m3.com トップ>記事検索結果

「肺水腫」の検索結果

  • 非緊急の不整脈で泥沼にはまらないコツ

    カテゴリー:臨床ニュース 8月6日

    A頻脈 【救急外来での対処】 □ 緊急群:脈拍数>150/分で、 意識低下、血圧<80、急性心筋梗塞、肺水腫、心不全徴候あり ↓ 同期させて電気ショック 〔意識があるならDiazepam(セルシン)で鎮静してから〕
  • SAHを見つける2つの問診――『研修医当直御法度』

    カテゴリー:臨床ニュース 7月3日

    頭部CTスキャンで非典型例を見逃す SAHによる心電図変化を急性冠症候群と見誤る SAHによる中枢神経性肺水腫を左心不全の肺水腫と誤認する SAH→溺水、熱傷などで搬送されるSAH を見逃す 腰椎穿刺直後に再破裂して紛争になる
  • 奈良・勾留中の男性医師死亡、「検察の不起訴は不当」

    カテゴリー:医療維新 2019年6月5日

    原因となって発症した急性腎不全により、嘔吐・食欲不全による脱水が加わり発症した急性腎不全により、肺水腫を発症させて、2010年2月25日に死亡した。  出羽氏は、「男性医師の傷害は全身に及んでいる」と
  • 「避けられない」で求められる対応力【時流◆アナフィラキシー】

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年3月26日

    す。これが過度の急速静脈内投与や静脈内ボーラス投与などの過量投与となると、心室性不整脈や高血圧、肺水腫などを来す恐れがあります。しかし、アドレナリン自己注射製剤(販売名:エピペン)の用法、用量を守って
  • 「既往なし」信じ造影剤投与したら呼吸停止

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年3月7日

    低下、意識低下を合併【消化器科勤務医】 血管造影中にアナフィラキシーショックを発症した。CTにて肺水腫を認めた。αブロッカー服用中でアドレナリンにも反応なく挿管後、人工呼吸器装着とICU(集中治療室)
  • 「猛暑日に低体温症でヘリ搬送」を防ぐ医師の指導【時流◆夏山の注意点】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月10日

    にはなりませんが、不用意に運動負荷を上げてしまうと、低い山でも極端な低酸素を起こし、ひどい場合は肺水腫を発症します。そうなるとさらに重度の低酸素状態を来し、自力では動けなくなります。  健康人では標高
  • 敗血症の壮絶な闘病体験明かす【時流◆敗血症を生きる】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年3月8日

    腹部の激痛と破裂しそうな張りに苦しんでいた」そうだ。  戸倉さんは最重症の急性膵炎と急性腎不全、肺水腫を合併し、千葉大学病院のICUに救急車で転院した。転院当時、家族は医師から「これ以上炎症がひどくな
  • 誰でも救急医になれる!

    カテゴリー:医療維新 2018年3月2日

    育も研究も将来性がたくさんある」と実感したからです。  福島先生とは、泡沫状のピンク色の痰で来た肺水腫の患者さんを「くも膜下出血」と診断したこと、明け方に高速道路の交通事故で車内に閉じ込められた患者さ
  • PVOD/PCH診療GLが公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月22日

    見されるという。しかし、肺水腫の誘発など重篤な合併症の報告もあるため、同学会では同治療を施行しない場合または治療の前後との比較で、生存期間、6分間歩行距離、肺血管抵抗、肺水腫といった合併症など、その効
  • 「医学の素人の裁判官、7人の医師の意見書を否定」

    カテゴリー:医療維新 2017年12月3日

    るなどではなく、医学的に適切な判断で意見書を書く」と遺族側に伝えたという。その上で、急性腎障害、肺水腫から死亡に至ったという判断で意見書を書いたと説明、男性医師の状態は、KAGIO分類でステージ3に該
  • AKIの腎代替療法、開始時期で死亡差なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年6月1日

    試験で検証。60日死亡率のカプラン・マイヤー推定値は、即時開始群48.5%、重症高カリウム血症、肺水腫などの基準を1つ以上満たすまで開始を延期した群49.7%で有意差はなかった(P=0.79)。延期群の49%は腎代替療法を受けなかった。
  • 薬剤師のためのワクチン入門

    カテゴリー:医療維新 2015年7月14日

    は迅速かつ適切な対処をしないと、短期間で重症化あるいは死亡に至る危険性がある。また、脳症、腎症、肺水腫、出血傾向など種々の合併症が生じる。通常、病原体のマラリア原虫をネッタイシマカが媒介するのだが、日本では主にコガタハマダラカが媒介する。
  • 緊急声明のダイアモックスに使用指針

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年4月8日

    る適正使用指針をまとめた(『ダイアモックス脳検査に緊急声明』)。対象患者や適応外使用の実態、急性肺水腫の発生機序などを解説している。重篤な副作用については発生の頻度や機序などが明らかになっていないとし
  • 妊娠高血圧症、早期娩出で児にリスク

    カテゴリー:海外ジャーナル 2015年4月2日

    への効果を無作為化試験で検証(HYPITAT-II試験)。早期娩出は待機管理に比べ、血栓塞栓症、肺水腫などの母体の複合有害転帰リスクが低下したが(相対リスク0.36)、新生児呼吸窮迫症候群リスクが有意に増加した(同3
  • 人工呼吸器離脱プロトコルとQ&A公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年3月17日

    全基準の「重篤な体液過剰がない」ケースの具体的な表現については、体重や痰の吸引頻度、画像診断での肺水腫、大量胸水が指標となり得るが、患者背景や経過、今後の見通しで受け止め方が変わるため、あえて数値を記
  • ダイアモックス脳検査に緊急声明

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年6月19日

    での対応方針を示す目的で発表した。  声明によると、1994年から2014年の間に、急性心不全や肺水腫などの重篤な副作用が8件(死亡例は6件)報告されている。うち5件は2010年以降の事例。多くは投与
  • 乳児の窒息、上咽頭の観察が盲点

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年6月17日

     ブドウの誤嚥症例では、気道の完全閉塞が解除された後で陰圧性肺水腫を起こした。閉塞時の呼気で胸腔内に強い陰圧がかかり、静脈環流が増え、肺胞内への漏出液が増えることが原因と考えられている。委員会は「陰圧性肺水腫の頻度は多くないが、1日程
  • 「人工透析、カリウム上昇への配慮を」

    カテゴリー:医療維新 2011年3月16日

    なる。 塩分、水分摂取にも配慮を  さらに、「2つ目は、塩分と水分の摂取を控えること」が重要だ。肺水腫にならないよう注意が必要だ。体重計に乗って体重が1kg増えていれば塩分が8gだけ体内に貯留した計算
  • 日本人の呼吸器病を軽く - 日本呼吸器学会理事長・永井厚志氏に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2011年1月5日

     一般の先生、開業の先生など、幅広い医師の方々に、どういった患者が致命的な肺の状態になるか、知っておいていただきたい。非心原性の肺水腫をどう見分けるか、紹介のタイミングはどうか。注意深く見ておかねばならない患者はどういう人なのか。いつ何時、急変するか分かりませんから。
  • "医療事故調"反対論に異議あり - 女子医大・西田博氏に聞く

    カテゴリー:医療維新 2008年1月30日

    ――司法解剖の問題点を具体的にお教えください。  司法解剖による鑑定結果では、死因は急性肺水腫とされています。診察時のレントゲンで肺水腫を見逃し、点滴などの治療を実施したことによりさらに悪化させ、死亡させた過失が