m3.com トップ>記事検索結果

「病院薬剤師」の検索結果

  • 診療側、働き方改革で診療報酬上の対応求める

    カテゴリー:医療維新 11月8日

    。医師事務作業補助者は診療報酬で十分に対応できていない。  薬剤師については、養成数は多いが、病院薬剤師が十分でなく、今必要とされている。薬局の薬剤師の基準を緩和したら、ますます病院で働かなくなってしまうのではないか。
  • 災害時活用可能OTC医薬品リスト作成

    カテゴリー:臨床ニュース 4月20日

    。  一方、実際の災害時には現場に薬剤師がいない場合、あるいはOTC医薬品の知識が潤沢ではない病院薬剤師が対応することも想定されることから、研究班では医薬品集とは別に個々の医薬品に関する情報提供カード
  • ポラプレジンク重大副作用で改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月22日

    まえた調査の結果、改訂が適切と判断した。  厚労省の周知依頼は、日本医師会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、日本内科学会、日本消化器病学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本皮膚科学会、日本耳鼻咽喉科
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年9月28日

    臨床研究委員会委員、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 北海道ブロック幹事。 医療機器メーカー経験後、病院薬剤師などを経てアインホールディングスに入社。 アイン薬局夕張店にて在宅専任薬剤師として勤務後、現職に
  • オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    局内でのインフルエンザの予防接種が開始されています(写真1)。現在では、PSA以外にもPGA、病院薬剤師会、生涯学習プログラムのプロバイダーであるThe Australian College of P
  • 職場の工夫、「複数主治医で業務半減」「命守るため『いねむり』」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月5日

    ・みんなで、協力して、分担制のマニュアルを作製した。【薬剤師】 ・私の勤務先もそうなのですが、病院薬剤師で当直をしている所は朝8時から翌8時までの24時間勤務体制をしているところがあると思います。その
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年6月2日

    デンスを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。最終回と
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年5月18日

    臨床研究委員会委員、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 北海道ブロック幹事。 医療機器メーカー経験後、病院薬剤師などを経てアインホールディングスに入社。 アイン薬局夕張店にて在宅専任薬剤師として勤務後、現職に
  • 「来てやった」と傲慢な態度の人も、災害派遣医療

    カテゴリー:医療維新 2016年5月6日

    面が何度かあった。地元の医療関係者との連携と引き継ぎが大切。(復旧後の医療を尊重)。病診連携、病院薬剤師と開局薬剤師の連携が重要。【薬剤師】 ・参加する側が災害対策をきちんとする。【薬剤師】 ・阪神地
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年4月14日

    臨床研究委員会委員、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 北海道ブロック幹事。 医療機器メーカー経験後、病院薬剤師などを経てアインホールディングスに入社。 アイン薬局夕張店にて在宅専任薬剤師として勤務後、現職に
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年4月8日

    スを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。  本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。 そのエビデンス、本当にすごい?
  • 残薬、82%が「重要な課題」と認識◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年3月21日

    は、90日処方を行っています。学校を休んでまで外来に来てもらう必要はないと考えます。【医師】 病院薬剤師です。病院はDPCですので、必死に以前から削減に取り組んでいます。複数の降圧剤は配合剤に変更して
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年2月26日

    臨床研究委員会委員、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 北海道ブロック幹事。 医療機器メーカー経験後、病院薬剤師などを経てアインホールディングスに入社。 アイン薬局夕張店にて在宅専任薬剤師として勤務後、現職に
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年1月14日

    スを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。  本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。 「エビデンスを適用する」とは
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2015年11月30日

    ンスを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。 本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。 「エビデンスを適用する」とは
  • がん専門薬剤師の仕事

    カテゴリー:医療維新 2015年11月26日

     日本医療薬学会認定がん指導薬剤師、日本医療薬学会認定がん専門薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、日本病院薬剤師会認定がん薬物療法認定薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、JADA公認スポーツファーマシス
  • チーム医療で活躍する病院薬剤師の仕事

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    のやりとりも多い病院薬剤師。そんな病院薬剤師に対し、「忙しい」「大変そう」とイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。そこで今回は調剤薬局やドラッグストアでは経験できない「病院薬剤師だからできること
  • 鍛えよう! 薬剤師のコミュニケーションスキル

    カテゴリー:医療維新 2015年11月4日

    し、他職種に圧倒されてしまい、あまり発言できません。自信を持って話すコツを教えてください。  病院薬剤師の方々からよく相談される悩みですね。いきなり自信を持って話すのは難しいですから、今回は「他職種に
  • チーム医療「伝言ゲームで大変」「看護師がいじめる」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月25日

    に協力するのを平気で妨害すらしていた。病院薬剤師は現場のことが理解できず薬剤添付文書に少しでも違う処方をすると鬼の首でも取ったかのように指摘してきた。病院薬剤師の態度が明らかに違ってきたのは、病棟に薬
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2015年10月23日

    スを活用することで薬剤師はもっと確信を持って主体的に在宅に取り組めるはずです。  本連載では、病院薬剤師として在宅医療に携わる桑原秀徳氏に、在宅におけるエビデンスの活用法についてうかがいます。 はじめに
  • 医療事故等調査支援団体を告示、厚労省

    カテゴリー:医療維新 2015年8月6日

    日本薬剤師会、都道府県薬剤師会 日本看護協会、都道府県看護協会 日本助産師会、都道府県助産師会 日本病院薬剤師会 日本診療放射線技師会 日本臨床衛生検査技師会 日本臨床工学技士会 ○ 病院団体等 日本病院会及びその会員が代表者である病院
  • 薬剤師の法律問題SOS

    カテゴリー:医療維新 2015年6月29日

     民事責任は、被害者である患者さんに対し、損害の填補のために金銭を支払わなければならない責任(損害賠償責任)です。近年では、病院薬剤師が5倍量の医薬品が処方されていたにもかかわらず疑義照会を怠たり、そのまま薬剤が投与され患者が死亡
  • メラノーマ新薬発売で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年3月4日

     日本病院薬剤師会や日本皮膚科学会はこのほど、悪性黒色腫(メラノーマ)の経口新薬「ベムラフェニブ」(一般名ゼルボラフ錠240mg)が承認、発売されたことを受け、注意喚起を発した。海外第3相臨床試験(P
  • ついにマスコミも調剤薬局にロックオン

    カテゴリー:医療維新 2015年2月17日

    調剤薬局にあったと考えられるような事例であった。浜松地区でも、薬剤師が「薬ー薬連携」といって、病院薬剤師と調剤薬局薬剤師との連携で、がん治療薬を適切に処方使用という努力がさんざん行われたが、私は、この
  • 実践的な情報・課題共有が連携のカギ◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年11月14日

    ンポジウムやグループワークと、懇親会という構成。最近で取り上げたテーマは、「在宅療養あんしん病院」「薬剤師の在宅への参加」「災害対策」「コミュニケーション」「今後を見据えた地域連携の再構築」「死生学」
  • 臨床研究規制、法制化へ、厚労省検討委

    カテゴリー:医療維新 2014年10月23日

    議から中間取りまとめも報告された。主任研究者は日本大学薬学部教授の白神誠氏で、報告したのは日本病院薬剤師会副会長の土屋文人氏。  中間取りまとめでは、広告の内容について(1)広告は国内で承認を受けた効
  • 医薬分業「さらに推進」25%にとどまる◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年4月15日

    答があったほか、「複数の施設で薬剤の処方を受けている患者の管理は、調剤薬局の方がやりやすい」「病院薬剤師の重要性が増す」という回答もあった。  一方、否定的な意見としては、「薬局がもうけすぎ」「患者の
  • 日本在宅薬学会で薬剤師教育も実施 -狭間研至・ ファルメディコ(株)代表取締役社長に聞く◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2012年9月20日

    5%の人はイノベーター、次の13.5%がアーリーアダプターという、「イノベーター理論」がありますよね。開局の薬剤師と病院薬剤師を合わせて約20万人。その2.5%は5000人。僕は薬剤師向けのバイタルサインの解説書を書かせて
  • 勤務医は専門誌、開業医はMRが情報源

    カテゴリー:医療維新 2012年8月10日

    カーの協力を得て行った。医師2129人(HP:1068人、GP:1061人)、薬剤師529人(病院薬剤師:322人、薬局薬剤師:207人から得た回答を集計。MRの有効回答数は1万6827人で、全MR の4分の1強に当たる。
  • 処方依頼、回数など記述標準化

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年3月28日

    回数、服用方法、使用部位といった内容を誤解なく示せるようにしたものだ。  2011年9月に日本病院薬剤師会と日本薬剤師会により内服薬、外用薬に関する「標準用法用語集」が公表されたことを受け、用語集に収
  • 中医協診療側、7人の委員は何を語ったか

    カテゴリー:医療維新 2012年2月10日

    機能、小規模薬局の連携体制なども評価され、薬剤師が地域において努力をしていかなければいけない。病院薬剤師の病棟業務も、精神病棟と療養病棟では限定的な評価だったが、これまでやってきた業務が評価されたこと
  • 「プラス改定残念」、支払側発言者から相次ぐ、公聴会

    カテゴリー:医療維新 2012年1月20日

    約1000人収容の会場に対し、傍聴者は462人。  一方、診療側サイドからは、有床診療所院長、大学病院院長、大学病院薬剤師、訪問看護ステーションの看護師、歯科診療所院長の5人がそれぞれの立場から、再診料や入院基本料など
  • 放射性医薬品管理ガイド発表

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年7月14日

    全に管理、使用するための手順を示した。日本核医学会、日本核医学技術学会、日本放射線技師会、日本病院薬剤師会の4学会が共同で作成した。 【関連リンク】 放射性医薬品取り扱いガイドライン
  • チーム医療の実践的事例を提示、推進方策検討WG◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2011年3月3日

    回復期リハ病棟における転倒対策 ・ 医療療養病床におけるチーム医療 ・ 退院支援調整チーム ・ 病院薬剤師と薬局薬剤師の連携の取組例 ・ 入院から在宅までの切れ目のない栄養管理 ・ 地域関係機関と連携した在宅療養生活支援チームの取組例
  • チーム医療のガイドライン(案)次回会議に提示へ◆Vol.17

    カテゴリー:医療維新 2011年2月9日

    祉の連携)   例:在宅医療におけるチーム医療(クリニック川越)   例:地域緩和ケアを支える病院薬剤師と保険薬局等との連携(国立がん研究センター東病院)   例:入院から在宅までの切れ目のない栄養管理
  • 「特定看護師」候補が今春から臨床現場へ◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2011年1月20日

    回改めて議論することになった。  日病薬も「看護業務実態調査」を実施  19日の会議では、日本病院薬剤師会常務理事の土屋文人氏が、同会が2010年11月に実施した「薬剤師が行う薬剤業務及び看護師が行う
  • 特定看護師、厚労省のシナリオ通りに議論進まず◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 2010年12月6日

    職能団体に意見を聞いたもの。対象は、日本栄養士会、日本言語聴覚士協会、日本作業療法士協会、日本病院薬剤師会、日本薬剤師会、日本放射線技師会、日本理学療法士協会、日本臨床衛生検査技師会、日本臨床工学技士
  • 昨年度インフルワクチン、8月後半から返品開始予定

    カテゴリー:医療維新 2010年8月4日

    田一登会長の提案により開催されたもので、出席者は日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、日本放射線技師会、日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会、日本栄養士会、
  • 薬害肝炎検討会が最終提言、「できるものは速やかに実施」と長妻大臣

    カテゴリー:医療維新 2010年3月30日

    ノゲン製剤の現状での薬効としての評価などを調査した。研究班長で、本検討委員会の委員でもある日本病院薬剤師会長の堀内龍也氏は、「医師でも専門分野によってフィブリノゲン製剤に対する認識が異なり、その使用に
  • 中医協公聴会開催 医療従事者、健保組合職員など9人が出席

    カテゴリー:医療維新 2010年1月25日

    った。医療従事者として意見発表を行ったのは福島県医師会常任理事/開業医、歯科医師、訪問看護師、病院薬剤師、公立病院院長/全国自治体病院協議会・県支部長。また、医療従事者以外では、保険医協会職員、健康保
  • 「1日量から1回量」へ、内服薬処方せん記載を変更

    カテゴリー:医療維新 2009年12月2日

    面で、皆が好きなように使ってきた言葉。一般的には薬名と用法・用量で書いている」(土屋文人・日本病院薬剤師会常務理事)といった意見も出た。  「現行でも、療担の通知というルールがある。にもかかわらず、な
  • チーム医療推進のカギは「人数か、意識か、制度か」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2009年10月14日

    専門分野を生かし、分担・連携している」とした。抗がん剤をはじめとする薬物療法の進歩などにより、病院薬剤師の種類・質・量は大きく変化、特にここ10年間は病棟での活動の範囲が広がってきたという。  「医薬