m3.com トップ>記事検索結果

「産業医」の検索結果

  • 「バイト先から好評」「多剤併用の実態調査が始まる」◆Vol.5-1

    カテゴリー:医療維新 1月13日

    長をはじめ回りのスタッフが勤務体制をシフトしてくれるなど、できる限りの対応をしてくれたこと。 ・産業医としてストレスチェックの整備に携わったこと。 ・矯正医療における向精神薬の多剤併用の実態調査が始まった。
  • 「20年後に脱局」「研修中に出産」◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 1月4日

    き来して専門医を取る、8~年目:市中病院の専門外来、もしくは公務員(少年院や保健所、県の職員)、産業医など?【大学病院・女性】 ・9年間は地域枠の意向で田舎で勤務し、義務年限が開けて専門医を取得できて
  • プレゼン成功の早道は「後から調整」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月2日

    ます(了)。 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • 聞いてもらえるプレゼンの極意【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

    >クリックして拡大 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • 「r<0.2の有意な相関」をどう伝える【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月22日

    率を調べた。 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • プレゼンで最も避けたい準備の仇【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月21日

    す(続く)。 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • 文献レビュー、効率よくまとめるコツ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月18日

    I値とした。 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • プレゼン直前、押さえるべき「3の法則」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月16日

    1664101416 臨床疫学ゼミとは 生活習慣病等の予防・診療に取り組む臨床医や看護師、栄養士、企業の産業医や産業看護職が、疫学や生物統計学の基礎を学べる公開ゼミ。「プレゼンが迫っている!」「論文の提出が近
  • 「大学医局に期待」「地域枠を活用」

    カテゴリー:医療維新 2016年11月7日

    治体ごとに必要な医師数を養成する。【勤務医】 ・医学部の定員数を増やし、医師数を増やす。研究医・産業医・健診医・行政官・教育者まで充足して、初めて偏在対策ができる。【開業医】 ・医師の養成、進路決定な
  • 癌患者の情報は「事例性」で伝えよう【JSCO 2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月28日

    題としては(1)主治医や就労コーディネーターの「疾病性」から「事例性」への翻訳能力の改善、(2)産業医の有効活用が進んでいない、(3)体力低下(Cancer-related Fatigue: CrF)
  • 癌罹患労働者「退職率3%」の意味【JSCO2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月26日

    る。  同指針では労働者、事業者への癌に関する正しい知識の普及や相談窓口の明確化の他に、主治医や産業医が果たすべき役割も示されている。 癌サバイバーの復職には、時短勤務が必要  とは言え、労働者本人は
  • 「長時間・深夜労働、パワハラ」の典型、電通社員過労死

    カテゴリー:医療維新 2016年10月25日

    働の過重性についての分析、(4)2015年12月からスタートした、メンタルヘルスチェックにおける産業医の負担増――といった、医療機関における現状や課題を挙げ、厚労省と医療機関が対応する必要性を強調した。
  • 「65歳でメスを置く」「医師不足なので辞められず」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月20日

    ・リタイアするより、自分の時間として長期の休暇も取りながら、誰かの役に立て続けられれば良いと思います。 ・栄養、褥瘡、在宅治療、産業医、検診など、何か生かせて社会貢献でき、収入もあれば幸せです。高齢になって訴訟リスクは避けたいですが。
  • 「上が決め、下の世代が割を食う」「中途半端な期間長くなるだけ」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年8月20日

    たく、現行制度は臨床医にしか目が向いておらず、また専門医でないとどうなるのかも分からず、初めから産業医の研修をすると臨床医としてはキャリア形成することができなくなってしまうのか不安。 ・社会医学系専門医の動向が気になります。
  • 夏休み「数年間なし」「医局を辞めて家族旅行」「研修医で2週間」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月30日

    み、かなりの散財でしたが、若かったんですね~どうにかなるさーと遊んできました。【開業医】 ・専属産業医になってから長い夏休みを取ることになり暇すぎる。【勤務医】 ・休みなのに早起きしてご飯作り出す自分、4日休むと
  • 「キャリアパス創造センター」「150通りの臨床実習」◆Vol.9-2

    カテゴリー:医療維新 2016年7月19日

    等の地域医療を支える学生の支援強化などです。(島根大学医学部長 山口修平氏) 人間性豊かな医師(産業医)(産業医科大学学長 東敏昭氏) 医学教育認証評価の受審準備。(鹿児島大学医学部長 佐野輝氏)
  • 将来の日本の医療「格差拡大」「予防医療の充実」◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2016年7月3日

    すが、恐らく現実は真逆でしょう。恐らくこの国の医療は崩壊しているでしょう。その時には臨床をやめて産業医になっています。 ・Vol.16には期待を込めて「良くなっている」と答えました。いろいろな技術が発
  • 半数が「地域の病院の臨床医」を目指す◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2016年6月11日

    2013年の調査とほぼ変わらない結果になった。  「その他」では「高所得のフリーランス」「産業医」「統括産業医」「サブスペシャルティのアドバイザー」「大規模グループ傘下の雇われ院長」「研究を生かしなが
  • JMAT、1チームで1000~1500人カバー

    カテゴリー:医療維新 2016年4月21日

    員を対象に、産業医や学校医等の活動(職務)に起因して発生した不測の事故について、弁護士費用などの訴訟費用を含めた補償を行う。ストレスチェック制度の実施責任主体は事業者だが、従業員が産業医を直接訴える場
  • 「もう一度聴診器を」、第二の人生にへき地医療◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年4月1日

    科、麻酔科、精神科の医師のほか、病理や薬理などの基礎医学の医師。さらには保健所や保険会社の勤務、産業医も。彼らの多くは 、もともと人と接する臨床医を目指していたが、キャリアを歩むうちに、「気が付けば、
  • 医師需給、「2024年に約30万人で均衡」との推計も

    カテゴリー:医療維新 2016年3月31日

    1時間、「下位推計」では週53.9時間と見込む。 2.「臨床以外に従事する医師」の推計方法 ・医育機関等、産業医業務、行政機関、製薬業界、国際分野、その他――に分けて、それぞれに従事する医師を推計。 医師需給分
  • 社会医学系専門医、2017年度から専攻医受け入れへ

    カテゴリー:医療維新 2016年3月27日

    を整備し、 専攻医は主分野と副分野を選ぶ仕組みになる予定。同協議会に参加する日本産業衛生学会は、産業医の学会専門医資格を認定しているが、今後、社会医学系専門医の制度が確立すれば同資格を「サブスペシャル
  • 【宮城】「医療者用の支援物資を」「月に一度でも被災地考える日を」◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2016年3月22日

    ること。 ・国公立病院等には支援、援助はあるが個人診療所には何も無く、勤務医になるしかなかった。産業医認定等の講習単位の軽減処置が無く、認定医の資格を失ってしまった。 ・よく復興が遅いと行政に文句を言
  • 被災地、「高齢、困窮、メンタルヘルス」の患者増◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2016年3月10日

    型糖尿病、高血圧症の増加、高齢者の廃用症候群、認知症の増加。 ・未収納の除染作業員が増えた。 ・産業医の立場から言えば、避難に伴う離散家族が増加し、残留している家族(社員)のうつ傾向が増えた。
  • 【福島】「福島医大から医師来ず」「風評で集団ヒステリー」◆Vol.5-4

    カテゴリー:医療維新 2016年3月8日

    ・震災後1年くらいは研修医、若い看護師などの流出がすごかったです。箱ものは戻りましたが、人が戻りません。 ・臨床医も、産業医も原発被災地区のみならず、全県的に減少した。一時的避難が永久転出になった。 ・民主党政権による「放
  • 「医師の職業選択の自由」を尊重、厚労省医政局長

    カテゴリー:医療維新 2016年3月3日

    外来に分けて推計し、介護老人保健施設に勤務する医師も含める。(2)の推計は、医育機関等の従事者、産業医、行政機関の従事者、保健衛生業務の従事者――の4つに大別して行う。現時点では長時間労働を強いられる
  • 必要医師数、4つの医療機能別に推計

    カテゴリー:医療維新 2016年2月4日

    たりの診察患者数を基に、「補正係数」をかけて推計する。  (2)としては、研究機関(基礎医学)、産業医(産業保健)、行政機関、製薬会社等の民間企業、国際協力――など、多岐にわたる医師の活躍の場があり、
  • 「高齢者医療費の抑制を」、医療界の提言◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2016年1月11日

    ・難病に対する新しい治療方法に貢献できればいいと思う。【勤務医】 ・労働衛生コンサルタントの資格を取り、統括産業医としての雇用先を探し始める。【勤務医】 ・新しい職場になるので、そこで専門医としてより成長し、他科
  • 職場変更や昇給を目指す、2016年度の目標◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2016年1月6日

    だ。  「その他」の自由記述では、勤務医から「事故を起こさない」「教育指導施設の認定を受ける」「産業医資格取得」「毎日の仕事を健康に続けること」「新しい予防医学の発展」「職場環境の改善」「資格ではなく
  • 1位はあの大学の問題、2015年の10大ニュース◆Vol.4-2

    カテゴリー:医療維新 2015年12月27日

    亀田総合病院、『医療崩壊』小松氏を懲戒解雇(9月) 40 54 17 12月からストレスチェック制度開始、変わる産業医(11月) 22 60 18 高血圧学会、元教授を処分 バルサルタンで「データ操作」疑惑 (1月)
  • ストレスチェック制度に学会見解

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月3日

    の企業で制度の周知が不十分であったり、産業医に精神科を専門とした医師が少なかったりすることなどを指摘し、早急に実施すべき対策を提示している   見解では、産業医には精神科の専門医が少ないことから、制度
  • 女性の仕事と健康、「産業医や健診、法整備が重要」

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    支援として、「女性の健康の包括的支援に関する法律の整備」を求める声や、「職場での健診の充実」、「産業医の果たす役割」を指摘する意見が出た。  東京大学産婦人科教授の大須賀穣氏が月経痛の問題について基調
  • 損益率「悪化」が半数と実態調査で判明、マイナス改定に反対

    カテゴリー:医療維新 2015年11月10日

    ▲127万円(▲3.3%)と切り詰めた結果である。前回指摘した自費診療などの「その他診療収益」や産業医などの「その他医業収益」への依存度はこれらの収益が減額しても15.5%と高い。保険診療収益の4,113
  • 労働時間「ストレス発散できない」「教育に取られる時間つらい」

    カテゴリー:医療維新 2015年11月8日

    泊すると思います。 ・家事、子供の教育に時間と気持ちの余裕がないので、勤務時間を減らしたい。 ・産業医に叱られる。 ・大半の病院が同じと思われますが、日勤のあと、引き続き、当直業務をさせる病院は、労基
  • 時代に見合う産業医の在り方、検討開始

    カテゴリー:医療維新 2015年9月27日

     産業医の在り方について検討する厚生労働省「産業医制度の在り方に関する検討会」(座長:相澤好治・北里大学名誉教授)の第1回会議が9月25日に開かれた。  今年12月から労働安全衛生法の改正で「ストレス
  • がん対策加速化プラン、「次元異なる具体案を」

    カテゴリー:医療維新 2015年9月18日

    一氏は子宮頸がんの対策や、たばこ増税の必要性を指摘したほか、普及啓発に関して教育現場だけでなく、産業医わが関わって職域でも広めるべきだと指摘。国立がん研究センター理事長の堀田知光氏は「対策を立てるなら
  • 不十分な項目、実効性に問題- 野村忍・早稲田大学人間科学学術院教授に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年7月11日

    ――産業医にとっては負担が大きい新制度ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。 心身医学を専門とし、自身も産業医の経験がある早稲田大学人間科学学術院教授、野村忍氏に伺った。 メリットはメンタルヘ
  • 産業医が訴えられる可能性も- 野村忍・早稲田大学人間科学学術院教授に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年7月3日

    ――ストレスチェック制度では、クレーマーが面談の対象になって、産業医が被害を受ける可能性もあると聞きます。どういうことでしょうか。 心身医学を専門とし、自身も産業医の経験がある早稲田大学人間科学学術院教授、野村忍氏に伺った。
  • 新制度で産業医、「負担が数倍に」 - 野村忍・早稲田大学人間科学学術院教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年6月26日

    に努めているが、新制度施行に当たって現状の課題や影響が指摘されている。心身医学を専門とし、自身も産業医の経験がある早稲田大学人間科学学術院教授、野村忍氏に伺った(2015年6月8日にインタビュー。計3回の連載)。
  • 社会医学、独自に「専門医制度」設立へ

    カテゴリー:医療維新 2015年6月8日

     制度は日本専門医機構の専門医制度と同様に、2階建ての仕組みになる見通りし。1階部分は社会医学領域に共通する基盤部分で、2階部分は産業医や公衆衛生などさまざまな社会医学領域のサブスペシャルティになる。指導医の認定も、2年後までに各分野
  • “黒塗りされた産業医” に、健康管理してほしいですか?

    カテゴリー:医療維新 2015年5月22日

     勤務医の皆さんの病院にも、「産業医」がいることをご存知ですか? ご存じなくても、いるはずです。産業医とは、労働者の健康管理を業務とする医師です。勤務医も、労働者です。いかなる業界であっても、常時50
  • 「社会医学系の専門医設立を」関係学会が検討

    カテゴリー:医療維新 2015年4月21日

    基盤とサブスペシャルティの二階建てを想定しており、社会医学系の専門医としての共通スキルのほかに、産業医などのサブスペシャルティの資格の創設を目指す。共通基盤となるスキルとしては、疫学、統計学、環境保健
  • 「対策は産業医の責任でない」ストレスチェック制度

    カテゴリー:医療維新 2015年4月3日

     3月29日の日本医師会の第134回臨時代議員会では、2015年12月から産業医等が実施するストレスチェック制度についての見解を問い質す質問が出た。今村聡副会長は、チェックの実施や労働者への対策につい
  • 「時間外に上限、勤務記録改ざんも」◆Vol.11-2

    カテゴリー:医療維新 2015年1月16日

    ・エボラ出血熱の拡大、自施設での受け入れ準備。 【その他】 ・自分の名前で傷病手当を不正請求された。 ・複数の会社で産業医をしているが、東証1部上場会社でありながら、労働関連法規に無知なことに驚愕。 ・今年は23年ぶりに
  • 意味のない専門医の廃止を◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2014年1月16日

    ・そつなく 老兵は消え去るのみ。 ・安い薬の見直し。再評価。 開業医 ・私は日々暮らしていくことで精一杯。 ・産業医資格を取得したい。 ・医師会の組織に入って何らかの役割を果たすつもり。 ・患者のモラルの低下により
  • 「プレゼンティーズム」評価日本版

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年12月4日

    ズムは把握しにくい。総量としての労働損失はプレゼンティーズムの方が大きいとされており、調査研究や産業医活動において重要となる。  既に宮木氏は一部の企業でこの質問紙を用いた調査を行っており、「プレゼン
  • ストレスチェックに学会が見解

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年10月11日

    度の調査」だけを除くことは困難で、結果として産業医が精神症状を除いた情報しか把握できなくなる恐れがある点や、チェック結果を事業者に報告できないなら、産業医活動ができないことを説明。また、ストレスチェッ
  • 「定年で引退」が勤務医の2割◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2013年9月11日

    に引退」◆Vol.1』参照)。質問を募集した調査では、医師会員から「定年後の仕事はどうするのか。産業医などになるのか」といった疑問が寄せられていた。 Q.1-A 定年後の進路は?(開業医以外)  開業
  • 「転科経験」は1割弱◆Vol.16

    カテゴリー:医療維新 2013年8月13日

    0時間以上が頻繁にある病院)から今の内科中心の病院にサボタージュしたため。 17年目 循環器科→産業医 大学内の派閥争いに嫌気が差すたのをきっかけに、循環器疾患の予防の方向を目指した。 18年目 脳神経外科→神経内科
  • 「1日3時間増えても、仕事」は1割弱◆Vol.23

    カテゴリー:医療維新 2013年6月14日

    ・今の仕事量をやっとこなせるようになるから。 【仕事以外(勤務医)】 ・趣味か睡眠に打ち込む。 ・これ以上仕事をしたら死ぬと毎月産業医に説教される生活。+3時間。死なないために休み、家族への時間にします。 ・仕事に根を詰める生活は正直つらい点がある。
  • 1
  • 2