m3.com トップ>記事検索結果

「腹腔鏡下手術」の検索結果

  • GERDへの腹腔鏡術は開腹術に優れる【米国外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月10日

     研究グループは今回の検討から、現在の腹腔鏡下手術は開腹手術に比肩する有効性があり、かつ全ての面で利点があることが分かった。腹腔鏡下手術による噴門形成術は標準治療と考えるべきだろうと結論づけている。 関連リンク リンク先
  • マッチ率100%は8大学、群馬大は研修医半減(2015年11月2日訂正)

    カテゴリー:医療維新 2015年10月23日

    ず、2015年度マッチング最終結果』を参照)、大学間の格差が広がっている実態が浮かび上がった。腹腔鏡下手術による医療事故に揺れた群馬大学は研修医が半減し、定員充足率は昨年の47.5%から24.6%にほぼ半減した。
  • 直腸癌の腹腔鏡手術、開腹と同等

    カテゴリー:海外ジャーナル 2015年4月16日

    率および生存率を無作為化試験で比較。3年の時点で、局所再発率は腹腔鏡下手術群および開腹術群ともに5.0%だった。無病生存率は、腹腔鏡下手術群で74.8%、開腹術群で70.8%、全生存率は各86.7%、83
  • 群大病院幹部から安全管理体制聴取

    カテゴリー:医療維新 2015年3月10日

     厚生労働省の社会保障審議会医療分科会(会長:楠岡英雄・国立病院機構大阪医療センター院長)が3月9日に開催され、腹腔鏡下手術による患者の死亡が相次ぎ、医療安全管理上の問題があるとされる群馬大学医学部附属病院の幹部を呼ん
  • 縫合不全の大腸再手術は腹腔鏡下術で

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年8月18日

    腔鏡手術群で有意に短く(P<0.001)、創傷裂開や腹腔内感染などの術後30日の合併症発生率も腹腔鏡下手術群で低かった。ストーマ閉鎖の割合は観血的手術群で低かった(P<0.001)。
  • ガイネメッシュ販売停止(2014年6月12日訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年6月10日

     骨盤臓器脱メッシュ手術で用いる「ガイネメッシュ」が、5月26日付けで腹式(開腹、腹腔鏡下)手術に限定され、膣式手術で利用できなくなった。製造販売元のジョンソン・エンド・ジョンソン社メディカルカンパニ
  • 子宮内膜症、腹腔鏡手術の功罪 【時流◆生殖】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年8月30日

    いかに不利な側面を極小化していくかが課題になるようだ。  子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)の腹腔鏡下手術をめぐっては、術後に卵巣予備能が低下すると報告されており、関心を集めている(『内膜症性嚢胞、切
  • 大腸癌ラパロ、JCOG合併症同等 【時流◆消化器癌】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年7月22日

    他臓器浸潤を除くT3、T4を含む。年齢は20-75歳。  患者を無作為に開腹手術群の528人、腹腔鏡下手術群529人に割り付けた。治療の結果、平均の手術時間は開腹が159分、腹腔鏡が211分と腹腔鏡が1時間長かった。傷の長さは開腹が19
  • ロボット手術で転帰改善なし 【米国産婦人科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年3月27日

    いることが証明されている。  良性疾患の女性患者が、TAHやロボット手術ではなく、経膣法または腹腔鏡下手術による子宮摘出を選択すれば、疼痛や回復期間は改善され、医療費は大幅に節減される。これに対して、