m3.com トップ>記事検索結果

「膀胱炎」の検索結果

  • 総合診療専門研修プログラム「1次審査基準」、都市集中回避が狙い - 松原謙二・日本専門医機構副理事長に聞く

    カテゴリー:医療維新 9月28日

    が、一人で診ることができる範囲は一人で診ます。一方で、例えば褥瘡については、皮膚科の先生と組む。膀胱炎を起こす患者さんがいれば、泌尿器科の先生と組む。都市部では、他科の先生方とチームを組むことは容易です。
  • 妊婦に出しても安全な薬を押さえる【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

     妊婦さんの内科系疾患で最も多いのは便秘です。腹痛の約7割が便秘を原因としたものです。その他、胃十二指腸潰瘍、膀胱炎、腎盂腎炎などが挙げられますが、これら産婦人科系疾患との鑑別は、かなり難しいことがあります。  妊
  • 予想以上に効いた漢方、内科系編

    カテゴリー:臨床ニュース 5月8日

    た。嘔吐で再診の患者さんが減少した(門前薬局で五苓散座薬を作ってもらっている)【開業医】 出血性膀胱炎に猪苓湯がよく効いた【勤務医】 イライラに抑肝散(ヨクカンサン)はよく使う。子どもでも劇的に改善す
  • 咳も痰もなかった結核性尿路感染症【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月5日

     「膀胱炎」と診断され、処方されたレボフロキサシンによって症状が軽快したと思ったら、2週間ほどしてまた戻ってきた患者。症状は依然として続いており、英語でもコミュニケーションが難しい。今後はどうアプロー
  • 排尿時痛でALP>1700U/L、何がある?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月28日

     さて、ここから先はどうしますか。なぜ皆さんの鑑別に細菌性の膀胱炎は挙がらないのでしょう? セフジトレンピボキシルが効かないということは 研修医C 抗菌薬が効かないということは、膀胱炎と言うことも・・・。 発表者 ただ、セ
  • 抗菌薬や鎮痛薬が効かぬ排尿時痛【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月21日

    意見を3つずつ聞かせてください。 感染症や間質性膀胱炎などを鑑別に チームα(研修医A、B) 淋菌・クラミジア感染症を疑うほか、膀胱腫瘍、間質性膀胱炎を考えます。 発表者 そうなると、この後の検査は何をすべきでしょうか。
  • 尿路性器感染症の臨床試験指針を公表

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月3日

    年の初版から初めての改訂で、尿路感染症に対する抗菌薬の客観的薬効評価を目的としている。急性単純性膀胱炎や男子尿道炎、複雑性尿路感染症など6つの疾患別に投薬期間や効果の判定法などを記している。  冒頭の
  • 北米現地レポート

    カテゴリー:医療維新 2016年5月24日

    など)や口腔ヘルペスの経口ウイルス剤(アシクロビルなど)、勃起不全治療薬(シルデナフィルなど)、膀胱炎治療薬(シプロフロキサシンなど)などが含まれています。これらは、薬剤耐性や中毒性などの懸念事項もあ
  • 2カ月後に出たウシ型結核菌、原因は……【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月17日

    います。文献検索してみると、BCG膀胱内注入後の感染としては、結核性精巣上体炎や精巣炎、肉芽腫性膀胱炎、腎結核と、注入部位に近い組織が目立ちますが、さらに腹部動脈瘤や播種性M. bovis感染症を起こ
  • 男性化「画像で一発診断」できる場合【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月26日

    った。最近、閉経後出血が起きた。 アレルギー歴 なし 既往歴 甲状腺機能低下症、高血圧症、間質性膀胱炎、胃食道逆流症、変形性骨関節炎、手根管症候群。ビタミンD欠乏症、数年前から顔面に紅斑性皮疹があるが、紅斑性狼瘡は否定。抗核抗体検査陽性。
  • 閉経女性の男性化、まさかの原因【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月21日

    った。最近、閉経後出血が起きた。 アレルギー歴 なし 既往歴 甲状腺機能低下症、高血圧症、間質性膀胱炎、胃食道逆流症、変形性骨関節炎、手根管症候群。ビタミンD欠乏症、数年前から顔面に紅斑性皮疹があるが、紅斑性狼瘡は否定。抗核抗体検査陽性。
  • 3年前から出現した男性化症状、原因は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月19日

    った。最近、閉経後出血が起きた。 アレルギー歴 なし 既往歴 甲状腺機能低下症、高血圧症、間質性膀胱炎、胃食道逆流症、変形性骨関節炎、手根管症候群。ビタミンD欠乏症、数年前から顔面に紅斑性皮疹があるが、紅斑性狼瘡は否定。抗核抗体検査陽性。
  • 女性の包括的健康支援へのチャレンジ

    カテゴリー:医療維新 2016年3月23日

    、困ったことがあってもなかなか相談できない状態になります。  さらに高齢になると、尿漏れや便秘、膀胱炎など排泄に関する悩みも増えます。心ならずもオムツをつけるようになったり、ポータブルトイレを設置され
  • 尿路・男性器感染症治療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月4日

     日本化学療法学会はこのほど、「JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015―尿路感染症・男性性器感染症」をオンラインで公開した。膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症と小児の尿路感染症、さらに急性前立腺炎や急性精巣上体炎と男性特有の性感染
  • 患者の死と向き合う――在宅が教えてくれたもの

    カテゴリー:医療維新 2016年1月27日

    ・膀胱をリラックスさせ、膀胱容量を増す薬を服用(抗コリン薬) ・もとからもっている疾患(脳梗塞・パーキンソン病・神経異常・膀胱炎)の治療 ・膀胱を少しずつ大きくしていく訓練(膀胱訓練)※2 ■頻尿  1日に10回以上(夜は3回
  • つるつるの「ドラッグストアでトリアージ」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月28日

    ■原因疾患:虫垂炎、大腸憩室炎、急性腸炎、便秘、大腸がん、卵管炎・卵巣嚢腫茎捻転などの婦人科疾患、流産・子宮外妊娠、膀胱炎、鼠径ヘルニア嵌頓、過敏性腸症候群など。  妊婦などは虫垂の場所が移動している場合もあり、右下腹部
  • 発熱に悪寒戦慄、胸痛の薬物中毒女性【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年6月16日

    カ月前にはMSSA(メシチリン感受性黄色ブドウ球菌)が検出されています。その他、肺炎、副鼻腔炎、膀胱炎、腎盂腎炎、あと腰痛と左下肢の表在性血管性静脈炎を認めています。  診察では、意識清明、見当識障害なし。体温37
  • 脂質代謝異常の7疾病が再検討、指定難病委

    カテゴリー:医療維新 2015年2月19日

     (11)一次性膜性増殖性糸球体腎炎  (12)紫斑病性腎炎  (13)先天性腎性尿崩症  (14)間質性膀胱炎(ハンナ型)  (15)オスラー病  (16)閉塞性細気管支炎  (17)肺胞蛋白症(自己免疫性、先天性)
  • 女性の急性膀胱炎、最適レジメン判明

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年11月11日

    クレビュー6件、観察研究11件(同約25万人)を対象に、急性膀胱炎の最適な治療法および外来での診断法についてレビュー。女性の急性単純性膀胱炎の診断は受診または尿培養なしで可能で、ST合剤、nitrof
  • 間質性膀胱炎の指針改訂を発表 【米国泌尿器科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月7日

     米国泌尿器科学会(AUA)は9月23日、「間質性膀胱炎/膀胱痛症候群(IC/BPS)の診断と治療に関する2011年ガイドライン」の改訂版を発表した。改訂ガイドラインのエグゼクティブサマリー全文は次号のJournal
  • 中間尿、膀胱内の大腸菌を予測

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年11月18日

     急性膀胱炎を起こした閉経前女性から採取した202組の尿検体を対象に、中間尿培養の細菌尿検出能をカテーテル尿と比較。中間尿の大腸菌はコロニー形成単位での陽性的中率が93%だった(Spearman’s r=0
  • 慢性前立腺炎「尿流を見よ」 【時流◆前立腺】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年5月1日

    ションで、福岡県の原三信病院の武井実根雄氏が一石を投じた。実は女性に多いと一般的に言われる間質性膀胱炎があるという指摘で、「排尿記録、尿流動態検査をできる限り実施すべきだ」と強調した。  武井氏は、「
  • セフポドキシム、非劣性示せず

    カテゴリー:海外ジャーナル 2012年2月10日

     急性単純性膀胱炎の女性患者300人を対象に、セフポドキシムのシプロフロキサシンに対する非劣性を無作為化二重盲検試験で検証。3日間治療後30日の臨床的治癒率は、追跡不能を治癒とした場合にシプロフロキサ
  • 尿路感染症、抗生物質耐性・抗生物質非投与で重度症状が長期化

    カテゴリー:海外ジャーナル 2010年2月12日

    および抗生物質耐性・抗生物質非投与の影響を検討。抗生物質耐性・抗生物質非投与の場合や、身体症状、膀胱炎の既往歴、頻尿などがある場合に、重度症状が長期化していた。著者らは、これらに該当する女性に対して、現実的な助言の必要性を指摘している。