m3.com トップ>記事検索結果

「痛風」の検索結果

  • 高尿酸値と関連する健康リスクは2つのみ

    カテゴリー:海外ジャーナル 7月13日

    高いエビデンスと判定された知見は、SUA降下療法で腎石症の再発リスクが低下することと、SUA高値で痛風リスクが高まることのみだった。
  • 痛風リスクはDASH食で低下する

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月16日

     痛風既往のない男性4万4444例を対象に、高血圧予防のための食事療法DASH食と西洋食による痛風リスクへの影響を前向きコホート研究で比較。26年間の追跡で1731例が痛風を発症した。痛風リスクはDA
  • 血清尿酸値正常範囲内でも腎機能低下

    カテゴリー:臨床ニュース 6月7日

    Physiology-Renal Physiology」電子版に同日付けで掲載されている。  高尿酸血症は、痛風を引き起こすだけでなく、高血圧症、糖尿病、動脈硬化症などの生活習慣病や腎機能障害と関連するといわる
  • 医者の不養生「病気を治してから治療に当たってください」

    カテゴリー:医療維新 4月29日

    ・炎天下で過度の運動をして当日はお酒を抜いたが、次の日まだ脱水傾向なのは分かっていたが、大量にお酒を飲み、右膝痛風発作を起こし、「水分をしっかり摂るように」と医師から言われた。【薬剤師】 ・12月にノロウイルス感
  • 「抗酸化」「酸化促進」2つの顔【時流◆尿酸の意義】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月2日

     痛風患者を治療する場では「一定程度のレベル以下に治療すべき」尿酸。一方、腎機能が正常であれば、ほぼ100%が老廃物として排泄されるクレアチニンと違い、90%が尿から再吸収される。これは尿酸が体内で不
  • 尿酸は本当に「悪玉」か?【時流◆尿酸の意義】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月1日

    験によるエビデンスは少ない。一方、最近では急性期脳卒中患者に尿酸を静注する臨床試験も行われるなど、痛風患者に多く遭遇する日常診療では「悪玉」寄りだった尿酸に新たな視点が加わりつつある。では、実際に無症
  • 重症薬疹、診断・受診遅れも【時流◆SJS/TEN】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

    準が示されている。 原因医薬品は?  SJS/TENの被疑薬は抗生物質や解熱鎮痛薬、抗てんかん薬、痛風治療薬、サルファ薬、消化性潰瘍治療薬、催眠鎮静薬、抗不安薬、精神神経薬、緑内障治療薬、筋弛緩薬、高
  • 世界初の「低」尿酸血症指針策定

    カテゴリー:臨床ニュース 2月20日

     日本発・世界初となる腎性低尿酸血症(renal hypouricemia: RHUC)診療ガイドラインが間もなく公表される。第50回日本痛風・核酸代謝学会総会(2月16日、17日東京都)で四ノ宮成祥・防衛医科大学校分子生体制御学講座教授が明らかにした。
  • 無症候性高尿酸血症で尿酸値を積極的に下げる訳

    カテゴリー:臨床ニュース 1月30日

    KD)患者の管理がメインなので、高尿酸血症は積極的に治療する姿勢です。【循環器科勤務医】 尿酸値は痛風発作の目安にはならないので、まず高尿酸血症の改善を図りたい。【内科開業医】 時間的な余裕がある場合
  • 9mg/dL未満の無症候高尿酸血症に「薬物療法」24.6%

    カテゴリー:臨床ニュース 1月26日

     m3.com意識調査「尿酸高値、痛風なくても下げる?」で、m3.com医師会員に尿酸値が7.0mg/dL以上9.0mg/dL未満の場合に、無症候性でも積極的に下げるかどうか「薬物療法で積極的に下げる
  • 腎性低尿酸血症診療GLでパブコメ

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

    費補助金の「腎・泌尿器系の希少・難治性疾患群に関する診断基準・診療ガイドラインの確立研究班」と日本痛風・核酸代謝学会が共同編集した。  これまでのRHUCの原因病態に関する解析や臨床症例提示、診断・治
  • 痛風へのアロプリノールでCKD増えず【米国リウマチ学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

     かかりつけ医による痛風患者へのアロプリノール使用は、慢性腎臓病(CKD)リスク上昇に関連しないとの研究結果が明らかになった。英国・家庭医の診療データベースの解析。米国リウマチ学会(ACR)が、11月
  • 文献レビュー、効率よくまとめるコツ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月18日

    値を加えた適正腹囲BMIカットオフ値の検討」  メタボリックシンドローム(Mets)と高尿酸血症/痛風には強い関連があるが、高尿酸血症はMetsの診断基準には含まれていない。一方でMetsの腹囲径や、
  • プレゼン直前、押さえるべき「3の法則」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月16日

    値を加えた適正腹囲BMIカットオフ値の検討」  メタボリックシンドローム(Mets)と高尿酸血症/痛風には強い関連があるが、高尿酸血症はMetsの診断基準には含まれていない。一方でMetsの腹囲径や、
  • 院内感染にまずフル、ノロ検査はNG?!【18JSPU】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年9月23日

    ロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)。さらに、非感染性の発熱の原因として薬剤熱、腫瘍熱、偽痛風、血栓症(深部静脈血栓症、肺塞栓症)を挙げる。  特に医療関連感染に関して「多くは起こるべくして起
  • 痛風結節評価に単純X線の有用性示唆

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年9月12日

     結節性痛風患者109例の第一中足指関節174個を対象に、尿酸低下療法後の痛風結節サイズの改善度評価における単純X線検査の有用性を検証。尿酸低下療法後に平均血清尿酸値は8.3±1.9mg/dLから5.9±1
  • 感染症を疑うサイン、これだけは【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月12日

    そのような症例について医局のカンファレンスで説明し、「発熱の原因は何ですか」と聞かれると、つい「偽痛風と急性肝炎と、あとは『何らかの感染症』を疑います」などと言ってしまうんですね。すると必ず、指導医の
  • 2カ月後に出たウシ型結核菌、原因は……【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月17日

    疾患(冠動脈バイパス術後)、鬱血性心不全、末梢血管疾患(大動脈大腿動脈バイパス術後)。2型糖尿病、痛風、前立腺肥大症。7カ月前まで膀胱の移行上皮癌に対するBCG膀胱内注入療法を受け、寛解となっていた。
  • 「比較的徐脈」ヒントの程度【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月12日

    疾患(冠動脈バイパス術後)、鬱血性心不全、末梢血管疾患(大動脈大腿動脈バイパス術後)。2型糖尿病、痛風、前立腺肥大症。7カ月前まで膀胱の移行上皮癌に対するBCG膀胱内注入療法を受け、寛解となっていた。
  • 5週続く発熱患者「QFT陰性だから」はNG【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月10日

    疾患(冠動脈バイパス術後)、鬱血性心不全、末梢血管疾患(大動脈大腿動脈バイパス術後)。2型糖尿病、痛風、前立腺肥大症。7カ月前まで膀胱の移行上皮癌に対するBCG膀胱内注入療法を受け、寛解となっていた。
  • 急性痛風のプレドニゾロンは有効で安全

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年3月15日

     救急科を受診した急性痛風患者376例を対象に、経口プレドニゾロンの疼痛緩和効果を無作為化同等性試験で経口インドメタシンと比較。救急科受診から2時間以内と1-14日後の視覚的アナログ尺度の平均スコアは
  • 「全部載せラーメン」の残念な結末【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月25日

    、吸入型β2刺激薬が開始された。カンジタに対する抗真菌薬(ニスタチン)も開始された。 既往 痛風 服薬 痛風の疼痛にインドメタシン。シーズン初期にインフルエンザ予防接種済み。 アレルギー歴 なし 生活歴
  • 使った薬が効かない感染症を挙げよ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月23日

    、吸入型β2刺激薬が開始された。カンジタに対する抗真菌薬(ニスタチン)も開始された。 既往 痛風 服薬 痛風の疼痛にインドメタシン。シーズン初期にインフルエンザ予防接種済み。 アレルギー歴 なし 生活歴
  • 抗菌薬の「全部載せラーメン」に学ぶ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月18日

    、吸入型β2刺激薬が開始された。カンジタに対する抗真菌薬(ニスタチン)も開始された。 既往 痛風 服薬 痛風の疼痛にインドメタシン。シーズン初期にインフルエンザ予防接種済み。 アレルギー歴 なし 生活歴
  • 便培養で判明した発熱の原因【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月1日

    全身性エリテマトーデス(SLE)、血管炎、強直性脊椎炎も鑑別疾患には挙げました。結晶を産生する痛風や偽痛風、菌体が関節に飛んで発症させる敗血症性関節炎、傍腫瘍症候群、蜂窩織炎も鑑別に挙げました。  入
  • 剖検も内科医の仕事、厳しい研修◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2015年11月7日

     大津日赤時代に書いた論文は、他に2つ。その一つが、痛風の症例です。今の日本には痛風の患者さんは数多いですが、当時はほとんどいないと言われていた。内科の臨床講義では、「君たちは一生、痛風の患者を診ることがない」と言われたくらいだった。
  • 痛風の2剤併用療法で費用対効果

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年11月13日

     既発表論文や専門家の意見から、痛風管理での尿酸降下治療戦略の費用対効果をマルコフモデルで検証。用量増加シナリオにおいて、費用削減効果が高かったアロプリノール単独療法に比べアロプリノール-フェブキソス
  • β遮断薬が第一選択から外れた理由

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年4月23日

     また、各主要降圧薬に対する禁忌や慎重投与については、修正が一つ加えられている。JSH2009ではサイアザイド系利尿薬は痛風患者に禁忌となっていたが、JSH2014では慎重投与という位置付けに変更された。長谷部氏によると、
  • 鑑別診断なしの検査に待った【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年2月19日

    味を持たせて考えている臨床医が多いように感じます。  たとえば、CRPが著明に上昇する疾患に、痛風・偽痛風があります。しかし、CRPそれ自体が状態の悪さを表しているわけではないので、CRPが20-30
  • EBMの問題点、指摘できる実力はあるか

    カテゴリー:医療維新 2013年12月24日

    メトホルミンではなくあえてDPP4阻害薬を使用する理由は見当たらない  p225 尿酸値が9.0mg/dLを超えていても95%は痛風を発症しない。  p267 筆者は批判的吟味のステップに加えて論文執筆者の名前、所属、またPubm
  • インフル感染で炎症なぜ起こる

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年10月17日

    解明したと発表した。同研究所感染症国際研究センターの一戸猛志氏らがアスベストによる肺線維症や肺癌、痛風にも関わる「NLRP3インフラマソーム」の活性化に注目、ウイルス感染で炎症を引き起こす仕組みの一端を解き明かした。
  • 鉛に痛風リスク、基準内でも

    カテゴリー:海外ジャーナル 2012年8月23日

    21μmol/L未満)の血中鉛濃度と痛風リスクを横断研究で調査。痛風罹患率は最高四分位群(平均0.19μmol/L)6.05%、最低四分位群(同0.04μmol/L)1.76%だった。最高群は最低群に比べ痛風リスクは3.6倍、高尿酸血症リスクは1
  • 「長引く咳」こう迎え撃つ【臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年1月19日

    事。癌研究会付属病院、結核研究所付属病院などを経て、1991年より現職。東京女子医大膠原病リウマチ痛風センター非常勤講師も務める。現在、日本呼吸器学会で教育委員、「薬剤性肺障害の手引き」作成委員。私的
  • Ca拮抗薬など、痛風リスク下げる

    カテゴリー:海外ジャーナル 2012年1月17日

     英国の一般診療データベースから、降圧薬使用中の高血圧患者2万9138人を対象に、降圧薬と痛風の関連をコホート内症例対照研究で評価。年齢、性別などを調整後、痛風発症の多変量相対リスクは、カルシウム(Ca)拮抗薬0.87、ロサルタン0
  • 尿酸分布と濃度、可視化に成功

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年12月8日

    2.6倍の濃度で集積していることを見出した。生体内の尿酸の分布を定量的に可視化できたことで、今後、痛風などの早期診断の実現に寄与できるとしている。 【関連リンク】 放射性同位体11Cで尿酸を標識することに成功
  • アロプリノール不耐性・不応性痛風へのpegloticase、血漿尿酸値を低下

    カテゴリー:海外ジャーナル 2011年8月19日

     アロプリノール不耐性・不応性の重症慢性痛風患者225人を対象に、モノメトキシポリ複合遺伝子組み換えウリカーゼpegloticaseの尿酸降下作用を2件の無作為化二重盲検プラセボ対照試験で検討。2試験
  • 果糖高含有飲料を多く飲む女性、痛風発症リスク上昇

    カテゴリー:海外ジャーナル 2010年11月26日

    通風の既往がない女性78906人を対象に痛風発症と果糖高含有飲料摂取の関連を1984-2006年の前向きコホート研究(Nurses' Health Study)で検討。778人が痛風を発症し、通風発症リスクは、加