m3.com トップ>記事検索結果

「胃癌」の検索結果

  • 胃癌の予後、MSIとPD-L1で予測

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月20日

     ステージIIないしIIIの胃癌患者592例を対象としたCLASSIC試験の事後解析により、マイクロサテライト不安定性(MSI)およびプログラム細胞死リガンド1(PD-L1)の予後および補助化学療法奏効の予測因子としての有用性を検討した。
  • 胃癌の腹腔鏡下手術、開腹手術に非劣性

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月5日

     日本で胃切除術を施行したII期またはIII期の胃癌患者を対象に、開腹手術と腹腔鏡下手術の長期転帰をコホート研究で比較した(LOC-A試験)。  その結果、傾向スコアでマッチさせた開腹群と腹腔鏡群(各
  • 胃切除後の再建、Roux-en-Y法が優位性示す

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月28日

     胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術を施行した患者237例を対象に、胃切除後のRoux-en-Y法とBillroth I法による再建術の長期機能的転帰を傾向スコアマッチング解析で比較した。  その結果、Billroth
  • ピロリ除菌で異時性胃癌リスクが低下

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月9日

     ヘリコバクター・ピロリ除菌の異時性胃癌予防効果を前向き二重盲検無作為化試験で検討。早期胃癌またはハイグレード胃腺腫を内視鏡手術で切除した396例を対象とし、そのうち194例で除菌治療を行った。  その結果、追跡期間中央値5
  • 外科医の腹腔鏡手術スキル、患者転帰と関連

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月7日

     腹腔鏡下手術を施行した胃癌患者61例の手術動画を基に、外科医の技術的達成度と患者転帰の関連を後ろ向きレビューで検討した。  その結果、全体の合併症発生率は29.5%だった。合併症および術式で調整後も
  • 胃癌のESNとHybrid-NOTES、長期転帰良好

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月5日

     早期胃癌患者のデータを後ろ向きに解析し、腹腔鏡下センチネルリンパ節郭清(ESN)と内視鏡的胃全層切除術(Hybrid-NOTES)の短期および長期臨床転帰を評価。2009年1月~2013年3月にES
  • 腹腔鏡下胃切除の新最外層アプローチ

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月4日

     その結果、解剖学的ランドマークに基づいて剥離層を識別する新たな手法は再現性が高く、全症例で術中合併症が起こることなく完遂し、「胃癌取扱い規約第14版」で定義された幽門下領域内のNo. 6リンパ節を完全かつ適切に郭清した。全症例のうち、膵液瘻が発症したのは1
  • ESD術後の胃排出遅延、危険因子を特定

    カテゴリー:海外ジャーナル 3月16日

     日本で内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行した早期胃癌患者1114例を対象に、術後の胃排出遅延の危険因子を後ろ向きに調査した。  その結果、術後1週間の時点で食物残渣が観察されたのは6.1%だった
  • 里見進・東北大学総長、最終講義「創造と変革を先導する大学」

    カテゴリー:医療維新 3月9日

    のある者は、そのバックグラウンドにかかわらず受け入れる精神は、今も受け継がれている。実学尊重では、胃癌の集団検診、ノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏の質量分析技術など、社会のありようを変えるいくつもの成果を生み出した」。
  • 「猫に手をかまれた」が招いた深刻な事態【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月2日

    ともに右手腫脹が出現したとのこと。さらに左眼が全く見えなくなり、救急要請となりました。  既往歴は胃癌と白内障ですが、内服歴は特にありません。アレルギー歴も特にありません。  当センター搬入時のバイタ
  • 世界の癌5年生存率、国ごとに格差

    カテゴリー:海外ジャーナル 3月1日

    ルウェー、スウェーデンが最も高い生存率を維持していた。消化器癌生存率は東アジアで最も高く、韓国では胃癌68.9%、結腸癌71.8%、直腸癌71.1%、日本は食道癌36.0%、台湾では肝臓癌27.9%だ
  • 高血圧精査で腫瘤を確認【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月26日

    内服薬 アムロジピンOD錠5mg 1錠分1 アレルギー歴 なし 家族歴 母:高血圧症、弟:高血圧症、父:胃癌 生活歴 喫煙 20本/日(最近禁煙した:former smoker)、飲酒 機会飲酒、職業 販売員(立ち仕事)
  • 胃異形成進行の予測因子を特定

    カテゴリー:海外ジャーナル 1月19日

     内視鏡的粘膜下層剥離術で切除された軽度の胃異形成病変1006例のデータを対象に、高度異形成または胃癌への進行の予測因子を後ろ向きに解析した。  その結果、年齢と性別で調整後の多変量解析によって、ステ
  • 腹腔鏡下の胃切除+リンパ節郭清も良好

    カテゴリー:海外ジャーナル 1月18日

     D2リンパ節郭清を伴う胃切除術を受けた局所進行胃癌患者322例を対象に、腹腔鏡下手術と開腹手術の短期的転帰を、前向き無作為化比較試験で比べた。腹腔鏡下群が162例、開腹群が160例で、そのうち噴門切
  • 対策型胃内視鏡検診の導入と課題【2017-18年末年始特別企画】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月26日

     同改革は、大きなジレンマを抱えたまま、前途多難であると考えます。 (2)対策型胃内視鏡検診の導入  日本では、胃癌の対策型検診は長い間、胃X線検診が行われていましたが、2015年に発刊された「有効性評価に基づく胃
  • 2018年はAIの医療進出に注目【2017-18年末年始特別企画】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月28日

    Gastric Cancer [Epub ahead of print] ←PMID: 28577229  胃癌の病理診断を行うAIの研究です。まだ精度に問題がある段階ではありますが、今後AIの精度が改善されれば、臨床応用が期待されます。
  • サイラムザ、胃癌1次治療の併用P3トップライン結果を発表

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年12月20日

    米イーライリリー・アンド・カンパニーは12月8日、HER2陰性の切除不能進行・再発胃腺がんまたは胃食道接合部腺がん患者に対する一次治療として、「サイラムザ(R)」(一般名:ラムシルマブ)+シスプラチン...
  • 胃癌肝転移例、短期転帰は低侵襲手術が優位

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年12月5日

     肝転移を伴う胃癌患者における低侵襲手術(MIS)11例と開腹手術33例の短期および長期の転帰を比較。両群の背景因子は、傾向スコアマッチング法で調整された。平均手術時間はMIS群で有意に長く(P=0.
  • 胃癌の三次治療以降でニボルマブ推奨

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月30日

     日本胃癌学会はこのほど、「がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃癌」の効能・効果で承認を取得した抗悪性腫瘍剤「ニボルマブ(遺伝子組換え)」(商品名:オプジーボ点滴静注20mg・100m
  • 胃癌薬候補、HER2陽性対象P2を開始

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年11月27日

    第一三共株式会社は11月21日、HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)「DS-8201」について、HER2陽性の再発・進行性胃がん患者対象の第2相臨床試験「DESTINY-Gastric01」で最初...
  • 胃癌のロボ手術、腹腔鏡と長期転帰同等

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年11月9日

     胃癌に対するロボット支援下胃切除術と腹腔鏡下胃切除術の長期腫瘍学的転帰を比較するため、後ろ向き研究5件(対象計1614例)のメタ解析を実施。プール解析において、ロボット支援下手術と腹腔鏡下手術では全
  • ニボルマブ、治療抵抗胃癌でOS延長

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年11月7日

     標準治療に不応または不耐の進行または再発胃癌(食道胃接合部癌を含む)に対するニボルマブの効果を二重盲検比較試験で検証(ATTRACTION-2試験、P3)。日本、韓国、台湾の493例を対象に、ニボル
  • Hp陽性も「すぐ除菌の風潮に疑問」

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月23日

    Hp陽性すぐ除菌といった風潮にはやや疑問がある。ペットブームを背景としたHp除菌後の(ヘリコバクター・)ハイルマニへの感染増加や、胃癌減少に反して食道癌増加の可能性など未検討の問題が議論されていない【消化器科開業医】 除菌を積極的に
  • 医師資格候補者、出馬への熱き思いを語る-衆院選医師候補者アンケート◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2017年10月20日

    らされたからです。この20年、ピロリ菌治療の保険採用が遅れたため、死なずにすんだ約60-70万人が胃癌で死にました。  また、徹底した大腸ポリープ切除方針が崩れたため、死なずに済んだ約30-40万人が
  • 胃癌予防でHp検査、この年代が妥当な理由

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月20日

     m3.comの意識調査「ピロリ検査、どうしてますか?」で、胃癌リスク評価を目的としたヘリコバクター・ピロリ(Hp)感染検査を、どの年代から行うのが妥当と考えるか医師会員727人に尋ねた質問では「20歳代」が最多の26
  • 医師不足対策や地域医療体制整備など―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2017年10月19日

    広く啓蒙する。そして、がん検診体制の合理的な強化を行います。胃癌の原因はピロリ菌だと分かりましたが、ピロリ菌を無視した旧態然たるバリウム胃癌検診体制が行われています。この改革をまず行います。発癌パピロ
  • 胃癌予防のHp検査は10-20代が妥当?

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月16日

     m3.com意識調査「ピロリ検査、どうしてますか?」で、胃癌リスク評価を目的としたヘリコバクター・ピロリ(Hp)感染症の検査は、どの年代から行うのが妥当か選択肢を示して質問したところ、医師会員727人のうち最多の26
  • ピロリ除菌、安易な「失敗」判定は禁物【時流◆胃癌リスク】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月13日

    Hp除菌判定のPitfallを指摘する杉山氏  胃癌リスクを評価し、必要とあらばヘリコバクター・ピロリ(Hp)除菌のプロセスを踏む。一方で、除菌の成否を判定する際に、はまりがちなPitfallがあると
  • ピロリ検査から除菌までのあるべき形【時流◆胃癌リスク】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年10月6日

    推奨指針で示された真意を説明する杉山氏  胃癌リスクの評価に用いる「Eプレート‘栄研’H.ピロリ抗体II」(以下、栄研プレート)でのEIA(酵素抗体測定)法で、ヘリコバクター・ピロリ(Hp)の血清抗体価が3
  • 特集:ヘリコバクター・ピロリ感染症

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月25日

     胃癌との関連が指摘されるヘリコバクター・ピロリ(Hp)を取り巻く環境は近年、変化しており、特に胃癌リスク評価に関してさまざまな注意喚起や見直しが相次いでいます。m3.com臨床ダイジェストでは、20
  • ピロリ抗体評価に対する勧告の意義【時流◆胃癌リスク】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月29日

    胃癌リスク評価に対する勧告の意義を解説する杉山氏  胃癌リスクの評価を巡っては、2年前から「胃がんリスク層別化検査(ABC分類)」の基準に対する注意喚起や見直しが相次いだ。さらに、日本ヘリコバクター学
  • オプジーボ、「胃癌」適応追加承認

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月27日

    小野薬品工業株式会社と米ブリストル・マイヤーズスクイブ社は9月22日、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体「オプジーボ(R)点滴静注20mg、100mg」(一般名:ニボルマブ)について、がん化学療法...
  • 東アジアのピロリ菌が胃癌を強く誘因

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月26日

    東京大学は9月21日、ピロリ菌がんタンパク質「CagA」とその発がん標的分子である「SHP2」間の複合体形成を担う結晶構造を解明し、日本を含む東アジアに蔓延するピロリ菌CagAのみが保有するSHP2結...
  • 京都府全体、「1つの同門」を目指す - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2017年9月4日

    です。  私たちが若かった時代と今とでは、医療環境を含め、社会が決定的に違います。私たちの時代は、胃癌や肝臓癌などをはじめ、癌をいかに治療するか、そのために手術法などが研究されました。  しかし今は、
  • NHK「がん検診見逃し率」報道に学会が見解

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年8月23日

    報告書」の調査結果に基づくもの。報道では、癌死亡率が12年連続で全国最悪の青森県が県内10町村の癌検診受診者を調査した結果、胃癌と大腸癌で4割が見落とされていた可能性があるとしていた。  日本消化器がん検診学会は、今回の報道に
  • 私の医歴書シリーズ一挙紹介!

    カテゴリー:医療維新 2017年8月22日

    、外科腫瘍学の各分野を切り拓いてきた北島氏。「福岡ソフトバンクホークス」の現役監督だった王貞治氏の胃癌の全摘手術のエピソードも明かす。 連載日時:2015/9/1-2015/9/30 「僕は、弟子と今
  • 【私の医歴書BN】北島政樹 氏  (国際医療福祉大学名誉学長)

    カテゴリー:医療維新 2017年8月22日

    、外科腫瘍学の各分野を切り拓いてきた北島氏。「福岡ソフトバンクホークス」の現役監督だった王貞治氏の胃癌の全摘手術のエピソードも明かす。 バックナンバー 「孫の一人は医師に」、祖父の一言◆Vol.1 (2015
  • 「命は神に、病気は先生に任せています」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2017年8月20日

    たけれど、大半の疾患は手打診療所で対応でき、ドクターショッピングをせずに済んだからだ。また例えば、胃癌の手術をするにしても、病院より診療所の方が入院単価は安い。下甑島村の一人当たりの老人医療費が、全国
  • 胃癌リスク評価で学会委員会が勧告

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年8月9日

    抗体価が3.0U/mL未満のみで胃癌リスクが低いとは断定できないことなど、3つの留意点を掲げている。勧告に併せ「包括的胃がん予防のための推奨指針」もまとめ、適切な胃癌検診の在り方を提唱している。 血清抗体価3
  • 肥満が胃癌LADGの予後不良を招く可能性

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年8月9日

     腹腔鏡補助下幽門側胃切除術(LADG)を受けた胃癌患者243例を対象に、術後転帰に対する肥満の影響を後ろ向き研究で検討。肥満群(BMI25以上)は非肥満群に比べ、手術時間が長く(P=0.007)、推定出血量が多かった(P=0
  • ABC分類A群の高リスク症例予測因子【JSHR 2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年8月3日

     胃癌リスク評価のABC分類では、ヘリコバクター・ピロリ(Hp)の感染がほぼないとされてきたA群にも既感染、偽陰性例が一定の割合で含まれることが問題となっている(偽A群問題)。東京歯科大学市川総合病院
  • ピロリ菌除菌効果の前向き研究実施へ

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月12日

    跡し、除菌後の胃癌発症を調査する前向き観察研究を実施すると発表した。主要評価項目は胃癌発生率と発生時期で、20年間にわたり観察する学会主導研究という。  Hpの除菌療法については、胃癌予防効果を示すエ
  • 虫垂炎除外項目は妊婦に通用するのか【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年6月30日

    生活歴 妊娠発覚前まで喫煙:40本/日、飲酒:焼酎水割り3杯/日。 家族歴 祖母:バセドウ病 母:胃癌 搬送時所見 血圧109/62mmHg、脈拍89回/分、整、呼吸18回/分、SpO2 98%(Room
  • ナパブカシン、胃癌対象P3の盲検解除

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年6月29日

    大日本住友製薬株式会社は6月26日、開発中のがん幹細胞性阻害剤ナパブカシンの胃または食道胃接合部腺がん患者を対象とした国際共同フェーズ3試験のBRIGHTER試験について、事前に計画された中間解析の結...
  • 臨床研修、必須29症候、25疾病を提案

    カテゴリー:医療維新 2017年6月27日

    脳梗塞・脳出血、脳動脈瘤・くも膜下出血、認知症、心筋梗塞、心不全、大動脈瘤、高血圧、肺癌、肺炎、急性上気道炎、気管支喘息、COPD、胃癌、消化性潰瘍、胆石症、大腸癌、腎盂腎炎、尿路結石、腎不全、高エネルギー外傷・骨折・捻挫、糖尿病、脂
  • 妊婦に出しても安全な薬を押さえる【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年6月26日

    生活歴 妊娠発覚前まで喫煙:40本/日、飲酒:焼酎水割り3杯/日。 家族歴 祖母:バセドウ病 母:胃癌 搬送時所見 血圧109/62mmHg、脈拍89回/分、整、呼吸18回/分、SpO2 98%(Room
  • 妊婦の虫垂炎はここが違う【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年6月23日

    生活歴 妊娠発覚前まで喫煙:40本/日、飲酒:焼酎水割り3杯/日。 家族歴 祖母:バセドウ病 母:胃癌 搬送時所見 血圧109/62mmHg、脈拍89回/分、整、呼吸18回/分、SpO2 98%(Room
  • 胃の修復と再生に必要な幹細胞を発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年6月20日

    金沢大学は6月15日、傷ついた胃の修復と再生に必要な組織幹細胞を世界で初めて発見し、これらの幹細胞でがん遺伝子が働くことで、胃がんが発生することを突き止めたと発表した。これは、同大がん進展制御研究所上...