m3.com トップ>記事検索結果

「病床機能報告制度」の検索結果

  • 主要検討テーマは4項目、「医師の働き方改革」への懸念根強く

    カテゴリー:医療維新 9月15日

    必要がないのに回復期病床への転換が進んでしまう。これは緊急事態」と危機感を示した。その上で、病床機能報告制度と地域医療構想の2025年の「病床の必要量」はそもそも比較すべきではないことを、通知などを出
  • 「全国一律の施策は限界、地域医療構想で対応を」

    カテゴリー:医療維新 9月11日

    武田局長は、現場では同構想への理解が十分ではなかったり、一部誤解もあるとした。誤解の一つが、病床機能報告制度の4つの医療機能の現状の病床数と、2025年の「病床の必要量」の関係であり、両者は完全一致を
  • 「奈良あんしんネット」を全県下に - 広岡孝雄・奈良県医師会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 9月4日

    。 ――先ほど地域医療構想が出ましたが、奈良県の現状はいかがでしょうか。  奈良県では独自の病床機能報告制度を検討しています。一口に、「急性期」と言っても、その幅は広いため、より的確に病床機能を報告す
  • 迫井課長「地域医療構想に寄り添う」は名言 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 7月29日

    ような医療提供体制を構築していくかは、各地域で話し合うべき問題。そこで議論を押し返し、まずは病床機能報告制度で現状を把握し、皆で各地域の医療の在り方を考え、地域医療構想を策定し、調整会議で話し合う枠組みに変えました。
  • 地域医療構想、悲観的になる必要なし - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 7月23日

    等の具体的対応方針の速やかな策定に向けて、2年間程度で集中的な検討を促進する」と明記)。  病床機能報告制度における4つの医療機能についても、皆がまだしっくりと来ていません。高度急性期や急性期の病床に
  • 医学部地域枠は「地元出身者に限定」、例外も

    カテゴリー:医療維新 7月20日

    の体制構築――についての事項を追加する。  20日の社保審医療部会では、地域医療構想の現状や病床機能報告制度についても議論。10月実施の2017年度の病床機能報告について、医師数(施設単位)などの報告
  • 医師偏在対策「キャリア形成プログラム」、医療計画に位置付け

    カテゴリー:医療維新 6月30日

    えば、介護老人保健施設・特別養護老人ホーム等は5割強であることなどが分かっている。そのほか、病床機能報告制度の「入院前の場所、退院先の場所別の患者の状況」もあるが、既存の調査や報告制度の結果は、一長一
  • 「回復期不足」本当か、把握必要

    カテゴリー:医療維新 6月30日

     日本病院団体協議会議長の原澤茂氏は6月27日の記者会見で、地域医療構想の病床機能報告制度で、「回復期機能が足りない」との解釈が広まっていることについて、「回復期が足りないというデータがどこの地域でも
  • 「急性期指標、地域医療を混乱に陥れる」、中川副会長

    カテゴリー:医療維新 6月25日

    ーキンググループ」では、病床機能報告制度の見直しなども進めていると説明。特に「回復期機能」が「不足」と解釈される点について、次のように述べた。「多くの構想区域で病床機能報告制度の数と病床の必要量を比較
  • 地域医療構想、47都道府県、構想区域別に一挙掲載

    カテゴリー:医療維新 6月30日

    慢性期の4つの医療機能別に推計。今後の医療提供体制がどのように変化を見通す一つの材料として、病床機能報告制度に基づく、4つの医療機能別報告数と「病床の必要量」を比較したデータを、都道府県別にまとめた(
  • 「新規開設・増床」、許可前に調整会議で確認

    カテゴリー:医療維新 6月23日

     22日のワーキンググループでは、調整会議における「慢性期機能」を担う病床に関する議論の進め方も整理。2016年度の病床機能報告制度によると、2025年の「病床の必要量」との比較で、3パターンに分類できる。特に問題となるのが
  • 地域医療構想「大学の理解不十分」「『回復期不足』も誤解」

    カテゴリー:医療維新 6月3日

    とし、「回復期が少ない、といたずらにあおる必要はない」と理解を求めた。  さらに、中川氏は、病床機能報告制度と診療報酬との関係について、中央社会保険医療協議会での厚労省の説明を引用しながら、次のように
  • 地域包括ケア病棟、「大病院の届出、本来の趣旨にあらず」

    カテゴリー:医療維新 5月18日

     発言を受け、迫井課長は、「診療報酬は、個別に要件を定めている。この場(中医協)で、病床機能報告制度と診療報酬をリンクさせる議論はしていない。また、病床機能報告制度の在り方には、さまざまな課題があると理解している。(厚労省)
  • 「急性期指標」、「見える化」の第一歩だが、注意必要

    カテゴリー:医療維新 5月10日

    は用いることができないなど、取り扱いに注意すべきとの意見が相次いだ。  「急性期指標」とは、病床機能報告制度の報告項目を用いて、病院の「急性期を主体とした医療を行っている度合い」を、計66項目について
  • 地域医療構想、「調整会議」の運営に注文

    カテゴリー:医療維新 4月21日

    や医療計画データブック等を踏まえた役割分担について確認」を毎年行う点を質問。佐々木課長は、「病床機能報告制度は、毎年10月に集計するため、直近のデータを使い、議論する場を年度初めに持ってもらう」と説明。
  • 一般病棟の退院患者「外来対応が基本」

    カテゴリー:医療維新 3月8日

    る医療機関については具体名を挙げた検討が求められると説明した。  そのほか第10回会議では、病床機能報告制度についても議論。同制度は2014年度からスタート、2016年度からは病棟単位で、医療機能(「
  • 「診療報酬、地域医療構想に“寄り添う”」、迫井医療課長

    カテゴリー:医療維新 1月26日

    、患者数に限りなく近い」と説明、構想区域ごとの「病床の必要量」を全国ベースで合計した数値と、病床機能報告制度で挙がってきた高度急性期、急性期、回復期、慢性期の病床数の全国合計などとの比較には、意味がな
  • かかりつけ医こそ、「高齢者医療のトリアージ」の担い手

    カテゴリー:医療維新 2016年7月22日

    られるような事態になれば、「反対していく」方針だという。  2014年10月からスタートした病床機能報告制度については、「本来、この制度が始まった時には、国民に対し、データが公開される予定だったが、ま
  • 療養病床、廃止か?延期か?いまだ意見対立

    カテゴリー:医療維新 2016年6月1日

    め、療養病床の「新たな類型」が担うべき役割も異なることが想定される。土居氏は、地域医療構想と病床機能報告制度にも言及、20対1の医療療養病床に、「新たな類型」の施設を併設するなど、「複数の病床機能を持
  • 「病床報告制度と実態は一致しない」中川副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年4月4日

     3月27日の第136回日本医師会臨時代議員会で、副会長の中川俊男氏は地域医療構想に関連し、「病床機能報告制度と実態は一致しない。地域医療構想調整会議で相談するのが今の仕組み。ぜひご理解いただきたい」と説明した。
  • 地域医療構想が先、診療報酬が後- 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年3月26日

    きっかけとなり、手術や麻酔は包括外にした方がいいという結論になりました。 ――診療報酬体系と病床機能報告制度を連動させることについては、どうお考えですか。  地域医療構想を踏まえて、各地域でそれぞれの
  • 地域包括ケア病棟、「急性期」から「慢性期」まで

    カテゴリー:医療維新 2016年3月10日

    会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)は、3月10日の第14回会議で、2016年度の病床機能報告制度の改善案と、地域医療構想調整会議における議論の進め方案を了承した(資料は、厚労省のホームペー
  • 支払側、「全体は評価」、個別に懸念も

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    見直しをしたい」と述べた。  次期2018年度改定が介護報酬との同時改定になることを受け、「病床機能報告制度上の病床機能と診療報酬上の評価の整合性が必要になる。関係審議会や中医協で、診療報酬と地域医療
  • 初再診料は据え置き、2016年度改定を答申

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    。今後については、地域包括ケアシステムの推進などに向けさらに検討を続けることが必要だとし、「病床機能報告制度の病床機能と診療報酬上の評価に整合性を持たせることが重要」と言及。  幸野氏に続きコメントし
  • 4つの医療機能別、入院料の算定状況提示へ

    カテゴリー:医療維新 2016年2月5日

    討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)は、2月4日の第13回会議で、2016年度の病床機能報告制度の改善案を議論、4つの医療機能と診療報酬の特定入院料の算定状況の対応関係が分かる資料を参照し
  • 地域医療構想の策定、41県は「2016年度半ば」

    カテゴリー:医療維新 2015年11月26日

    年度の病床機能報告制度の現状が報告された(資料は、厚労省のホームページ)。構想策定は一定程度は進んでいるが、2県は「策定時期は未定」とするなど、一部の地域では遅れている。今後の病床機能報告制度の見直し
  • 外来医療費の地域差是正、2018年度から

    カテゴリー:医療維新 2015年10月12日

    018年度からの次期医療費適正化計画に盛り込む。入院医療についても、機能分化をより進めるため病床機能報告制度の定量的基準を定め、2016年度から導入するスケジュール案が示されている。生活習慣病の治療薬
  • 「経営悪化」の可能性、大学も例外にあらず

    カテゴリー:医療維新 2015年9月15日

     石井氏はここでも「ショッキングなデータ」を提示。例えば、東京都の場合、現状(2014年の病床機能報告制度に基づくデータ)と2025年(パターンB:構想区域ごとの療養病床の県単位の入院受療率の全国最
  • 次期改定、外来機能分化もテーマに

    カテゴリー:医療維新 2015年9月13日

    療の機能分化や門前薬局の見直し、在宅医療・訪問看護を確保する方針を含めた厚労省案が示された。病床機能報告制度については、将来的に診療報酬上の評価区分と合わせるように求める意見が出た。 患者にとっても「効率的な医療実現」
  • 医師数報告見送り、病床機能報告で、本年度

    カテゴリー:医療維新 2015年8月28日

    回の議論を経て見送りとなり、今後の追加項目を検討することとなった(『医師数の報告追加に異議、病床機能報告制度』を参照)。今回から、未提出の医療機関への督促や、明らかなデータの誤りの訂正を求めることを実
  • 医師数の報告追加に異議、病床機能報告制度

    カテゴリー:医療維新 2015年7月29日

    会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)は、7月29日の第10回会議で、2015年度の病床機能報告制度について議論した。同省は医療機関が適切な報告をできるよう、3項目の改善を提案したが、医師数の
  • 日医、「公立病院厳しい時代」と見解

    カテゴリー:医療維新 2015年7月9日

    機関のデータがどこまで分かるかを聞いたのは静岡県の担当者。佐々木氏は提供可能なデータとして、病床機能報告制度で集める単月のレセプトデータから集計した情報と、DPCにおけるデータの2つを示し、「これ以上
  • 日医と四病協「一枚岩」強調、医療提供体制検討

    カテゴリー:医療維新 2015年5月14日

    応していく姿勢をみせた。  ワーキンググループの設置は、地域医療介護総合確保推進法の成立や、病床機能報告制度を盛り込んだ医療法改正などを受け、都道府県における地域医療構想の策定など諸般の施策が本格的に
  • 「厚労行政に得心してない」との指摘も

    カテゴリー:医療維新 2015年3月20日

    た病床機能の転換は、「医療機関の自主的な取り組み」であることを強調したが、各地の担当者からは病床機能報告制度が診療報酬とリンクする可能性を危惧する声が出て、「厚労行政に得心していない」との意見も出た。
  • 地域医療構想策定ガイドライン、了承

    カテゴリー:医療維新 2015年3月18日

    いる。(各区域で設置して)より良い地域医療構想を策定してもらいたい」とあいさつ。本検討会は、病床機能報告制度や地域医療構想の実現状況を検証したり、ガイドラインの見直しなどのため、今後も継続する予定。
  • 「医師トップのヒエラルキー」転換、在宅のカギ

    カテゴリー:医療維新 2015年2月16日

    成立した地域医療介護総合推進法を軸に、在宅医療をめぐる行政の動きについて説明。同年10月には病床機能報告制度がスタート。この4月からは、各都道府県で地域医療構想の策定が始まり、厚労省では現在、その策定
  • 「高度急性期」「急性期」、3000点で区分

    カテゴリー:医療維新 2015年2月13日

    習院大学経済学部長)の第8回会議で、2025年の医療需要と4つの医療機能の必要量の推計方法、病床機能報告制度の報告情報に関する公表の在り方を提示、おおむね了承が得られた(資料は、厚労省のホームページに掲載)。
  • 地域医療構想、実現方策は3段階

    カテゴリー:医療維新 2015年1月31日

    タートした病床機能報告制度において、各医療機関は、現状および将来目指す病床を、「高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」の病床区分ごとに報告する。年間スケジュールで見れば、病床機能報告制度は毎年1回
  • 「高度急性期」「急性期」、今も6年後も6割強

    カテゴリー:医療維新 2014年12月26日

    (座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)の12月25日の第6回会議で、10月からスタートした病床機能報告制度の速報値が公表され、今年7月時点では医療機能は、「急性期」が47.0%と多く、「高度急性期」16
  • ノバ社やSTAP研究不正抑えた今年の1番のニュース◆Vol.5-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月24日

    千葉大の降圧剤論文に撤回勧告、調査委、効果ほぼ否定(4月) 東大で新たに5つの不適切臨床研究、SIGN研究調査(6月) 病床機能報告制度がスタート、4つの病床機能区分(10月) 39 TPP交渉を巡る動き(通年) 元東大森口氏の
  • 医療界の今年の漢字「忍」「変」「忙」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年12月17日

    た。医療介護総合確保促進法で定めた904億円規模の「新たな財政支援制度(基金)」が設置され、病床機能報告制度も10月から始まった。5位は「迷」で28人。医療界の変革の動きを、「迷走」と捉えている医師もいるとみられる。
  • 「医療界の環境悪化」が増加、4割超◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年12月11日

     2014年は、診療報酬改定、904億円の新基金の創設、病床機能報告制度の開始のほか、2025年度の医療提供体制構築に向けた検討が具体化した。理化学研究所のSTAP細胞を巡る問題やエボラ出血熱の話題を
  • 構想実現しなければ、病院倒産も - 森田潔・岡山大学学長に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2014年12月9日

     複数の病院の統合により、教育・研修の場が広がり、医師のキャリア形成にもメリットがあります。 ――この10月から、「病床機能報告制度」がスタート、来年度からは地域医療構想の策定も始まります。先生方の構想は、これらと関係してくる話でもあります。
  • 暗闇や霧の中でもがく医療界◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2014年12月5日

    、手がかりがないまま、物事に取り組んだりする様を表す四字熟語。2014年には、診療報酬改定や病床機能報告制度の開始などで、2025年に向けた医療提供体制の改革が始まり、医療者も対応を迫られている。世界
  • 急性期病床、想定の約2倍か、2025年に、日病調査

    カテゴリー:医療維新 2014年11月26日

     日本病院会の堺常雄会長は、11月25日の記者会見で、病床機能報告制度が始まったことを受けて会員に緊急調査を実施したところ、2025年度時点でも一般急性期として機能を果たす意向を示している病院が「6割
  • 名称が決まる、「地域医療構想調整会議」

    カテゴリー:医療維新 2014年11月21日

    議を行い、「地域医療構想」を実現することが、「地域医療構想調整会議」の一番の役割。そのほか、病床機能報告制度による情報の共有、地域医療介護総合確保基金に関する協議、その他(地域包括ケアシステム、人材の
  • 「新基金の効果、検証を」、社会保障制度改革推進会議

    カテゴリー:医療維新 2014年11月7日

    4年度に新設された「地域医療介護総合確保基金」(新基金)に国費904億円が充てられることや、病床機能報告制度の開始、地域医療構想(ビジョン)の考え方などについて、現在の取り組み状況を報告した。東京大学
  • 2006年以来の大改革時代 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年10月28日

    長期処方を是正する。この辺りから始めたいと考えています。 ――先ほど言われたように、「いくら病床機能報告制度などを作っても、患者さんはどこを受診したらいいかが、なかなか分からない」ため、かかりつけ医を普及させることが目的でしょうか。
  • 2016年度改定は同時改定の先鞭 - 宮嵜雅則・厚労省医療課長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年10月23日

    改定は一体改革の「第二歩」- 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く』を参照)。 「診療報酬と病床機能報告制度を関連付けた仕組みにすることは必要」(宮嵜雅則氏)。  2012年度は診療報酬と介護報酬の同
  • 地域医療構想は医師会主導で - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2014年10月21日

     この10月から「病床機能報告制度」がスタート、それを基に来年4月から「地域医療構想」の策定が始まる。2025年の医療提供体制を見据えた取り組みが本格化するが、いまだに医療関係者の間でも、これらの施策
  • 1
  • 2