m3.com トップ>記事検索結果

「腎性貧血」の検索結果

  • 「ポストEPO製剤」どんな薬?【時流◆スポーツとEPO関連製剤】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月22日

     大量の鉄剤や輸血が必要だった腎性貧血患者のQOLを、劇的に向上させたエリスロポエチン(EPO)製剤。さまざまな臨床試験の結果、近年は学会や規制当局が、心血管イベント増加リスクを考慮した治療目標値の上
  • EPOドーピングは効くのか、前代未聞のRCT【時流◆スポーツとEPO関連製剤】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月8日

    。国際的なスポーツ競技大会で必ず話題になるのが参加選手のドーピング。特に多く検出されてきたのが、腎性貧血などの治療に用いられるエリスロポエチン(EPO)製剤だ。数年前、ツール・ド・フランス(以下「ツー
  • STEMIへのEPO、有効性確認できず【JCS2017】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月22日

    告。最終解析結果は監査の上、第81回日本循環器学会(3月17-19日、金沢市)で報告された。  腎性貧血治療薬であるEPOは、抗アポトーシス作用、血管新生作用などがあることから、MI後の心機能を回復さ
  • 高齢腎臓の炎症遷延メカニズムを発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月27日

    としている。  研究グループは以前、健康な腎臓に存在する「線維芽細胞」の性質変化が腎臓の線維化と腎性貧血を引き起こすことを報告した。今回の研究では、この線維芽細胞の振る舞いが加齢に伴って変化し、3次リ
  • 腎性貧血治療指針に学会が声明文

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月11日

     日本腎臓学会はこのほど、日本透析医学会がまとめた2015年版の「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」に対する声明文を発表した。腎臓学会が作成した「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライ
  • 腎性貧血へのESA、高目標でQOLは改善せず

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年3月7日

    赤血球造血刺激因子製剤(エリスロポエチン刺激薬=ESA)による慢性腎臓病(CKD)患者の貧血治療が健康関連QOLに及ぼす効果を、無作為化比較試験17件のシステマティックレビューとメタ解析で検証。プール...
  • 「貧血+血小板減少+黒色尿」女性【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年8月4日

    研修医4 急性出血。 志賀 そうですね。そこが一番レスキューが必要ですからね。 研修医5 溶血性貧血。 研修医3 腎性貧血。 森田 溶血性貧血の場合、サイズの大きな網状赤血球が上昇しますので、臨床的には大球性貧血を示すことが多いです。
  • CKDの腎性貧血治療指針改訂案公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年7月29日

     日本透析医学会は7月27日、「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」の原案を公表し、パブリックコメントの募集を開始した。血液透析(HD)や腹膜透析(PD)などに加え、日本で初めて腎移植後
  • 収縮期HFに貧血薬、改善なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年3月13日

     貧血を伴う収縮期心不全(HF)患者2278人を対象に、腎性貧血治療薬ダルベポエチンアルファの効果を無作為化試験で検証(RED-HF試験)。全死亡または心不全悪化による入院発生率はダルベポエチンアルファ群50
  • 腎性貧血新薬、エポエチン同等

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年1月28日

    血液透析患者1418人を対象に、赤血球造血刺激因子製剤peginesatide月1回投与の貧血治療効果を2件の無作為化試験で検討(EMERALD1、2試験)。ヘモグロビン値の維持効果は従来薬エポエチン...
  • 腎性貧血薬の治験指針を策定

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年10月6日

     日本腎臓学会は10月5日、厚生労働省から通知された「腎性貧血治療薬の臨床評価方法に関するガイドライン」とそのQ&A集をホームページ上で公開した。腎性貧血治療薬の治験計画、実施、評価の方法を示している。目