m3.com トップ>記事検索結果

「薬剤総合評価調整加算」の検索結果

  • 抗不安薬・睡眠薬、「12カ月以上」で減点

    カテゴリー:医療維新 2月8日

    確にする。入院料の観点では、地域包括ケア病棟入院料でも、入院中の減薬の取り組みを評価する「薬剤総合評価調整加算」の算定を可能とする。  向精神薬処方の適正化関連の主な改正は、以下の通り。 ◆一定期間以
  • 「医師による抗菌薬の説明」、診療報酬で評価を検討

    カテゴリー:医療維新 2017年12月2日

    把握できることから、「薬局から減薬の提案がなされるような取り組みが必要」と提案した。  「薬剤総合評価調整加算」は、2016年度改定で新設されたもので、「入院前に6種類以上の内服薬が投薬されていた患者
  • 多剤・重複投薬の適正化、薬剤師から医師への「処方提案」で

    カテゴリー:医療維新 2017年11月2日

     多剤・重複投薬等の適正化に関しては、2016年度改定で、医療機関において患者の処方薬剤数が減少した場合に算定できる「薬剤総合評価調整加算」の新設、薬局が医師と連携して服用薬の減薬を取り組んだことを評価するため「重複投薬・相互作
  • 「内服薬2種類以上、減少」で250点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    が、改定後は、(2)を廃止し、(1)を30点に変更。 ◆不適切な多剤投薬の是正 ・入院:「薬剤総合評価調整加算」の新設:250点(退院時に1回)  「入院前に6種類以上の内服薬」(頓用薬および服用開始
  • 「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価

    カテゴリー:医療維新 2016年1月29日

    個別改定項目について議論、多剤投薬を適正化する観点から、入院患者の内服薬を減薬した場合の「薬剤総合評価調整加算」を新設する方針を了承した(資料は、厚生労働省のホームページ)。外来と在宅医療についても同