m3.com トップ>記事検索結果

「研修病院」の検索結果

  • 「教えるとウザがられ……」指導医の悩み、一挙解決!【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 10月13日

    :研修医の指導に悩むDr.よ集まれ!」が企画され、フロアを交えた熱い議論が展開された。沖縄で臨床研修病院群プロジェクトを展開する群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春氏(写真)が司会を務めた会の模様の一部を、全3回で紹介する。
  • 初期研修先に満足、不満、双方の声

    カテゴリー:医療維新 9月30日

    を得ない状況が多く、最終的には勉強になったと思う。付近に病院が少ない地域だったため、多様な疾患が研修病院で見られた。(20代男性) ・スキルアップに無縁の雑務がない。研修医の同期がいないので経験手技の
  • マッチング、地域枠学生に「0次募集」枠を

    カテゴリー:医療維新 9月28日

    研修が他県だと36%にまで下がることなどが示され、「臨床研修制度については、都道府県が管内の臨床研修病院の指定・定員設定に主体的に関わる仕組み」などを構築することが求められた(『勤務医・開業医の地域別の多寡、「指標」で見える化』を参照)。
  • 勤務医・開業医の地域別の多寡、「指標」で見える化

    カテゴリー:医療維新 9月14日

    いては地元出身者の入学生が増えるような仕組み、(2)臨床研修制度については、都道府県が管内の臨床研修病院の指定・定員設定に主体的にかかわる仕組み、(3)専門研修については、将来の診療科ごとの専門医の需
  • 「この病院が好き」という気にさせる - JCHO大阪病院◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 7月25日

    職員制度を導入しても、うまく運営できなかった」という声が上がりました。しかし、大阪府の場合、臨床研修病院への調査でも、当院以外にも各種の支援策を実施している病院は多い。医療は地域的なものなので、ある病
  • 暴行や刺傷事件は「医の倫理以前の問題」

    カテゴリー:医療維新 6月30日

    医による事件が後を絶たない。医の倫理はどこに行ったのか」と嘆息。日医が率先して、大学医学部や臨床研修病院に協力を依頼して倫理高揚を説くべきだと指摘した。  これに対し、横倉会長は、そもそも医師は患者の
  • 臨床研修、必須29症候、25疾病を提案

    カテゴリー:医療維新 6月27日

    った。  「実務研修の方略」(案)では、研修期間を2年以上として、そのうち8カ月以上は基幹型臨床研修病院で行うことを定め、1年以上は同病院で行うことが望ましいと提案。現状では、52症候、88疾病となっ
  • 妊婦の腹痛急患!非産婦人科医の対応は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月19日

    婦人科のない病院に勤務することもあるかもしれません。実際、私が先日、地域医療研修でお世話になった研修病院は、産科のない病院でした。そんな状況で妊婦さんに出会ったとき、「ごめんなさい、診られません」で良いのでしょうか?
  • 新卒職員「自分の頭で考えない」が最多

    カテゴリー:医療維新 5月16日

    ・私の研修時代には現在のようなシステム化した教育プログラムがなかった。上司のやり方を見て学んだので、それはそれで良かった。ただ、研修病院や担当の先生によって大きな差があるのはどうかと思う。アメリカでのレジデント教育ではまず所見を捉え
  • 医師偏在対策、5月から集中的議論、医療計画に盛り込む

    カテゴリー:医療維新 4月21日

    段」は否定していることから、「管理者要件」(特定地域・診療科で一定期間診療に従事することを、臨床研修病院、診療所等の管理者要件とすること)は検討対象から除外される見通し。厚労省医政局医事課長の武井貞治
  • 勤務医の半数以上、過去1年で学会発表の経験あり

    カテゴリー:医療維新 4月16日

    習で代替するなどの配慮が必要と考えられる。【勤務医】 ・今の病院は僻地というほどではないですが、研修病院が僻地であったときに気が付いたこと:僻地では学会に参加すること自体が困難です。つまり、専門医の維
  • 新専門医制度「出産時期と重なり困難」「非常勤でも道を」◆Vol.6-2

    カテゴリー:医療維新 4月1日

    割が「困難に」◆Vol.6-1』 【女性】 ・研修指定病院での非常勤を認めるか、クリニックの臨床研修病院を広げる方向にするか、もう少し研修するための環境整備をしてほしい。また、産休、育休に伴う資格更新期間の延長を検討してほしい。
  • 「地域枠」義務違反の病院に罰則を検討、臨床研修部会

    カテゴリー:医療維新 3月24日

    る都道府県に紹介する場合がある。規約の改正については大筋で合意された。  併せて、厚労省は、臨床研修病院が義務履行要件に反する研修医を採用している場合、病院に対し研修医1人当たり60万円程度 になると
  • 「立ち去り型サボタージュ」回避の方策を - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 3月13日

     新専門医制度では、大学医局と、それ以外の病院との関係がどうなるかも注目されます。大阪府内の初期の臨床研修病院は39施設ですが、小児科専門医の研修病院は53施設もあったのです。小児科専門医は、この4月から新しい研修プログラムで
  • 微妙なバランスの掛け替えのない関係【連載小説「朔風」第37回】

    カテゴリー:医療維新 3月7日

    れた時、バトラー病院は病床こそ基準の一般300床には若干満たないものの、地域の中核病院として臨床研修病院の施設基準を満たすことが出来る、と聞かされたからだった。 「それに市長の金子くんはうちの省の出身
  • 大学病院を選ぶ理由、「出身だから」が最多◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年12月18日

    三次救急の現場はできれば避けたいという思いもあったため、6年になる春休みには、三次救急を行わない研修病院1つに見学に行った。結果的に採用面接を受けたり、マッチングで登録したりしたのは出身大学のみである
  • 専門医の取得希望92.6%、2016年度研修医調査

    カテゴリー:医療維新 2016年11月26日

    2%と7割を超える。ただし、臨床研修実施場所で見ると差があり、大学病院で研修した医師は88.7%と高い一方、臨床研修病院で研修した医師は63.6%にとどまる。  勤務希望地と、医学部所在地もしくは臨床研修地との関係を
  • 最多は東北大、臨床研修の協力型病院数

    カテゴリー:医療維新 2016年11月25日

    会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)に、臨床研修病院の「病院群」に関する資料を提示、1030の基幹型の臨床研修病院のうち、8割強は協力型病院数が10施設以下である一方、残る2割弱は
  • 専門医研修プログラム6割が問題、日病調査

    カテゴリー:医療維新 2016年10月25日

    1%)が後期研修の研修を実施しており、 48病院(71.6%)が「基幹型、基幹型+協力型」として臨床研修病院の指定を受けている。
  • 研修先の選び方、「最初はハードさが重要」「症例数より考え方を」

    カテゴリー:医療維新 2016年10月23日

    ・将来、実力のある臨床医になろうとする者にとっては、初期研修では、医師不足で少し忙しすぎるような地域の基幹病院が最適の研修病院である。最初に楽をすると、次に忙しさに耐えられない。最初は苦労する方がよい。 ・学閥がないことが
  • 「選択肢の多様化こそ医師偏在策」、医学部長病院長会議

    カテゴリー:医療維新 2016年10月9日

    ップ・就職支援センター事業、(2)医師修学資金制度の拡充、(3)後期研修プログラムの充実、(4)研修病院のネットワーク化――など、初期や後期の研修医を千葉県に呼び込む活動を展開。初期研修医は増加傾向に
  • 「専攻医の定員、専門医機構や県の権限法制化」を検討

    カテゴリー:医療維新 2016年9月16日

    否かによっても、その後の勤務先が変わってくると指摘。出身地(出身高校の所在地等)、出身大学、臨床研修病院の所在地という、3つの組み合わせで地域定着の在り方を検討するよう提案。  もっとも、臨床研修につ
  • 「強力な医師偏在対策」を検討、年内目途に

    カテゴリー:医療維新 2016年9月14日

    ・診療行為情報のデータベース化、管理者要件の強化(特定診療科・一定期間診療に従事することを、臨床研修病院、地域医療支援病院、診療所等の管理者の要件とするなど)などの項目が並ぶ。「医療計画上の医師確保対
  • 医師のキャリア、医籍番号で生涯にわたり追跡

    カテゴリー:医療維新 2016年8月30日

    追跡が可能だ。  これに対し、初期研修医や専攻医に関するデータベースは現時点では存在しない。臨床研修病院を対象に調査し、初期研修医の出身大学などのデータ提出を新たに求めることなどを検討する。専攻医につ
  • 「上が決め、下の世代が割を食う」「中途半端な期間長くなるだけ」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年8月20日

    していただけないと、関係する人間を振り回しているだけになることを機構は理解していただきたい。 ・研修病院が専願となることで無用な心配が出てくる。 ・導入開始して初年度のため、不安です。 ・内科スタンプラリーは無用。
  • 新専門医制、サブスペシャルティへの影響大 - 小室一成・日循代表理事に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年8月9日

    修2年の後に、さらに3年間内科全般の研修をするのはやはり長いのではないかと思います。またその間、研修病院を移らないといけないことも研修の効率や給与の面など、考慮すべき点があります。いろいろな疾患を経験
  • “事故調”、報告や院内調査のバラツキ問題視

    カテゴリー:医療維新 2016年7月21日

    ち、報告の経験があるのは16.7%に上る一方、500床未満の病院では1.2%にとどまるなど、臨床研修病院や大学病院など、手術や侵襲的な処置などを多数実施する施設からの報告が多い現状が明らかになった。制
  • 大学の研修医の採用実績、過去最低の40.5%

    カテゴリー:医療維新 2016年7月15日

    以前の入学者が含まれる。8266人の内訳は、臨床研修病院 5127人(対前年度比319人増)、大学病院3495人(対前年度比59人増)で、臨床研修病院の伸びは大きい。大学病院の採用割合は、2004年度
  • 医学部の一時的定員増、「元に戻す」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月29日

    説明。  そのほか、偏在是正対策の関連では、新専門医制度についても触れ、専門研修プログラム作成や研修病院群の設定においては、医師会、大学、病院団体、行政が参加する都道府県の協議会で了承を得ることを強く要望しているとした。
  • 新専門医制、「プログラムの集中的、早急な精査を」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月26日

    プログラムの集中的な精査が早急に行われることになると思う」と説明した。専門研修プログラムの内容、研修病院群の設定については、各地域に設置される関係者による協議の場で議論されることになるため、「地域の医
  • 臨床研修、「卒前教育と連続性を考慮」

    カテゴリー:医療維新 2016年5月2日

    国の臨床研修病院で実施可能か配慮しつつ外来での研修の位置づけも検討、(5)方略は必要最小限の部分を定める――など。  「評価」に関しては、評価の標準化が必要との指摘を受け、個々の臨床研修病院の実情を考
  • プログラムを相互乗り入れ、県全体で研修医を支援【福島編◆Vol.2】

    カテゴリー:医療維新 2016年3月27日

     医師不足を解消するための重要な一手が研修医の確保。福島県では福島県立医科大学が中心となり、県内臨床研修病院の18病院が連携する「福島県臨床研修病院ネットワーク」を構築している。全県一体として研修医の教育、支援を行うことを目
  • 地域枠の医学生の学力、一般枠と比べて劣らず

    カテゴリー:医療維新 2016年3月17日

    。  臨床研修の必修化後、大学病院で研修する割合は漸減し、2015年度は大学病院41.7%、臨床研修病院58.3%。小林氏は、「大学病院に残る卒業生が減り、地域に医師を派遣する能力がなくなり、医師の地
  • 新専門医制、予定通り開始?延期?それとも……?

    カテゴリー:医療維新 2016年3月15日

    懸念する声が出ている。それを払拭するエビデンスを出し、新専門医制度の開始に向けて準備を進めている研修病院や研修医に迷惑がかからないように、延期という事態は避けるよう最大限努力していく」と、2017年度開始の方針を崩さない。
  • 新専門医制度、「延期も視野」と日医会長

    カテゴリー:医療維新 2016年2月17日

    ならない」との危機感を示し、2017年度からの新制度開始について、延期も視野に入れ、まずは地域で研修病院群を形成することが優先課題であると主張した。さらに、専門医制度改革を主導する日本専門医機構と各学
  • かろうじて卒業も、1年は「遊学」◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2016年2月6日

    ルとなるローテーション方式の自主研修制度を作った。自主研修であり、教授の裁量ではなく、自分たちで研修病院を選び、病院長と交渉して研修先を決めた。そこで、僕は、「病院に行かなくてもいい病院」を探した(笑
  • 新専門医制、「がん」研修に支障も - 堀田知光・国立がん研究センター理事長に聞く

    カテゴリー:医療維新 2016年1月19日

    も認める――ことを求める要望書を提出しています。  新専門医制度では、「初期臨床研修の基幹型臨床研修病院の指定基準を満たす教育病院の水準」を持つことが基幹施設の条件。(1)は、がん研究センターでは初期
  • 医学部新設で宮城の研修医募集上限を漸増

    カテゴリー:医療維新 2015年12月25日

     同時に、東北薬科大学病院は、厚労大臣に指定を受けた基幹型臨床研修病院の申請を取り下げ、2016年度から医学部を有する東北医科薬科大学病院を基幹型相当の臨床研修病院とすることが決定した。
  • 臨床研修、新評価の骨格案を提示

    カテゴリー:医療維新 2015年12月10日

    「医師としての基本的価値観」「資質・能力」「遂行可能業務」の3項目を設定。さらに、これまでは臨床研修病院に基本的に任されていた研修プログラムについても、「臨床研修の方略」、「臨床研修の評価」の章を設けて一定の方向性を示す予定だ。
  • 53の大学病院が「状況悪化」、消費増税の影響大

    カテゴリー:医療維新 2015年11月20日

    の135人から増加している。  後期研修医増加の背景について、山本氏は希望的観測としつつ「市中の研修病院では先のキャリアパスを描きづらい。医局の良い点はキャリアパスを明確にできることで、専門医を目指す
  • 「専攻医の募集数、制限」「全医師かかりつけ医に」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月20日

    リケアを担えるようにすべきだと主張した。  卒後臨床研修評価機構の岩崎栄氏は、これまでに129の研修病院の認定を行った同機構の評価結果について紹介。現場訪問や書面の調査で、安全管理の研修に問題があった
  • 地方の病院でもフルマッチ達成- 石井洋介氏◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年10月19日

     臨床研修医として医業に励む傍ら、石井氏は自主的に高知県の臨床研修医を増やす取り組みを始める。最初に行ったのが、高知県内の4つの臨床研修病院の垣根を取り払うこと。石井氏が医学部5年生で研修先の見学に行った時、病院が他の病院の悪口を言って
  • 研修医の都市集中是正、カギは地方の体力強化

    カテゴリー:医療維新 2015年10月14日

    見直したものの、さらにその割合を押し上げるには至らなかった。募集定員上限が増えても、実数、つまり研修病院の募集定員の合計が減少した都道府県があることが一因だ。制度上、6都府県への集中是正を図っても、研
  • 1位東京医療センター、2位聖路加

    カテゴリー:医療維新 2015年10月13日

     2015年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」で、東京都内の臨床研修病院の中で「1位希望人数」が最も多かったのは、国立病院機構東京医療センターだった。定員30人に対し、「1位希望人数」は54人だっ
  • 1位大阪市立総合医療センター、2位神戸・中央市民病院

    カテゴリー:医療維新 2015年10月9日

     2015年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」で、関西の2府4県の臨床研修病院で、「1位希望人数」が最も多かったのは、大阪市立総合医療センター(大阪市)となった。トップ10のうち6つは、大阪府の病院が占めた。
  • 1位沖縄県立中部病院、2位九州医療センター

    カテゴリー:医療維新 2015年10月9日

     2015年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」で、九州・沖縄地方の8県の臨床研修病院で、「1位希望人数」が最も多かったのは、昨年に続いて沖縄県立中部病院(沖縄県うるま市)となった。  1位の沖縄県
  • 1位倉敷中央病院、2位広島市民病院

    カテゴリー:医療維新 2015年10月9日

     2015年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」で、中国・四国地方の9県の臨床研修病院で、「1位希望人数」が最も多かったのは、昨年に続いて倉敷中央病院 (岡山県倉敷市)となった。トップ10のうち4病
  • 1位亀田総合、2位横浜市立市民

    カテゴリー:医療維新 2015年10月7日

     2014年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」で、東京都を除く関東6県の臨床研修病院のうち、「1位希望人数」が最も多かったのは、亀田総合病院(千葉県鴨川市)で46人だった。定員が前年度から2人増の
  • 1位トヨタ記念病院、2位名古屋第一日赤

    カテゴリー:医療維新 2015年10月5日

     2014年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」で、中部・甲信越・北陸10県の臨床研修病院で、「1位希望人数」が最も多かったのは、トヨタ記念病院(愛知県豊田市)となった。トップ10のうち7つは、愛知県の病院が占めた。
  • 1位岩手県立中央、2位大崎市民

    カテゴリー:医療維新 2015年10月2日

     2015年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」で、北海道・東北地方の臨床研修病院で「1位希望人数」が多かったのは、1位が岩手県立中央病院、2位が大崎市民病院だった。1位の岩手県立病院の昨年の順位は