を挙げた。
  • 「5%成功の可能性があるなら、手術を」◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2016年2月17日

     そこで取り入れたのが、アメフト方式。生体肝移植を1990年代初頭に始めた京都大学から学んだ。当時の外科教授は、小澤和恵先生、その下の山岡義生先生や田中紘一先生が取り組んでいた。生体肝移植はドナーの手術とレシピエン
  • 「Visiting Professor」で国際化◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2016年1月20日

    会いに来てくれた子どももいる。そんな子どもたちから、結婚式に呼ばれたら、医者冥利に尽きる。  生体肝移植を受けたお子さんの結婚式に呼ばれた時、あいさつを頼まれたので、「どこまでお話していいんだろう」と
  • 研究成果、「個人のものにあらず」◆Vol.16

    カテゴリー:医療維新 2016年1月19日

    ――生体肝移植を担当していた、肝・胆道グループのほか、他のグループも、それぞれに実績を上げた。  私が専門としていた輸液・代謝・新生児グループのほか、悪性腫瘍グループ、小腸・Hirschprung病グ
  • 九大の生体肝移植、1例目を手掛ける◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2016年1月18日

    ――「小児外科の全ての領域のリーダー」を目指し、当時、成人で始まったばかりの肝移植にも着手した。  日本で生体肝移植が初めて成功したのは、1989年。島根大学で、九大第二外科出身の永末直文先生が担当した。その後、
  • 1位はあの大学の問題、2015年の10大ニュース◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2015年12月27日

    2016年度診療報酬改定に向けた議論(通年) 66 (11位) 86 (6位) 9 神戸国際フロンティアメディカルセンターの生体肝移植問題(通年) 77 (7位) 74 (10位) 10 2017年度の専門医制度改革に向けた議論(通年)
  • 2015年の医療界のキーパーソンは?◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年12月24日

     今年の新顔としては、4位に2015年のノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智氏がランクインした。また、勤務医の9位には、生体肝移植で死亡例が続いた神戸国際フロンティアメディカルセンター理事長の田中紘一氏が選ばれた(11位以降は>こちら)。
  • 「当事者の責任追及」を正面から否定◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2015年12月24日

    になっています。手術をすれば、一定の確率で患者さんは死亡する。もっと典型的なのは、関西で起きた生体肝移植の問題で、第一人者が、国内だけでなく、海外の患者さんなどにも移植を行っていたところ、死亡例が続い
  • 生体肝移植時のHEV感染で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月27日

     厚生労働省はこのほど、生体肝移植時の輸血が原因で2人がE型肝炎ウイルス(HEV)に感染し、このうち1人が慢性肝炎を発症したことが国内で初めて確認されたとして、日本移植学会など関連団体に注意喚起を発し
  • 神戸・生体肝移植、「標準体制から逸脱せず」

    カテゴリー:医療維新 2015年9月24日

    戸市中央区)は9月24日、生体肝移植で術後短期間での死亡が相次いだ問題で記者会見を開き、第三者による体制評価委員会の検証結果を受け、「4つの条件」を満たした上で、生体肝移植を今後も継続する方針を表明した。
  • 臓器移植、「数より質で勝負」◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2015年9月18日

    りがたいですね。それ以降は、高度先進医療で実施できるようになりました。 1995年、慶應大での生体肝移植第1例目の子供と(提供:北島氏) ――臓器移植については当時、京都大学や信州大学が先駆的に実施していた。
  • 麻疹様皮疹と関節痛、最終診断は?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月3日

    す。他に起こしうる症状としては多様なのですが、心筋炎や劇症肝炎などがあり、ある55歳の女性では生体肝移植を必要とするまでいってしまった事もあったそうです。ただ、こういった症状や紅斑が出ている時期には、すでに感染力はありません。
  • 生体肝移植で緊急注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年5月26日

     日本移植学会と日本肝移植研究会は5月22日、生体肝移植を実施する医療機関に向けて緊急注意喚起を発した。日本の一部施設で行われた肝胆膵領域の高難度外科手術症例の生存率が低いと報道される中、同学会などはその症例に生体肝移植も含まれている
  • 死亡全8症例「過失あり」、群大最終報告

    カテゴリー:医療維新 2015年3月4日

    外科人員が分散されていたことも問題視された。報告書では2006年に発覚した群大病院第1外科での生体肝移植に関する問題と関連し、「同じ構造的問題に原因が考えられる。ナンバー制外科診療体制を撤廃し、統合的
  • ICTによる“医領解放”、着実に進展

    カテゴリー:医療維新 2014年1月27日

    術前に、実際の患者の模型を使い、腹腔鏡手術のトレーニングを行うなど、活用事例を紹介。最近では、生体肝移植を受ける子供の腹部の模型を作成、父親の肝臓を的確な大きさに切除する際に活用されたという。  さま
  • 肝移植の実態受け、学会注意

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年10月26日

    日本移植学会倫理指針に基づいた適正な生体肝移植遂行のお願い」という声明文を連名で発表した。  2011年に起きた生体臓器売買事件を受け、日本肝移植研究会が生体肝移植の実態を調べるアンケートを実施。その
  • 移植臓器の保存液にセレウス菌

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年4月20日

     学会は、保存液に関して移植臓器ごとの対応法をまとめた。生体腎移植の場合はユーロコリンズ液、生体肝移植ではクストディオール、膵臓ではビアスパンを推奨している。また、それぞれの保存液を使用する場合の保存や調整、灌流方法を説明している。
  • 外科医の環境、目標定め一つずつ改善 - 日本外科学会理事長・里見進氏に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2011年2月4日

    ととしては、1991年のことですが、「これで臨床でもできる」と思うまでブタなどで実験を重ねて、生体肝移植に成功した時です。 あえて言えば、則天去私。 NCDの普及 (日本の医療界全体の取り組みとしての)専門医制度の確立
  • 問題続いた東京医大、改革に向け「再生委員会」発足

    カテゴリー:医療維新 2010年9月9日

    自治医科大学学長で、計7人のメンバーから成る(文末参照)。  同大では、八王子医療センターでの生体肝移植問題(同センターのホームページを参照)、茨城医療センターの診療報酬の不正請求問題のほか、2006
  • 「不祥事多発は、内部対立、講座制が原因」、東京医大

    カテゴリー:医療維新 2010年7月14日

    る。  「相次いだ問題」として調査したのは5つ。(1)2007年の同大学八王子医療センターでの生体肝移植問題、(2 )2006年から2年間、理事会と教授会の対立によって学長が選出されず、学長が不在だっ