m3.com トップ>記事検索結果

「総合診療医」の検索結果

  • 総合診療のトレーニングで良いドクターになれる-草場鉄周・北海道家庭医療学センター長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2月17日

     僕は同じ意識で使っています。たまたま、私自身が診療所を基盤とした総合診療を展開しているので、家庭医イコール診療所の総合診療医と捉えられがちですが。総合診療専門医の中にも救急医療を中心にしていたり、病棟医療を中心にしていた
  • 「病院総合診療」はサブスペシャルティ◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2月15日

    司会 病院総合診療医について、今の構想をお教えください。総合診療専門医との関係をどうお考えでしょうか。 出席者は、日本プライマリ・ケア連合学会の丸山泉理事長、前野哲博副理事長(Web会議システムで参加
  • 「ブロック研修で養成可能」は誤解◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2月14日

    司会 ではシーズを医学教育で蒔いた後、専門医としての総合診療医を養成していくには、どんな場がふさわしいとお考えですか。 【丸山】 そこで言っておきたいのですが、この期に及んでも、複数の既存の診療科を回
  • 「大学以外で働く9割の医師」養成の義務◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2月13日

    な考えの下に、「総合診療医学」とは何かを学生に教育できるようにしてほしいと思います。 日本病院総合診療医学会理事長の林純氏。 【田妻】 大学には、三つのミッションがあります。それは教育、臨床、研究。
  • プライマリ・ケア医不足と専門医制は別問題◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2月11日

    かが常に問われてきます。目に見える具体性のあるイメージを作っていくことが必要です。  日本病院総合診療医学会の認定医資格を得た医師の中にも、誇りを持ちつつも少し悩んでいる方がいます。本人は充足感を持っ
  • 「新専門医制度を危惧、拙速は反対」、全国医系市長会

    カテゴリー:医療維新 2月10日

    創生に逆行する危険と医師偏在の助長、(3)医師の診療活動開始年齢の遅延と医療コスト増大、(4)総合診療医という専門医の矛盾。強引に専門医にあてはめるのは問題、(5)新たな巨大権力構造、(6)専門職自律
  • アイデンティティーの確立が先決◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2月7日

    めに総合診療を実践しておられるとも言えます。言い換えると、病院の数やその診療実態に応じて必要な総合診療医の質と量が定まるものと思われます。  ただし、これはあくまで一つの考え方で、あまり数の議論をする
  • 総合診療専門医、学会の関与限定的で不安も-草場鉄周・北海道家庭医療学センター長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2月7日

    に医師7人を出向させています。そこでは、病院の中であっても家庭医療専門医の資格を持つ指導医が、総合診療医としての病院診療のあり方を直接指導しています。家庭医療専門研修プログラムの要件では、内科6カ月、
  • 総合診療、「教育」が必要な理由は?◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2月5日

    に来る患者は複数の病気を持っており、日々自らが「学習」していかないと対応できません。 日本病院総合診療医学会の林純理事長(右)、田妻進副理事長(左)。 【田妻】 我々は今、加速度的に変化する局面にいま
  • 「患者を選ばない医師」が必要◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2月3日

    長年、学会として総合診療を担う医師を養成してきたのが、日本プライマリ・ケア連合学会と、日本病院総合診療医学会。新制度以降も、研修の主たる担い手となる両学会のトップに、総合診療専門医についての必要性、養
  • 「強力な医師偏在対策を」、四病協神野氏が要望

    カテゴリー:医療維新 1月27日

    需給の議論はない。強力な偏在対策によって、初めて需給調整が可能」とし、保険医定数制や開業規制、総合診療医のアイデンティーの早期確立と臓器別専門医の抑制などの検討が必要だとし、偏在対策ができないのであれ
  • 医師偏在、実態把握に向け「見える化」、日病

    カテゴリー:医療維新 1月16日

     日本病院会会長の堺常雄氏は、1月16日の定例記者会見で、医師偏在対策について、その実態の「見える化」を進めるほか、病院勤務の総合診療医の育成、厚生労働省をはじめ行政への働きかけという3本柱で、取り組む方針を表明した。  1月13日
  • プレゼン成功の早道は「後から調整」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月2日

    忘れずに」という一言を挟みました。再び場内が砕けたところで、まとめにわれわれの科が目指している総合診療医育成の未来像を示し、エンディングを飾る1枚として同じ学会に参加中の医局員の写真を出しました。  
  • 「大学、学会回帰を懸念」、新専門医制で堺日病会長

    カテゴリー:医療維新 2016年11月28日

    、総合診療専門医の問題を挙げた。プライマリケアの担い手として、いわゆる家庭医と、病院に所属する総合診療医に分かれるとし、「病院団体として責任を持って育成すべきではないか」と述べた。  若手の専門医志向、今は強いが……
  • プレゼンで最も避けたい準備の仇【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月21日

    送りするプレゼンテーション直前対策シリーズ第2弾は、同科大学院生の高橋雄一氏が第12回日本病院総合診療医学会で発表した内容のピアレビューからお送りする。海外を含む数回の学会発表経験を経て獲得したプレゼ
  • 文献レビュー、効率よくまとめるコツ【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月18日

    合診療科)は、医局内予演会で「指摘の嵐」を受けた経験を糧に発表内容を磨き抜き、第11回日本病院総合診療医学会会長賞を受賞した。  シリーズ第1弾後編では、ブラッシュアップの肝となった反省点を全公開。加
  • プレゼン直前、押さえるべき「3の法則」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月16日

    するためのエッセンスをお届けしていく。第一弾は、同科の宮上泰樹氏(大学院生)が第11回日本病院総合診療医学会で報告した内容のピアレビューから。前後編。 ピアレビュー001 「従来のメタボリックシンドロ
  • 診療科・地域の制限なくして解決なし

    カテゴリー:医療維新 2016年11月2日

    減少とともに不足は解消すると思われる。また、臓器別の専門医のみで構成する医師群は非効率であり、総合診療医の充実がポイントであろう。【勤務医】 ・医局制度を必ずしも善とはしないが、この制度の崩壊でかろう
  • 日病が「総合診療医」養成を検討

    カテゴリー:医療維新 2016年10月24日

    見で、総合診療医を養成するための検討会やプロジェクトを会内に立ち上げる考えを示した。22日に開かれた理事会での議論を報告した。  理事会では専門医の在り方が問題となり、「足りないのは、総合診療医や総合
  • 左上腕全体が原因不明の発赤・腫脹【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月11日

     総合診療医をめざす若手を中心とした医師が、対峙した症例を提示する未病・エニグマ症例検討会。さながら第二次世界大戦で活躍した暗号機「エニグマ」のように、ベテラン医師などの参加者たちと意見を戦わせながら
  • 財政審、薬価の期中改定や高齢者の負担増を求める

    カテゴリー:医療維新 2016年10月5日

    療所等(2)について、患者が「かかりつけ医」として指定(保険者に登録)。  (1)については、総合診療医の養成・定着が進むまでの経過措置として、耳鼻科や眼科など特定の診療科については、あらかじめ「かか
  • 「勤務医は依然不足」、日病が医師偏在対策で見解

    カテゴリー:医療維新 2016年9月27日

    ースで医師を養成する必要があるとし、特に「専門医が多すぎるので、総合診療専門医とは言わないが、総合診療医の育成やチーム医療の推進が必要」と訴えた。  地方での医師不足に関連しては、近年増加している地域
  • 「看護師同伴にすると診療効率が悪化」「自分の身は自分で守るしか」

    カテゴリー:医療維新 2016年9月17日

    出てくる。非常に悩ましい。【勤務医】 ・自分は女性なので 逆に若い男性の方がリスクが高いです。総合診療医にて、下疳的問題含め男性の陰部も診療機会があるのできっぱり言えることは そういう趣味は全くなく、
  • 「専攻医の定員、専門医機構や県の権限法制化」を検討

    カテゴリー:医療維新 2016年9月16日

     「医師偏在対策については、研究レベルでは結論が出ている」と述べた権丈氏が、一番効果があるとしたのが「地域枠」だ。加えて総合診療医の養成、地域医療への経験もカギとなり、これらと医学教育、医療機関の管理者の要件、保険医の指定をど
  • 「1年延期」の判断を尊重、全国医学部長病院長会議

    カテゴリー:医療維新 2016年7月21日

    変更、留学などにも柔軟に対応できる制度を求めた。第六は、総合診療専門医について。「家庭医、病院総合診療医など、いろいろな概念が包含されている。総合診療専門医の位置付けを明確して、内科専門医やサブスペシ
  • 新専門医制度、全19領域とも「1年延期」へ

    カテゴリー:医療維新 2016年7月20日

    療専門医については、医学部の「地域枠」の卒業生、卒後に義務年限がある自治医科大学の出身者、病院総合診療医などの扱いなどの検討課題が上がったという。  「募集定員1.2倍」は暫定目安  「専攻医の募集定員は、昨年度実績の1
  • 若手医師の「総合診療」への関心が低下◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 2016年6月19日

    Q 総合診療医に対する関心を教えてください。  新専門医制度では19番目の基本領域として位置づけられる「総合診療医」だが、若手医師の関心が減少しているという結果になった。「大いに関心がある」が2013
  • 総合診療専門医への「期待」と「懸念」

    カテゴリー:医療維新 2016年6月12日

    医、あるいは病院の総合診療医などの選択肢が想定される。「病院総合診療医」を総合診療専門医の2階部分に位置付けるかどうかとの質問に、草場氏はサブスペシャルティについては、病院総合診療医以外も含め、「今、
  • 医系市長会、菅官房長官らに新専門医制度で要望

    カテゴリー:医療維新 2016年6月8日

    させており、同制度を専門医制度につなげる発想とも言え、立谷市長は、「かかりつけ医」ではなく、「総合診療医」との名称にすべきとも提言。  横倉会長は、19番目の基本領域の専門医に位置付けられる総合診療専
  • 1位総合診療医、2位地域枠、3位は「医師の計画配置」

    カテゴリー:医療維新 2016年5月28日

    5%が「減少した」と回答、勤務医の確保状況は地域差が大きいことが明らかになった。勤務医不足の解消策として、総合診療医への期待は高く、加えて「医師の計画配置」を支持する病院は70.2%に上るなど、従来とは異なる対策
  • 卵巣腫瘍が起こす脳炎、分からない理由【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月26日

    研修医1 国家試験には絶対出ないのに、卒業試験では毎年これが出るというので、覚えました。 森田 それは良いね。今年の日本病院総合診療医学会でも何例か報告があったんだよ。 鈴木 自然軽快することもあるし、膿瘍を手術で摘除すれば非常に
  • 日病会員の8割、勤務医不足解消に「総合診療医育成」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月26日

     日本病院会の堺常雄会長は4月25日の定例記者会見で、医師不足を解消するため「総合診療医の育成」を 求める会員が多いことを報告した。  堺会長は、日病が2015年10月から11月に会員病院約2450施
  • 急性呼吸窮迫症候群診療指針案を公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月21日

    できない病態の総称と定義される。指針の利用対象は成人ARDSの診療に従事する専門医と非専門医(総合診療医、家庭医、一般医、他領域専門医など)や、看護師、薬剤師、臨床工学士などの医療従事者としている。
  • 内科専門医、「研修施設ゼロ」の2次医療圏は1カ所

    カテゴリー:医療維新 2016年4月17日

    ォーマンスを改善できる)に移行。 ◆内科専門医と総合診療専門医との違いは何か? 横山氏の回答:総合診療医は、「それは専門外である」という言い訳をせずに患者と向き合い、そのことに誇りを持つのが基本的な概
  • 東北医科薬科大学、一期生100人が入学

    カテゴリー:医療維新 2016年4月5日

    療に貢献できる医師養成を目指す。「疾病の予防から、各疾患に適切に対応できる幅広い臨床能力を持つ総合診療医を育てる。学生一人一人の志、所期の目的を達成できるよう、教職員一同で取り組んでいく」(高柳理事長)。
  • かかりつけ医「総合診療専門医も日医の研修を」

    カテゴリー:医療維新 2016年4月4日

    研修制度を受講してほしい」と説明した。  東京都代議員の森久保政道氏は「かかりつけ医、在宅医、総合診療医、総合診療専門医など、日ごろ患者を診療している医師に対しての言葉が多種多様に使用され混乱している
  • 宮城県被災地の医療、「新たなステージ」【宮城編◆Vol.7】

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    ダクター型総合診療医の養成」にも取り組んでいる(同プログラムのホームページ参照)。大学病院と地域病院とが一体となり、医療と介護、福祉をつなげる“指揮者”(コンダクター)を育成する総合診療医教育プログラムだ。
  • 20年後、総合診療医は増える?“消える”科は?◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年2月8日

    渋谷20年後の医療、社会の変化はどうでしょうか。人口減少で地方は過疎化して、単身世帯が増え、医師がいない地域も出てくる。そういう中で、医療はますます生活に密着する方向になるでしょう。病院を主戦場とする...
  • 「2016年、かかりつけ医を推進」- 横倉日医会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年1月5日

    の関係の中で選ばれるべきだ。 ――日医のかかりつけ医と、日本専門医機構が認定する専門医としての総合診療医とはどこが違うのでしょうか。  専門医はあくまで学術的にオーソライズされるもの。医療提供体制の中
  • 高齢者の負担増、受診抑制懸念か容認か?

    カテゴリー:医療維新 2015年11月24日

    。かかりつけ医以外を受診した場合の定額負担だけでなく、かかりつけ医の定義、いつまでにどれだけの総合診療医が誕生して、国民のプライマリケアの体制が整うのか、工程表と目標のビジョンを明確に」(日本商工会議
  • 「地域医療のためにも大学のパワーは落とせず」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年11月11日

    ある。 鹿児島大学医学部離島へき地医療人育成センターの大脇哲洋教授 ――地域医療の担い手として総合診療医が期待されています。  総合診療的なスキルはやりながら学ぶ面がある。インターネットも普及し、調べ
  • 医師4年目、高齢化率50%の地区で診療所長◆鹿児島大Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年11月10日

    、新村氏の同病院への配属は教育的な配慮もあるという。  地域で働くということもあり、学生時代は総合診療医が必要と考えていたが、研修の中で、「義務年限後を見据えて医師としての今後を考えると、何かしら専門
  • 2016年度改定、重点課題は機能分化と地域包括ケア

    カテゴリー:医療維新 2015年10月22日

    け医」という言葉を使うべきだと指摘した。  健康保険組合連合会副会長の白川修二氏は、「主治医や総合診療医とかかりつけ医の概念が違うのでは」と述べ、厚労省の具体的方向性(案)にあった「かかりつけ歯科医の
  • 内科専門医、原点に立ち戻り改革 - 横山彰仁・日本内科学会認定医制度審議会会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年9月26日

    言われます。これに対し、内科にも、「4つの医師像」があります。(1)地域医療における内科領域の総合診療医(かかりつけ医)、(2)内科系初期救急医療の専門医、(3)病院での総合内科(generality
  • 若年者がん対策 満足できる施策とは

    カテゴリー:医療維新 2015年9月25日

    き合う時間はいくらあっても足りません。  まとめて総合的におこなうことが一番なのです。医学的な総合診療医を養成することも大事ですが、このような行政的なことをまとめてできるホテルのコンシェルジェのような
  • コスト考慮、総合診療医は得意◆三重大学Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年9月5日

    医学部1年生からの総合診療医の育成に努めてきた。全国初の地域医療講座を設置するなど、日本における総合診療教育をけん引してきた竹村洋典教授に、社会保障費の削減圧力が強い中での総合診療医の意義や役割を中心
  • 今後の課題は「フリーアクセス」「自由標榜」◆Vol.31

    カテゴリー:医療維新 2015年8月31日

    も、どこでも、誰でも」と言われますが、「どこでも」はやはり見直さないと。家庭医、かかりつけ医、総合診療医、呼び方はいろいろですが、そうした医師を介して、病院を受診するルートを作ることが必要でしょう。先
  • 高校で総合診療医を“青田買い”◆三重大学Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年8月30日

     総合診療医の育成に当たって「研究」に力を入れる三重大学大学院医学研究科家庭医療学講座(竹村洋典教授)だが、「教育のあるところに人が集まる」(竹村氏)との信念に基づいて、教育にも力を入れて、多様な取り
  • 「医療は贅沢品か」「窓口負担5割に」◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2015年8月30日

    るべきことだと思う。 ・皆保険制度は維持するが,全くのフリーアクセスではなく,専門医制度の中で総合診療医の役割を明確にし,地域でのゲートキーパーの役割を担わせる。また、自由開業制ではなく,ある程度地域
  • 研究重視で総合診療医を養成◆三重大学Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年8月29日

    )は、地域医療を担う総合診療医の育成で有名だ。2011年に日本で初めて、地域の病院に医師を配置する寄付講座を設置して以降、県内外に人材を輩出している。臨床医と捉えられる総合診療医のイメージを越えて「日