m3.com トップ>記事検索結果

「神経損傷」の検索結果

  • 脊髄後角神経蛋白質が神経障害性疼痛に関与

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月24日

    。実際に、脊髄後角神経のVNUTを作り出せないように遺伝子を操作したマウスでは、ATPの放出と、神経損傷後の痛みが弱くなっていたとしている。  この研究成果は、同研究グループが2003年に神経障害性疼
  • 糖尿病患者は歯の喪失リスクが高まる

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月15日

     糖尿病の合併症には網膜症があることはよく知られており、患者は一般的に、主治医から眼科医に紹介されることが多い。下肢の血行不良や神経損傷も糖尿病の深刻な合併症であることから、足の検査も推奨されている。米国糖尿病協会(ADA)は、糖尿
  • 意外と知られていない、女性特有の脳卒中症状

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年5月21日

    特定し、直ちに受診することが極めて重要だという。被験者の半数近くは、脳卒中後にみられることの多い神経損傷、嚥下障害、抑うつを、リハビリで予防できる可能性があることも知らなかった。  米国では毎年13万7
  • MSの視力低下、フェニトインで予防【米国神経学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年4月30日

    視力はいずれ回復するが、発症ごとに神経や眼に損傷を来すという。研究者は「今回の結果は、MS患者の神経損傷や視力低下を予防する治療法の開発につながる可能性がある」と述べている。 関連リンク Epilepsy
  • MS新薬抗LINGO-1で認容性確認【米国神経学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年9月11日

    とで、第2相試験が可能になった。この薬剤が実際にヒトのミエリンを修復するかどうかを確認したい」と神経損傷の修復への期待感を示している。 【関連リンク】 Researchers Investigating
  • 首の整体、脳卒中の危険あり 【米国心臓協会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年8月19日

    はデザインされておらず、直接の因果関係は確立していない。リスクは低いかもしれないが、CDは深刻な神経損傷につながりかねないため、医療提供者は施術前にこの関連性を患者に知らせるべきだと研究者は述べている。
  • 「注射で神経損傷」の訴訟に注意を

    カテゴリー:医療維新 2014年2月19日

    神経損傷事例の増加  採血や点滴などで注射を行う際に、神経を損傷し、RSDやカウザルギーを発症する事例が増えている。症状の内容や程度が患者の素因に影響される部分も多く、医療側と患者との関係がこじれてし
  • 肩術後医原障害、末梢神経注意

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年10月2日

     肩手術後の医原性神経損傷26人を対象に、術式、症状発現までの時間、理学的検査所見、治療、転帰を後ろ向きレビュー。神経損傷の紹介受診までは平均5.4カ月。損傷原因は不安定性治療の観血処置7人、関節鏡視
  • ニューキノロン、DM医に警告 【米国家庭医学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年9月5日

    キノロン類の全身投与を回避する必要性を示唆した。FDAの警告とは、広域抗生物質の使用により永久的神経損傷が生じることがあるためラベルや投薬ガイドの更新を要求するものである。  FDAは今回の提言におい
  • 貧血あると認知症4割増える 【米国神経学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年8月8日

    れる。脳に運ばれる酸素量が低下すると記憶力や思考力が低下することが示されている。酸素量低下により神経損傷が生じることが考えられる」とYaffe氏は述べた。 【関連リンク】 Anemia Linked to
  • 膝脱臼、「肥満で転倒」が深刻 【米国血管外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年5月2日

     その結果、LE膝関節脱臼群の肥満患者では血管損傷率が最も高く、また同群の病的肥満患者では、血管の外科的手術率が最も高かった。さらに、神経損傷の合併、インターベンションを要する血管損傷、血管の外科的修復がHE膝関節脱臼群より多く、特にBM
  • 学説覆る「幻肢痛は早期に治療」

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年5月17日

    、アルツハイマー病や脳梗塞後の神経再生の治療法にも応用できると考えている。 【関連リンク】 末梢神経損傷後に生じる脳の中の神経回路の「つなぎ換え」機構を解明