m3.com トップ>記事検索結果

「腎デナベーション」の検索結果

  • 高リスク者への腎除神経術、3年後も降圧効果維持

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月30日

    SYMPLICITYレジストリに登録された高リスクコントロール不良高血圧患者2652例を対象に、腎除神経術(腎デナベーション)の降圧効果をリスクサブグループ別に検証した。  その結果、3年時の24時間収縮期血圧のベースラインからの低下量は全体で8
  • 降圧薬使用なしでの腎除神経術、安全に収縮期血圧を低下

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月10日

     日本、米国など9カ国の44施設で高血圧患者331例を対象に、降圧薬非使用下でのカテーテルを用いた腎除神経術(腎デナベーション)の効果を前向き偽治療対照試験で検討した(SPYRAL HTN-OFF MED Pivotal試験)。
  • 肺静脈隔離術に腎除神経術追加でAF再発減

    カテゴリー:海外ジャーナル 2月4日

     高血圧を有する発作性心房細動(AF)患者302例を対象に、カテーテルアブレーションによる肺静脈隔離術に腎除神経術(腎デナベーション)を追加した場合の長期的有効性を単盲検無作為化試験で検討した(ERADICATE-AF試験)。
  • 腎除神経術で日中の自由行動下血圧が有意に低下

    カテゴリー:海外ジャーナル 2018年7月13日

     降圧薬治療を中止した高血圧症患者146例を対象に、腎除神経術(腎デナベーション)の有効性を国際多施設共同単盲検無作為化偽処置対照試験で検証した(RADIANCE-HTN SOLO試験)。  その結果、Paradiseシステム(ReCor
  • 腎デナベーションで有意な降圧効果確認

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年10月3日

    血圧患者80例を対象に、カテーテルによる腎デナベーションの血圧低下効果を無作為化概念実証試験で検証(SPYRAL HTN-OFF MED試験)。腎デナベーション群における介入3カ月時の収縮期血圧は、2
  • 腎神経焼灼、試験中断後の対応

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年4月15日

     日本不整脈学会は4月10日、米国の治療抵抗性高血圧患者を対象とした腎デナベーション(カテーテルによる腎神経焼灼術)臨床試験「SYMPLICITY HTN-3」で、安全性は確認できたものの、有効性は証
  • 腎神経焼灼「驚き」の試験中断

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年1月16日

     日本高血圧学会の腎デナベーション治療法についての3学会合同委員会は1月15日、米国で行っていた治療抵抗性高血圧患者を対象とした腎デナベーション(カテーテルによる腎神経焼灼術)の臨床試験「SYMPLICITY