m3.com トップ>記事検索結果

「蜂窩織炎」の検索結果

  • 数日後にケトアシドーシス!?糖尿病患者の不定愁訴にご用心

    カテゴリー:臨床ニュース 9月10日

    糖尿病の合併症に強くなれ! 血管閉塞:急性心筋梗塞、脳梗塞、腸間膜動脈閉塞 感染症:肺炎、尿路感染、胆囊炎、蜂窩織炎  救急ミニアドバイス 糖尿病では軽い症状の心筋梗塞が多い。 顎から心窩部までどんな訴えでも必ず心電図チェックから始める。
  • セファゾリン使えない治療の代替薬

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年6月24日

    com意識調査で、セファゾリンの供給不安が影響している治療場面で最も多かったのは、「軟部組織感染症(蜂窩織炎、丹毒など)の治療」で29.1%を占めた。他には「メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)菌血症の治療」23
  • SSI予防に使いたくても査定に困った

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年6月20日

    。フロモキセフ(FMOX)などで代用していますが怖いですね【内科勤務医】 ペースメーカー周術期や蜂窩織炎の治療の際にABPC/SBTに変更を行った【内科勤務医】 帝王切開時の感染予防としてルーチンでセ
  • セファゾリン供給停止の影響「ある」が39%

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年6月17日

    「周術期の予防」が62.4%と最も多かった。  一方、治療への影響については、「軟部組織感染症(蜂窩織炎、丹毒など)の治療」が最多の29.1%で、「メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)菌血症の治療」23
  • 外した骨の感染予防対策でアナフィラキシー

    カテゴリー:臨床ニュース 2019年3月12日

    自分で分かっていながら抜歯後に飲んではいけない抗菌剤を飲み、ステロイド点滴を要しました【精神科勤務医】 50歳代の女性の軽度眼瞼蜂窩織炎に対して レボフロキサシンを処方し帰宅させたところ、自宅で内服後、アナフィラキシー症状が出現しま
  • ヘビ咬傷の妊婦が意識不明で帝王切開

    カテゴリー:臨床ニュース 2018年8月2日

    猫に引っかかれてリンパ節まで腫れたことあり【消化器科開業医】 猫咬傷で創が大きかったためラフに縫ったが、ひどい蜂窩織炎になった。もう絶対に縫うまいと心に誓った【消化器科勤務医】 猫による咬傷受傷後1日で化膿性腱鞘炎
  • 下肢蜂窩織炎のリスク判明、糖尿病は関係なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年9月7日

     下肢に生じた非化膿性蜂窩織炎(NPLC)のリスク因子を、症例対照研究6件のシステマティックレビューとメタ解析で検討。NPLCリスクの上昇は、蜂窩織炎既往歴(OR 40.3、95%CI 22.6 - 72
  • 連携の好事例「脳卒中連携パス」「フリーの退院支援ナース配置」◆Vol.13

    カテゴリー:医療維新 2017年9月5日

    ・注意力のあるケアマネ、訪問看護師や介護士による連絡で、早期に発見された重症の腎盂腎炎や肺炎、蜂窩織炎の症例があった。早めに連絡していただき、病院へ早く紹介できた。【診療所】 ・地域リハ広域支援セン
  • 予想以上に効いた漢方、内科系編

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年5月8日

    ウヨウサン)が良く効いた【勤務医】 誤嚥性肺炎に清肺湯(セイハイトウ)、イレウス・嘔吐に五苓散、蜂窩織炎に排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)【勤務医】 胃弱で痩せた人の、効能書き通りの人に人参湯でば
  • 乾癬患者で入院中の重症感染発生多

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年8月16日

     2002-12年の全米入院患者サンプルから乾癬による入院患者を対象に、重症感染症の発生率を横断研究で検証。乾癬は蜂窩織炎(オッズ比3.21、95% CI 3.12 - 3.30)、単純ヘルペスウイルス(2.21、95%
  • 熊本地震に医療支援に行く医師のための、感染症診療のポイント

    カテゴリー:医療維新 2016年4月21日

    が大事です。被災地でとくに役立つのがクラビット(レボフロキサシン)です。コモンな軟部組織感染症(蜂窩織炎)、尿路感染、肺炎などいろいろな感染症に用いることができ、経口薬なのに点滴薬に近い効果を期待でき
  • 剖検も内科医の仕事、厳しい研修◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2015年11月7日

    、診たら痛風だったのです。2人の症例を院内集談会で話したら、翌日、外科から電話がかかってきて、「蜂窩織炎の診断で切開してみたら膿が出ず、白いものが出てきたんで調べてくれて」と。すぐに手術室に行き、調べ
  • 「不必要な皮膚処置」勧告リスト公表【米国皮膚科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月1日

    感染の根拠が明らかでない限り、下腿の両側性腫脹発赤に抗生物質を日常的に使用しない。これまでの研究では、両側性下腿蜂窩織炎は非常にまれで、脚の腫脹や静脈瘤、接触アレルギーなどによる皮膚炎である可能性が高い。 炎症性表皮
  • 皮膚感染症、CLDMとST合剤で差なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 2015年3月31日

     蜂窩織炎、膿瘍、その両方を有する単純性皮膚感染症患者524人を対象に、クリンダマイシンとトリメトプリム・スルファメトキサゾール(ST合剤)を無作為化試験で比較。ITT集団および評価可能な患者集団(4
  • 1
  • 2