m3.com トップ>記事検索結果

「病院薬剤師」の検索結果

  • 「法令への記載」なければ、薬剤師は本来業務を果たせず?

    カテゴリー:医療維新 11月8日

     中川氏は「がん等の薬物療法などを専門的に担う薬局」についても、病院薬剤師が一貫して行うべき業務であり、薬局薬剤師が行うのであれば、「補完する役割」とした。  参考人として出席した、日本病院薬剤師会専務理事の桑原健氏は、特に外来化
  • 「薬剤専門家としてプライドを」「医師だけで抱え込もうとしないで」◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 10月14日

    ・調剤薬局へ、しょうもない疑義照会電話はやめてほしい。そのたびに診察が止まる。【公立病院】 ・面倒がらないこと。【公立病院】 ・病院薬剤師は働いていると思います。院外調剤はどうでしょうか?【公的病院】 ・効能書き一辺倒でなく発言してほ
  • 医師・薬剤師のやりとり「直接の場合はやんわりと」◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 10月8日

    し、事後確認も行えるようにしておく。【公立病院】 ・医師も検査、手術、外来などで多忙であるが、病院薬剤師としても目の前の患者に対して妥協は許されないため、医師の状況を鑑みて面着、電話、メール、Ns経由
  • 薬局への診療情報の共有「薬剤師が診察するのか?」◆Vol.9-2

    カテゴリー:医療維新 10月6日

    や処方名が隠されるケースもでてきているので、やるなら全面的に!! でないと意義が薄れる【民間病院】 ・薬剤師が病気や疾患について、どれほど理解しているかが分かりません。病名だけ記載してもないよりはまし
  • 「健康相談機能」、医師と薬剤師の溝大きく◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 9月9日

    ・訳の分からない高額健康食品の被害を少なくできれば良いけど、案外、薬局にも不思議な薬を置いているとこはありますね。【民間病院】 ・薬剤師さんの業務負担は増えるかも知れないですが、健康相談を薬局でできれば、患者さんにとってはメリットがあると思います。【民間病院】
  • オンライン服薬指導の推進、賛否が拮抗◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 8月26日

    きず、誤解を招くようなものも多い。一律に「Aという薬は○○剤です」式の情報は慎むべき。【民間病院】 ・薬剤師の求められる対人業務が、どんどんレベルアップしていくと推察します。そうなると遅かれ早かれオン
  • 院内での調剤業務、医師・薬剤師とも4割が「調剤財源も」◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 8月25日

    ・薬剤部は不採算部門と思われているので、調剤業務の評価も必要。【民間病院】 ・院内調剤の点数が低すぎる。【民間病院】 ・病院薬剤師が行う調剤行為は「医療行為」ではなく、やはり「調剤業務」と見なすのが自然と思われる。【民間病院】
  • 院内調剤「医師から自由になれず、患者不利益」「派遣薬剤師が認めるべき」◆Vol.3-3

    カテゴリー:医療維新 8月19日

    に服薬指導ができるのか疑問である。このことからも院内調剤を再検討すべきである。【民間病院】 ・病院薬剤師が少ない現状を打破するためにも、再評価は必要。【民間病院】 ・院内調剤の充実よりも、薬剤師の確保の方が先。【公立病院】
  • 院内調剤「患者負担が減る」「今さら、戻るのは無理」◆Vol.3-2

    カテゴリー:医療維新 8月12日

    薬かどうか判断するのが簡単ではない。効かないジェネリックが存在するのは明らか。【公的病院】 ・病院薬剤師が少なくなっている現状では全面採用は難しい。7剤低減の問題もあり。【公的病院】 ・ジェネリック選
  • 「薬局の最低限の役割の明確化、機能分化を」との意見も

    カテゴリー:医療維新 7月25日

    いるのは事実。しかし、患者が地域に戻り、あるいは県外のがん専門の病院を受診していることもある。病院薬剤師と薬局薬剤師が連携し、患者のQOL改善のために取り組むためには、全ての薬局かという議論はあるが、
  • 2017地方紙ニュース年間ランキング

    カテゴリー:医療維新 1月4日

    医師試験、助成で初合格 相模原市、医学生に修学資金【神奈川新聞】 医薬品1億円相当不明 茅ケ崎市立病院、薬剤師が横領【神奈川新聞】 総合病院誘致へ予算870万円計上 逗子【神奈川新聞】 横浜市民病院移転工
  • 調剤技術料「全て院内」で1兆7000億円減、日医総研レポート

    カテゴリー:医療維新 1月2日

    、2015年度の385.9円から、2016年度には過去最高となる443.0円に跳ね上がった。 病院薬剤師への評価を  一般病院における薬剤師の給与総額は2639億円と推計。一方で、診療報酬による手当は
  • 横倉・日医会長、「改定率は60点、希望は0.76-0.78%だった」

    カテゴリー:医療維新 2017年12月21日

    心となって、地域に密着した医療が提供できるよう増額を要望してきた」と成果を誇った。 調剤報酬で病院薬剤師評価を  調剤報酬の在り方を巡っては、「医科では学会から中医協の医療技術評価分科会に約800件の
  • 医師からかかりつけ薬剤師への「検査値の提供」、日医委員はNG

    カテゴリー:医療維新 2017年12月15日

    コメントした。  しかし、今村氏は、「医師とかかりつけ薬剤師が直接的にやり取りする状況にない。病院薬剤師と薬局薬剤師の連携が現状で十分に取れているとも思えない」などと述べ、まずは薬剤師同士の連携が必要だとした。
  • 「調剤料、早急かつ大胆な見直しを」、今村日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2017年12月9日

    それなりの貢献ができているのではないか」と述べ、理解を求めた。  これに対し、松本純一氏は、「病院薬剤師と薬局薬剤師は、どう能力が違うのか、やることが違うのか、一度整理をしてもらいたい」と求めた。 日
  • 中川日医副会長「調剤財源で院内処方評価を」医療部会

    カテゴリー:医療維新 2017年12月6日

    ない。同じくらいの給料でいけるようにしていただかないと」、日本医療法人協会会長の加納繁照氏は「病院薬剤師が集めにくいのが一番の問題。調剤薬局が高級で雇って、全く来てくれない。門前、敷地内薬局と院内が同
  • 診療側、働き方改革で診療報酬上の対応求める

    カテゴリー:医療維新 2017年11月8日

    。医師事務作業補助者は診療報酬で十分に対応できていない。  薬剤師については、養成数は多いが、病院薬剤師が十分でなく、今必要とされている。薬局の薬剤師の基準を緩和したら、ますます病院で働かなくなってしまうのではないか。
  • 災害時活用可能OTC医薬品リスト作成

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年4月20日

    。  一方、実際の災害時には現場に薬剤師がいない場合、あるいはOTC医薬品の知識が潤沢ではない病院薬剤師が対応することも想定されることから、研究班では医薬品集とは別に個々の医薬品に関する情報提供カード
  • ポラプレジンク重大副作用で改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月22日

    まえた調査の結果、改訂が適切と判断した。  厚労省の周知依頼は、日本医師会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、日本内科学会、日本消化器病学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本皮膚科学会、日本耳鼻咽喉科
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年9月28日

    臨床研究委員会委員、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 北海道ブロック幹事。 医療機器メーカー経験後、病院薬剤師などを経てアインホールディングスに入社。 アイン薬局夕張店にて在宅専任薬剤師として勤務後、現職に
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    局内でのインフルエンザの予防接種が開始されています(写真1)。現在では、PSA以外にもPGA、病院薬剤師会、生涯学習プログラムのプロバイダーであるThe Australian College of P
  • 職場の工夫、「複数主治医で業務半減」「命守るため『いねむり』」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月5日

    ・みんなで、協力して、分担制のマニュアルを作製した。【薬剤師】 ・私の勤務先もそうなのですが、病院薬剤師で当直をしている所は朝8時から翌8時までの24時間勤務体制をしているところがあると思います。その
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年6月2日

    デンスを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。最終回と
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年5月18日

    臨床研究委員会委員、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 北海道ブロック幹事。 医療機器メーカー経験後、病院薬剤師などを経てアインホールディングスに入社。 アイン薬局夕張店にて在宅専任薬剤師として勤務後、現職に
  • 「来てやった」と傲慢な態度の人も、災害派遣医療

    カテゴリー:医療維新 2016年5月6日

    面が何度かあった。地元の医療関係者との連携と引き継ぎが大切。(復旧後の医療を尊重)。病診連携、病院薬剤師と開局薬剤師の連携が重要。【薬剤師】 ・参加する側が災害対策をきちんとする。【薬剤師】 ・阪神地
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年4月14日

    臨床研究委員会委員、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 北海道ブロック幹事。 医療機器メーカー経験後、病院薬剤師などを経てアインホールディングスに入社。 アイン薬局夕張店にて在宅専任薬剤師として勤務後、現職に
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年4月8日

    スを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。  本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。 そのエビデンス、本当にすごい?
  • 残薬、82%が「重要な課題」と認識◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年3月21日

    は、90日処方を行っています。学校を休んでまで外来に来てもらう必要はないと考えます。【医師】 病院薬剤師です。病院はDPCですので、必死に以前から削減に取り組んでいます。複数の降圧剤は配合剤に変更して
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年2月26日

    臨床研究委員会委員、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 北海道ブロック幹事。 医療機器メーカー経験後、病院薬剤師などを経てアインホールディングスに入社。 アイン薬局夕張店にて在宅専任薬剤師として勤務後、現職に
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年1月14日

    スを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。  本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。 「エビデンスを適用する」とは
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2015年11月30日

    ンスを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。 本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。 「エビデンスを適用する」とは
  • がん専門薬剤師の仕事

    カテゴリー:医療維新 2015年11月26日

     日本医療薬学会認定がん指導薬剤師、日本医療薬学会認定がん専門薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、日本病院薬剤師会認定がん薬物療法認定薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、JADA公認スポーツファーマシス
  • チーム医療で活躍する病院薬剤師の仕事

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    のやりとりも多い病院薬剤師。そんな病院薬剤師に対し、「忙しい」「大変そう」とイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。そこで今回は調剤薬局やドラッグストアでは経験できない「病院薬剤師だからできること
  • 鍛えよう! 薬剤師のコミュニケーションスキル

    カテゴリー:医療維新 2015年11月4日

    し、他職種に圧倒されてしまい、あまり発言できません。自信を持って話すコツを教えてください。  病院薬剤師の方々からよく相談される悩みですね。いきなり自信を持って話すのは難しいですから、今回は「他職種に
  • チーム医療「伝言ゲームで大変」「看護師がいじめる」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月25日

    に協力するのを平気で妨害すらしていた。病院薬剤師は現場のことが理解できず薬剤添付文書に少しでも違う処方をすると鬼の首でも取ったかのように指摘してきた。病院薬剤師の態度が明らかに違ってきたのは、病棟に薬
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2015年10月23日

    スを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。  本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。 はじめに
  • 医療事故等調査支援団体を告示、厚労省

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    日本薬剤師会、都道府県薬剤師会 日本看護協会、都道府県看護協会 日本助産師会、都道府県助産師会 日本病院薬剤師会 日本診療放射線技師会 日本臨床衛生検査技師会 日本臨床工学技士会 ○ 病院団体等 日本病院会及びその会員が代表者である病院
  • 薬剤師の法律問題SOS

    カテゴリー:医療維新 2015年6月29日

     民事責任は、被害者である患者さんに対し、損害の填補のために金銭を支払わなければならない責任(損害賠償責任)です。近年では、病院薬剤師が5倍量の医薬品が処方されていたにもかかわらず疑義照会を怠たり、そのまま薬剤が投与され患者が死亡
  • メラノーマ新薬発売で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年3月4日

     日本病院薬剤師会や日本皮膚科学会はこのほど、悪性黒色腫(メラノーマ)の経口新薬「ベムラフェニブ」(一般名ゼルボラフ錠240mg)が承認、発売されたことを受け、注意喚起を発した。海外第3相臨床試験(P
  • ついにマスコミも調剤薬局にロックオン

    カテゴリー:医療維新 2015年2月17日

    調剤薬局にあったと考えられるような事例であった。浜松地区でも、薬剤師が「薬ー薬連携」といって、病院薬剤師と調剤薬局薬剤師との連携で、がん治療薬を適切に処方使用という努力がさんざん行われたが、私は、この
  • 実践的な情報・課題共有が連携のカギ◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年11月14日

    ンポジウムやグループワークと、懇親会という構成。最近で取り上げたテーマは、「在宅療養あんしん病院」「薬剤師の在宅への参加」「災害対策」「コミュニケーション」「今後を見据えた地域連携の再構築」「死生学」
  • 臨床研究規制、法制化へ、厚労省検討委

    カテゴリー:医療維新 2014年10月23日

    議から中間取りまとめも報告された。主任研究者は日本大学薬学部教授の白神誠氏で、報告したのは日本病院薬剤師会副会長の土屋文人氏。  中間取りまとめでは、広告の内容について(1)広告は国内で承認を受けた効
  • 医薬分業「さらに推進」25%にとどまる◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年4月15日

    答があったほか、「複数の施設で薬剤の処方を受けている患者の管理は、調剤薬局の方がやりやすい」「病院薬剤師の重要性が増す」という回答もあった。  一方、否定的な意見としては、「薬局がもうけすぎ」「患者の
  • 日本在宅薬学会で薬剤師教育も実施 -狭間研至・ ファルメディコ(株)代表取締役社長に聞く◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2012年9月20日

    5%の人はイノベーター、次の13.5%がアーリーアダプターという、「イノベーター理論」がありますよね。開局の薬剤師と病院薬剤師を合わせて約20万人。その2.5%は5000人。僕は薬剤師向けのバイタルサインの解説書を書かせて
  • 勤務医は専門誌、開業医はMRが情報源

    カテゴリー:医療維新 2012年8月10日

    カーの協力を得て行った。医師2129人(HP:1068人、GP:1061人)、薬剤師529人(病院薬剤師:322人、薬局薬剤師:207人から得た回答を集計。MRの有効回答数は1万6827人で、全MR の4分の1強に当たる。
  • 処方依頼、回数など記述標準化

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年3月28日

    回数、服用方法、使用部位といった内容を誤解なく示せるようにしたものだ。  2011年9月に日本病院薬剤師会と日本薬剤師会により内服薬、外用薬に関する「標準用法用語集」が公表されたことを受け、用語集に収
  • 中医協診療側、7人の委員は何を語ったか

    カテゴリー:医療維新 2012年2月10日

    機能、小規模薬局の連携体制なども評価され、薬剤師が地域において努力をしていかなければいけない。病院薬剤師の病棟業務も、精神病棟と療養病棟では限定的な評価だったが、これまでやってきた業務が評価されたこと
  • 「プラス改定残念」、支払側発言者から相次ぐ、公聴会

    カテゴリー:医療維新 2012年1月20日

    約1000人収容の会場に対し、傍聴者は462人。  一方、診療側サイドからは、有床診療所院長、大学病院院長、大学病院薬剤師、訪問看護ステーションの看護師、歯科診療所院長の5人がそれぞれの立場から、再診料や入院基本料など
  • 放射性医薬品管理ガイド発表

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年7月14日

    全に管理、使用するための手順を示した。日本核医学会、日本核医学技術学会、日本放射線技師会、日本病院薬剤師会の4学会が共同で作成した。 【関連リンク】 放射性医薬品取り扱いガイドライン
  • チーム医療の実践的事例を提示、推進方策検討WG◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2011年3月3日

    回復期リハ病棟における転倒対策 ・ 医療療養病床におけるチーム医療 ・ 退院支援調整チーム ・ 病院薬剤師と薬局薬剤師の連携の取組例 ・ 入院から在宅までの切れ目のない栄養管理 ・ 地域関係機関と連携した在宅療養生活支援チームの取組例
  • 1
  • 2