m3.com トップ>記事検索結果

「肺炎」の検索結果

  • 「これがオーラか」、中山氏の感想 - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 11月19日

    れていますか」 「私は、自分のせいで死んだ患者さんの顔は全員覚えている。あの病院の、術後にMRSA肺炎になって動脈瘤破裂をした◯◯さん。意識はあるから話はできてね」天野先生の顔が歪んだ。  「たまに悪
  • 高齢者肺炎球菌ワクチンで学会再見解

    カテゴリー:臨床ニュース 11月10日

     日本呼吸器学会はこのほど、「65歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方(第2版)」を公式ホームページで公開した。これは、日本呼吸器学会と日本感染症学会が合同委員会を組織し、作成。両学
  • 「大人のワクチン」全額補助で一斉接種

    カテゴリー:臨床ニュース 11月1日

    クジャパン(東京都中央区)で、今回は10月末に行われた集団接種の模様を紹介する。2016年からは、肺炎球菌ワクチンと水痘・帯状疱疹ワクチン(後者のみ自己負担)も社内で接種できるようになったそうだ。(取材・まとめ:m3
  • 「在宅医療診療GL」をけん制、鈴木日医常任理事

    カテゴリー:医療維新 10月20日

    18年1~2月には外部評価・パブリックコメントを求め、4月には公開予定だ。  鈴木氏は、例えば、「肺炎患者に、訪問診療による治療は入院治療に比較して有効か?」というCQを挙げ、患者の状態や家庭環境など
  • トラゼンタに重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 10月18日

    「間質性肺炎」の追記を求める改訂指示を出した。国内症例が集積したことなどを踏まえた措置で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。  直近3年度の国内副作用症例として、間質性肺炎関連症例
  • 「2018年度の改革は“惑星直列”」、迫井厚労省医療課長

    カテゴリー:医療維新 10月6日

    口の高齢化に伴い、悪性腫瘍の増加が想定されるが、2005年を起点とすると、今後大幅に増加するのは、肺炎、心疾患、脳血管障害であり、悪性腫瘍の患者はそれほどには増えない。7対1入院基本料病棟の入院患者の
  • 「予防接種副反応疑い報告」一部改正で周知

    カテゴリー:臨床ニュース 10月4日

    ホームページに掲載した。今回の改正により、高齢者の肺炎球菌感染症の症状に「注射部位壊死又は注射部位潰瘍」に追加された。  主な変更点は、高齢者の肺炎球菌感染症の症状の項に「注射部位壊死又は注射部位潰瘍
  • 多種混合ワクチンの感染抑制効果を検証

    カテゴリー:海外ジャーナル 10月2日

     オランダで、ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ・インフルエンザ菌b型(DTaP-IPV-Hib)+肺炎球菌(PCV)の混合ワクチンを4回接種した小児109万6594例を対象に、直近で麻疹・ムンプス・風
  • 母校の慶應大医学部でも講義◆Vol.29

    カテゴリー:医療維新 9月29日

     若い医師からの電話を受けたこともあった。「私は呼吸器内科医です。病棟は誤嚥性肺炎の患者がほとんど」「救急車で次々運ばれてくるのは、高齢者の誤嚥性肺炎の患者ばかり」「俺も一生懸命勉強して医師になったけど、この人に何
  • アモキシシリンなどに注目リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 9月26日

     評価中のリスクは、AMPCとその含有薬の血小板減少、モキシフロキサシンの横紋筋融解症、DPP-4阻害薬リナグリプチンの間質性肺炎。  この他、レベチラセタムで悪性症候群、殺菌消毒薬のクロルヘキシジングルコンとその含有薬(一般用
  • 小児への気管支鏡下異物除去、合併症の発生僅か

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月26日

    。対象児のうち269例(80.5%)に気道異物が見つかり、うち62.5%は主気管支内だった。術後の肺炎発生は2例(0.6%)で、いずれも再挿管を必要とした。術後2週間以内に1例(0.3%)の死亡が確認
  • 「いい加減にしろ」家族とも喧嘩◆Vol.23

    カテゴリー:医療維新 9月23日

    喧嘩したこともあるという。どんな理由からだったのだろうか。  ある有名な企業の重役の母親が、誤嚥性肺炎で病院に入院し、もう退院していいことになったが、息子さんである重役は、母親に「胃瘻を付けたい」とい
  • “モンスター”家族がホームを変えた!◆Vol.22

    カテゴリー:医療維新 9月22日

    ――芦花ホームが「誤嚥性肺炎製造工場」から脱するきっかけとなった一つが、ある入所者の家族の存在だった。  僕が芦花ホームに来た時、まず施設長から、「うちには文句ばかりを言う、“モンスター”家族が2組い
  • 特養は「誤嚥性肺炎製造工場」だった◆Vol.21

    カテゴリー:医療維新 9月21日

    いけれど、12年前に僕がここに来た当初は、1日、3、4回は救急車が来る状況だった。ほとんどが誤嚥性肺炎の患者さんの搬送だった。「1日、1500kcal食べさせなければいけない」と職員が必死だった。それ
  • 連携の好事例「脳卒中連携パス」「フリーの退院支援ナース配置」◆Vol.13

    カテゴリー:医療維新 9月5日

    診療所】 ・注意力のあるケアマネ、訪問看護師や介護士による連絡で、早期に発見された重症の腎盂腎炎や肺炎、蜂窩織炎の症例があった。早めに連絡していただき、病院へ早く紹介できた。【診療所】 ・地域リハ広域
  • 『平穏死のすすめ』こそ医師の役割◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 9月1日

    言えるが“誤嚥性肺炎製造工場”だった。全く悪気があったわけではなく、「栄養を取ってもらいたい」との考えで、高齢の入所者にも1500Kcalの食事を食べさせていた。その結果が、誤嚥性肺炎。今は救急車が来
  • 再入院減って退院後死亡も減、オバマケア

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月30日

     2008-14年に心不全、急性心筋梗塞、肺炎で入院したメディケア受給者約674万人を対象に、米国医療保険制度改革(オバマケア)に伴う再入院率の低下が退院後死亡率の上昇を招いたか否かを後ろ向き研究で検
  • 免疫CP薬大腸炎にレミケード償還要請

    カテゴリー:臨床ニュース 8月15日

    働省保険局並びに医学会会長に提出したと発表した。  免疫チェックポイント阻害剤である両剤は、間質性肺炎、大腸炎など免疫関連の副作用を発症すると報告されている。これらの副作用に対して、既存の保険償還対象
  • アデムパスの重要な基本的注意に改訂指示

    カテゴリー:臨床ニュース 8月4日

    で、間質性肺病変を伴うPAH患者に対する注意喚起の追記などを求める改訂指示を発出した。特発性間質性肺炎に伴う症候性肺高血圧症患者を対象とした臨床試験(RISE-IIP試験)で、同薬投与群で重篤な有害事
  • PPSV23再接種のガイダンス公開

    カテゴリー:臨床ニュース 8月4日

     日本感染症学会はこのほど、「肺炎球菌ワクチン再接種のガイダンス」(改訂版)を学会ホームページで公開した。日本における23価肺炎球菌莢膜多糖体ワクチン(PPSV23)の接種に関する新たなエビデンスを反
  • 高齢高血圧、一次薬にβ遮断薬「復活」【時流◆高齢者高血圧診療GL発行】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月27日

    なる病態がない場合、サイアザイド系利尿薬を第一選択薬として特に考慮する(推奨グレードB)」「誤嚥性肺炎を繰り返す高齢者には、ACE阻害薬の投与を第一選択薬として特に考慮する(推奨グレードB)」と勧告した。
  • 適正使用が日常診療での重篤例見逃し防ぐ【時流◆抗菌薬の適正使用】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月24日

    いていくと考えています。 図2. 急性下痢症の診断および治療の手順  「診断及び治療の手順」では、肺炎や敗血症などの重症例の鑑別も案内しています。急性気道感染症や風邪と呼ばれるものの中には、重大な病態
  • 再発MM対象P3でOS延長、KRd3剤併用で

    カテゴリー:臨床ニュース 7月19日

    群で最も共通した(20%以上)有害事象は、下痢、貧血、好中球減少症、疲労、上気道感染、発熱、咳嗽、低カリウム血症、血小板減少症、筋痙縮、肺炎、鼻咽頭炎、悪心、便秘、不眠症、気管支炎だった。  Kyprolisを週2回、27mg/m2を投与
  • 「血ガス所見は正常」で終わらせない【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月18日

    しては様々な症状の組み合わせが考えられますが、過換気、食欲低下によるケトーシス、頻回な嘔吐、誤嚥性肺炎、の組み合わせが最も疑われました。  まとめです。血液ガスは「呼吸」と「酸塩基」に分けて分析するこ
  • 防風通聖散OTC薬の副作用発現状況発表

    カテゴリー:臨床ニュース 7月12日

    量などさまざまだった。  防風通聖散は、重い副作用として肝機能障害といった肝・胆道系副作用、間質性肺炎といった肺・呼吸器系副作用が知られている。加藤氏らが医療用の防風通聖散の副作用について、同様に20
  • 地域包括ケア、課題は「医療介護連携」 - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 7月10日

    私が配置医をしている特養での看取り率は9割を超えます。  一方で、比較的元気だった入所者が、突然、肺炎になったり、転倒して骨折することもあります。こうしたケースは病院での治療が必要ですが、「なかなか医
  • 臨床研修、「外科」必修化は賛否拮抗

    カテゴリー:医療維新 7月8日

    ・普通で十分。【内科その他開業医】 ・一般的な感冒への基本的なマネージメント、電解質を見ての点滴管理、肺炎等への適切な抗生剤選択など、少なくとも「医者」と呼ばれるからには100人いたら100人一定レベルで
  • フル併発への大量ステロイド、悩める判断【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月7日

    、長くとも1週間ほどで解熱し、症状も軽快します。一方、インフルエンザ感染者では、1%未満と稀ながら肺炎や脳症、ライ症候群などを起こす可能性があります。このため、やはり少なくともインフルエンザの急性期を
  • 臨床研修、必須29症候、25疾病を提案

    カテゴリー:医療維新 6月27日

    下記の疾病を有する患者の診療に当たる。 脳梗塞・脳出血、脳動脈瘤・くも膜下出血、認知症、心筋梗塞、心不全、大動脈瘤、高血圧、肺癌、肺炎、急性上気道炎、気管支喘息、COPD、胃癌、消化性潰瘍、胆石症、大腸癌、腎盂腎炎、尿路結石、腎不全
  • マイコへ「延々と抗菌薬」に警鐘【時流◆学校感染症】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

     よく、咳が止まらないからと、抗菌薬を延々と処方している医師を見かけますが、抗菌薬は「肺炎マイコプラズマ肺炎に対する治療指針」などに従い、適切な期間を守って使用すべきです。マイコプラズマ感染症の症状
  • BBJ登録患者の臨床像明らかに

    カテゴリー:臨床ニュース 6月14日

    年齢に偏りが少ないことが示された。喫煙歴については、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、食道がん、間質性肺炎、膵がん、心筋梗塞で、他疾患や国民健康・栄養調査と比べて、喫煙歴がある人の割合が高い結果となった。
  • ニューモバックスに重大副反応追記

    カテゴリー:臨床ニュース 5月31日

     厚生労働省は5月30日、肺炎球菌ワクチンの「ニューモバックスNP」の使用上の注意に対し、重大な副反応として「注射部位壊死、注射部位潰瘍」を追記するよう改訂指示を出した。国内副作用症例として7例集積さ
  • 当直後30数時間勤務「メンタルに影響」

    カテゴリー:臨床ニュース 5月30日

    と思う【腎・泌尿器科勤務医】 「その他」の回答 勤務医はやっても見合わないことが多い。疾患も誤嚥性肺炎ばかり【内科勤務医】 医師でなくてもできる仕事を医師がすることに問題があると思う【内科勤務医】 ワ
  • 「個人の意思尊重」反響と課題【時流◆日本の肺炎】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月22日

     「成人肺炎診療ガイドライン2017」で推奨された院内肺炎、医療・介護関連肺炎(NHCAP)に対する「個人の意思尊重」。現在の医療現場での動向と課題について、ガイドライン策定に関わった長崎大学呼吸器内
  • 「村上智彦先生が遺したもの」

    カテゴリー:医療維新 5月19日

    張市の夕張市立病院の経営、運営を託されることになったからでしょう。ただ、それ以前も、北海道瀬棚町で肺炎球菌ワクチンの公費助成を全国で初めて導入するなど、「治す」ではなく「ささえる」、「キュア」ではなく
  • 破傷風疑い、管理4日目に硬直出現【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月19日

    認めました。直ちに気管内挿管を行い、人工呼吸管理としました。  その後の臨床経過としまして、誤嚥性肺炎の合併が一度ありましたが、破傷風第3期に見られる弓なり反張や全身けいれんの頻発への進行はなく、むし
  • 地域包括ケア病棟、「大病院の届出、本来の趣旨にあらず」

    カテゴリー:医療維新 5月18日

    診療科は、内科、整形外科、外科の順で、受け入れる患者の疾患も、最も多いのは骨折・外傷であり、以下、肺炎、脳梗塞など。  回復期リハリビテーション病棟入院料は、1~3の3段階がある。在宅復帰率は「入院料
13