m3.com トップ>記事検索結果

「病床削減」の検索結果

  • 2017衆院選、主要8政党の医療政策

    カテゴリー:医療維新 10月11日

    ・「国保の都道府県化」による制度改悪に反対し、国民健康保険の再建・改革を進める。 ・患者「追い出し」・病床削減をやめさせ、必要な治療を保障する。 ・混合診療の拡大、医療の営利産業化、TPP復活交渉を許さない。
  • 地域医療構想でも病床数は減らない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 10月10日

    多くの都道府県ではそれが守られています。ただ、ごく一部の県で、県に出向している厚労省の技官主導で病床削減ありきの地域医療構想が作られ、それに基づき議論が行われています。 典型なのは青森ですが、それ以外
  • 地域医療構想「正しい理解を」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 10月7日

    は、地域医療構想に対しては依然として「誤解」が残る裏返しと言える。「地域医療構想は、過剰な機能の病床削減ではなく、不足する機能の病床の手当てが目的」「地域医療構想における病床の必要量と、病床機能報告の
  • 迫井課長「地域医療構想に寄り添う」は名言 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 7月29日

     地域医療構想の議論は、非常にデリケート。同構想の発端の議論にさかのぼれば、財務省や官邸筋は、急性期病床削減や医療費削減のツールの一つにしようと思ったことは間違いありません。 ――最初は、急性期医療を担う
  • 地域医療構想、47都道府県、構想区域別に一挙掲載

    カテゴリー:医療維新 6月30日

    熊本県 宮崎県 沖縄県   【地域医療構想と病床機能報告制度を解釈する際の注意点】 ・地域医療構想は、病床削減が目的ではなく、病床機能報告制度における4つの医療機能(高度急性期、急性期、回復期、慢性期)の病
  • 「地域別の診療報酬、反対」、横倉日医会長

    カテゴリー:医療維新 4月26日

    日本医師会会長の横倉義武氏は、4月26日の定例記者会見で、「医療は全国一律の単価で提供すべき」と述べ、4月20日の財政制度等審議会財政制度分科会で議論された「地域別の診療報酬」の設定への反対を表明した...
  • 地域医療構想、「調整会議」の運営に注文

    カテゴリー:医療維新 4月21日

    、「一番重要なのは、(2025年に向けて)不足する病床機能を充足させることが目的」などと述べ、「病床削減ではない」と釘を刺した。地域医療介護総合確保基金については、使い勝手が悪いため、「財政当局と交渉
  • 2017年度下期には「具体的な医療機関名を」、地域医療構想調整会議

    カテゴリー:医療維新 2月20日

    院と弘前市立病院を統合し新たな中核病院を整備することや、国民健康保険黒石病院を回復期機能へ分化し病床削減、国民健康保険板柳中央病院を回復期、慢性期機能へ、町立大鰐病院を慢性期、介護老人保健施設等へ機能分化させることなどが検討されている。
  • 病床過剰地域でも「病床の必要量」の整備可能に

    カテゴリー:医療維新 2016年9月1日

    上、民間医療機関が下と受け取られかねない」(日本医師会副会長の中川俊男氏)、「公的医療機関が、(病床削減等の)矢面に立つように見える」(全国自治体病院協議会会長の邊見公雄氏)など、構成員の受け止め方は分かれた。
  • 日医、地域医療構想の「記述」に注文

    カテゴリー:医療維新 2016年8月24日

    たは途中経過公表中」が6(13%)、未公表が8(17%)だった。  記述内容では「地域医療構想は病床削減のためのものではない」という記述の有無で検証したところ、「ある」が12(36.4%)、「ない」が21(63
  • 横倉日医会長、大差で当選、3期目始動

    カテゴリー:医療維新 2016年6月25日

    構想を挙げ、「地域の住民に必要な医療や介護をどのように提供するかという観点が大事。地域医療構想が病床削減や医療費抑制の手段に用いられることがあってはならない」と釘を刺した。さらに地域のかかりつけ医を中
  • 2016参院選、主要政党の医療政策

    カテゴリー:医療維新 2016年6月24日

    指す。 ・「国保の都道府県化」に反対し、国民健康保険の再建・改革を進める。 ・患者「追い出し」、病床削減をやめさせ、必要な治療を保障。 ・混合診療の拡大、医療の営利産業化、TPPによる皆保険解体を許さない。
  • DPC、次期改定に向けた検討方針固まる

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    導されるものではない」と指摘。幸野氏が、「基本的には病院自らが(病床機能を)判断することであり、病床削減のツールでないことも分かっているが、報酬で後押しすることが必要ではないか」と返すと、中川氏は「地
  • 2025年の医療需要「冷静に受け止めなくてはいけない」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月4日

    だきたい」と呼びかけた。  会場から奈良県医師会長の塩見俊次氏は「中川副会長は、『地域医療構想は病床削減をするものではなく、不足している病床を増やすツール』と言ってきた。しかし、全国一律の医療需要推計
  • 地域包括ケア病棟、「急性期」から「慢性期」まで

    カテゴリー:医療維新 2016年3月10日

    る専門調査会」が2015年6月に公表した第1次報告を問題視、「病床機能報告制度や地域医療構想が、病床削減のための制度として誤解されないようにしてもらいたい」と釘を刺した。第1次報告では、全国ベースおよ
  • 「7対1の基準」、見直すべきではなかった - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年3月5日

    しは、「7対1病床が減らない」と問題視されたことが始まりで、2014年度改定でも改正されました。病床削減のツールに使われることが分かっているにもかかわらず、2014年度改定直後から、病院団体などから、
  • 地域医療構想、「病床削減の根拠になる恐れ」

    カテゴリー:医療維新 2016年3月3日

    が策定した地域医療構想における日医の役割に関する報告書を発表し、地域医療構想の病床必要量の報告が病床削減の根拠に使われる恐れがあると指摘、「日医として、国政で正しい主張を続けないといけない」と述べた。
  • 「診療報酬、4つの医療機能と連動せず」

    カテゴリー:医療維新 2016年2月24日

    「地域医療構想(ビジョン)に基づく新たな医療計画への対応について」で、地域医療構想の本来目的は、病床削減ではなく、将来の各地域の医療のあり方を考えることにあると明記。その上で4つの医療機能と診療報酬体
  • 「最期を看取る醍醐味」「桁違いに高額費用が発生」

    カテゴリー:医療維新 2016年2月8日

    実際は病院医療よ り桁違いに高額費用が発生します。早晩診療報酬は削減されると思います。その時には病床削減で病院での受け入れはできなくなっている。介護施設の自己負担も増額になっているでしょう。医療介護難民が増えますね。【勤務医】
  • 看護師の夜勤、計算方法見直しを検討

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    の個別項目について議論した(資料は、厚生労働省のホームページ)。入院医療で7対1入院基本料の算定病床削減に向けた議論が進む中、厚労省は、同基本料の算定要件にかかる、看護職員の夜勤時間の制限を見直す改定
  • 1位はあの大学の問題、2015年の10大ニュース◆Vol.4-2

    カテゴリー:医療維新 2015年12月27日

    64 68 35 教授が医大学長をパワハラで提訴へ、浜松医大(6月) 15 13 35 41道府県で病床削減の試算、患者動態現状通りで(6月) 17 11 35 国家戦略特区(千葉県成田市)の医学部新設に向けた動き(通年)
  • 「机上の構想」、池上慶應大名誉教授が指摘

    カテゴリー:医療維新 2015年9月12日

    目を向けたのが池上氏だ。  池上氏は、「机上の構想」と見る理由として、病床は病院の既得権であり、病床削減は難しいほか、診療報酬との整合性が取れていない点、病床機能分化に対する都道府県知事の権限の弱さな
  • 公立・大学病院に機能転換期待、社会保障制度改革推進会議

    カテゴリー:医療維新 2015年8月3日

    が説明(『41道府県で病床削減の試算、患者動態現状通りで』を参照)。病床推計を巡っては、現在の病床数に対して、推計された2025年の病床数が少なくなっており、医療界から「病床削減」との受け止め方が強い
  • 地域の医療費格差、実感なしが7割超◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2015年7月18日

    ・検査回数や投薬制限などが異なる。原因は診療報酬体系。 ・西日本は病床が多すぎる。医療費の西高東低傾向はこのため。不要な病床削減は西日本を重点的に行うべき。特に四国! ・審査会の診査方法に地域差があるため、処方量にも差が出ている。
  • 日医、「公立病院厳しい時代」と見解

    カテゴリー:医療維新 2015年7月9日

    不安についての質問が多く出た。地域医療構想について、病床削減につながる可能性を危惧する声が絶えなかったが、日本医師会の中川俊男副会長らが、「病床削減のための制度ではない」と強調し続けた。ただ、中川副会
  • 5疾病ごとに医療需要推計へ、厚労省

    カテゴリー:医療維新 2015年7月7日

    「医療・介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会」の報告書が出した医療需要の全国推計が「病床削減」と、マスメディアを通じて伝わった点について、「単純に減らすのでは、単なる総量規制」と指摘して、
  • NHK「首都圏に迫る医療危機」を見て

    カテゴリー:医療維新 2015年7月2日

    や強制しておかなければ病院等は結果パンクします。  そして別の政府のグループは人口予想から1割の病床削減を2013年の医療データーを基に提言しています。(病床、10年後に1割以上削減可能…政府推計)つ
  • 日医が不快感、“20万床の削減”案や報道に

    カテゴリー:医療維新 2015年6月18日

    混乱させるもので極めて遺憾」などとして、不快感を示した(資料は日医のホームページ。『41道府県で病床削減の試算、患者動態現状通りで』を参照)。また、各論では、平均在院日数のさらなる短縮化が求められてい
  • 41道府県で病床削減の試算、患者動態現状通りで

    カテゴリー:医療維新 2015年6月16日

    動あり」と「入院受療率が高い地域が、全国の中央値程度まで低下」の前提を置いた推計を見ると、全体の病床削減数は16.5万床。  地域別で増加するのは、6都県で、高齢化の進展が進み、医療重要が増えると見込
  • 地域医療構想、民間委託の流れに危機感、日医

    カテゴリー:医療維新 2015年4月22日

    想ガイドラインを策定した専門家が、「療養病床の削減」を将来の課題に上げたのに対して、日医からは「病床削減にはならない」と指摘する場面があった。また、地域医療構想区域の設定に当たっては、民間事業者が入る
  • 「過剰病床、削減の仕組みにあらず」

    カテゴリー:医療維新 2015年3月30日

    次のように語った。「診療報酬と地域医療構想をリンクさせると、その時点で大幅な医療費削減をもくろむ病床削減の仕組みに変質し得る。全力で診療報酬とリンクすることがないよう主張していく。ただ、政府は2020
  • 「厚労行政に得心してない」との指摘も

    カテゴリー:医療維新 2015年3月20日

    組みによるもの」として、地域医療構想に強制力がない点を強調した。  さらに地域医療構想について「病床削減の仕組みではない。都道府県知事には、(病床機能報告制度で)報告された病床の合計数と将来の必要量を
  • 地域医療構想策定ガイドライン、了承

    カテゴリー:医療維新 2015年3月18日

    ライン案について、「全国の関係者の納得にかなり近い。(検討会の議論の)当初は、2025年に向けて病床削減が進められ、大変だとの声があったが、今は地域医療構想は、地域に不足している病床を手当てする仕組み
  • 「高度急性期」「急性期」、3000点で区分

    カテゴリー:医療維新 2015年2月13日

    トラルな形で進めている」と語った。さらに、病床の必要量の推計が、地域の病床数の上限設定、ひいては病床削減につながるとの見方に対し、推計の結果、2025年の必要量が、現状よりも病床が増加する地域もあれば
  • 地域医療構想は医師会主導で - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年10月21日

    ――この10月から、病床機能報告制度が始まりました。  特に病院のみなさんは、戦々恐々としている感じがあるのですが、「病床削減」「医療費抑制」などにつながることのない制度設計にしたつもりです。何度も申し上げていますが、既得
  • 「高度急性期」、2次医療圏に1カ所を想定

    カテゴリー:医療維新 2014年3月5日

    』を参照)。  「自宅等退院患者割合」、転棟患者は除く  入院料関連では、7対1入院基本料の算定病床削減に向けた施設基準の見直しが今改定の最大の焦点(『病床機能分化、「三歩も、四歩も進む」』を参照)。
  • 今改定は「予告編」、7対1は影響大 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年2月25日

    めの財源とされているが、約200億円は財政中立でねん出した財源(編集部注:7対1入院基本料の算定病床削減により生じた財源を、受け皿作りの財源として充当すること)。 ――財源については、薬価改定財源を本
  • 2014年度改定「議論の整理」了承、パブコメへ

    カテゴリー:医療維新 2014年1月15日

    議論を整理した内容のため、おおむね了承されたが、今改定の焦点の一つである、7対1入院基本料の算定病床削減を目指した要件の厳格化に対し、懸念が幾つか上がった。特定機能病院と500床以上の地域医療支援病院
  • 社会保障への国の責任放棄を許すな

    カテゴリー:医療維新 2013年9月4日

    つの分野での改革案を示した各論である。医療の分野を見ると、医療提供体制では、平均在院日数の短縮、病床削減、フリーアクセスの制限など、医療給付を削減している。また、国保財政運営の責任を都道府県に移して、
  • 独自の病床機能案提示へ 日医と四病協

    カテゴリー:医療維新 2013年6月25日

    15対1入院基本料の病院や療養病床に対する政策を考えると、危惧を覚える」と指摘。理由として、療養病床削減計画や15対1入院基本料の算定病院の削減を挙げた。また、看護師の夜勤時間を制限した「72時間ルー
  • 保険者委員が「フリーアクセス制限容認」

    カテゴリー:医療維新 2013年5月17日

     医療計画の策定の考え方についての議論では、健康保険組合連合会専務理事の白川修二氏は、長期的な病院の再編や病床削減、高額な医療機器の配置についても考慮するような制度設計を求めた。日本慢性期医療協会会長の武久洋三
  • 7対1入院基本料の病床削減が焦点

    カテゴリー:医療維新 2013年3月13日

    厚生労働省の中央社会保険医療協議会総会(会長:森田朗・学習院大学法学部教授)が3月13日開催され、入院医療の評価について議論した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。過去の外来医療と在宅医療の議論と...
  • 医師の偏在解消で「四つの提言」、横倉日医会長

    カテゴリー:医療維新 2012年10月29日

    ーズを基に、かかりつけ医機能を中心とした医療提供体制を構築する、(3)在宅医療は、在院日数短縮や病床削減のためではなく、患者のQOL向上や医療・介護の役割分担のために進めるべきであり、「点」ではなく「
  • 医療復興支援に地域医療再生基金の活用を要望、日医

    カテゴリー:医療維新 2011年5月13日

     なお、医療機関に対し2億円以上の地域医療再生基金を当てた場合、病床過剰地域では10%以上、非過剰地域では5%以上の病床削減を行わなければならないとの要件があるが、日医は、被災地域においてはこれを緩和するよう、併せて要望
  • 「医療費亡国論」からの脱却が不可欠 - 元財務官僚・村上正泰氏に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2009年11月25日

     私は保険局総務課で、「医療費適正化計画」の枠組み作りに携わったのですが、平均在院日数の短縮、療養病床削減の議論において、医政局の存在は薄かった。これらは医療提供体制の話ですから、医政局の観点からの議論
  • 「医療が焦点から外された」、自民・民主のマニフェストを読む◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2009年8月12日

    障国民会議は2025年に医療・介護費用は85兆円になると推測しているが、医療政策の柱は相変わらず病床削減、在院日数短縮で、「厚生労働省丸投げ」の構図は変っていない。はっきりした考えはなく、医療介護費用