m3.com トップ>記事検索結果

「肝機能障害」の検索結果

  • 乾癬治療でのオテズラの位置づけとは

    カテゴリー:臨床ニュース 11月13日

    に比べて、効果は非常に“マイルド”」であり、ビタミンA誘導体や免疫抑制剤と比べて、腎機能障害、肝機能障害などの臓器障害が少ないなどの理由から「扱いやすい」と説明。また、「皮疹の改善に先立ち、痒みが軽減
  • プラザキサに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 9月13日

    療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  改訂内容は、重大な副作用の項に「急性肝不全、肝機能障害、黄疸」を追記する。直近3年度の国内副作用症例として5例報告されており、このうち1例は因果関係が
  • 「さらっと報告」では伝わらない脾摘の是非【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月8日

    を認め、発熱性好中球減少症として広域抗菌薬投与を開始した。血液培養結果陰性。汎血球の減少および肝機能障害の増悪あり。ナプロキセン、アセトアミノフェン、トラマドール/アセトアミノフェンの投与で全身状態の
  • 確証ないリンパ腫、治療への決断【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月4日

     好中球数、腎機能とも改善しない状況と並行して、総ビリルビン(T-Bil)が3mg/dLを超え、肝機能障害も進行していました。さらにJCS IIの意識障害が出現するなど、入院中にも全身状態は悪化しました。
  • 確証ないリンパ腫、治療方針の決め方は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月1日

     症例に戻ります。本症例には発熱および脾腫という身体所見がありました。検査結果でも、汎血球減少のほか、肝機能障害、フェリチン上昇、可溶性IL-2受容体の上昇などの所見がありました。骨髄検査でも血球貪食像を認め
  • 血球貪食、原因不明時の診断はこうする【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月28日

    を認め、発熱性好中球減少症として広域抗菌薬投与を開始した。血液培養結果陰性。汎血球の減少および肝機能障害の増悪あり。ナプロキセン、アセトアミノフェン、トラマドール/アセトアミノフェンの投与で全身状態の
  • 悪性リンパ腫疑い、でも確証がない!【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月25日

    して広域抗菌薬投与を開始しました。血液培養の結果はすべて陰性でしたが、発熱は持続、汎血球減少や肝機能障害の進行を認めました。FN治療に並行してナプロキセン(ナイキサン)、アセトアミノフェン(カロナール
  • ダビガトランなどの注目リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

    量を減らしたりしないよう呼びかけている。  各薬剤の評価中リスクは、ダビガトランで急性肝不全と肝機能障害、黄疸、パリビズマブで血小板減少、インターフェロンベータでC型代償性肝硬変患者における投与期間となっている。
  • ふらつき患者、退院後にリステリア検出!【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月31日

     以下に、再入院時の検査結果を含めた所見を示します。血算では軽度の貧血を認めましたが、生化学では明らかな肝機能障害、腎機能障害はなく、CRP 3.32 mg/dLと炎症反応の軽度上昇を認めました。インフルエンザ
  • 防風通聖散OTC薬の副作用発現状況発表

    カテゴリー:臨床ニュース 7月12日

    薬含有量は医療用の2/3、1/2量、同量などさまざまだった。  防風通聖散は、重い副作用として肝機能障害といった肝・胆道系副作用、間質性肺炎といった肺・呼吸器系副作用が知られている。加藤氏らが医療用の
  • オプジーボ点滴静注に重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

    措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  改訂内容は、重大な副作用の「肝機能障害、肝炎」の項に硬化性胆管炎を追記する。厚労省では、国内副作用症例の集積を受け、専門医員の意見も踏
  • ポンペ病、筋ジスと誤診の可能性

    カテゴリー:臨床ニュース 4月5日

    障害、起立障害、呼吸不全を呈するようになる。  これらの症状がある場合、血液検査でのCK高値、肝機能障害や心筋症、大腿などの筋のCT所見、呼吸機能の低下を確認し、αGAA活性低下と筋生検でのグリコーゲ
  • 発熱以外の手掛かりなく、肝臓関与?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月3日

    とする54歳女性」。これまでの質疑応答から鑑別を挙げ、さらに議論が進められた。 CRP高値で、肝機能障害認める 廣瀬(総合診療科科長) では、ここまでの情報から鑑別を挙げてみましょうか。 研修医A ツ
  • エリキュースに重大副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月7日

    用の項に「肝機能障害」を追記するよう改訂指示を発した。直近3年度の国内症例が集積したための措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を発表した。  直近3年度に報告された肝機能障害関連症例は
  • 抗PD-L1抗体、未治療進行膀胱癌でも効果【米国臨床腫瘍学会】(2016/6/22訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月21日

    な有害事象の報告率は10-15%にとどまっていた。最も多い毒性に関する報告は甲状腺機能低下症と肝機能障害、発疹、下痢。薬剤毒性のために治療を中止した患者は全体の6%程度。研究グループは「カルボプラチン
  • ジクロフェナクなどの注目リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月14日

    ステル水和物・過酸化ベンゾイルでは皮膚症状に関する注意喚起が評価対象。NOACのアピキサバンは肝機能障害、オキシトシンはアナフィラキシー、C型肝炎の抗ウイルス薬のうち、オムビタスビル水和物・パリタプレ
  • 小児期発症バセドウ病診療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月23日

    療法の項では、小児バセドウ病にプロピルチオウラシル(PTU)を投与する場合、副作用として重篤な肝機能障害を来す可能性を十分に説明し、同意を得た上で慎重に投与することに言及し「強い推奨、エビデンスレベル中」とした。
  • エドキサバンに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月27日

    」(商品名:リクシアナ錠15mg、同錠30mg、同錠60mg)の添付文書の重大な副作用の項に「肝機能障害、黄疸」を追記するよう指示を出した。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が情報を伝えた。  直近3
  • 肺癌薬ジカディアに適正使用依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月14日

    受け、厚生労働省がまとめた適正使用の依頼文をオンライン公開した。同薬には致死的な間質性肺疾患や肝機能障害などが報告されているとして、定められた用法・用量に留意するよう求めている。  肺癌の約85%はN
  • レボドパなどの注目リスクを公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月5日

    アスコルビン酸配合剤は失神と意識消失のリスクが評価中。NOACのエドキサバントシル酸塩水和物は肝機能障害と黄疸、リバーロキサバン(錠剤、細粒)は血小板減少が評価対象となっている。抗PD薬のレボドパ(錠
  • 患者が語る生活歴に残る疑問【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月5日

    報を追加してください。 研修医1 アルコール性の肝腫大があります。 森田 そうですね。3年前の肝機能障害。22cmで下は腸骨稜下に達していると。一過性でしたっけ? 鈴木 3年前の肝障害は一過性だったようですね。
  • 急性肝不全、昏睡7%の驚きの試み【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月24日

    るに急性肝不全とは、狭い意味では脳症を発現した急性肝障害ということになります。その脳症が高度の肝機能障害に基づいていることの客観的な証拠としてPT40%以下を採用したということです。  その根拠になっ
  • コンサータ、リタリンに重大副作用

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月18日

    (商品名:コンサータ、リタリン)の使用上の注意に対し、厚生労働省が重大な副作用として「肝不全、肝機能障害」を追記するよう改訂指示を出した。海外症例の集積などが主な改訂理由で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を公表した。
  • バラクルード錠に重大な副作用

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月18日

    クルード錠0.5mg)の使用上の注意に対し、重大な副作用として「肝機能障害」を追記するよう指示を出したと発表した。直近3年度の肝機能障害関連症例が11例(うち死亡1例)確認され、因果関係の否定できない
  • メチルフェニデートなどの改訂リスク公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月27日

    刺激薬とプロトンポンプ阻害薬(PPI)、B型肝炎治療薬、乳癌治療薬の5薬で、皮膚粘膜眼症候群や肝機能障害、横紋筋融解症などのリスクが確認されている。同機構はあくまでも評価中として、患者が服薬を独断で中
  • オフェブカプセルに注意喚起を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月13日

    100mg、同カプセル150mg)の使用上の注意に対し、重要な基本的注意として「中等度及び高度の肝機能障害(Child Pugh B、C)のある患者に関する注意喚起」を追記するよう改訂指示を発出した。承
  • アムロジピンなどに改訂リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月16日

    報告されている。  特発性肺線維症薬のニンテダニブエタンスルホン酸塩については、中等度と高度の肝機能障害患者に対する注意喚起で評価中となっている。
  • C肝薬ヴィキラックスに重大副作用

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月30日

    訂指示では、重大な副作用に肝不全を追加したほか、禁忌の項に「Child-Pugh 分類 B の肝機能障害のある患者」を、重要な基本的注意の項に肝不全に関する注意喚起を追記するよう求めた。 関連リンク
  • アボルブとザガーロに重大副作用新設

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年10月23日

    ュタステリド」(商品名:アボルブ、ザガーロ)に対し、使用上の注意に重大な副作用の項を新設し、「肝機能障害、黄疸」を記載するよう改訂指示を出した。国内症例が集積したための措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が指示情報を公表した。
  • マクロライド系抗菌薬などに改訂リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月28日

    自己判断で服薬中止などをしないよう注意を呼び掛けている。  前立腺肥大症薬のデュタステリドでは肝機能障害と黄疸、C型肝炎治療薬のダクラタスビル塩酸塩とアスナプレビルには間質性肺炎、セフェム系抗菌薬のセ
  • ポマリストに重大副作用で添付改訂

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年8月6日

    (商品名ポマリストカプセル1mg、2mg、3mg、4mg)について、添付文書の重大な副作用に「肝機能障害、黄疸」の追記を指示する厚生労働省の決定を通知した。  サリドマイド誘導体であるポマリドミドは、
  • イナビル、リレンザなどに改訂リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年7月21日

    消化癌抗体医薬、抗アレルギー性緩和精神安定薬、アルツハイマー型認知症(AD)薬、鉄過剰症薬で、肝機能障害や消化管穿孔、間質性肺疾患などが報告されているという。同機構では評価中の情報であることから、患者
  • インターフェロンβ1aに副作用追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年7月9日

    、劇症肝炎による因果関係の否定できない死亡が1例報告されたことを受け、記載を「劇症肝炎、肝炎、肝機能障害」と改めるよう指示した。 関連リンク インターフェロンベータ-1a(遺伝子組換え)の「使用上の注意」の改訂について
  • ザイティガに重大副作用で改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年7月8日

    きない症例が5例に上っている。  改訂指示では、重大な副作用への追加に加え、重要な基本的注意の肝機能障害の項に劇症肝炎と肝不全に関する注意喚起を追記するよう求めている。報告された国内副作用症例のうち5
  • 低HbA1c群で心血管疾患リスク上昇

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年6月23日

    HbA1c群で心血管疾患リスクが上昇する結果を招いたとの可能性に言及している。  調査対象から肝機能障害(血清ALT高値)、腎機能障害(血清Cr高値)を除いた解析や、低摂取カロリー、低BMIの住民を除
  • アジルバに重大副作用を追加

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年4月23日

     厚生労働省は4月23日、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)「アジルサルタン(商品名アジルバ)」の使用上の注意で、肝機能障害を重大副作用として追記するよう指示を発した。直近3年度の国内副作用症例が13例報告されたためで、
  • メマリー死亡で重大副作用追加指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年2月18日

    17日、アルツハイマー型認知症(AD)治療薬メマンチン塩酸塩(商品名メマリー)の重大な副作用に肝機能障害と黄疸関連疾患の追加を求める厚生労働省の改訂指示情報を発表した。直近3年度の国内副作用症例で因果
  • テラビックに腎障害で改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年2月18日

    、初回投与量の未減量や加齢、投与前クレアチニンの増加、糖尿病、高血圧の合併が同薬投与時の重篤な肝機能障害発現のリスク因子であることが示唆されたという。 【関連リンク】 テラプレビルの「使用上の注意」の改訂について
  • 病診連携で「手遅れ」を防ぐ【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年2月5日

     紹介状に患者の投薬状況や既往が記載してあれば十分です。私が紹介を受けたならば、服薬に伴う出血リスクや肝機能障害などは把握しておきたいからです。過去の検査結果については、紹介を受けるような病院は前日に紹介元で
  • トラゼンタに重大副作用で改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年1月14日

     厚生労働省は1月9日、DPP4阻害薬「リナグリプチン(商品名トラゼンタ錠5mg)」について、添付文書の重大な副作用に肝機能障害を追記するよう改訂指示を出した。同障害が直近3年度に9例集積され、因果関係のない転帰死亡の1例が
  • ソブリアード3人死亡で警告

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月25日

    リアードカプセル100mg)」について、2013年12月の発売開始から1年以内に服用患者3人が肝機能障害や腎機能障害などを発症して死亡したとの安全性速報(ブルーレター)を発出した。同薬は発売当初から使
  • エンザルタミドに重大な副作用追加

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月23日

     同日は、このほか2型糖尿病治療薬の「テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物(同テネリア錠20mg)」で重大な副作用に肝機能障害と間質性肺炎が、抗菌剤の「バンコマイシン塩酸塩(同バンコマイシン点滴静注用0.5gなど)」では薬
  • テネリアで重大な副作用を追加

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月23日

    重大な副作用に肝機能障害と間質性肺炎を追記すると発表した。国内症例の集積が理由で、直近3年度で肝機能障害関連症例と間質性肺炎関連症例が6例ずつ報告されている。  発表によると、肝機能障害関連症例では6
  • LT4、本当に「安全」と言えるか【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月10日

    療法が中心となる。抗甲状腺薬のうち、チアマゾール(商品名メルカゾール、MMI)では無顆粒球症や肝機能障害などの副作用に気を付けなければいけないことは論を待たないが、比較的安全とされるレボチロキシン(商
  • リリカに重大な副作用を追加

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年9月18日

     医薬品医療機器総合機構は9月16日、厚生労働省が疼痛治療薬プレガバリン(商品名リリカ)の使用上の注意で、重篤な副作用に劇症肝炎と肝機能障害を追記するよう製造販売元のファイザーに指示したと発表した。同薬の適応は神経障害性疼痛と線維筋痛症
  • ADPKDにサムスカ適応で注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年4月1日

    n未満の患者では、有効性および安全性は確立していない。  重大な副作用として高ナトリウム血症、肝機能障害が現れる恐れがある。初回投与は入院下で行い、適切な水分補給の必要性を指導するとともに、投与中は少
  • ビグアナイド勧告を改訂、糖尿病学会

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年4月1日

    者も禁忌となる。  さらに、メトグルコ以外のBG薬では肝機能障害、腎機能障害、高齢者は禁忌。メトグルコはこれらの患者でも使用できるが、肝機能障害は軽度から中等度であれば慎重投与。腎機能SCr値が男性1
  • サムスカ使用に学会緊急声明

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年10月23日

    間後に血清ナトリウム濃度の確認を行うこと、過度な飲水制限をかけないことなどを求めている。また、肝機能障害についても言及しており、投与後2週間が発現のリスクが高いため、頻回に肝機能検査を行う必要があると説明している。
  • 経口ケトコナゾールFDA警告 【米国家庭医学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年8月20日

     米国家庭医学会(AAFP)は8月9日、重篤な肝機能障害のリスクがあるとしてFDAがケトコナゾール経口用錠剤(ニゾラール)の厳しい使用制限を要求したことを報告した。新しいラベルでは、一部の適用症の削除
  • 1
  • 2