m3.com トップ>記事検索結果

「胸腔ドレーン」の検索結果

  • ドレナージで済む気胸、手術に進む気胸【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月17日

    CTで明らかな責任病変を認めず、気胸の改善および増悪のないことを確認して上で退院となった。  胸腔ドレーン処置前のX線像およびCT像を示します。 >クリックして拡大  処置前CTでは病変部位の位置特定
  • 胸腔ドレーン左右取り違えで警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年2月17日

     日本医療機能評価機構は2月16日、胸腔ドレーン挿入や胸腔穿刺の際に左右を取り違える事例が報告されているとして、注意喚起を発した。4年で8件の報告があり、いずれも処置直前に部位の確認を行っていなかった
  • 日医が強硬に反対、看護師の気管挿管

    カテゴリー:医療維新 2014年11月28日

     この日は、前回から引き続き、(1)経口・経鼻気管挿管の実施、(2)経口・経鼻気管挿管チューブの抜管、(3)胸腔ドレーン抜去、(4)心嚢ドレーン抜去が議論の対象となった(『看護師の特定行為巡り、平行線の議論、厚労省
  • 看護師の特定行為巡り、平行線の議論、厚労省検討部会

    カテゴリー:医療維新 2014年11月20日

     再度議論の対象となったのは(1)経口・経鼻気管挿管の実施、(2)経口・経鼻気管挿管チューブの抜管、(3)胸腔ドレーン抜去、(4)心嚢ドレーン抜去、(5)褥瘡の血流のない壊死組織のシャープデブリードマン、(6)褥
  • 「削除」意見のある特定行為、再検討開始

    カテゴリー:医療維新 2014年10月24日

    ブの抜管、(3)胸腔ドレーン抜去、(4)心嚢ドレーン抜去、(5)褥瘡の血流のない壊死組織のシャープデブリードマン、(6)褥瘡・慢性創傷における腐骨除去――の6項目。  「胸腔ドレーン抜去」などを巡り、
  • 41の特定行為削除せず、21区分で実施へ

    カテゴリー:医療維新 2014年10月3日

    会保障審議会医療部会や通常国会で危険性があるとの意見が出たのは、「経口・経鼻気管挿管の実施」「胸腔ドレーン抜去」「血流のない壊死組織のシャープデブリードマン」など12項目。厚労省は、学会などに意見を求
  • 残留血胸、肺炎危険要因を特定

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年9月2日

    傷重症度スコア(ISS)の25超の上昇(p<0.001)、胸部への鈍的外傷(p=0.001)、胸腔ドレーン留置時の処置前後の抗菌薬投与の失敗(p=0.01)が統計的に有意な独立危険要因であると分かった。