m3.com トップ>記事検索結果

「産業医」の検索結果

  • 就労中がん患者の主治医・産業医連携を評価

    カテゴリー:医療維新 12月15日

    に関して主治医が産業医に診療情報を提供し、産業医から仕事との両立の観点で助言を受けて治療計画の見直しなどを行った場合に、診療報酬上の評価を行うことを提案、了承された。  主治医が産業医に意見書を書くの
  • 現状のまま上限規制では「有名無実に」

    カテゴリー:医療維新 10月23日

    ・シフティングの方向へ進むべきだ」と指摘。また、自己研鑽の重要性を強調した若手医師の意見に対し、産業医の立場から「必要性や生きがいということは分かるが、事実として勤務時間が多く、過労死をする人が出てい
  • 労働組合加入の勤務医は約10%

    カテゴリー:医療維新 9月24日

    師だけは除外されている…。なぜでしょうね?【勤務医】 医師も参加できれば良いですが。【勤務医】 産業医および企業立病院の勤務医として働いています。組合はありますが、医師は管理職扱いになっており、組合に入ることはできません。【勤務医】
  • 開業医「年収3000万超え」2割以上

    カテゴリー:医療維新 9月8日

    ないが生活には困らない。充実した生活を送っている。(60代男性) ・社会保険審査12万円前後、 産業医11万円、医師会出務費4万5000円(60代男性) 【勤務医】 ・アルバイト先は定期非常勤が月2回
  • 「医師の過重労働規制、焦眉の課題」

    カテゴリー:医療維新 9月4日

    医師の健康管理を厳格に行うこと。  適正な労働時間管理の下で月80時間を超える時間外労働を行った医師に関しては、必ず産業医の面接を行うことが求められる。  医師の過労死には、脳・心臓疾患による突然死も少なくないが、最近の
  • 医療者の勤務改善に8.7億円、厚労省概算要求

    カテゴリー:医療維新 8月31日

    り、都道府県医療勤務環境改善支援センターがより効率的・効果的な支援を行う」としている。その他、「産業医・産業保健機能の強化」(45億円)、「治療と仕事の両立支援」(21億円)が入っている。  2018
  • 卒業生のネットワークが強み-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月29日

    の間は外に出たいという希望も多いです。  後期研修は産業医を専門とする「専門産業医コースⅠ」(3年間)と臨床医学分野の専門医取得を目指す「専門産業医コースⅡ」(4年間)があります。後期研修で戻ってくる
  • 独自カリキュラムで卒業生は「永久ライセンス」-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 8月22日

    など医療面への期待は高まる一方だ。2018年で大学創設40年となる産業医科大学はこれまでに多くの産業医を輩出、日本の産業医学をリードしてきた。上田陽一副学長(第1生理学教授)に産業医科大の歴史や産業医
  • 勤務医の約2割、「頻繁に転職考える」

    カテゴリー:医療維新 8月10日

    ・田舎での診療では実力を認めてもらえないため、都会に出たいと思った。(勤務医、40代男性) ・専門と違う産業医の資格を取ったことで、その分野での就職先を探したため。(勤務医、40代女性) ・1回目は2~3年お
  • キャリア教育や就労継続支援、充実の傾向◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 8月9日

    増やすために、助教制度を復活させ、学位不要とした。 【産業医科大・東敏昭学長】政策目的大学として産業医として就労の継続、キャリアの持続に必要なサポートを行っている。また就学資金の返済猶予などの対応を行っている。
  • 医師の時間外労働の上限規制、年明けにも中間整理

    カテゴリー:医療維新 8月2日

    容を見ると、目の前に患者がいれば診なければいけない現状がある。コメディカルに業務負担を移したり、産業医が業務の内容を仕分けたりしているが、それでも患者は来る。地域で基幹病院にしても大学病院にしても、そ
  • 医師の働き方改革、アイデアさまざま◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 7月26日

    院合同の安全衛生委員会において検討をしている。部局に対しては対策案の提出を依頼し、本人に対しては産業医との面接勧奨などを行っている。またワークライフバランス支援室の活動も重視している。 【東京医科歯科
  • 地域連携、接点は「MSW」と「ケアマネ」◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 7月19日

     その他では「会社の上司や学校の担任や民生委員や場合により警察関係者等々」「管理栄養士、訪問理美容」「産業医」「家庭裁判所」などが挙がった。 【調査の概要】 ・調査期間:2017年5月8日-2017年5月11日
  • 労基署に「踏み絵」を踏ませる覚悟 - 邉見公雄・全自病会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 7月3日

    らいでも、同じでしょう。(2015年12月から労働者に対して義務化された)ストレスチェック制度で産業医の仕事が増え、自動車の運転免許証更新の際の認知症高齢者の診断も医師の仕事になる。高齢者が増えれば、
  • 「何でもかんでも精神科」の傾向

    カテゴリー:臨床ニュース 6月20日

    回答欄に記入してくださった方からは、「何でもかんでも精神科医に押し付けられてくる」という懸念や「産業医部門が軽視されている」とする意見が寄せられました。ここでは、産業保健における精神科専門医との連携の
  • 精神科専門医との連携に意見百出

    カテゴリー:臨床ニュース 6月19日

     m3.com意識調査「職場のメンタル不調、専門医紹介は?」で、m3com医師会員(599人)に、産業医は連携する精神科専門医を持つべきと思うか尋ねたところ、全体の59.9%が「持つべき」と回答しました
  • 精神科医「自殺願望以外は職場対応で」

    カテゴリー:臨床ニュース 6月15日

     m3.com意識調査「職場のメンタル不調、専門医紹介は?」で、m3com医師会員(599人)に産業医が労働者を精神科専門医に紹介する場合、どのような状況で決断すべきと考えるか尋ねたところ、全体の回答
  • 海外で6カ月研究、サークル……◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 6月13日

    する予定はなく、ずっと勤務医で行こうかと思っています。また以前は会社員だったので、産業医にも興味あり、できれば産業医の資格を取ってみたい。現場を分かっているので。 司会:医学生時代、イギリスに行かれたので、留学は考えていないのですか。
  • 「自殺ほのめかす」が専門医紹介の決め手

    カテゴリー:臨床ニュース 6月13日

    com医師会員(599人)に、産業医が労働者の精神科専門医紹介を決断する要因について質問したところ、全体の31.9%が「自殺をほのめかす言動がある」と回答し、最多だった。また、産業医が連携する精神科専門医を持つべきかどうか尋ねると、59
  • 労働者の「変調」早期察知へすべきこと【時流◆産業保健(メンタルヘルス)】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月8日

    面接指導の留意点 ――2015年12月に、ストレスチェック制度が義務化されました。  メンタルヘルス不調者が産業医や精神科医などを頼る時には、既に病状が悪化しているケースが少なくありません。そうした状況に陥る前に
  • 医師のストレス対処法、精神科医の意見

    カテゴリー:臨床ニュース 6月6日

    こと寝ることに困らなければケセラセラ。何とかなる! で頑張らんば! ですかね【消化器科勤務医】 産業医の介入では不十分でなかなか訴えにくい【消化器科勤務医】 医師は「患者のために不眠不休は当たり前」と
  • 医師のメンタルヘルスを守れるか【時流◆産業保健(メンタルヘルス)】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月1日

    医師のメンタルヘルスについて語る小山氏  労働者のメンタルヘルスを守るために産業医の重要性は増しているが、過重労働などが原因でメンタルヘルスに不調を来す医師もいる。職業分類別自殺者の統計で、「医療・保
  • 職場でのストレス要因「仕事ができない部下、話が通じない上司や同僚」

    カテゴリー:医療維新 5月28日

    ・部下が私に反抗して、私の机の置物を毀損し、本をちらかし、また本やカバンをゴミ箱に捨てられた。産業医と病院に相談するも、何も対処なく1年ストレスを抱え、犯人同定(最初は誰か分からず)し、席替えをしてもらうことで落ち着いた。【勤務医】
  • 「働き方改革」で増す産業医の重要性【時流◆産業保健(メンタルヘルス)】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月25日

    産業医の重要性を指摘する小山氏  ストレスチェック制度義務化や新入社員の過労自殺事件に端を発した政府の「働き方改革」など、近年は産業保健を取り巻く環境が大きく変わってきている。職場環境の整備など労働者
  • 産業保健のうつ病予防、私の工夫

    カテゴリー:臨床ニュース 5月23日

    になった愛である」(カリール・ジブラン)【脳・神経科勤務医】 疲れが取れないようであれば、直ちに産業医に相談するようにしている【脳・神経科勤務医】 施設管理者が労働基準を一律に決定するのではなく、人そ
  • 労働者うつ病予防で不眠を重視する訳

    カテゴリー:臨床ニュース 5月22日

    過重により不眠、疲労などの症状を呈するようになりやすいから【精神科開業医】 最も大きな原因になる【精神科開業医】 産業医の経験から過重労働の訴えで受診して、うつ病またはうつ状態と診断される症例が多いので【内科勤務医】
  • 「女性医師というだけで差別をする男性医師」「ガラスの天井」◆Vol.14-2

    カテゴリー:医療維新 5月12日

    ために婚活もできませんでした。時間と体力に余裕がなく、人間らしい生活ができませんでした。 ・私は産業医をしており、事業場に一人しかいないので、休んでも代わりがいません。病児保育サービスもいざ利用しよう
  • 「ゲートキーパー機能必要」「制度化は反対」

    カテゴリー:医療維新 4月23日

    場合は、年○単位以上の講習会を義務付けるなど)。【勤務医】 ・現在プライマリ・ケア医でなくとも、産業医資格と同じ程度の講習と試験を受け、専門医資格習得者とすればプライマリ・ケアを担う専門医の範囲が広がると思う。【勤務医】
  • 「医師は労働者か、抜本的議論を」横倉会長

    カテゴリー:医療維新 3月30日

    要であることも併せて検討されるだろう。  計画の中では、治療と仕事の両立に向けて、主治医、会社、産業医、支援コーディネーターのサポート体制を構築するとあるが、ここではかかりつけ医の役割が非常に重要にな
  • 「罰則付き規制で、応招義務果たせぬ懸念」働き方改革大臣

    カテゴリー:医療維新 3月29日

    が、生きがいを感じながら働ける社会を目指す。具体的には、治療と仕事の両立に向けて、主治医、会社・産業医と、患者に寄り添う両立支援コーディネーターのトライアングル型のサポート体制を構築する。とりわけ、両
  • 自殺総合対策大綱改正に向け提言公開

    カテゴリー:臨床ニュース 1月30日

    4)学校と精神科医の連携の拡充を始め、児童・生徒・学生の精神医療の質、量の充実を図る施策が必要である。 5)産業医と精神科医の連携の拡充を始め、産業医学分野における精神医療の質、量の充実を図る施策が必要である。
  • 「バイト先から好評」「多剤併用の実態調査が始まる」◆Vol.5-1

    カテゴリー:医療維新 1月13日

    長をはじめ回りのスタッフが勤務体制をシフトしてくれるなど、できる限りの対応をしてくれたこと。 ・産業医としてストレスチェックの整備に携わったこと。 ・矯正医療における向精神薬の多剤併用の実態調査が始まった。
  • 「20年後に脱局」「研修中に出産」◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 1月4日

    き来して専門医を取る、8~年目:市中病院の専門外来、もしくは公務員(少年院や保健所、県の職員)、産業医など?【大学病院・女性】 ・9年間は地域枠の意向で田舎で勤務し、義務年限が開けて専門医を取得できて
  • プレゼン成功の早道は「後から調整」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月2日

    ます(了)。 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • 聞いてもらえるプレゼンの極意【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

    >クリックして拡大 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • 「r<0.2の有意な相関」をどう伝える【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月22日

    率を調べた。 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • プレゼンで最も避けたい準備の仇【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月21日

    す(続く)。 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • 文献レビュー、効率よくまとめるコツ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月18日

    I値とした。 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • プレゼン直前、押さえるべき「3の法則」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月16日

    1664101416 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • 「大学医局に期待」「地域枠を活用」

    カテゴリー:医療維新 2016年11月7日

    治体ごとに必要な医師数を養成する。【勤務医】 ・医学部の定員数を増やし、医師数を増やす。研究医・産業医・健診医・行政官・教育者まで充足して、初めて偏在対策ができる。【開業医】 ・医師の養成、進路決定な
  • 癌患者の情報は「事例性」で伝えよう【JSCO 2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月28日

    題としては(1)主治医や就労コーディネーターの「疾病性」から「事例性」への翻訳能力の改善、(2)産業医の有効活用が進んでいない、(3)体力低下(Cancer-related Fatigue: CrF)
  • 癌罹患労働者「退職率3%」の意味【JSCO2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月26日

    る。  同指針では労働者、事業者への癌に関する正しい知識の普及や相談窓口の明確化の他に、主治医や産業医が果たすべき役割も示されている。 癌サバイバーの復職には、時短勤務が必要  とは言え、労働者本人は
  • 「長時間・深夜労働、パワハラ」の典型、電通社員過労死

    カテゴリー:医療維新 2016年10月25日

    働の過重性についての分析、(4)2015年12月からスタートした、メンタルヘルスチェックにおける産業医の負担増――といった、医療機関における現状や課題を挙げ、厚労省と医療機関が対応する必要性を強調した。
  • 「65歳でメスを置く」「医師不足なので辞められず」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月20日

    ・リタイアするより、自分の時間として長期の休暇も取りながら、誰かの役に立て続けられれば良いと思います。 ・栄養、褥瘡、在宅治療、産業医、検診など、何か生かせて社会貢献でき、収入もあれば幸せです。高齢になって訴訟リスクは避けたいですが。
  • 「上が決め、下の世代が割を食う」「中途半端な期間長くなるだけ」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年8月20日

    たく、現行制度は臨床医にしか目が向いておらず、また専門医でないとどうなるのかも分からず、初めから産業医の研修をすると臨床医としてはキャリア形成することができなくなってしまうのか不安。 ・社会医学系専門医の動向が気になります。
  • 夏休み「数年間なし」「医局を辞めて家族旅行」「研修医で2週間」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月30日

    み、かなりの散財でしたが、若かったんですね~どうにかなるさーと遊んできました。【開業医】 ・専属産業医になってから長い夏休みを取ることになり暇すぎる。【勤務医】 ・休みなのに早起きしてご飯作り出す自分、4日休むと
  • 「キャリアパス創造センター」「150通りの臨床実習」◆Vol.9-2

    カテゴリー:医療維新 2016年7月19日

    等の地域医療を支える学生の支援強化などです。(島根大学医学部長 山口修平氏) 人間性豊かな医師(産業医)(産業医科大学学長 東敏昭氏) 医学教育認証評価の受審準備。(鹿児島大学医学部長 佐野輝氏)
  • 将来の日本の医療「格差拡大」「予防医療の充実」◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2016年7月3日

    すが、恐らく現実は真逆でしょう。恐らくこの国の医療は崩壊しているでしょう。その時には臨床をやめて産業医になっています。 ・Vol.16には期待を込めて「良くなっている」と答えました。いろいろな技術が発
  • 半数が「地域の病院の臨床医」を目指す◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2016年6月11日

    2013年の調査とほぼ変わらない結果になった。  「その他」では「高所得のフリーランス」「産業医」「統括産業医」「サブスペシャルティのアドバイザー」「大規模グループ傘下の雇われ院長」「研究を生かしなが
  • JMAT、1チームで1000~1500人カバー

    カテゴリー:医療維新 2016年4月21日

    員を対象に、産業医や学校医等の活動(職務)に起因して発生した不測の事故について、弁護士費用などの訴訟費用を含めた補償を行う。ストレスチェック制度の実施責任主体は事業者だが、従業員が産業医を直接訴える場