m3.com トップ>記事検索結果

「臨床医学」の検索結果

  • 「偏差値80で暗い」「偏差値70で明るい」、どっちを採る?◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 4月22日

    状説明してください。 ・長生きに意味はあるか? あると答えた学生は全員落とす。 ・人工知能時代の臨床医学がくると思われますが、人間が医師として人工知能に負けないと考えることを具体的に説明せよ。
  • 臨床医学教育での死体解剖GL改訂案公開

    カテゴリー:臨床ニュース 3月2日

     日本外科学会はこのほど、「臨床医学の教育及び研究における死体解剖のガイドライン(GL)」の改訂案の草案を学会ホームページで公開した。同GLは、日本解剖学会と合同で策定したもの。海外からの輸入などの手
  • 重症喘息、患者と医師にギャップ

    カテゴリー:臨床ニュース 2月28日

    息患者全体と比べて、死亡リスクが8倍であることが分かっている。  今回の調査は、国際医療福祉大学臨床医学研究センターの足立満教授の監修のもと、ガイドラインの定義に基づいた重症喘息患者100名とその治療
  • 下瀬川徹・東北大学名誉教授、最終講義「私の膵臓研究」

    カテゴリー:医療維新 2月27日

     第一に掲げた「基礎医学・基礎知識を大切に」について、下瀬川氏は、恩師の名を挙げ、「医学は、基礎医学の糸と臨床医学の糸が互いに寄り添っていないと、本当の意味での良い医学にはならない」「From Bench to
  • 「臨床医学論文、日本は30位以下」と警鐘鳴らす、福原京大教授

    カテゴリー:医療維新 2月1日

    ×ビックデータの最前線」で、「データベース研究が医療の質に与えるインパクト」と題して講演、日本の臨床医学コア・クリニカルジャーナル120誌の合計論文採択数で、日本は30位以下に低迷しており、「わが国の
  • 「既存とは次元の異なる医学部」を実現 - 国際医療福祉大学◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 1月27日

    の授業が始まりますが、総論にとどめ、3学期から始まる器官別統合講義の中で、基礎医学の各論と併せて臨床医学を教育していくことになります。「基礎と臨床」の一体的な教育の必要性は理解しつつも、他大学では導入は容易ではないようです。
  • 研修試験スコアがアプリで有意に改善

    カテゴリー:海外ジャーナル 1月17日

    た。  質問票調査で、PulseQDは臨床的意義のある有益な医学情報の入手(P=0.0003)、臨床医学知識のテスト(P=0.0001)、医学知識の共有と議論の向上(P<0.0001)に有用との回答を
  • 「I'm in love with medicine」と言える学生を期待 - 国際医療福祉大学◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 1月17日

    終わりから、器官別統合講義を導入しているのも特徴です。代表的な疾患の疫学、診断、検査、治療などの臨床医学の知識について、循環器系、呼吸器系、消化器系など、器官別に統合的に英語で授業をしていきます。  
  • 卒業生のネットワークが強み-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2017年8月29日

    に出たいという希望も多いです。  後期研修は産業医を専門とする「専門産業医コースⅠ」(3年間)と臨床医学分野の専門医取得を目指す「専門産業医コースⅡ」(4年間)があります。後期研修で戻ってくると、どち
  • 独自カリキュラムで卒業生は「永久ライセンス」-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2017年8月22日

    きます。5年次には「産業医学現場実習」(48時間)を企業の産業医の下で実施。6年次には基礎医学と臨床医学を結びつけた「職業性関連疾患」(36時間)を学びます。卒業式の2日後に10時間の「産業医学総合実
  • 精神神経疾患治療法開発でPPPs構築提言

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年8月15日

     日本学術会議臨床医学委員会脳とこころ分科会はこのほど、精神・神経疾患領域における治療法開発のための産学官連携の在り方に関する提言を公表した。企業間の開発競争が起こる前に産学官が連携し、病因・病態機序
  • 医学部長・学長の入学式でのメッセージ◆10-3

    カテゴリー:医療維新 2017年8月14日

    このことを肝に命じていただきたいと思っています。  情報化時代の多様化された社会で、基礎医学から臨床医学、地域医療から最先端医療、大きな枠組みで確実な知識と実践が求められているのです。命を大切にする感
  • 会見直前、突然の新聞報道、群大腹腔鏡事故-田村遵一・群大病院長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2017年5月29日

    ――改めて、一連の問題が発覚した経緯からお聞きします。 田村遵一氏 群馬大学大学院医学系研究科臨床医学領域総合医療学講座 総合医療学分野教授 1982年群馬大学医学部卒、1990年同大助手、1996年講師、
  • 「第二の犠牲者を防げ!」、大磯・浜松医大教授

    カテゴリー:医療維新 2017年5月28日

     第15回日本臨床医学リスクマネジメント学会学術集会が都内で5月28日に開催され、浜松医科大学医学部医療法学教授の大磯義一郎氏が教育講演し、医療事故の当事者が「セカンド・ビクティム(第二の犠牲者)」に
  • 「カリスマ」が斬る今年の国試― 三苫博・東京医科大学医学教育推進センター長に聞く

    カテゴリー:医療維新 2017年3月31日

     東京医大では「診察力日本一」という目標を掲げており、2つの取り組みを進めています。基礎医学と臨床医学を6年間常に同時並行で学ぶ「基礎医学を基盤として臨床を考える」では、「覚えるな、考えろ」の姿勢を示しています。
  • ALS発症原因の一部が明らかに

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年1月11日

    カニズムであることを、分子生物学的手法により明らかにしたと発表した。この研究は、国際医療福祉大学臨床医学研究センターの郭伸特任教授(東京大学大学院医学系研究科 客員研究員)、東京大学大学院医学系研究科
  • 医学生の成績、データベース化◆福井大学Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年12月5日

    めると115人に上る。「2023年問題」を控え、診療参加型臨床実習の充実、それに先立ち基礎医学・臨床医学の講義も前倒しになる中、いかに医学生を支援し、モチベーションを高めるかが重要課題になっている。
  • 「教育こそ、我々大学人の使命」◆福井大学Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年11月13日

     「2023年問題」に対応するための一番の課題は、「アウトカムベース」の教育にいかに変えていくかです。従来は、基礎医学や臨床医学の勉強を重ね、臨床実習をすれば、良い医師を輩出できると考えていたわけです。一方、アウトカムベース
  • 医療従事者お薦めの本2016

    カテゴリー:医療維新 2016年10月22日

    of the Cell : Bioscience:全体をカバーする基礎医学書。常に足元を固めながら臨床医学を実践するために。【勤務医】 ・guyton and hall medical physiology【勤務医】
  • 大野病院事件、いまだ終わらず - 安福謙二・大野病院事件弁護人に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年10月16日

    して鼓舞するに値する事案であると、ある大学の麻酔科教授に語ったことがあります。  今年4月の日本臨床医学リスクマネジメント学会のシンポジウムで、事件当時は福島県立医科大学産婦人科の講師、今は教授の藤森
  • ALS新治療法をてんかん薬で開発

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月5日

    (ALS)の発症原因に根ざした新規治療法の開発に成功したと発表した。この研究は、国際医療福祉大学臨床医学研究センター特任教授で、東京大学大学院医学系研究科講師の郭伸氏らの研究グループによるもの。同成果は、「Scientific
  • 東大医学部の役割は「リーダーの養成」 - 北村聖・東大医学教育国際研究センター教授に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2016年7月2日

     教員によって考えが違うと思うけれど、私が学生たちに明確に言っているのは、「日本の医療分野のリーダーの養成」ということ。臨床医学や基礎研究に従事する場合でも、あるいは行政機関で働くとしても、分野を問わず、東大医学部の卒業生は
  • 帝王切開で死亡、遺族の請求認めた「高裁の判断」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年6月23日

    た状態の把握を行い、母体に産科DICを認める場合には可及的速やかにDIC治療を開始すべき――は、臨床医学の実践における医療水準となっていたと認められる。  産科DICに進展可能性、高かった  手術が開
  • 在宅医療×EBMのケーススタディ

    カテゴリー:医療維新 2016年6月2日

    BM」についてのお話です。 自ら意識してエビデンスに触れよう  ここまでは主に一つのエビデンス(臨床医学論文)に注目して、薬剤師として在宅の現場にどう生かすことができるか、その考え方や実践の一部を紹介してきました。
  • 刑事裁判、“冤罪”限りなく防げ!◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2016年5月17日

     日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、最後に登壇したのは、弁護士で元裁判官の木谷明氏。 弁護士で元裁判官の木谷明氏  37年間の裁判官時代、30
  • 「医師起訴」、左右したのは病理鑑定◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2016年5月14日

     日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、本病院事件で、弁護側の依頼で胎盤の病理鑑定を行った大阪府立母子保健総合医療センターの中山雅弘氏が登壇、鑑定
  • 「間違った鑑定書が冤罪を招く」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年5月8日

     「検察が暴走したのではなく、間違った鑑定書が暴走させた」  「間違った医学・科学鑑定書が冤罪を招いている」 弁護士の安福謙二氏  日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、「大野病院におけ
  • 故佐藤教授の遺言、「福島の産婦人科は任せた」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年5月5日

    福島県立医科大学産婦人科教授の藤森敬也氏  日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、福島県立医科大学産婦人科教授の藤森敬也氏は、「県立大野病院事件が
  • 臨床研修、「卒前教育と連続性を考慮」

    カテゴリー:医療維新 2016年5月2日

    はどうか」と評価でクオリティ・コントロールすることを提案した。  これに対し、筑波大学医学医療系臨床医学域教授の前野哲博氏は「これまでは経験症例の有無は言い逃れができず、クオリティ・コントロールになっ
  • 医療裁判、“冤罪”を防ぐのは医師◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年5月1日

     日本臨床医学リスクマネジメント学会シンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」が4月3日に都内で開催され、同事件の関係者らが集まり、当時のエピソードを振り返りつつ、事件から学び得る教訓について議論を交わした。
  • 国試「協調性ない人が落ちる」「専門医の方が100倍大変」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年4月3日

    ・脳外の専門医の方が100倍大変だった。【勤務医】 ・今の私の臨床医としての知識は、授業で教わった基礎医学と国試勉強の臨床医学で成り立っている。【開業医】 ・医学部の授業は各教授が自分の得意分野のマニアックな疾患を語るばか
  • 「折り紙を折れるか」「順天堂の先駆的試験見習え」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年3月20日

    るか。【勤務医】 ・高校の推薦状。【勤務医】 ・親子面接。【開業医】 ・わからない。基礎医学系と臨床医学系にわけてしまうのも一法か。【勤務医】 ・第三者の推薦状。【勤務医】 ・社会人経験ありを必須とする。【薬剤師】
  • 「面接で人格も」×「学力試験で十分」、医学部入試を巡る意見◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年3月20日

    を起こす可能性が高い人たちを面接でふるい落とすことが大事。【勤務医】 ・医学部を臨床医学と基礎医学に分けた上で、臨床医学を志す場合、極めて特異な人格や精神障害を除外できるような心理面接、テストが必要だと考えます。【勤務医】
  • 高齢社会で存在感が高まる科は?

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月28日

    のと考えています。 基礎と臨床つなぐ総合学問――日本臨床検査医学会  臨床検査医学は、基礎医学と臨床医学を結ぶ掛け橋となる総合的な学問です。診断や治療に役立つ新たな検査の基礎研究から実臨床に至るあらゆ
  • 「燃え尽きた」「今でも夢に見る」、受験の思い出

    カテゴリー:医療維新 2016年1月24日

    ◎英語:論文執筆には必須 日本語の論文は、何枚書いてもムダ ◎理科:薬剤を扱うのに、基礎化学の知識が大いに役に立つ 特に、現代の臨床医学では、栄養学と浸透圧を軽んじているように思われる ◎数学:場合分けと偏微分の考え方(鑑別診断に役立つ)
  • 臨床研修、「研修医の希望より社会の要請優先を」

    カテゴリー:医療維新 2015年11月3日

    修に係る国からの補助金は後で病院に払えばいいのではないか」と応じた。  一方で、筑波大医学医療系臨床医学域教授の前野哲博氏は、「給料を払うなら、診療所としては(臨床研修を)受けるか否かの判断ができると
  • 自治医大のカリキュラム、一から作成◆Vol.15

    カテゴリー:医療維新 2015年8月15日

    が悪い建物でした。我々が随分文句を言って、変えてもらいました……。  開学3年目、つまり一期生が臨床医学について学び始める1974年からは、教務委員長も自分で買って出て務めました。屋根瓦方式については
  • 医局長就任、自治医大の設立準備も◆Vol.14

    カテゴリー:医療維新 2015年8月14日

    ので、電話をかけまくり、直接会いに行ったりしていました。教養課程以外の、基礎医学系、社会医学系、臨床医学系の教授の80パーセント近くは、私が交渉してスカウトした記憶があります。  自治医大は、内科はナ
  • 教授にも「通信簿」、講義をチェック◆山形大学Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年8月11日

    のは、難しいかもしれないが、特に基礎医学の講義について撮影を進めたい。基礎医学が分からなければ、臨床医学の講義に進んだ際につまずいてしまう。精神論で勉強するように言っても仕方がない。ライブラリー化は、
  • 研究医養成には思い切った仕組み必要◆兵庫医科大Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年7月26日

    った。 授業、試験や実習を大幅に免除  研究医コースは3年次から卒業までの4年間所属する。座学の臨床医学講義が中心となる3年次から4年次の前半までは、大多数の講義出席、試験を免除し、その期間は研究室に配属させるという思い切った内容。
  • 社会医学、独自に「専門医制度」設立へ

    カテゴリー:医療維新 2015年6月8日

    まとめた提言書を公表した。  日本専門医機構の新専門医制度が対象とする19の基本領域は、いずれも臨床医学で、社会医学領域は含まれていない。日本公衆衛生学会担当理事で日本医療・病院管理学会担当理事の今中
  • 基礎医学研究者の養成、4大学が現状紹介

    カテゴリー:医療維新 2015年4月27日

    大のMD研究者育成プログラムの内容とその背景を紹介した。同大では、博士課程に入学した学生のうち、臨床医学系に進む学生は増えているものの、基礎医学系が激減。その理由として、学生に行ったアンケートから、そ
  • 高久会長、「産官学+民」で社会ニーズに対応

    カテゴリー:医療維新 2015年4月14日

    100万人のボランティアを募り、取り組む計画だ。  高久氏は、基礎医学、社会医学、生命科学研究、臨床医学の4つの視点から講演。いずれも根拠となるデータを示しながら、米国と比べて、日本が遅れを取っている
  • 「大学の診療レベル低い」「人員増が理想」◆Vol.12

    カテゴリー:医療維新 2015年3月11日

    ・まだ専門医も取得していない若手なのに、診療も学生教育も押し付けるのはひどい。改善してほしい。 ・臨床医学、生命科学研究、医学教育には無条件で人件費をかけるべき。 【大学病院全体の問題】 ・3つを大学で
  • 「カンファ参加」のみで経験疾患とする例も

    カテゴリー:医療維新 2015年2月17日

    る4つの研究の中間報告が発表された。 同じ「経験あり」でも中身はバラバラ   筑波大学医学医療系臨床医学域教授の前野哲博氏が発表した「到達目標の評価手法の標準化に関する研究」では、全国の臨床研修病院の
  • 老年医学教室の大学設置を提言

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月1日

    達し、2025年には30%を超えて、2060年には約40%になると予測されている。日本学術会議の臨床医学委員会老化分科会では、人口構造の激変で疾病構造が変われば、医療需要も大きく変化するとして、提言をまとめた。
  • 放射線影響の医学教育体制で提言

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年9月9日

     日本学術会議臨床医学委員会の放射線・リスクマネジメント分科会はこのほど、国民の放射線リスクに対する理解を高める目的で、医学部を中心とした教育体制の改革案を提言した。福島第一原発事故では、医療従事者が
  • 学術会議、「ロコモ認知低い」と指摘

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年9月8日

    はロコモティブシンドロームを軸に国民への普及と意識向上に力を入れている。この提言は、日本学術会議臨床医学委員会運動器分科会がまとめた。 【関連リンク】 提言「超高齢社会における運動器の健康-健康寿命延伸に向けて-
  • 皮膚疾患「デジタル診断」の勧め【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年2月12日

    1987年筑波大学医学専門学群卒業。1993年に筑波大学臨床医学系助手、1996年より日立総合病院主任医長を経て、2002年に筑波大学臨床医学系講師。2004年より現職に至る。著書には「皮膚科学(第9
  • 「データあるが理論なし」に満ちた医療

    カテゴリー:医療維新 2013年11月15日

    なのだ。そういう問題では、ないのだから。そういう意味では、本書の筆者も森と同じレトリックのワナ、臨床医学的思考の欠如に陥っているように、ぼくには見える。  森は高木を非難したし、それは高木の脚気対策非
  • 1
  • 2