m3.com トップ>記事検索結果

「腹腔鏡手術」の検索結果

  • 研修医のロボ訓練で低侵襲手術増

    カテゴリー:海外ジャーナル 11月15日

    8%だった。直腸切除術において、訓練参加者はロボットによる施術が最も多く、不参加者は腹腔鏡手術と開腹手術が多かった(順に腹腔鏡手術24.5% vs. 36.8%、ハンドアシスト法14.0% vs. 8.0%、ロボット39
  • 腹腔鏡術増加の背景に「術者の経験数」

    カテゴリー:海外ジャーナル 11月8日

     2010-15年に腹腔鏡手術(43.8%)または開腹手術(56.2%)を受けた直腸癌患者3336例を対象に、腹腔鏡手術施行状況と施行に影響する因子を検討。腹腔鏡手術施行率は同期間に37.6%から55
  • 胆嚢摘出術の術者にMISTは不要?

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月19日

     胆嚢摘出術を受けた2810例を対象に、腹腔鏡手術から開腹手術への移行のリスク因子を単一施設における後ろ向きレビューで検討。対象の42%が低侵襲手術トレーニング(MIST)を受けた術者による手術だった。開腹手術への移行率は4
  • 遺族ら医師の行政処分要望「反省せず自己保身に終始」群大腹腔鏡事故

    カテゴリー:医療維新 9月8日

    刀医は代わりにKICG検査を実施したと主張するが、検査記録が残っていない。院内事故調査委員会は腹腔鏡手術8例全例で肝臓の容量計算、ICG検査が実施されていなかったことを指摘している。 (3)手術ミス(
  • 群大「肝胆膵外科死亡率が激減」改革状況を報告、報告書から1年

    カテゴリー:医療維新 9月1日

    」と評価した。 田村遵一病院長(左)と上田氏 残り2割は患者参加と多額設備投資が必要な分野  腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題で、外部委員による「群馬大学医学部附属病院医療事故調査委員会」は2
  • 「Dr.コトー的外科」の終焉◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 8月26日

    在り方が変わり、外科医のマインドも、国民の考え方も変わってきた。腹腔鏡手術やロボット手術も進んでいる。僕自身が胆石症になり、腹腔鏡手術を受けた時には、外科手術の進歩を実感した。医療は、時代とともに、試
  • 先生の仰るとおりまだ望みがあります【連載小説「朔風」第84回】

    カテゴリー:医療維新 8月18日

    同手術(LECS)についての研究発表を聴いた。  最近の腹腔鏡手術症例の増加を受けて、消化管疾患治療の最前線においては、管腔内視鏡と腹腔鏡手術を協調的に行うことが徐々に増えつつある。 ――そう健太朗は
  • 会見直前、突然の新聞報道、群大腹腔鏡事故-田村遵一・群大病院長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 5月29日

     2014年11月の新聞報道で明るみに出た、群馬大学医学部附属病院で腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題。外部委員を入れた大学病院主体の調査が進んでいた最中での、突然の新聞報道だった。大きくメディ
  • 俺はいったい何をやっているのか?【連載小説「朔風」第56回】

    カテゴリー:医療維新 5月12日

     いったい何なのか? 俺はいったい何をやっているのか? それでなくても現代医学は日進月歩で、せっかく身につけた腹腔鏡手術もできずに、こんな北海道の片田舎でボンヤリと技術を錆びつかせる気などなかったはずなのに……。気が
  • 「病院の経営権は私たち医師が握る」【連載小説「朔風」第53回】

    カテゴリー:医療維新 5月2日

    船というか、行きがかり上の出来事に過ぎない。  思い出したくもないが、結果的に失敗した東京での腹腔鏡手術や離婚の経緯が、こうした事態の中でふと甦ることがあり、バトラー病院を辞めてどこかに移ることが職場
  • ICG蛍光法が大腸切除線決定に有効

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月19日

     左側大腸癌に対し腹腔鏡手術を施行した112例を対象に、ICG蛍光法の定量的評価が術中の近位結腸切除線の決定に有用かを後ろ向き解析で検討。ICG蛍光法で切除線の変更が必要とされた18例では22.2%に
  • 群大、オール群馬での医師派遣の仕組みを検討

    カテゴリー:医療維新 4月1日

    の派遣・確保の仕組みとして「地域医療研究・教育センタ-」を立ち上げることを明らかにした。一連の腹腔鏡手術事故を受けての対応で、既存の地域医療支援センターを拡充し、これまでは医局単位で行っていた医師派遣
  • 世界から見た日本の泌尿器科医【米国泌尿器科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 3月21日

    患とオンコロジー、勃起障害のいずれかであった。これに対し、アジア地域は、日本の「オンコロジー、腹腔鏡手術、泌尿器内視鏡・結石疾患」、フィリピンでは男性不妊、サウジアラビアで男性不妊と勃起障害、バングラ
  • 赤字のロボット手術「2018年度改定で適正評価を」

    カテゴリー:医療維新 3月14日

    、かつ合併症が少ないという、『trifecta』が実現できる上、ラーニングカーブも早く、従来の腹腔鏡手術よりも優れる」と説明する。  腎悪性腫瘍に対するロボット支援腎部分切除術は、各種加算等を除き、7
  • GERDへの腹腔鏡術は開腹術に優れる【米国外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2月10日

    術を受けた成人GERD患者7万5000例超の術式と予後解析した。追跡期間中、全例の58.4%が腹腔鏡手術を、41.6%が開腹術を受けていた。同期間の全噴門形成術に占める腹腔鏡下手術の割合は2000年の24
  • 「いい先生からいなくなっちゃいますね」【連載小説「朔風」第27回】

    カテゴリー:医療維新 1月31日

    って来たことじたいが夢じゃないのか? 本当の自分はまだ東京の大学病院にいて、教授から命じられて腹腔鏡手術の数をせっせと稼いでいるのじゃないか?などと思い始めもしていたのだ。  馬鹿馬鹿しい空想と言えば
  • 腹腔鏡と開腹、双方の習得求める声も

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月28日

    手術時間が長すぎるケースもあるので、どちらが優れるかRCTが必要。【腎泌尿器科勤務医】 Q2. 腹腔鏡手術について、お考えがあればお聞かせください。(自由回答) 術後の腹腔内の状況は、開腹手術よりきれいでない。【産婦人科勤務医】
  • 無意識の恐れは実現する【連載小説「朔風」17回】

    カテゴリー:医療維新 2016年12月27日

    っている中里くんがいるでしょう?」 「いや、あいつよりは君のほうが断然腕が立つ」  いつも大腸腹腔鏡手術の助手を務めていた若い医師は、教授の覚えがめでたくなかったのか、教授は渋面を作って首を横に振った。
  • 腹腔鏡手術の侵襲性どうとらえる?

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月26日

    com意識調査「腹腔鏡は本当に低侵襲と言えるか」で、m3.com会員医師に腹腔鏡手術の侵襲性について「侵襲は高い」「侵襲は低い」「どちらとも言えない」の3択で尋ねたところ、実際に腹腔鏡手術を行っているとした531人での回答割合は、それぞれ15
  • 無資格人工妊娠中絶報道で声明

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月16日

    娠中絶を行えるのは、研修機関で指導医の直接の指導下のみ。研修機関の条件は、医療機関の付属施設か腹腔鏡手術を含めた年間開腹手術 が50 例以上、分娩数 120 例以上を取り扱う施設で、2人以上が母体保護
  • 教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】

    カテゴリー:医療維新 2016年12月20日

    教授が腹腔鏡による手術を奨励し、「向こう傷は問わない」とばかりに、切除部位の難しい胃癌の手術を腹腔鏡手術で行うよう医師たちを急かしていた。それまで全身全霊でオペにめり込んでいた健太朗は、その要求にかな
  • 大学病院長の「管理運営権限」、医療法で明文化

    カテゴリー:医療維新 2016年12月8日

     8日の議論は、今年6月の医療法施行規則にも発展。  日本精神科病院協会会長の山崎学氏は、群馬大の医療事故では、腹腔鏡手術で死亡例が相次いでも、容易に明らかにならず、対策が遅れた事情があるとし、「医療安全管理者の配置」
  • 8K技術使用腹腔鏡手術システム開発へ

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月18日

     国立がん研究センターは11月15日、8Kスーパーハイビジョン技術を用いた新しい腹腔鏡手術システムの開発と高精細映像データの活用を検討する研究を開始したと発表した。この研究は、同センターとNHKエンジ
  • 「唯我独尊だったと反省」、群大病院が改革状況を報告

    カテゴリー:医療維新 2016年11月2日

     群馬大学医学部附属病院で同じ執刀医の腹腔鏡手術や開腹手術を受けた患者が相次いで術後に亡くなっていた問題を受けて、同病院や群馬県、県内医療関係者らで構成する「群馬大学医学部附属病院の再生を促進する協議
  • 「隠さない、逃げない、ごまかさない」- 上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2016年10月4日

    葉県がんセンターの腹腔鏡事故がなければ、群馬大の事故も問題にならなかったかもしれません。 ――腹腔鏡手術や手術用ロボットを使った手術など、技術の発展が著しいのも、最近の特徴かと思います。群馬大の報告書
  • 「報告書で遺族の納得は得られると思う」- 上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年9月22日

    ていない難しさもありますが、「手術をしない」というオプションがあることも言わなければいけない。腹腔鏡手術では、「低侵襲」と説明すると、患者の受けはよく、キャッチコピーのように使われがちという問題もあります。
  • “名大事件”が群大事故調査の手本 - 上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年9月6日

    ンファレンスはどんな議論がされたのか、なぜその3人の外科医が手術のメンバーに決まったのか、まだ腹腔鏡手術を始めて間もない時期だったので、3人はどれくらい経験していたのか、そのほか前日の勤務状態、輸血の
  • 「65歳でメスを置く」「医師不足なので辞められず」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月20日

    し、なおかつ利益を上げるとか、もう無理です。 ・外科、50歳です。最近、急に視力が衰えました。腹腔鏡手術も好きになれず、そろそろ何か考えようかと思っています。開業するには遅すぎたかもしれませんが。 ・死ぬまで、医者やってたいね。
  • 「処分は当然」「マスコミによる断罪はいかがか」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月11日

    外と2外が争っていたのか知らないが、怠慢だ。 ・直接関わった医師の他、看護師など病院の人間は、腹腔鏡手術で死亡例が多数だったことをほぼ知っていたと思う。特定機能病院の取り消しなど当たり前だと思う。 ・
  • 開業医はよりシビアに評価、高額医薬品◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2016年8月8日

    。【60代以上勤務医】 画期性ではなく、必要性で判断すべき。例えば、手術の方法として、開腹術、腹腔鏡手術、ロボット手術があるが、いずれも制癌効果は同等。開腹術は保険診療にすべきだが、腹腔鏡、ロボットの
  • 日医、週刊誌の医療報道に懸念

    カテゴリー:医療維新 2016年8月3日

    くれる先生に相談してほしいというメッセージ」と答えた。  また、手術不信へのきっかけとなった、腹腔鏡手術で死亡事例が続いた群馬大学医学部附属病院について、横倉会長は「私も外科医であり、連続した事故は起
  • 群大、内科と外科「大講座制へ」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月3日

     群馬大学医学部附属病院で同じ執刀医の腹腔鏡手術や開腹手術を受けた患者が相次いで術後に亡くなっていた問題で、群馬大学は8月2日に改革状況について都内で会見を開き、学長の平塚浩士氏と病院長の田村遵一氏は
  • 遺族「ここまで来たのは、弁護士と報道のおかげ」

    カテゴリー:医療維新 2016年8月3日

     群馬大学医学部附属病院での腹腔鏡手術の医療事故に端を発し た病院改革委員会の最終提言と大学側の対応が公表されたことを受けて8月2日、群馬大学病院被害対策弁護団(団長・安東宏三弁護士)と遺族会は厚生労
  • 群大、執刀医と教授を解雇処分(8月4日追記)

    カテゴリー:医療維新 2016年8月2日

     群馬大学医学部附属病院で同じ執刀医の腹腔鏡手術や開腹手術を受けた患者が相次いで術後に亡くなっていた問題で、群馬大学は8月2日に改革状況について会見を開き、7月29日付けで、旧第二外科の元助教の執刀医
  • 群大の被害者弁護団「執刀医への刑事告訴を検討」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月31日

     群馬大学医学部付属病院での腹腔鏡手術事故に関する事故調査報告書が公表されたことを受けて7月30日、群馬大学病院被害対策弁護団(団長・安東宏三弁護士)と遺族会は群馬県庁で会見し、報告書は「病院や診療科
  • 死亡事故の背景、「手術数の限界を超え、悪循環」

    カテゴリー:医療維新 2016年7月31日

     群馬大学医学部付属病院で腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題を受けて、同大が新たに設置した外部委員による「群馬大学医学部附属病院医療事故調査委員会」(委員長:上田裕一・奈良県総合医療センター総長
  • 群大病院が医療事故で会見、患者は半身麻痺

    カテゴリー:医療維新 2016年7月9日

    ては「国立大学附属病院における医療上の事故等の公表に関する指針」に該当するためと説明した。  腹腔鏡手術での死亡事故に関する外部委員の最終報告書については、当初は2016年3月までとし、その後5月下旬
  • 小腸閉塞へのラパロ、術後入院6割短縮

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年3月30日

     腹腔鏡手術を受けた非肥満患者の非悪性小腸閉塞(SBO)71例を対象に、短期臨床転帰を後ろ向き解析で検証。開腹手術への移行率は42%だった。開腹手術を選択した群とのマッチドペア解析では、腹腔鏡手術群は
  • 死亡43症例で院内安全管理部門への報告なし、群大事故調

    カテゴリー:医療維新 2016年3月28日

     群馬大学医学部付属病院で腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題を受けて、同大が新たに設置した外部委員による「群馬大学医学部附属病院医療事故調査委員会」(委員長:上田裕一・奈良県総合医療センター総長
  • 腹腔鏡事故、「逃げない、隠さない、ごまかさない」◆Vol.22

    カテゴリー:医療維新 2016年2月22日

    ――2002年8月、名大病院で、腹腔鏡手術中の大動脈損傷による死亡事故が起き、メディアでも大々的に報道された。  1999年の東京都立広尾病院の医療事故が起き、医師法21条が問題になってから、日本外科
  • 鼠径部ヘルニア診療指針を全文公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月8日

    :行わないよう勧められる)が一目で分かるようにまとめた。  成人の各術式比較に関するCQでは、腹腔鏡手術を除いたメッシュ法の手術成績に術式間で大きな差はなく、習熟した術式を行うことを勧めている(推奨グ
  • 研究成果、「個人のものにあらず」◆Vol.16

    カテゴリー:医療維新 2016年1月19日

    prung病グループでは、分子生物学的手法の進歩により、一層研究を発展させ、治療法についても、腹腔鏡手術をはじめ、新しい手術法を取り入れていった。このグループは既に触れた通り、ブタを用いた小腸移植のトレーニングにも取り組んでいた。
  • 49症例で遺族が調査を同意、群大事故調

    カテゴリー:医療維新 2016年1月18日

     群馬大学医学部付属病院で腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題を受けて、同大が新たに設置した外部委員による「群馬大学医学部附属病院医療事故調査委員会」(委員長:上田裕一・奈良県総合医療センター総長
  • 外科学会が50人態勢で調査、群大腹腔鏡死亡問題

    カテゴリー:医療維新 2015年12月29日

     群馬大学医学部付属病院で腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題を受けて、同大が新たに設置した外部委員による「群馬大学医学部附属病院医療事故調査委員会」(委員長:上田裕一・奈良県総合医療センター総長
  • 1位はあの大学の問題、2015年の10大ニュース◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2015年12月27日

    医500人)。 全体の順位 それぞれの票数と順位 勤務医 開業医 1 群馬大学医学部附属病院の腹腔鏡手術に関する一連の問題(通年) 291 (1位) 247 (1位) 2 理化学研究所のSTAP問題(通年)
  • 女優・川島氏の遺族、「がん放置」に反論

    カテゴリー:医療維新 2015年12月23日

    ア科に転科したり、転院先を探して緩和療法を行うという流れが現在存在しています。川島さんの場合も腹腔鏡手術後、術後のフォローを他院で行わせたとか本当最近の大病院は優しくないんですよ。でもそれも今の大病院
  • 医療界の環境、「依然として厳しい」◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年12月20日

     2015年を振り返れば、群馬大の腹腔鏡手術をめぐる問題や聖マリアンナ医科大学の精神保健指定医の不正取得問題など、大学にまつわる不祥事のニュースが相次いだほか、約40年ぶりの医学部新設が正式決定し、2
  • 腹腔鏡手術、研修医参加で入院期間延長

    カテゴリー:海外ジャーナル 2015年12月10日

    米国外科学会手術の質改善プログラムのデータベースから基本的な腹腔鏡下手術6万6327件と難易度の高い腹腔鏡下Nissen噴門形成術5492件を対象に、手術への研修医の参加による影響を検証。研修医の参加...
  • 専門学会への調査依頼遅れる、群大新事故調

    カテゴリー:医療維新 2015年11月4日

     群馬大学医学部付属病院で腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題を受けて、同大が新たに設置した外部委員による「群馬大学医学部附属病院医療事故調査委員会」(委員長:上田裕一・奈良県総合医療センター総長