m3.com トップ>記事検索結果

「胸部レントゲン」の検索結果

  • おきて6 アセスメントを立てよう

    カテゴリー:臨床ニュース 10月7日

    対応した検査を行い、それから後述のエンピリックな抗菌薬を出しても良いでしょう。たとえば、  胸部レントゲン、喀痰培養とグラム染色、血液培養2セット、尿培養とグラム染色  で、  肺炎にセフトリアキソン
  • おきて2 必要な培養検査を採り、グラム染色を依頼しよう

    カテゴリー:臨床ニュース 9月23日

     ただし、技師さんにグラム染色をやってもらったら、必ず一緒にグラム染色を見ましょう。報告書だけ読んでいてはいけません。  心電図や胸部レントゲン写真もそうですが、「パターン認識」は自分の目で見ないとわからないものです。ただ、電子カルテのG
  • 肺がん見落としで河北医療財団と杉並区を提訴、1609万円請求

    カテゴリー:医療維新 2月28日

     河北健診クリニック(東京都杉並区)が実施した杉並区肺がん検診で胸部レントゲンの異常所見見逃しがあったために肺がんが悪化したとして、同区在住の70代後半男性が2月28日、クリニックを運営する河北医療財
  • がん(悪性腫瘍)の搬送、注意点とエピソード

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月25日

    の早いタイプもあり、安易な経過観察はリスクを伴うということの認識が必要【呼吸器内科勤務医】 胸部レントゲンで発見できる肺癌は大半が進行癌で、手術できるかどうかのギリギリが多い。見た目が「少しでもあやし
  • 脳卒中・心不全に関する紹介・搬送のタイミング

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月14日

    療されている期間が長期にあったり初歩的な検査をしていないことが多い。せめて聴診器を当てたり、胸部レントゲンを撮るぐらいの機会を早く得ていれば、重症化する前に原因治療が開始できたと思うこともある【循環器内科勤務医】
  • 呼吸器疾患・肺炎に関する紹介・搬送のタイミング

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年12月10日

    した結果、肺炎を発症していた【小児科勤務医】 80歳代の方で、熱もなく元気、炎症反応もなく、胸部レントゲンで肺炎像あり。 3日間経過観察後、画像改善ないため、他院紹介するも、入院後3日で亡くなった【一般内科開業医】
  • 重要度上がる肺エコー、気胸のサインを知る【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年11月16日

    大河原 その症状発現から2日後に搬送され、こういう経過をたどってしまった、と。 小関 はい、急な経過ですが。 大河原 胸部レントゲンの肺が過膨張しているように読み取れました。転帰が死亡のため確認は難しいかとも思いますが、喫煙の既往や慢性肺疾患の存在はどうでしたか?
  • ふらつき患者、退院後にリステリア検出!【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月31日

    所見でした。抗菌薬の感受性は、上記記載の抗菌薬でいずれも良好でした。  検査所見を続けます。胸部レントゲン写真では心拡大なく、肺野に明らかな異常陰影も認めませんでした。心電図では、心拍数65 回/分、
  • 「キャリアパス創造センター」「150通りの臨床実習」◆Vol.9-2

    カテゴリー:医療維新 2016年7月19日

    括して教育を支援するIT環境が稼働している。現在、基礎医学実習・臨床実習・貴重症例100選・胸部レントゲン読影教育など教育資料が蓄積され活用されている。  また、医学部国際認証へ対応するため、病院電子
  • ボタン電池誤飲、2時間超えは要注意【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月17日

    ずに結局、誤飲から8時間経過したところで、全身麻酔下で内視鏡的に摘出をしました。  来院時の胸部レントゲン写真です。矢印で示しますように、食道入口部に20 mmの大きなボタン型リチウム電池がひっかかっ
  • 炎症性腸疾患で意外に多い呼吸障害【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月29日

    性の嘔吐と血便を認めたため入院に至った。  入院9カ月前のエピソードとして、咳が2週間続き、胸部レントゲンと肺機能検査を行ったがいずれも正常で、症状は自然軽快していた。 既往歴 クローン病(7歳から)
  • 小児の多発肺結節影に用いる“次の一手”【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月24日

    性の嘔吐と血便を認めたため入院に至った。  入院9カ月前のエピソードとして、咳が2週間続き、胸部レントゲンと肺機能検査を行ったがいずれも正常で、症状は自然軽快していた。 既往歴 クローン病(7歳から)
  • クローン病女児に認めた結節影【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月17日

    性の嘔吐と血便を認めたため入院に至った。  入院9カ月前のエピソードとして、咳が2週間続き、胸部レントゲンと肺機能検査を行ったがいずれも正常で、症状は自然軽快していた。 既往歴 クローン病(7歳から)
  • 若年の慢性咳嗽、非感染症も疑え【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月10日

    移とか。 平井 そうですね。ただ、このケースの少年はよくなりタイムがありますからね。 上原 胸部レントゲンは問題なかったのですよね。 木村 はい。 森田 よかったです。あとはAuto-immuneにいきましょう。
  • 健診通知の遅れ、雇用者に慰謝料330万

    カテゴリー:医療維新 2015年2月20日

    女性(死亡時60歳)の遺族。  2008年2月18日、女性は法人がA病院において行った健診の胸部レントゲンで、右肺に癌を疑わせる影があることが判明した。健診結果は他の従業員の分と合わせて、2月22日に勤務先の有老ホームに送付されている。
  • 胸部X線の教育は正しいが現実的ではない

    カテゴリー:医療維新 2013年10月25日

     私は個人的に「胸部レントゲン」と呼んでいますが、「胸部X線」、もっと詳しく書くと「胸部単純X線」という言葉が正しい医学用語だと思います。別にヴィルヘルム・レントゲンをリスペクトして「胸部レントゲン」と呼んで