m3.com トップ>記事検索結果

「疑義照会」の検索結果

  • 多剤併用対策は「ヒエラルキー改革とコミュ改善」【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月24日

    という問題が横たわっているという。(取材・まとめ:m3.com編集部・小島領平) 多忙な時間帯に疑義照会、医師がイラッとくるのもやむなし ――同じくポリファーマシーが問題になっている海外では、どんな対策が実施されていますか?
  • 併用禁忌薬投与で注意喚起 - イムランとフェブリクなど

    カテゴリー:臨床ニュース 8月18日

    はコメントの入力が必要なことから、医師はコメントに「継続」と入力して処方した。  保険薬局からの疑義照会はなく、患者は「イムラン錠」と「フェブリク錠」の内服を開始したところ、2カ月後に患者にめまい、ふらつき等の症状が出現。ヘモグロビンが6
  • 高血圧に乳癌薬、「ノルバ」違いに注意

    カテゴリー:臨床ニュース 5月22日

    になったケースが紹介されている。この事例では、処方箋に一般名が記してあったため、気づいた薬剤師が疑義照会をしたことで事なきを得たようだ。  同文書では、処方オーダーシステムで「ノルバ」の3文字検索を行
  • 院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き

    カテゴリー:医療維新 3月29日

    関が指示するチェック欄が新設された(「医療機関へ疑義照会した上で調剤」もしくは「(残薬調整後に)医療機関へ情報提供」のいずれかにチェック)。「疑義照会しないと処方変更しないとできないのはおかしい。まず
  • 「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も

    カテゴリー:医療維新 2月16日

    かったことがある」33.7%など(複数回答)。 ・「薬局からの疑義照会や情報提供の頻度」が多いほど、「処方内容の変更頻度」が高い。疑義照会等が「頻繁にある」診療所では、処方内容の変更が「よくある」63
  • 術後管理を問題視、麻酔科医ら4人を提訴

    カテゴリー:医療維新 2月14日

    義務を怠った(A医師とB医師)、(3)投与から24時間経過後、プロポフォールを増量し、薬剤師から疑義照会を受けたにもかかわらず、A医師ら上級医に伝えず、大量投与した(B医師)、(4)医師の判断を仰がず
  • 「診察せず処方?」「上下関係でなく立場の相違」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月31日

    不明という気がします……。上下関係の問題ではなく、立場の違いでしょう?私自身は薬剤師の先生からの疑義照会にしょっちゅう助けられています。今のままでは何が駄目なのでしょうか?? ・薬剤師の調剤権よりも、
  • 「残薬管理、疑義照会が前提」「リフィル処方、責任は?」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月30日

    ださい。 ◆調査結果はこちら ⇒ 医師と薬剤師、意識の違いが鮮明に 【疑義照会】 ◆勤務医 ・残薬確認に関して、「医師に疑義照会せず、薬剤師の判断で対応」とするのは、わざわざフェールセーフのためのダブ
  • 後発薬処方で「適応外」、その責任は?

    カテゴリー:医療維新 2016年10月30日

    います。実際、どうしても在庫が直ぐに手配できず、「変更不可」が打ってある処方せんでも、ダメもとで疑義照会をかけると、あっさりOKが出ることもままあります。 ・先発品に変更不可のチェックを入れる医師が多
  • 中川日医副会長、「医師の処方権と薬剤師の調剤権、全く違う」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月19日

     幸野氏は、処方せん欄に「後発医薬品への変更不可」欄があること自体が問題であり、残薬管理なども医師に疑義照会するのではなく、薬剤師の判断で対応することなどが、「調剤権の拡大」の意味であると説明。病状が安定
  • 薬剤師の47%が残薬の一因「医師」に

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月13日

    があるが、そこで薬剤師が貢献できる余地は大きい。また医師へのフィードバック方法にも変化が必要で、疑義照会・お薬手帳などを活用して残薬解消提案をスムーズにできるよう、患者の考えを最大限に尊重しながら医療
  • 長期投薬、「ルール変更でなく考え方の整理」- 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2016年4月12日

    型門前薬局の報酬にはメスが入るなど、大幅な見直しが行われました(『「医師と薬剤師」間の情報提供、疑義照会増加』を参照)。 宮嵜課長は、「従来から服薬管理を的確に行っていた場合、何も変わることはない」と説明。
  • 残薬、82%が「重要な課題」と認識◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年3月21日

    医師は免許の持つ意味が分からない医師である。【医師】 薬剤師の疑義照会を医師への越権行為だと勘違いしている医師がまだまだ居るため、疑義照会形式にすると現実問題として現場が混乱すると思う。導入当初は情報
  • 「医師と薬剤師」間の情報提供、疑義照会増加

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    か、残薬の管理では、処方せん様式が変更になるなど、医薬品の適正使用に向け、医療機関と薬局との間の疑義照会、情報提供の機会が今後、増えそうだ。 【医薬分業の場合における医療機関と保険薬局との情報提供等】
  • 「診療報酬の遍在是正」がキーワード - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年3月2日

    い。 ――残薬問題についても対策が講じられ、処方せん様式も変更されました。残薬対策は必要ですが、疑義照会が増え、現場の業務が大変になる懸念もあります。  その影響こそ、まさに検証が必要。残薬が多いのは
  • 「かかりつけ薬剤師」の有無で点数に大差

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    0点に変更。 ◆医薬品の適正使用の推進 ・重複投薬・相互作用防止加算の見直し  現行は医療機関に疑義照会を行い、(1)処方変更があった場合:20点、(2)処方変更がなかった場合:10点――だが、改定後
  • 「内服薬2種類以上、減少」で250点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    わゆるブラウンバックを活用した服薬管理)などを評価する。重複投薬については、薬局から医療機関への疑義照会の評価を見直し、「重複投薬・相互作用防止加算」の算定を「処方変更あり」の場合に限定する。  多剤
  • 「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    処方せんの欄に新たに、「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄を設け、(1)医療機関へ疑義照会した上で調剤、(2)医療機関へ情報提供――のいずれかを指示する場合には、「レ」または「×」を記載する。
  • 良いチームでいるために大切なこと vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    ことはありませんか。  私は、薬剤師自身が「チームの欠かせない存在」として実感できていないのは、疑義照会に代表されるように、多職種の中で薬剤師の意見が反映されづらいことにあるのではないかと考えます。こ
  • 「薬局改革の元年」、2016年度改定

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    とする。残薬確認については、処方せん様式を変更、薬局が残薬確認を行った場合には、(1)医療機関へ疑義照会をした上で調剤、(2)医療機関へ情報提供――のいずれかの対応を、処方せんの記載指示に基づき行う。
  • 「内科系の総合病院、経営困難に」と危機感

    カテゴリー:医療維新 2016年1月23日

    は医師が処方し、薬剤師が調剤するという原則を守ることが重要。(後発医薬品に関しては)薬学的管理で疑義照会 した時、薬剤師の権限、裁量権をもう少し認めてもらった方がスムーズになり、患者のためになる業務になる」と発言した。
  • 分割調剤、「やむを得ない事情」で認める

    カテゴリー:医療維新 2016年1月13日

    剤が必要と判断して、処方せんで指示する場合。もう一つは、保険薬局で薬剤師が必要性を認めた場合に、疑義照会を行い、医師の判断を仰ぎ、分割調剤に切り替える場合だ。いずれも、「医師の指示が大前提」であるとした。
  • ドイツの薬局・薬剤師レポート

    カテゴリー:医療維新 2015年12月28日

    ・OTC医薬品、サプリメントの相談販売 ・介護施設、医院への医薬品供給 ・処方された医薬品の配合禁忌・相互作用のチェック ・疑義照会 ・輪番制の夜勤 (ひと晩に全国で約1400店の薬局が担当) ・血糖値、血圧の測定 ・調剤用原料の確認試験
  • 「分配比率1:0.3の公平な改定求める」、日薬・森副会長

    カテゴリー:医療維新 2015年12月11日

    事故が起きた時を考えるとエアバックをいらないという人はほとんどいないと思う。薬局も同じで、たとえ疑義照会率が3%であっても、100%やっているから3%があるということが理解されていれば、これほど批判さ
  • 門前薬局から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る

    カテゴリー:医療維新 2015年12月5日

    対人業務の評価の充実  薬剤服用歴管理指導料の見直し/継続的な薬学的管理/減薬等のための処方内容の疑義照会に対する評価/調剤料の適正化 4. いわゆる門前薬局の評価の見直し  調剤基本料の適正化/未妥結
  • がん専門薬剤師の仕事

    カテゴリー:医療維新 2015年11月26日

    ら抗がん剤の疑義照会を受けるのだが、なぜこのような質問をされるのか理解ができない」というひと言でした。その意味を薬局側に聞いてみると、近隣の薬局はレジメンの存在を知らず、これにより疑義照会をせざるを得
  • 「先制医療や副作用発見も仕事に」、薬剤師のあり方議論

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    として挙げた。  「drug + information = medicine」と説明した上で、疑義照会するだけではなく、情報提供し、提案することが求められていると強調。「困っている患者からどれだけ聞
  • 「クラークの一言で確定診断」、チーム医療の成果

    カテゴリー:医療維新 2015年10月25日

    ・医師が他職種に対して尊敬の念を持っていない。自分が一番だと思っているので、連携が進まない。【薬剤師】 ・医師に疑義照会した時に、詳しく知らない薬剤のことでも自分の主張を押し通す場合がある。明らかにおかしいと思っても
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2015年10月23日

    か?  狭義の調剤業務や医薬品管理業務云々という話ではありません。例えば、その処方箋は何を根拠に疑義照会の要否を判断したのですか? 患者さんに対する説明は何を根拠にそう話したのでしょうか? 医師の処方
  • Dr.狭間の「薬局薬剤師への魔法のヒトコト」

    カテゴリー:医療維新 2015年9月18日

    た在宅医療に関する疑問に答えていただく本連載。第3回は「疑義照会のコツ」についてお話しいただきます。 疑義照会がうまくいかない時 Q.疑義照会をしたものの、うまく聞き入れてもらえませんでした。今後の対応はどうすれば良いのでしょうか。
  • 薬局のあるべき機能とは

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    作用の発現状況や期待される効能の発現状況の確認を行い、薬学的見地から処方せんを確認し、医師に対し疑義照会を行うとともに、薬剤の変更や減量等の提案を行っていること、特に緩和ケアにおける医薬品の適正使用の
  • 医薬分業、見直すべきか

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

     質の面では、薬剤師の責務に処方せんの記載内容の確認がある。疑義照会が医薬分業の証になるとして、過去に調査をしたが、大体2.5-3%の範囲で発生している。2013年の東京理科大学の委託研究では、疑義照会により年間82億円の薬剤費節減効果があるという試算が出ている。
  • コミュニケーションスキルと脳科学

    カテゴリー:医療維新 2015年7月24日

    電話の相手の真意が掴みづらいとなると、かなり気を遣いながら話を進めなければなりません。  また、疑義照会などで医師にかける電話では、こちらの情報を正確に伝えなければならないというプレッシャーもかかりま
  • 薬剤師の法律問題SOS

    カテゴリー:医療維新 2015年6月29日

    ない責任(損害賠償責任)です。近年では、病院薬剤師が5倍量の医薬品が処方されていたにもかかわらず疑義照会を怠たり、そのまま薬剤が投与され患者が死亡してしまった事件で、処方医や病院開設者だけではなく、調
  • ジェネリック医薬品の今と未来を考える 第3回

    カテゴリー:医療維新 2015年6月26日

    厚生労働省 中央社会保険医療協議会委員、社会保障審議会臨時委員も務めた。 ■主な著書 『薬剤師の疑義照会』『薬剤師と医療保険』(ともにエルゼビア・ジャパン)など
  • ジェネリック医薬品の今と未来を考える 第2回

    カテゴリー:医療維新 2015年6月25日

    厚生労働省 中央社会保険医療協議会委員、社会保障審議会臨時委員も務めた。 ■主な著書 『薬剤師の疑義照会』『薬剤師と医療保険』(ともにエルゼビア・ジャパン)など
  • ジェネリック医薬品の今と未来を考える 第1回

    カテゴリー:医療維新 2015年6月24日

    厚生労働省 中央社会保険医療協議会委員、社会保障審議会臨時委員も務めた。 ■主な著書 『薬剤師の疑義照会』『薬剤師と医療保険』(ともにエルゼビア・ジャパン)など
  • 薬局の構造規制緩和に反対決議、日薬

    カテゴリー:医療維新 2015年6月5日

    緩和されようとしている。  患者の安全を守る観点から、薬剤師には薬剤師法第二十四条で処方医への「疑義照会」が義務付けられており、「処方せん中に疑わしい点があるときは、その疑わしい点を確かめた後でなけれ
  • 「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委

    カテゴリー:医療維新 2015年4月27日

     その一方で、中央ICUと主治医が属する耳鼻咽喉科との連携不足、それに伴う情報共有不足、家族への説明不足のほか、薬剤師の疑義照会が適切に行われなかったなど、チーム医療が機能していなかったことも問題視した。  女子医大病院では
  • 「残薬」を疑問視、長期処方の是正求める

    カテゴリー:医療維新 2015年4月8日

    員。  疑義照会で「残薬」チェック、29億円  日本薬剤師会による2013年の「全国薬局疑義照会調査」では、保険薬局からの疑義照会によって調整した「残薬」の額は年間約29億円に上る。疑義照会によって判
  • 面分業の否定意見や「病院内薬局」容認論も

    カテゴリー:医療維新 2015年3月13日

    本料の支払いにより患者負担が増えていると指摘。負担に見合う効果が生じているかについて疑問を呈し、疑義照会の件数、在宅医療を実施している薬局数や後発医薬品の使用促進も不十分と主張。「コストは上がっている
  • ラミクタール投与後死亡で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年2月4日

    潤、死亡後の肝腎生検では強い薬剤性肝障害の像を認めた。  同社では、用法用量に疑義が生じた場合は疑義照会をし、患者向け資材を活用した服薬指導を行うよう呼び掛けている。  厚生労働省は2月4日、2014
  • あわや誤処方、疑義照会で阻止増加(2014/11/13 訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年11月6日

     医療機関が2013年に発した処方のミスを、薬局が疑義照会で食い止めた事例が前年より増えていることが、日本医療機能評価機構がまとめた薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の2013(平成25)年年報で分
  • 保険外併用療養の「乱用」に反対

    カテゴリー:医療維新 2014年10月10日

    、(3)厚労省の事前相談・援助を受けることで「まえさばき」をし、書類の不備での差し戻しや審査上の疑義照会などのタイムロスを避けスピード審査で実施を可能とする点にある。しかも、当然ながら、(4)この医療
  • 24時間薬局増加「不要」が「必要」の3倍弱◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2014年4月22日

    【増加に否定的な意見】 ・厚生労働省が労働強化を促すのは暴力である。 ・現実的ではないから。 ・疑義照会などの問い合わせが24時間来ることになる。相手にしていられない。 ・時間外は院内で対応できる 人
  • 看護師の業務範囲拡大、具体案を了承◆Vol.60

    カテゴリー:医療維新 2013年10月30日

    需要が高まるとの考えから、薬剤師による在宅での調剤業務を見直し、患者の残薬を確認した場合、医師に疑義照会を行った上で調剤量の変更が行うことができるようにする。診療放射線技師については、画像誘導放射線治
  • 薬剤師、在宅での調剤業務見直しへ◆Vol.57

    カテゴリー:医療維新 2013年9月26日

    、在宅医療の需要が高まると考えられているためだ。在宅においては、患者の残薬を確認した場合、医師に疑義照会を行った上で調剤量の変更が行うことができるようにする。緊急時に患家で調剤を行わざるを得ない状況下
  • コメディカルの業務拡大に慎重論続出◆Vol.56

    カテゴリー:医療維新 2013年8月28日

    剤師が在宅で適切な薬物療法を実施する必要があるとして、患者の居宅で計数調剤を行ったり、処方医への疑義照会を行った上で、薬剤の計数変更を行えるようにすることなどを、前回の会議から引き続き求めた(詳細は『
  • 「コメディカルの努力が報われない」◆Vol.52

    カテゴリー:医療維新 2013年6月27日

    師会常任理事の安部好弘氏は、患者宅に薬剤を交付する際、薬剤の残量や患者の状態に応じて、処方医への疑義照会を行った上で薬剤の計数を変更したり、ファクスでなくても電子メールで処方せんの画像を送ったりすることを認めるよう求めた。
  • 「患者と話さないで」と言われた◆Vol.5-1

    カテゴリー:医療維新 2013年4月23日

    ・薬剤師からの疑義紹介に対して、「もう止めてくれ」と言われた。服薬指導を行い、患者からの訴えがあり疑義照会をしたところ、医師から「もう患者と話さないでくれ」と言われた。 ・処方支援でアドバイスしても、そ
  • 1
  • 2