m3.com トップ>記事検索結果

「神経学会」の検索結果

  • パーキンソン病診療GL2018を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 5月13日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本神経学会が作成した「パーキンソン病診療ガイドライン2018」をオンラインで無料公開した。同ガイドライン(GL)は、2011年版の改訂版で、序章、第1-3
  • 「脳神経内科」の認知向上へ宣伝資材を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 4月12日

     日本神経学会はこのほど、学会内で使用する標榜診療科名を「神経内科」から「脳神経内科」に変更したことを広く周知するため、宣伝資材を作成して学会公式ホームページに公開した。同科の呼称を巡っては、2018
  • 第1回 「看取り急増」時代の意思決定支援を考えよう!  

    カテゴリー:臨床ニュース 4月10日

    同院精神腫瘍科長・先端医療開発センター精神腫瘍学開発分野長を併任。日本精神神経学会 精神科専門医制度指導医、日本精神神経学会専門医、日本医師会認定産業医、日本総合病院精神医学会特定指導医。座右の銘は「とりあえずやってみる」、趣味は能と笛。
  • 「精神分裂病」から「統合失調症」がもたらした効果【平成の医療史30年◆精神科編】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月11日

     「精神分裂病」から「統合失調症」に変更されたのは2002年(平成14年)でしたね。東北大学名誉教授の佐藤光源先生が日本精神神経学会の理事長を務めていたときで、世界精神医学会の開催に合わせる形で発表されました。きっかけとなった患
  • てんかん診療GL2018を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 3月4日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本神経学会が監修した「てんかん診療ガイドライン2018」をオンラインで無料公開した。同ガイドライン(GL)2010年版の改訂版。成人における初回の非誘発性
  • 細菌性髄膜炎診療指針2014を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年7月11日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本神経学会、日本神経治療学会、日本神経感染症学会が監修した「細菌性髄膜炎診療ガイドライン2014」をオンラインで無料公開した。同ガイドライン(GL)は20
  • 吉村理事長、松原・山下副理事長が交代、日本専門医機構

    カテゴリー:医療維新 2018年6月29日

    内科系社員学会: 渡辺毅(福島労災病院院長、日本内科学会)、久住一郎(北海道大学精神医学分野教授、日本精神神経学会)★、森井英一(大阪大学病態病理学教授、日本病理学会)★ 外科系社員学会: 池田徳彦(東京医科大
  • ICD-11、耐性菌対策強化や漢方・鍼の記載にも言及

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月26日

    「疾病、傷害及び死因の統計分類」(厚生労働省) ICD-11新病名案に関するパブリックコメント募集(2018年6月1日付日本精神神経学会のリリース) 関連リンク ICD-11
  • ICD-11の精神関連新病名でパブコメ

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月21日

     日本精神神経学会はこのほど、世界保健機関(WHO)の国際疾病分類第11版(International Classification of Diseases 11th Revision:ICD-11)
  • 精神疾患研究推進にむけた提言を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月4日

     日本精神神経学会はこのほど、「精神疾患の克服と障害支援にむけた研究推進の提言」を公式サイトに掲載した。疫学、ゲノム、iPS細胞など12の領域から、日本の精神疾患研究の現状と取り組むべき課題、ロードマ
  • 抗精神病薬とアドレナリン「併用注意」で周知

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年6月1日

     日本精神神経学会はこのほど、アナフィラキシーの救急治療への「アドレナリン」の使用に関する厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長通知を学会ホームページに掲載した。主に抗精神病薬について、アナフィラキシ
  • 多発性硬化症・視神経脊髄炎の診療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年5月25日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本神経学会による「多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン2017」をオンラインで無料公開した。2010年に作成された「多発性硬化症治療ガイドライン20
  • 認知症疾患の診療指針2017を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年5月22日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本神経学会による「認知症疾患診療ガイドライン2017」をオンラインで無料公開した。2012年に作成された「認知症疾患治療ガイドライン2010 コンパクト版
  • うつ病へのrTMS適正使用指針を公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年4月23日

     日本精神神経学会はこのほど、「反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)適正使用指針」を公表した。同指針は、厚生労働省より反復経頭蓋磁気刺激装置に関する使用要件等基準策定事業の委託を受け、同学会が報告書としてま
  • 「脳神経内科」に診療科名を変更と学会

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年4月5日

     日本救急医学会はこのほど、日本神経学会による「標榜診療科名の変更」に関する通知を、学会ホームページに掲載した。同通知では、神経内科の診療内容を一般の方々によりよく理解してもらうことを目的として、診療
  • 小児けいれん重積治療指針2017を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月28日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本小児神経学会の「小児けいれん重積治療ガイドライン2017」をオンラインで無料公開した。2005年に発刊された「小児のけいれん重積状態の診断・治療ガイドラ
  • 初回発作で薬物開始の意義【時流◆てんかん指針改訂】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月28日

    に初回発作における薬物治療開始の条件を変更しています。同じ時期に米国てんかん学会(AES)と米国神経学会(AAN)も、合同で初回発作のマネジメントに関するガイドラインをまとめています。  初回発作を適
  • 性同一性障害診断・治療GLの一部改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年2月16日

     日本精神神経学会はこのほど、「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(GL)(第4版改)」一部改訂の内容を公式ホームページに掲載した。2016年3月よりGID(性同一性障害)学会認定医制度が開
  • てんかん初回発作でも薬物治療開始の条件【JES 2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月21日

    考慮される条件が盛り込まれることになった。 初回発作時の神経学的異常や脳波異常など考慮も  日本神経学会が監修するてんかん診療ガイドラインは、およそ7年ぶりの改訂となる。主なトピックとしては、第3章「
  • クロザピンHbA1c検査に保険適用要望

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月13日

     日本精神神経学会はこのほど、治療抵抗性統合失調症治療薬「クロザピン」(商品名:クロザリル錠25mg、同錠100mg)使用に伴うHbA1c検査について、全国画一的に保険請求を可能にすべきという声明を公
  • 精神神経学会が自殺総合対策大綱に意見書

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月5日

     日本精神神経学会はこのほど、パブリックコメントを募集していた「自殺総合対策大綱」の見直し素案に対し、厚生労働省自殺対策推進室宛の意見書を学会ホームページに掲載した。科学的根拠に関する記載や、自殺に関
  • 「基幹施設は大学のみ」残る課題、7学会にヒアリング

    カテゴリー:医療維新 2017年6月13日

    て、日本救急医学会、日本外科学会、日本産科婦人科学会、日本小児科学会、日本整形外科学会、日本精神神経学会、日本麻酔科学会へのヒアリングを実施した。  「1県、1基幹施設」というケースは、各基本領域とも
  • 小児急性脳症診療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年5月31日

     医療情報サービス(Minds)はこのほど、「小児急性脳症診療ガイドライン2016」をホームページで公開した。同ガイドラインは、日本小児神経学会が目指す小児神経疾患における診療標準化の一環で策定されたもの。急性脳症の定義と検査、鑑別診断、治
  • 抗血栓薬「休薬」で出血増加?!【時流◆抗血栓療法】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年5月11日

    医療裁判ではGLや文献が判断の根拠に  日本消化器内視鏡学会は2012年「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」を日本神経学会や日本脳卒中学会、日本循環器学会など6学会合同で発表。「従来の同学会GLは血栓症発症リスクを考慮