m3.com トップ>記事検索結果

「診断書」の検索結果

  • 「ICTを利用した死亡診断等GL」公開

    カテゴリー:臨床ニュース 9月20日

    、死亡診断書を交付できるよう、規制が見直された。今回のガイドライン(GL)では、そのための5つの要件などが記載されている。 ICTを利用した死亡診断を行う5要件  医師は、自ら診察しないで診断書を交付
  • 認知症診断に医師が抵抗感じる理由【時流◆改正道交法】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月14日

     認知症が疑われる高齢者では、免許更新に際し医師による診断書の提出を求めるとした改正道路交通法(改正法)が施行されて7カ月が経過したが、「免許の与奪は医師次第」と言えるこの改正に、認知症診断に関わる医
  • 患者殺到予測は杞憂だったが…【時流◆改正道交法】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月12日

     75歳以上のドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道路交通法(以下、改正法)が施行されて7カ月。施行前は、「診断書を求める患者が従来の100倍近くになり、大混乱になる」などと指摘されていたが、ここまでのところ、そ
  • ICD患者の自動車運転制限期間が短縮

    カテゴリー:臨床ニュース 8月14日

     日本不整脈心電学会などでつくる「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」改訂ワーキンググループはこのほど、「改訂のための補遺・3」を公表。
  • 新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人

    カテゴリー:医療維新 8月4日

    常勤医師数が絶対的に不足していること。 手術:355時間(8.4%) 当該診療科において手術件数が多いこと。 診断書等の作成:321時間(7.6%) 診療や手術以外の準備、記録作成などの業務が多いこと。 その他:301時間(7
  • 死亡診断書作成ソフト「DiedAi」の利用呼びかけ

    カテゴリー:医療維新 7月12日

     日本医師会副会長の今村聡氏は7月12日の定例記者会見で、日医ORCA管理機構が死亡診断書(死体検案書)作成ソフト「DiedAi」の大幅な更新を行ったことを報告し、死亡診断書(死体検案書)を簡便に作成できるとして「ぜひ知って、使っ
  • 看護師確認で死亡診断書、GL案を公表

    カテゴリー:医療維新 7月1日

     看護師による確認で、医師が死後24時間経過後も死後診察なしで死亡診断書を交付できるように規制緩和すべきとする政府・規制改革会議の答申を受けて、厚生労働省が実施した厚労科研費「ICTを利用した死亡診断
  • 高裁、原審判決を踏襲-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 6月19日

    と言うことができる。さらにF医師は、CPRSがなければ通常の職業の就労は可能であったと考えるとの診断書を作成していること、女性のこれまでの就労状況、就労意欲、学歴等を総合考慮するならば、少なくとも年3
  • 発症までの経緯として裁判所が認定した事実-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 6月5日

    載した診療情報提供書を作成した。 オ 診断書  H医師は2011年1月24日付けで、病名を左CRPSⅠ型とし、今後6カ月の通院加療を要する見込みであるとの診断書を作成した。 (5)γ病院における診療経過など
  • 医師の66.2%が「勤務状況の改善必要」

    カテゴリー:医療維新 5月31日

    「負担が大きい」を合わせた割合が最も多かったのは、「主治医意見書の記載」の51.3%で、続いて「診断書、診療記録および処方せんの記載」が44.7%、「診察や検査等の予約オーダリングシステム入力や電子カルテ入力」が39
  • 「初診から可能」「SNSやメールで」遠隔診療の明確化を

    カテゴリー:医療維新 5月23日

    化の推進」「審査の一元化に向けた体制の整備」を求めている(『死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委』を参照)。  太田議長は「今残っている規制は構造的に難しいもの。まずは省庁を議論に
  • “技量ない”看護師の穿刺でCRPS発症か - 静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 5月23日

    に皮膚温の低下と発汗上、肩甲帯以下に感覚過敏と運動性麻痺があり、運動は完全麻痺であるとの後遺障害診断書を作成した。 エ β病院の受診等  女性はF医師の紹介により2012年4月5日に受診し、G医師によ
  • 抗血栓薬「休薬」で出血増加?!【時流◆抗血栓療法】

    カテゴリー:臨床ニュース 5月11日

    は「報告の対象は“予期しない”だけでなく、“医療起因性があるもの”と定義されている。たとえば死亡診断書の死亡原因欄に“薬剤の投与に伴う脳出血”と記載のあるようなものが対象となる」と説明。一方、「予期し
  • 妊産褥婦の死亡診断書で周知依頼

    カテゴリー:臨床ニュース 4月28日

     日本救急医学会はこのほど、日本産科婦人科学会から同学会へ周知依頼のあった「妊産褥婦の死亡診断書の記入について」の依頼文を、学会ホームページで公開した。女性の死亡を検案する際に、妊娠していたか、1年以
  • かかりつけ医普及、「地域包括診療加算の算定要件緩和を」

    カテゴリー:医療維新 4月7日

    「かかりつけ医のための認知症マニュアル」や2017年3月から運転免許更新時に診断書提出者の対象拡大に対応するための「診断書作成手引き」などを紹介した。 イノベーションの手当て、診療報酬以外で  201
  • 医師10万人調査、結果公表!

    カテゴリー:医療維新 4月6日

    ・「患者への説明・合意形成」、「血圧などの基本的なバイタル測定・データ取得」、「医療記録」(電子カルテの記載)、「医療事務」(診断書等の文書作成、予約業務)、「院内の物品の運搬・補充、患者の検査室等への移送」の業務に要する時間は、
  • 「かかりつけ医の普及と定着、日医の最大課題」、横倉会長

    カテゴリー:医療維新 3月26日

    くほか、この3月から施行された改正道路交通法に対応するため、『認知症高齢者の運転免許更新に関する診断書作成の手引き』を作成したことを紹介。  「専門医は学際的かつ自律的な位置付け」  続けて横倉会長は
  • 京都府立医大新学長に竹中・元大阪医科大学長

    カテゴリー:医療維新 3月25日

     京都府立医大の学長を巡っては、現学長の吉川敏一氏が2017年4月から3期目に入ることが決まっていたが、暴力団組長の診断書の虚偽記載疑惑に端を発する一連の問題を受けて、同大教育研究評議会は辞職勧告を出していた(『学内幹部
  • 看取りの問題「意思に反した搬送・救命措置等」

    カテゴリー:医療維新 3月22日

    きには、「診療中の患者が受診後24時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない(診察しなくても、死亡診断書の交付可能)」とある。これが限定解釈されており、実際には「診療中の患者
  • 医療事故等の警察届出、2年連続2ケタにとどまる

    カテゴリー:医療維新 3月11日

    った。2015年は65件で、41件の1999年以来、16年ぶりに2ケタとなり、厚生労働省の「死亡診断書記入マニュアル」の改訂で、医師法21条に基づく警察への届出に関する理解が進んだことが要因として考え
  • 認知症診断、かかりつけ医向け手引き公開

    カテゴリー:医療維新 3月9日

    の運転免許更新に関する診断書作成の手引き』を作成・発行した。免許更新に際して認知症が疑われる高齢者の診断書作成を求められた場合の、かかりつけ医としての対応をまとめたもので、診断書作成のフローチャートや
  • 「京都府立医大、創設以来の危機」、中川副学長

    カテゴリー:医療維新 3月2日

     京都府立医科大学副学長の中川正法氏は、3月2日の京都府議会予算特別委員会で、同大附属病院が暴力団組長の収監をめぐり、検察庁に虚偽診断書を提出したとされる問題で、「今回の事件は、本学創設以来の危機と言っても過言ではない。極めて深刻に受
  • 「大学の名誉傷つけられ残念」、吉川・京都府立医大学長

    カテゴリー:医療維新 2月28日

    、大学の名誉や病院の信頼が傷つけられ残念と言うほかない」と語った。京都府警の捜査対象になっている診断書の虚偽記載疑惑については「一切、指示や関与はしていない」と説明。暴力団幹部とは学内で2回、学外のレ
  • 「カルテ通じて、今も指導」高野院長お別れの会

    カテゴリー:医療維新 2月27日

    かだが、患者第一で私たちは注意され続けた」「今でも信じられない。悪い夢を見ているよう」「震災後は診断書作成で忙しくなったが、すぐに対応してくれた」などと、高野氏の生前の様子を語った。  2、3月限定で
  • 「奈良県警内での医師死亡」契機に死因究明制度を議論

    カテゴリー:医療維新 2月26日

    公衆衛生の向上」などが目的として想定される。後者は厚労省の管轄であり、死亡統計を扱い、また「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル死体検案書」の作成も同省であるなどの理由から、新たな法律は厚労省の管轄
  • 学内幹部、全会一致で学長に辞職勧告、27日を期限に設定

    カテゴリー:医療維新 2月25日

    の結果、不安、抑うつ状態で今後2週間の静養が必要と診断された」と連絡があり、以降は出勤してない。診断書も提出されている。「学長と暴力団組長とのつながり」があるかどうかは、大学としては確認していないという。
  • 認知診断激増!? 道交法施行へ学会準備着々

    カテゴリー:臨床ニュース 2月20日

    日本精神神経学会理事長の武田雅俊氏 ◇Vol.2『指定医不正問題は「実利なき専門医」を変えるのか』はこちら◇ 診断書はシンプルに、書式を調整中 ――まもなく改正道路交通法が施行され、75歳以上の運転免許更新時の手続
  • インフル治癒証明、料金請求する?

    カテゴリー:臨床ニュース 2月17日

    事業所や学校などの規定で治癒証明が必要な場合は、文書料が発生することを了解の上発行する【糖尿病科勤務医】 インフルエンザの診断書は必要ですが、治癒証明書の必要性はないと思っています。費用は他の治癒証明書で有料としているので同じ
  • 米国で早期死亡率上昇、原因に薬物中毒【Lancet】

    カテゴリー:海外ジャーナル 2月15日

     米国の1999-2014年の死亡診断書データを用いて、25-64歳の死亡率の推移を年齢、性別、人種、民族ごとに分析。若年および中年(25-49歳)の早期死亡率は、白人、米国先住民、アラスカ先住民のい
  • インフル治癒証明「診療に支障」「早く出せ」

    カテゴリー:臨床ニュース 2月15日

    能である【内科勤務医】 いかなる病気も証明なんかできない。「○月×日を以て療養終了」という内容の診断書なら書きます【内科勤務医】 医学的には要らない書類ですが、希望するなら出しますよ【消化器科勤務医】
  • 医療研究の内閣総理大臣賞創設を要望、横倉会長

    カテゴリー:医療維新 1月12日

    、高齢者が免許更新をする際などの認知機能検査の結果によっては医師の診断書の提出が求められるようになることを受けて、日医として「診断書作成の手引き」を3月までに作成し、会員に配布することを説明した。横倉
  • 認知症患者の運転中止に医師は無力?! 【JSDR 2016】(2016.12.14訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月14日

    検査の内容は?  現在、改正法に合わせた診断書試案の作成が進行中だ。「自動車運転に影響を及ぼす診断書でかなり詳細な記載が求められる」と池田氏。現行法でも診断書にはHDS-RやMMSEなどの認知機能検査
  • 免許更新で「要認知症診断」100倍に?!【JSDR 2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月12日

    けられない情勢だが、それに伴う課題も多いようだ。特に法改正により、運転免許更新時に認知症に関する診断書が必要となる人の数が、現在の年平均で数百人から4万-5万人と100倍近くに増えるのではとの見方を示
  • 「死亡前日のカルテ、検査結果」掲載

    カテゴリー:医療維新 2016年12月6日

    検査時間は8時48分)(5)、カルテ(6)、退院時サマリー(7) 死亡時刻は10時45分、「死亡診断書」(2月25日付け)の「I.直接死因」は「心筋梗塞」、「II.直接死因には関係しないが、I欄の傷病
  • 医師10万人調査がスタート!厚労省

    カテゴリー:医療維新 2016年12月2日

    血圧などの基本的なバイタル測定・データ取得、(3)医療記録(電子カルテの記載)、(4)医療事務(診断書等の文書作成、予約業務)、(5)院内の物品の運搬・補充、患者の検体室等への移送)――について、実際
  • 高齢運転者対策で学会が要望

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月30日

    り)とされると、公安委員会が臨時適性検査(公安委員会の指定する専門医による診断)を行うか、医師の診断書の提出を命じることができるという規定が新設されている。  日本精神神経学会は要望書の中で、認知症と
  • 癌患者の情報は「事例性」で伝えよう【JSCO 2016】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月28日

    ていく必要性がある。例えば、大腸癌の社員で、手術と自宅療養の後、5カ月で主治医から「復職可能」の診断書が会社に提出されたとする。そこで、「でき上がった製品が入っている段ボールを運ぶ“立ち作業”を避ける
  • ARDS死減少は本当か【米国胸部学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月20日

    最も高いことも分かった。研究グループは、自身らのARDS診断例の死亡に関する複数の検討から、死亡診断書にARDSを死因として記載することがかなり少ない可能性があると結論づけている。 関連リンク Is ARDS
  • 「なぜ」事故が問題視されていなかったのか?- 上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年9月9日

    。執刀医本人も、誰も、何も隠してはいません。皆が状況を見ていたわけで、執刀医は、一番確定的な死亡診断書も書いていたわけです。同じことをやっていて、最後になって、「お前、何をしていたのか」と言われたら、それは気の毒でしょう。
  • 第7次医療計画、「在宅医療」の方向性固まる

    カテゴリー:医療維新 2016年9月2日

    。全国有床診療所連絡協議会専務理事の玉城嘉和氏は、在宅で想定される死亡者数と医師一人当たりの死亡診断書作成数などを基に、各地域での在宅医療の不足数などの目標を立てることを提案。全日本病院協会副会長の猪
  • 医学部教員、負担は増加の一途◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2016年7月6日

    委員会等の管理業務の簡素化、時間の短縮。医療クラーク等を雇用しての診療面での業務軽減(カルテ入力、診断書作成等)。地域連携室による入退院管理の徹底、地域医療機関との連携体制の充実。(島根大学医学部長 山口修平氏)
  • 健康関連の識字能力が児の健康に影響【米国小児科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年6月24日

    し、理解する能力」と定義される。識字能力が低いと、たとえば、予防接種スケジュールや成長曲線、健康診断書を理解したり、小児の予防ケアに関する指示や勧告の遵守が難しいといったことが起こりうる。  研究グル
  • 医師偏在、「実効性のある対策」で解消

    カテゴリー:医療維新 2016年6月3日

    指定医薬部外品の広告基準等の見直し――が打ち出されている(『死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委』を参照)。
  • 「医師不足地域の勤務が院長の要件」、日医

    カテゴリー:医療維新 2016年5月27日

    確認などを条件に、医師が死後24時間経過後も、死亡診断書を交付できるようにすることなどがを提言している(『死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委』を参照)。この点については、離島の患
  • 創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判

    カテゴリー:医療維新 2016年5月22日

    理・運用をする格好となっている。  しかし、「補償」が目的でありながら、専門医による脳性麻痺の「診断書」では判定には足らず、産科医療機関からのカルテ等の提出を義務づけ、それを基に「機構」で「原因分析」
  • 死後24時間後、「看護師の確認で死亡診断書を」規制改革委

    カテゴリー:医療維新 2016年5月20日

    を公表した。医療分野では、看護師の確認などを条件に、医師が死後24時間経過後も死後診察なしで死亡診断書を交付できるようにしたり、 薬剤師不在時でも薬局で登録販売者が第二類、第三類医薬品を販売できるようにしたりすることなどを求めた。
  • 「病院保管で全職種分が盗難に」「免許証を5回再発行」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年4月10日

    介したところ、正直に医師ではないと話されたのを思い出しだしました。【開業医】 ・ないが、障害年金診断書など、指定医を専門医扱いしているが、専門医制度ができて専門医を持っていても専門扱いされないなど、役所の解釈の問題が残っている。【勤務医】
  • 医療事故等の警察届出、2015年は前年から半減

    カテゴリー:医療維新 2016年4月6日

    れた事件もある。  「死亡診断書記入マニュアル」改訂影響か  「医療関係者等」の届出等件数が減少した要因の一つとして考えられるのが、2015年度版の厚生労働省の「死亡診断書記入マニュアル」の改訂だ。
  • 千葉がん“事故調”、引き受けたわけ ‐ 長谷川剛・上尾中央総合病院院長補佐に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2016年3月26日

    件程度の頻度で発生しているという結果でした。ただし、そのうち、100分の1から1000分の1は、診断書作成やカンファレンスなどの段階で気付くため、取り違えに最後まで気づかず、臨床に影響を及ぼすのは10
  • てんかん患者の運転免許で学会調査

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月23日

    ている。前回実施と同内容のアンケートでは、主治医として運転(免許)に関する診断書を求められたケースの有無や運転(免許)の診断書作成で感じる問題点などについて質問しているほか、2014年の法改正に伴う患