m3.com トップ>記事検索結果

「胃癌」の検索結果

  • 京都府全体、「1つの同門」を目指す - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 9月4日

    です。  私たちが若かった時代と今とでは、医療環境を含め、社会が決定的に違います。私たちの時代は、胃癌や肝臓癌などをはじめ、癌をいかに治療するか、そのために手術法などが研究されました。  しかし今は、
  • NHK「がん検診見逃し率」報道に学会が見解

    カテゴリー:臨床ニュース 8月23日

    報告書」の調査結果に基づくもの。報道では、癌死亡率が12年連続で全国最悪の青森県が県内10町村の癌検診受診者を調査した結果、胃癌と大腸癌で4割が見落とされていた可能性があるとしていた。  日本消化器がん検診学会は、今回の報道に
  • 私の医歴書シリーズ一挙紹介!

    カテゴリー:医療維新 8月22日

    、外科腫瘍学の各分野を切り拓いてきた北島氏。「福岡ソフトバンクホークス」の現役監督だった王貞治氏の胃癌の全摘手術のエピソードも明かす。 連載日時:2015/9/1-2015/9/30 「僕は、弟子と今
  • 【私の医歴書BN】北島政樹 氏  (国際医療福祉大学名誉学長)

    カテゴリー:医療維新 8月22日

    、外科腫瘍学の各分野を切り拓いてきた北島氏。「福岡ソフトバンクホークス」の現役監督だった王貞治氏の胃癌の全摘手術のエピソードも明かす。 バックナンバー 「孫の一人は医師に」、祖父の一言◆Vol.1 (2015
  • 「命は神に、病気は先生に任せています」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 8月20日

    たけれど、大半の疾患は手打診療所で対応でき、ドクターショッピングをせずに済んだからだ。また例えば、胃癌の手術をするにしても、病院より診療所の方が入院単価は安い。下甑島村の一人当たりの老人医療費が、全国
  • 胃癌リスク評価で学会委員会が勧告

    カテゴリー:臨床ニュース 8月9日

    抗体価が3.0U/mL未満のみで胃癌リスクが低いとは断定できないことなど、3つの留意点を掲げている。勧告に併せ「包括的胃がん予防のための推奨指針」もまとめ、適切な胃癌検診の在り方を提唱している。 血清抗体価3
  • 肥満が胃癌LADGの予後不良を招く可能性

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月9日

     腹腔鏡補助下幽門側胃切除術(LADG)を受けた胃癌患者243例を対象に、術後転帰に対する肥満の影響を後ろ向き研究で検討。肥満群(BMI25以上)は非肥満群に比べ、手術時間が長く(P=0.007)、推定出血量が多かった(P=0
  • ABC分類A群の高リスク症例予測因子【JSHR 2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月3日

     胃癌リスク評価のABC分類では、ヘリコバクター・ピロリ(Hp)の感染がほぼないとされてきたA群にも既感染、偽陰性例が一定の割合で含まれることが問題となっている(偽A群問題)。東京歯科大学市川総合病院
  • ピロリ菌除菌効果の前向き研究実施へ

    カテゴリー:臨床ニュース 7月12日

    跡し、除菌後の胃癌発症を調査する前向き観察研究を実施すると発表した。主要評価項目は胃癌発生率と発生時期で、20年間にわたり観察する学会主導研究という。  Hpの除菌療法については、胃癌予防効果を示すエ
  • 虫垂炎除外項目は妊婦に通用するのか【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月30日

    生活歴 妊娠発覚前まで喫煙:40本/日、飲酒:焼酎水割り3杯/日。 家族歴 祖母:バセドウ病 母:胃癌 搬送時所見 血圧109/62mmHg、脈拍89回/分、整、呼吸18回/分、SpO2 98%(Room
  • ナパブカシン、胃癌対象P3の盲検解除

    カテゴリー:臨床ニュース 6月29日

    大日本住友製薬株式会社は6月26日、開発中のがん幹細胞性阻害剤ナパブカシンの胃または食道胃接合部腺がん患者を対象とした国際共同フェーズ3試験のBRIGHTER試験について、事前に計画された中間解析の結...
  • 臨床研修、必須29症候、25疾病を提案

    カテゴリー:医療維新 6月27日

    脳梗塞・脳出血、脳動脈瘤・くも膜下出血、認知症、心筋梗塞、心不全、大動脈瘤、高血圧、肺癌、肺炎、急性上気道炎、気管支喘息、COPD、胃癌、消化性潰瘍、胆石症、大腸癌、腎盂腎炎、尿路結石、腎不全、高エネルギー外傷・骨折・捻挫、糖尿病、脂
  • 妊婦に出しても安全な薬を押さえる【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

    生活歴 妊娠発覚前まで喫煙:40本/日、飲酒:焼酎水割り3杯/日。 家族歴 祖母:バセドウ病 母:胃癌 搬送時所見 血圧109/62mmHg、脈拍89回/分、整、呼吸18回/分、SpO2 98%(Room
  • 妊婦の虫垂炎はここが違う【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月23日

    生活歴 妊娠発覚前まで喫煙:40本/日、飲酒:焼酎水割り3杯/日。 家族歴 祖母:バセドウ病 母:胃癌 搬送時所見 血圧109/62mmHg、脈拍89回/分、整、呼吸18回/分、SpO2 98%(Room
  • 胃の修復と再生に必要な幹細胞を発見

    カテゴリー:臨床ニュース 6月20日

    金沢大学は6月15日、傷ついた胃の修復と再生に必要な組織幹細胞を世界で初めて発見し、これらの幹細胞でがん遺伝子が働くことで、胃がんが発生することを突き止めたと発表した。これは、同大がん進展制御研究所上...
  • 妊婦の腹痛急患!非産婦人科医の対応は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月19日

    生活歴 妊娠発覚前まで喫煙:40本/日、飲酒:焼酎水割り3杯/日。 家族歴 祖母:バセドウ病 母:胃癌 搬送時所見 血圧109/62mmHg、脈拍89回/分、整、呼吸18回/分、SpO2 98%(Room
  • キイトルーダ、胃癌対象P2で高奏効率

    カテゴリー:臨床ニュース 6月15日

    米Merck&Co.,Inc.,Kenilworth,N.J.,U.S.A.は6月4日、抗PD-1抗体「キイトルーダ(R)」(一般名:ペムブロリズマブ)について、既治療例の進行胃がんまたは食道胃接合部...
  • キイトルーダ、胃癌のsBLAをFDA受理

    カテゴリー:臨床ニュース 6月5日

    米Merck&Co.,Inc.,Kenilworth,N.J.,U.S.A.は5月23日、抗PD-1抗体「キイトルーダ」(一般名:ペムブロリズマブ)について、2回以上化学療法で治療を受けたことのある進...
  • 胃切後再建、Billroth IIとRoux-en-Yの転帰等

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月26日

     胃癌に対する幽門側胃切除術施行患者162例を対象に、Billroth II法とRoux-en-Y法という2つの再建術の術後症状を前向き多施設共同無作為化試験で比較。主要評価項目の術後1年時消化管症状(GI)スコアの平均差は-0
  • 幽門側胃切のラパロ下Roux-en-Y吻合は安全

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月25日

     胃癌のD2郭清を伴う幽門側胃切除術における完全腹腔鏡下uncut Roux-en-Y吻合法の安全性および現実性を、同法を施行した51例の後ろ向き解析で検証。全例で手術が成功し、開腹術への移行および術
  • 癌の化学療法、先進医療Bとして3件を承認

    カテゴリー:医療維新 4月26日

    法学政治学研究科教授)は4月26日の総会で、治癒切除後小腸腺癌に対する術後化学療法、腹膜播種を伴う胃癌に対するS-1/シスプラチン+パクリタキセル腹腔内投与併用療法と、膵癌腹膜転移に対するS-1+パク
  • ピロリ除菌不成功に意外な因子が関連か

    カテゴリー:臨床ニュース 4月18日

    考えられている。 高摂取群の除菌成功率は4-5割  検討対象は、2004年から2012年に石垣市で胃癌検診を受けた一般住民4014例。内視鏡所見や呼気ガス試験などからHP除菌療法の適応ありと判定され、
  • 患者申出療養、慶応大と名大の3、4例目承認

    カテゴリー:医療維新 4月14日

    療法」の2件。  この他に、患者申出療養1例目の東京大学医学部附属病院による、腹膜播種または進行性胃癌に対する「パクリタキセル腹腔内投与および静脈内投与並びにS-1内服併用療法」について、実施医療機関
  • 胃癌リスク検診の「究極の目標」【時流◆ABC分類】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月16日

    個別リスクに応じた検診スタイルの構築を掲げる加藤氏  胃癌になるリスクを判定するのがABC検診だが、その結果をこれからどのように活用していくべきなのか。宮城県対がん協会がん検診センター副所長の加藤勝章
  • 「エビデンスと診療のギャップ」、NDB等で解明

    カテゴリー:医療維新 3月14日

    められているが、拠点病院以外の診療の質向上、もしくは患者の集約化が必要なことが明らかになっている。胃癌の患者のうち、がん診療連携拠点病院を受けているのは、約4分の1にとどまっていたからだ。  「高齢者
  • ピロリ抗体陰性高値は要注意!【時流◆ABC分類】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月14日

    のは最近です。  ABC分類におけるA群の診断精度の問題が明らかになってきたのは、最近のことです。胃癌リスクを評価するための適正なHp抗体価の判定基準については、非常に大きな問題となっており、日本ヘリ
  • ABC分類本来の目的に理解を【時流◆ABC分類】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月13日

    ABC分類の意義を解説する加藤氏  血液から胃癌リスクを評価するいわゆるABC分類について、2016年に日本消化器がん検診学会からA判定でも画像検査を推奨する注意喚起が出された(『ABC分類の受診者に
  • ラパロの胃癌D2郭清不適応率は開腹同等【Ann Surg】

    カテゴリー:海外ジャーナル 3月7日

    比較で検証(COACT1001試験)。対象は壁深達度cT2-T4aで、リンパ節転移cN0-2の進行胃癌患者196例とした。実施可能性の評価指標としたD2リンパ節郭清の不適応率は、腹腔鏡群47.0%、開腹群43
  • 間欠的で1日中続く謎の季肋部痛【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月27日

    カ月前からお腹がチクチクするとのことで、近医を受診して薬をもらっていたが、効果なし。その1カ月後に胃癌検診で胃カメラを施行。その後、右目の奥がブチっと切れたような感じを抱き、痛みが増してきたとのこと。
  • AIで画像診断支援、医師不足対策の一助にも

    カテゴリー:医療維新 2月14日

     「1人病理医の診断をダブルチェック」  「病理画像から、胃癌か良性腫瘍かを瞬時に識別」  「膨大な枚数の内視鏡画像が放射線画像から、異常所見を発見」  これらの実現に向け、AI(人工知能)を活用する
  • プライマリ・ケア医不足と専門医制は別問題◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2月11日

    ました。そこで分かったことは、その病院の総合診療部は“患者さんの姥捨て山”状態だった……。例えば、胃癌の患者さんを消化器内科でフォローしていても、転移が消化器以外に起きると、もう総合診療に転科転棟だと。
  • 皇太子殿下「若い人に経験伝えて」、赤ひげ大賞表彰式

    カテゴリー:医療維新 2月11日

    から27年になる。現在の私は毎日の診療で忙しいが、これからも体の続く限り頑張っていきたい。秋田県は胃癌、脳卒中の死亡率がワースト3に入っている。住民の人を守るべくこれからも診療していく」 大森英俊氏 
  • 胃癌リスク早期判定で死亡減らせるか

    カテゴリー:臨床ニュース 2月9日

    com意識調査「ABC検診のA判定者に画像検査を勧める?」で、m3.com医師会員に胃癌リスクの早期判定によって、胃癌による死亡者数や進行癌を減らせると思うかどうか「減ると思う」「変わらないと思う」「増
  • 大弯浸潤ない胃癌の脾臓切除は回避すべき【Ann Surg】

    カテゴリー:海外ジャーナル 2月9日

     大弯浸潤のない上部進行胃癌患者505例を対象に、胃全摘術における脾臓温存と脾臓摘出を比較する無作為化非劣性試験を実施。5年生存率は摘出群75.1%、温存群76.4%、ハザード比は0.88(90.7%
  • 2例目の患者申出療養、阪大の植込み型補助人工心臓

    カテゴリー:医療維新 2月7日

     なお、6日の会議では、患者申出療養の1例目に当たる、東京大学医学部附属病院が行う、腹膜播種陽性または腹腔細胞診陽性の胃癌に対する「パクリタキセル腹腔投与および静脈内投与並びにS-1内服併用療法」の実施施設として、13施
  • 胃癌の発育に神経ストレスが関連

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月21日

    東京大学は12月16日、胃がんの発育と神経ストレスの密接な関連と、そのメカニズムを明らかにしたと発表した。この研究は、同大学医学部附属病院消化器内科の早河翼助教、小池和彦教授らが、米国コロンビア大学な...
  • 教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】

    カテゴリー:医療維新 2016年12月20日

     実は、もともと本丸の千代田医大の医局では教授が腹腔鏡による手術を奨励し、「向こう傷は問わない」とばかりに、切除部位の難しい胃癌の手術を腹腔鏡手術で行うよう医師たちを急かしていた。それまで全身全霊でオペにめり込んでいた健太朗は
  • ケチのつきはじめ【連載小説「朔風」第13回】

    カテゴリー:医療維新 2016年12月13日

    「わかった」  実際、手術は難しいものではなかった。患者はX線写真やCTで確かめた通りのステージⅢの胃癌で、ほんの少しリンパ節転移がみられる状態だった。全摘適応のケースであることは間違いなかったし、健太
  • ABC分類見直し基準と運用法を紹介

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月1日

     日本胃がん予知・診断・治療研究機構は11月25日、胃癌リスク層別化検査(ABC分類)運用手引きの2016年度改訂版をホームページに掲載した。同分類が適切に行われるよう、Eプレート‘栄研’H.ピロリ抗
  • オプジーボが胃癌P3でOS延長

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月15日

    小野薬品工業株式会社は11月10日、標準治療が不応または不耐の切除不能な進行または再発胃がん患者を対象に実施したヒト型抗ヒトPD-1(programmedcelldeath-1)モノクローナル抗体「オ...
  • 日本人胃癌転移、遺伝子コピー3割に違い

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年11月15日

     日本人原発性胃癌237例のDNAと、マッチさせたリンパ節転移巣103例のDNAを用いて、受容体型チロシンキナーゼ(RTK)と下流シグナル伝達遺伝子の遺伝子コピー状態を調査。30%の胃癌で、原発性胃癌とリンパ
  • ABC分類の受診者に学会注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月4日

     日本消化器がん検診学会はこのほど、血液による胃癌リスク評価(いわゆるABC分類)の受診者に対する注意喚起を学会ホームページで行った。同分類は胃癌診断ではなく、あくまで「なりやすい状態」を判定する検査方法であることから、胃癌検診を定期的に受けるよう呼び掛けている。
  • 癌罹患労働者「退職率3%」の意味【JSCO2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月26日

    勤務を含めた解析を行うと、癌種ごとの復職率の差は縮小した。  「時短勤務による復帰率を算出すると、胃癌では半年で9割、全ての癌では3人に2人以上が復職できるようになっていた。癌サバイバーの労働者の復職
  • 日系米国人女性の肺癌死増加【米国癌学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月24日

    か例外もあり、生物学的もしくは生活様式上の危険因子の違いをうかがわせる すべての癌による死亡のうち胃癌の割合は、非ヒスパニック系白人の2%未満に対し、韓国系では10-15%、中国系および日系、ベトナム系では5-10%を占めた
  • 「患者申出療養の趣旨から逸脱」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 2016年10月19日

    (資料は、厚労省のホームページ)。  東大病院の患者申出療養は、腹膜播種陽性または腹腔細胞診陽性の胃癌に対する「パクリタキセル腹腔投与および静脈内投与並びにS-1内服併用療法」で、9月21日の患者申出