m3.com トップ>記事検索結果

「診断書」の検索結果

  • 「地域枠離脱者」採用病院に公開ヒアリング、臨床研修部会

    カテゴリー:医療維新 7月27日

     構成員にはその場限りで、個別の理由を記した紙が配られた。岡山県精神科医療センター理事長の中島豊爾氏は「『精神科の診断書がある』とあったが、いい加減な精神科医もいるのでそれだけでは理由にならない」と指摘。公開ヒアリング
  • 勤務時間の的確な把握が急務

    カテゴリー:医療維新 7月25日

    【匿名希望・国公立大】 医師の働き方改革の方策と過重労働の改善策として、医師事務作業補助者による診断書の作成、看護師による採血および静脈注射、医師の当直体制の見直しを行っている。 【匿名希望・国公立大
  • 「緊急的な働き方改革」、実施は大学30.3%、大学以外26.8%

    カテゴリー:医療維新 7月10日

    予診」でも42件。大学病院以外では最も多いのは「静脈採血」で1071件中、976件。最も少ない「診断書等の代行入力」でも497件であるなど、タスクシフティングは一定程度、進んでいる現状が分かった。  
  • 時間外労働「医師の特別条項」など提言、日医主導会議

    カテゴリー:医療維新 7月10日

    ほしい」と同調した。 保険会社向け診断書の様式統一を模索  事務局が提出した「国民の理解促進のための取り組みなどについて」では、医師の負担感が大きいとされている診断書などの様式の統一化や簡素化を検討し
  • DNAR事案の救急要請で起きること【JSEM2018】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

    から20分ほどで死亡と診断。同病院は患者のかかりつけ施設ではなかったため、死後CTを撮影し、死亡診断書を作成した。  しかし、「後から病院に到着した家族は“全く蘇生処置を希望していなかったのに”とのこ
  • ICD-11、耐性菌対策強化や漢方・鍼の記載にも言及

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

     WHOが作成・改訂を主導し、ICDコーディングを用いた死因統計の提出を世界各国に勧告している。日本では、医師の死亡診断書の記載に基づく、ICDコーディングを用いた死因分類を人口動態統計に反映している他、疾病分類のコーデ
  • 外国人診療、「医療機関ではどうにもならない問題」

    カテゴリー:医療維新 6月16日

    管理ビザ〔500万円以上出資で取得〕」「留学ビザ」「特定活動(医療)〔観光ビザで来日し受診、その診断書でビザ取得〕」について事例を交えて説明。協会けんぽを持つ外国人患者で、扶養対象となる家族が頻繁に受
  • 医師需給2028年頃に均衡、「週60時間程度に制限」で

    カテゴリー:医療維新 4月13日

    、「血圧などの基本的なバイタル測定・データ取得」、「医療記録(電子カルテの記載)」、「医療事務(診断書等の文書作成、予約業務)」、「院内の物品の運搬・補充、患者の検査室等への移送」の5つの業務のうち、
  • 高齢者の運転免許「実車試験や限定免許を提案する」、鈴木常任理事

    カテゴリー:医療維新 3月27日

    題があることや診断書を作成する医師の訴訟リスクへの不安を払拭する必要があることが記載されたほか、実車試験や限定免許など認知症と運転技能、免許制度の在り方を検討することが示された。「診断書記載に伴う刑事
  • 腎臓機能障害の認定基準変更で周知

    カテゴリー:臨床ニュース 3月7日

    かったが、3・4級の判定時は適用可能となる。新たな認定基準は、2018年4月1日以降に作成された診断書・意見書を添付した申請から対象となる。 関連リンク 【重要】「じん臓機能障害」に関する身体障害者手帳の認定基準が変わります
  • 選手への処方「うかつにできない」

    カテゴリー:医療維新 2月21日

    【薬剤師】 相撲の全国大会に出場する高校喘息治療薬で使用しているステロイド吸入薬の相談を受けた。診断書を発行して持参していただいた。他感冒に使用する漢方製剤で麻黄の入った生薬は禁止薬剤と言われた。【開業医】
  • 2500万円支払い、不適切な抗菌剤投与とは-鹿児島県立大島病院和解訴訟◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2月20日

    呼吸管理および昇圧剤が開始された。 〔3〕男性の死亡  9月15日午前3時15分に死亡した。死亡診断書には、直接死因として、出血性脳梗塞と記載された。また、出血性脳梗塞の原因として播種性血管内凝固(D
  • 医療事故等の警察への届出、2017年はピーク時の2割弱

    カテゴリー:医療維新 2月17日

    6件。  2015年10月から医療事故調査制度が開始したほか、2015年度版の厚生労働省の「死亡診断書記入マニュアル」の改訂で、医師法21条に基づく警察への届出に関する医療関係者の理解が進んだことが要
  • タスク・シフティング、「ないと仕事にならない」

    カテゴリー:医療維新 1月28日

    効果が高い」との回答が少なかった。開業医では「初診時の予診」など4項目で期待が高く、勤務医では「診断書等の代行入力」に回答が集まった。 Q3:その他、Q1以外に実施している業務も含め、タスク・シフティ
  • それ、本当に「老衰」ですか?【時流◆高齢社会の「老衰」を考える】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月26日

     多くの医師に似たような経験があると思うのですが、私は2006年頃から在宅医療に関わり始めて、初めて死亡診断書に「老衰」と記載しました。その後も「老衰」と付けることがあり、そこで「“老衰”とは何だろう」と。今
  • 「老衰」に4つの概念、診断過程を解説【時流◆高齢社会の「老衰」を考える】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月19日

     高齢人口の増加に伴う「多死社会」を迎えた日本で、「老衰死」 」の報告が増えている。これは人口動態統計の基礎資料に用いられる、死亡診断書への「老衰」の記載増加との関連が考えられる。一方、医師の中には高齢者の看取りにおける「老衰」の使用
  • 働き方改革の緊急対策、労働時間管理など5項目は「当然」

    カテゴリー:医療維新 1月15日

    薬の説明や服薬の指導 静脈採決 静脈注射 静脈ラインの確保 尿道カテーテルの留置(患者の性別を問わない) 診断書等の代行入力 患者の移動 また、それぞれの医療機関で労働時間の長い医師について業務内容を再検討することも盛り込んだ。
  • 2017地方紙ニュース年間ランキング

    カテゴリー:医療維新 1月4日

    国新聞】 自閉症への理解深める紙芝居 広島市の「まち物語委員会」が制作【中国新聞】 【山口県】 診断書偽造で有罪判決、下関市民病院の女性看護師【山口新聞】 山大医学部など視察 林文科相「活躍の場、県内にある」【山口新聞】
  • 現状のまま上限規制では「有名無実に」

    カテゴリー:医療維新 2017年10月23日

    将来の執刀につながらないもの 指示の入力、確実にできる簡単な手技の繰り返し(ガーゼ交換) カルテ記載、退院サマリー+診断書など書類業務 ある程度落ち着いているICU術後患者のつきっきり治療  自己研鑽や、将来のために必要
  • 運転免許更新にかかる認知症診断、現場の本音

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月22日

    ざまな声が寄せられた。認知症患者が起こした悲惨な自動車事故の事例を踏まえ、認知症疑いのある患者に診断書の提出を義務づけた改正道路交通法については、「認知症患者は運転すべきでない」と肯定的に受け止める声
  • 免許更新にかかる相談「全て紹介」の割合

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月20日

    どその傾向が強いことが、m3.com編集部で行った意識調査で分かった。「全て自施設で検査を行い、診断書を作成する」との回答には同様の傾向は見られず、認知症疾患センターなど専門医療機関へのアクセスが医師
  • 「ICTを利用した死亡診断等GL」公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月20日

    、死亡診断書を交付できるよう、規制が見直された。今回のガイドライン(GL)では、そのための5つの要件などが記載されている。 ICTを利用した死亡診断を行う5要件  医師は、自ら診察しないで診断書を交付
  • 認知症診断に医師が抵抗感じる理由【時流◆改正道交法】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月14日

     認知症が疑われる高齢者では、免許更新に際し医師による診断書の提出を求めるとした改正道路交通法(改正法)が施行されて7カ月が経過したが、「免許の与奪は医師次第」と言えるこの改正に、認知症診断に関わる医
  • 患者殺到予測は杞憂だったが…【時流◆改正道交法】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年9月12日

     75歳以上のドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道路交通法(以下、改正法)が施行されて7カ月。施行前は、「診断書を求める患者が従来の100倍近くになり、大混乱になる」などと指摘されていたが、ここまでのところ、そ
  • ICD患者の自動車運転制限期間が短縮

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年8月14日

     日本不整脈心電学会などでつくる「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」改訂ワーキンググループはこのほど、「改訂のための補遺・3」を公表。
  • 新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人

    カテゴリー:医療維新 2017年8月4日

    常勤医師数が絶対的に不足していること。 手術:355時間(8.4%) 当該診療科において手術件数が多いこと。 診断書等の作成:321時間(7.6%) 診療や手術以外の準備、記録作成などの業務が多いこと。 その他:301時間(7
  • 死亡診断書作成ソフト「DiedAi」の利用呼びかけ

    カテゴリー:医療維新 2017年7月12日

     日本医師会副会長の今村聡氏は7月12日の定例記者会見で、日医ORCA管理機構が死亡診断書(死体検案書)作成ソフト「DiedAi」の大幅な更新を行ったことを報告し、死亡診断書(死体検案書)を簡便に作成できるとして「ぜひ知って、使っ
  • 看護師確認で死亡診断書、GL案を公表

    カテゴリー:医療維新 2017年7月1日

     看護師による確認で、医師が死後24時間経過後も死後診察なしで死亡診断書を交付できるように規制緩和すべきとする政府・規制改革会議の答申を受けて、厚生労働省が実施した厚労科研費「ICTを利用した死亡診断
  • 高裁、原審判決を踏襲-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2017年6月19日

    と言うことができる。さらにF医師は、CPRSがなければ通常の職業の就労は可能であったと考えるとの診断書を作成していること、女性のこれまでの就労状況、就労意欲、学歴等を総合考慮するならば、少なくとも年3
  • 発症までの経緯として裁判所が認定した事実-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2017年6月5日

    載した診療情報提供書を作成した。 オ 診断書  H医師は2011年1月24日付けで、病名を左CRPSⅠ型とし、今後6カ月の通院加療を要する見込みであるとの診断書を作成した。 (5)γ病院における診療経過など
  • 医師の66.2%が「勤務状況の改善必要」

    カテゴリー:医療維新 2017年5月31日

    「負担が大きい」を合わせた割合が最も多かったのは、「主治医意見書の記載」の51.3%で、続いて「診断書、診療記録および処方せんの記載」が44.7%、「診察や検査等の予約オーダリングシステム入力や電子カルテ入力」が39
  • 「初診から可能」「SNSやメールで」遠隔診療の明確化を

    カテゴリー:医療維新 2017年5月23日

    化の推進」「審査の一元化に向けた体制の整備」を求めている(『死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委』を参照)。  太田議長は「今残っている規制は構造的に難しいもの。まずは省庁を議論に
  • “技量ない”看護師の穿刺でCRPS発症か - 静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2017年5月23日

    に皮膚温の低下と発汗上、肩甲帯以下に感覚過敏と運動性麻痺があり、運動は完全麻痺であるとの後遺障害診断書を作成した。 エ β病院の受診等  女性はF医師の紹介により2012年4月5日に受診し、G医師によ
  • 抗血栓薬「休薬」で出血増加?!【時流◆抗血栓療法】

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年5月11日

    は「報告の対象は“予期しない”だけでなく、“医療起因性があるもの”と定義されている。たとえば死亡診断書の死亡原因欄に“薬剤の投与に伴う脳出血”と記載のあるようなものが対象となる」と説明。一方、「予期し
  • 妊産褥婦の死亡診断書で周知依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年4月28日

     日本救急医学会はこのほど、日本産科婦人科学会から同学会へ周知依頼のあった「妊産褥婦の死亡診断書の記入について」の依頼文を、学会ホームページで公開した。女性の死亡を検案する際に、妊娠していたか、1年以
  • かかりつけ医普及、「地域包括診療加算の算定要件緩和を」

    カテゴリー:医療維新 2017年4月7日

    「かかりつけ医のための認知症マニュアル」や2017年3月から運転免許更新時に診断書提出者の対象拡大に対応するための「診断書作成手引き」などを紹介した。 イノベーションの手当て、診療報酬以外で  201
  • 医師10万人調査、結果公表!

    カテゴリー:医療維新 2017年4月6日

    ・「患者への説明・合意形成」、「血圧などの基本的なバイタル測定・データ取得」、「医療記録」(電子カルテの記載)、「医療事務」(診断書等の文書作成、予約業務)、「院内の物品の運搬・補充、患者の検査室等への移送」の業務に要する時間は、
  • 「かかりつけ医の普及と定着、日医の最大課題」、横倉会長

    カテゴリー:医療維新 2017年3月26日

    くほか、この3月から施行された改正道路交通法に対応するため、『認知症高齢者の運転免許更新に関する診断書作成の手引き』を作成したことを紹介。  「専門医は学際的かつ自律的な位置付け」  続けて横倉会長は
  • 京都府立医大新学長に竹中・元大阪医科大学長

    カテゴリー:医療維新 2017年3月25日

     京都府立医大の学長を巡っては、現学長の吉川敏一氏が2017年4月から3期目に入ることが決まっていたが、暴力団組長の診断書の虚偽記載疑惑に端を発する一連の問題を受けて、同大教育研究評議会は辞職勧告を出していた(『学内幹部
  • 看取りの問題「意思に反した搬送・救命措置等」

    カテゴリー:医療維新 2017年3月22日

    きには、「診療中の患者が受診後24時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない(診察しなくても、死亡診断書の交付可能)」とある。これが限定解釈されており、実際には「診療中の患者
  • 医療事故等の警察届出、2年連続2ケタにとどまる

    カテゴリー:医療維新 2017年3月11日

    った。2015年は65件で、41件の1999年以来、16年ぶりに2ケタとなり、厚生労働省の「死亡診断書記入マニュアル」の改訂で、医師法21条に基づく警察への届出に関する理解が進んだことが要因として考え
  • 認知症診断、かかりつけ医向け手引き公開

    カテゴリー:医療維新 2017年3月9日

    の運転免許更新に関する診断書作成の手引き』を作成・発行した。免許更新に際して認知症が疑われる高齢者の診断書作成を求められた場合の、かかりつけ医としての対応をまとめたもので、診断書作成のフローチャートや
  • 「京都府立医大、創設以来の危機」、中川副学長

    カテゴリー:医療維新 2017年3月2日

     京都府立医科大学副学長の中川正法氏は、3月2日の京都府議会予算特別委員会で、同大附属病院が暴力団組長の収監をめぐり、検察庁に虚偽診断書を提出したとされる問題で、「今回の事件は、本学創設以来の危機と言っても過言ではない。極めて深刻に受
  • 「大学の名誉傷つけられ残念」、吉川・京都府立医大学長

    カテゴリー:医療維新 2017年2月28日

    、大学の名誉や病院の信頼が傷つけられ残念と言うほかない」と語った。京都府警の捜査対象になっている診断書の虚偽記載疑惑については「一切、指示や関与はしていない」と説明。暴力団幹部とは学内で2回、学外のレ
  • 「カルテ通じて、今も指導」高野院長お別れの会

    カテゴリー:医療維新 2017年2月27日

    かだが、患者第一で私たちは注意され続けた」「今でも信じられない。悪い夢を見ているよう」「震災後は診断書作成で忙しくなったが、すぐに対応してくれた」などと、高野氏の生前の様子を語った。  2、3月限定で
  • 「奈良県警内での医師死亡」契機に死因究明制度を議論

    カテゴリー:医療維新 2017年2月26日

    公衆衛生の向上」などが目的として想定される。後者は厚労省の管轄であり、死亡統計を扱い、また「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル死体検案書」の作成も同省であるなどの理由から、新たな法律は厚労省の管轄
  • 学内幹部、全会一致で学長に辞職勧告、27日を期限に設定

    カテゴリー:医療維新 2017年2月25日

    の結果、不安、抑うつ状態で今後2週間の静養が必要と診断された」と連絡があり、以降は出勤してない。診断書も提出されている。「学長と暴力団組長とのつながり」があるかどうかは、大学としては確認していないという。
  • 認知診断激増!? 道交法施行へ学会準備着々

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年2月20日

    日本精神神経学会理事長の武田雅俊氏 ◇Vol.2『指定医不正問題は「実利なき専門医」を変えるのか』はこちら◇ 診断書はシンプルに、書式を調整中 ――まもなく改正道路交通法が施行され、75歳以上の運転免許更新時の手続
  • インフル治癒証明、料金請求する?

    カテゴリー:臨床ニュース 2017年2月17日

    事業所や学校などの規定で治癒証明が必要な場合は、文書料が発生することを了解の上発行する【糖尿病科勤務医】 インフルエンザの診断書は必要ですが、治癒証明書の必要性はないと思っています。費用は他の治癒証明書で有料としているので同じ