m3.com トップ>記事検索結果

「臨床治験」の検索結果

  • 東大病院の「Todai OncoPanel」、先進医療B

    カテゴリー:医療維新 8月22日

    合、専門家チームの討議を経て、担当医に解析結果を報告する。現在保険収載されている薬剤のみならず、臨床治験が進行している薬剤についても報告し、科学的に裏付けられた治療法選択を目指す。  「Todai O
  • 細菌性髄膜炎診療指針2014を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 7月11日

    的現況を踏まえ、従来の欧米のGLで未検討であった点についても、「日本発」のエビデンス構築の点から臨床治験を実施し、その検討を行ったとしている。8章構成で、24項目のクリニカルクエスチョン(CQ)が設定されている。
  • 日常生活活動の低下やがん・糖尿病の既往などが認知症の危険因子に

    カテゴリー:臨床ニュース 6月7日

     認知症、とくにアルツハイマー病(AD)に対する対策が急がれているが、根治薬の開発には至っていない。現時点でAD治療薬の開発・臨床治験の進捗は十分とは言えず、そのため円滑な患者登録の促進も必要とされていた。すなわち、今後、前臨床期
  • CTGF特異抗体が悪性中皮腫の発育を抑制する可能性が判明

    カテゴリー:臨床ニュース 4月27日

    と肺線維症では既にCTGFに対する抗体であるFG-3019(pamrevlumab)による治療が臨床治験の第2段階まで進んでいる。  さらに研究チームは、FG-3019の中皮腫に対する効果を検証する実
  • 血液検査によるアルツハイマー病変の早期検出法を確立

    カテゴリー:臨床ニュース 2月6日

    F)およびPETによる検査は、それぞれ侵襲性と高額な検査費用のため、数千人規模の参加を必要とする臨床治験への適用に限界があった。  質量分析システムを用いたアルツハイマー病血液バイオマーカーは、201
  • 広大の核酸医薬開発研究がAMEDに採択

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年7月13日

    非臨床POC取得を目指した実用化を目指すという。  また、今回の研究目的が達成された場合、ヒトの臨床治験の実施が計画されている。治療が困難で再発率も高い悪性胸膜中皮腫の治療に大きな期待が持てるとし、抗
  • PD-1阻害による抗腫瘍効果が大幅増強

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年1月25日

    高脂血症の薬としてすでに臨床で使用されており、同研究グループは、同薬剤とニボルマブとの併用治療の臨床治験を計画中という。 提供:QLifePro 医療ニュース
  • 妊娠高血圧腎症にニコチンアミド有効

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月17日

     ニコチンアミドは、すでにペラグラなどビタミンB3欠乏性皮膚疾患・経口摂取が困難な妊婦などに投与されており、アルツハイマー病への応用の臨床治験も進んでいる。有効な薬物療法が確立していない妊娠高血圧腎症に対しても、早急な応用が期待される。 提供:QLifePro
  • 臨床研究規制「官僚の責任逃れ」「ルール違反の罰則を強化」

    カテゴリー:医療維新 2016年5月28日

    こと。【勤務医】 ・研究登録制を観察研究にも拡げる。【勤務医】 ・ルールを守っての臨床現場主導の臨床治験の拡大が、新しい治療開発につながると思います。【勤務医】 ・しっかりとしたルールを作り、ルール違
  • 漢方治療の標準化・可視化を

    カテゴリー:医療維新 2014年9月11日

    FDAは、合剤は認めなかったにもかかわらず、大建中湯(だいけんちゅうとう)を臨床治験薬と認可し2011年より大規模な臨床治験をスタートさせています。 2.漢方診療の標準化・可視化を行うべき。漢方医学を
  • 認知症「発生させない」対応を

    カテゴリー:医療維新 2014年3月13日

    プチドの有無を調べると、MCI及び認知症の患者とそれ以外の人を区別できるというものである。現在、臨床治験などを経て、2015年の実用化を目指しているという。  また、広川先生は、MCIスクリーニング検
  • 国立がん研究センター、独法化後、「大黒字」

    カテゴリー:医療維新 2011年2月5日

    はじめ様々な職種が参加して治療法などをディスカッションする「Tumor Board」などの開始、臨床治験の実施状況のホームページへの掲載などを挙げ、「こうしたところに適切にフォーカスを充てることがすば