m3.com トップ>記事検索結果

「診療報酬改定」の検索結果

  • 療養病棟入院基本料の一本化を提案

    カテゴリー:医療維新 11月17日

    て医療の質が低下することになってはいけない。 入院時食事療養費等に関する論点(案) 2016度診療報酬改定において、主として市販流動食を提供した場合の入院時食事療養費を引き下げたが、改定後の食事療養に
  • 「地域包括ケア」「専門医療提供」、有床診に二つのモデル

    カテゴリー:医療維新 11月17日

    域包括ケアモデル」、主に専門医療を担う有床診は「専門医療提供モデル」と位置付け、2018年年度診療報酬改定でそれぞれ評価する案を説明、診療側と支払側からともにおおむね了承を得た。前者については、入院医
  • 医師のベア実施率、過去6年一貫して低調、四病協

    カテゴリー:医療維新 11月15日

    調査結果を公表した。全日本病院協会の猪口雄二会長は「病院の運営は極めて危ない状況。2018年度診療報酬改定では、大幅なプラス改定を目指したい」と訴えた。  調査は全日病の会員2405病院を対象に、20
  • 特定入院料の算定日数要件緩和など要望

    カテゴリー:医療維新 11月14日

     全国医学部長病院長会議は11月13日の記者会見で、2018年度診療報酬改定に関する要望事項について説明した。9月25日に、同会議と国立大学附属病院長会議、全国公立大学附属病院長・事務長会議、日本私立
  • 全日病会長「本当にひどい経営状況」、実調に見解

    カテゴリー:医療維新 11月13日

     全日本病院協会の猪口雄二会長は11月10日、東京都内で記者会見し、2018年度診療報酬改定の基礎資料となる「第21回医療経済実態調査(医療機関等調査)」について、「本当にひどい状況。(診療報酬改定に当たっては)「自足できる程度には評価して
  • 「不都合感じず」「患者の心理的抵抗大」、介護保険への移行困難な理由

    カテゴリー:医療維新 11月12日

    えない範囲で、医療保険と介護保険のリハビリの併給が可能――という改定が実施された。2018年度診療報酬改定に向けて、維持期リハビリの介護保険への移行に伴う一定の経過措置や例外規定が設けられるかなどが、
  • 処方せん、医薬品の「変更不可」は16.5%に減少

    カテゴリー:医療維新 11月11日

    品の使用促進策の一つ。中医協では、「変更不可」欄をなくすべきだとの意見も出ており、2018年度診療報酬改定の焦点の一つになりそうだ(『後発品加算の算定要件、「80%」に上限引き上げか』を参照、資料は、厚労省のホームページ)。
  • 四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15%

    カテゴリー:医療維新 11月11日

    めて強い主張があり、激しくやりあった(『診療側、働き方改革で診療報酬上の対応求める』を参照)。診療報酬改定の時期でもあり、今こそ必要なものは必要と言わなければいけない。  山本構成員の発表で、委員会が
  • 「自己負担額なし患者」にも明細書の無料発行が普及

    カテゴリー:医療維新 11月11日

    床以上46.6%、400床未満43.6%、一般診療所40.3%)だった。調査は、2016年度の診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(2017年度調査)として実施された(資料は、厚労省のホームページ)。
  • 「残薬の相談経験あり」、患者の14.2%

    カテゴリー:医療維新 11月10日

     11月10日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、2016年度の診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(2017年度調査)の結果概要が報告され、2017年4月以降、残薬で薬
  • 厚労省、「医療経済実態調査の結果は適切」

    カテゴリー:医療維新 11月10日

    を踏まえて抽出調査を行っている。一般的な方法であり、適切なものと考えている。この結果を踏まえ、診療報酬改定に向けて議論をしていただきたい」と答弁した。  松本氏はさらに、中医協総会で調査結果が公表され
  • 紹介状なし定額負担、どこまで拡大?

    カテゴリー:医療維新 11月10日

    研究科教授)では、紹介状なしで大病院を受診した場合の定額負担について議論した。  2016年度診療報酬改定では「特定機能病院と一般病床500床以上の地域医療支援病院」が徴収を義務とされ、「一般病床が2
  • 「財務省の分析、疑念すら覚える」、横倉日医会長

    カテゴリー:医療維新 11月9日

    える」と問題視した。日医としては、医療機関の経営が厳しいという認識に変わりはなく、2018年度診療報酬改定に向け、「本体と薬価改定を合わせてネットでプラス改定ができれば望ましい。しかし、社会保障の持続
  • 「全入院基本料の大幅引き上げ、不可欠」、日病協

    カテゴリー:医療維新 11月9日

     14の病院団体で構成する日本病院団体協議会は11月9日、全入院基本料の大幅な引き上げなど、計7項目から成る「2018年度診療報酬改定に係る要望書」(第2回)を、厚生労働省保険局長宛に提出した。  提出後に会見した日病協の診療報
  • 「プラス改定、必要性は明白」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 11月8日

    になく悪いと思う」と指摘、「特に病院が悪い」と付け加え、その理由として給与費総額の増加に見合う診療報酬改定が行われておらず、給与費率が上がっている点を挙げた。その要因は、従業員1人当たりの平均給与費増
  • 医療法人の無床診、経営改善は皮膚科のみ

    カテゴリー:医療維新 11月8日

     2015年度調査では産婦人科(10.9%)と耳鼻咽喉科(10.8%)が10%を超える高い損益差額率だったが、2016年度診療報酬改定を経た今回の調査では、10%超の診療科は一つもなく、最大でも耳鼻咽喉科の9.1%。逆に、外科は2
  • 年収は3126万円、医療法人病院長がトップ

    カテゴリー:医療維新 11月8日

    .0%減)、個人1014万2218円(0.8%減)。  今回の医療経済実態調査は、2016年度診療報酬改定をはさんだ2カ年の経営状況を調べるため、(1)2016年4月から2017年3月末までに終了した
  • 一般病院の損益マイナス4.2%、過去3番目の悪さ、2016年度改定後に悪化

    カテゴリー:医療維新 11月8日

     厚生労働省は11月8日の中央社会保険医療協議会の総会と調査実施小委員会で、2018年度診療報酬改定の基礎資料となる「第21回医療経済実態調査(医療機関等調査)」の結果を公表、2016年度の一般病院1
  • 2%台半ばマイナス改定「あり得ない」

    カテゴリー:医療維新 11月3日

     財務省の財政制度等審議会財政制度分科会が10月25日、診療報酬改定1回当たり「2%台半ばのマイナス改定が必要」との考えを打ち出した。国民医療費の過去10年の平均約2.5%から高齢化等による約1.2%
  • 特定健診勧奨など、生活習慣病重症化予防で評価提案

    カテゴリー:医療維新 11月1日

    ただいて議論したい」と指摘。同常任理事の松本純一氏も「根拠として弱いのではないか。2016年度診療報酬改定で導入された点数であるから、もう少し様子を見てはどうか」と述べた。  生活習慣病管理料の見直しについての主な意見は次の通り。
  • 後発品加算の算定要件、「80%」に上限引き上げか

    カテゴリー:医療維新 11月1日

    まり基準を引き上げると、使用意欲がなくなる」とけん制。「一般名処方加算」についても、2016年診療報酬改定で変更したばかりであるとし、「このままでいいのではないか」と指摘した。  一方、支払側の健康保
  • 診療側、遠隔診療は「対面の補完」強調

    カテゴリー:医療維新 11月1日

    議決定された「規制改革実施計画」で、「遠隔診療の診療報酬上の評価の在り方について、2018年度診療報酬改定に向けて対応を検討し、結論を得る」とされ、今回の改定のテーマの一つとなっている。  委員の主な意見は次の通り。
  • ヒルドイド問題、保険適用外か否か、結論持ち越し

    カテゴリー:医療維新 11月1日

     ヒルドイドをめぐっては、美容目的と想定される使用が一般メディアでも問題視され、適正使用を求める声が上がっているが、2018年度診療報酬改定で何らかの対策を実施するかどうかについて結論は出ず、改めて検討することになる見通し(資料は、厚生労働省のホームページ)。
  • 病院経営は「増収減益、依然厳しい」

    カテゴリー:医療維新 11月1日

    微減。医業利益も、マイナス4568万円からマイナス4482万1000円に赤字幅が縮小した。  診療報酬改定への対応では、一般病棟・特定機能病院一般病棟・専門病院における7対1入院基本料の算定割合は、回答した606病院のうち67
  • 三保連シンポ、「働き方改革には財源」

    カテゴリー:医療維新 10月31日

    に2時間にわたって講演や討論が行われたが、財務省の財政制度等審議会財政制度分科会が2018年度診療報酬改定を2%台半ば以上マイナスとすべきという考えを10月25日に打ち出したばかりとあって、「働き方改
  • 「利益なくして、果たせる使命なし」、万代・日病副会長

    カテゴリー:医療維新 10月28日

    してきたと説明。約10年前は、“立ち去り型サボタージュ”、“医療崩壊”が叫ばれてきたが、累次の診療報酬改定を経て、医師をはじめとする医療従事者の負担軽減策が取られてきたことを、「大変印象深い出来事であり、かつ感謝もしている」と評価した。
  • 日病協議長「賃金3%アップ原資は診療報酬で」

    カテゴリー:医療維新 10月27日

    省の財政制度等審議会財政制度分科会が診療報酬改定1回当たり2%台半ば以上のマイナスが必要との考えを示していることにも触れ、近くまとめる予定の2018年度診療報酬改定に向けた要望書第2弾に盛り込む方針を示した。
  • 「社会保障費の増加、5000億円以下に」、経済財政諮問会議

    カテゴリー:医療維新 10月27日

    ◆目安の 5,000 億円増を下回る増加に向けた抑制努力 安倍内閣の下、2014、2016 年度の診療報酬改定等では平均でマイナス1400 億円、前回の介護報酬改定ではマイナス600 億円、生活保護の見直
  • 回復期リハ病棟、アウトカム評価のハードルは妥当か?

    カテゴリー:医療維新 10月26日

    政治学研究科教授)は10月25日、回復期リハビリテーション病棟入院料について議論、2016年度診療報酬改定で導入したアウトカム評価について、診療側は一定の効果が出ていることを踏まえ、「まだ経過を見てい
  • 診療報酬「マイナス2%台半ば以上」に、財政審

    カテゴリー:医療維新 10月25日

     財務省の財政制度等審議会(会長:榊原定征・経団連会長)は10月25日、2018年度の診療報酬改定について、医療費の伸びを高齢化の範囲内にするためには、診療報酬改定1回あたり、 「2%台半ば以上のマイナス改定が必要」との考えを
  • 医師不足対策や地域医療体制整備など―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 10月19日

    ったが、地域ごとの医療格差をどうするのか。 医療機関が安心して医療提供できること  2年ごとの診療報酬改定は医療機関にとってはかなり負担。大きく変えられると対応が困難。いっそ向こう10年は診療報酬は改定しない、など思い切った政策を。
  • 睡眠薬・抗不安薬、薬剤数と処方期間の制限検討

    カテゴリー:医療維新 10月18日

    げ、「ベンゾジアゼピン系は例示であり、向精神薬全般をどう考えるかという提案」と説明した。過去の診療報酬改定で向精神薬の多剤投与が段階的に制限されてきたが、 2016年8月時点でも、外来・調剤レセプトで
  • 半数が「プラス改定すべき」―衆院選医師候補者アンケート◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 10月16日

    7衆院選、主要8政党の医療政策』を参照)。  第1回は、診療報酬の増減に関して、「2018年度診療報酬改定で、診療報酬本体(技術料、薬価・医療材料代を除く)を プラス改定すべきか」を聞いた。プラス改定
  • 保湿剤、「一部保険適用外に」、健保連が提言

    カテゴリー:医療維新 10月13日

    場合には保険適用から除外する」ことなどを提言した。  健保連は健保組合の協力の下、2018年度診療報酬改定に向けてレセプトデータを分析するなどし、下記の3項目の提言をした(資料は、健保連のホームページ)。
  • 「2018年度の改革は“惑星直列”」、迫井厚労省医療課長

    カテゴリー:医療維新 10月6日

     厚生労働省保険局医療課長の迫井正深氏は10月5日、日本医師会の社会保険指導者講習会で「2018年度診療報酬改定に向けて」をテーマに講演、「日本型少子高齢化社会」が到来しているとし、「私たちは、いかに激動の
  • 「必要な財源確保が改定の大前提」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 10月5日

     厚生労働省の社会保障審議会医療部会(部会長;永井良三・自治医科大学学長)は10月5日、前回会議に続き、2018年度診療報酬改定の基本方針策定に向けて議論、日本医師会副会長の中川俊男氏は、「必要な財源確保」を書き込むよう求
  • 介護医療院、「看板での名称掲示は任意」

    カテゴリー:医療維新 10月5日

    表示上の虚偽広告に当たらないよう配慮が必要になる。 10月5日の社保審医療部会は、2018年度診療報酬改定の基本方針についても議論。
  • がん対策重点は「小児がん、がんゲノム医療、緩和ケア」

    カテゴリー:医療維新 10月4日

     中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は10月4日、(資料は、2018年度診療報酬改定に向けた「個別事項:その2:がん、感染症等」について議論した(厚生労働省のホームページ)。  
  • 2018年度改定、重点課題は「地域包括ケアシステムの構築」

    カテゴリー:医療維新 10月4日

     厚生労働省は、10月4日の社会保障審議会医療保険部会(部会長:遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)で、2018年度診療報酬改定の基本方針のたたき台の4つの「改定の基本的視点」のうち、「地域包括ケアシステムの構築と医療機能
  • 「紹介状なし」定額負担、対象病院拡大を検討

    カテゴリー:医療維新 10月4日

    声が上がった(資料は、厚労省のホームページ)。 10月4日の社保審医療保険部会は、2018年度診療報酬改定の基本方針についても議論も実施。  「お金の問題だけではない」  厚労省の調査によると、201
  • 国民医療推進協議会、財源確保などの要望を決議

    カテゴリー:医療維新 10月3日

    都内で第13回総会を開催し、同日から開始する国民医療を守るための国民運動の概要と、2018年度診療報酬改定に向けた要望事項を決議した。  要望は「国民が将来にわたり必要な医療・介護を安心して十分に受け
  • 「地域医療を守る病院協議会」が発足

    カテゴリー:医療維新 9月28日

    仲井培雄氏 記者会見での各団体の発言の概要は次の通り。 全自病会長・邉見氏:今日の会議では、「診療報酬改定に関して医療資源の少ない所に、算定要件や施設基準を緩和してほしい。地域包括ケア支援病院など、小
  • レセプトに郵便番号、カタカナ氏名記載を提案

    カテゴリー:医療維新 9月27日

    係る情報の利活用」について議論した。  厚生労働省保険局医療課長の迫井正深氏は「事務の効率化は診療報酬改定ごとにある程度しているつもりだが、全体の総点検はしてきていないので、この際に行いたい」と検討の
  • 7対1、重症度基準「非該当」4割を問題視、支払側

    カテゴリー:医療維新 9月27日

    負担軽減につながる可能性がある」と受け止めたものの、慎重な検討が必要であるとし、「2018年度診療報酬改定での拙速な改定は避けるべき。根拠に基づき、中長期的な議論が必要」と求めた。  入院医療等の調査
  • 新血糖測定デバイスが「糖尿病診療のパラダイムシフト」に

    カテゴリー:臨床ニュース 9月27日

    きる。  保険償還価格は、特定保険医療材料としてではなく、技術料として評価された。2018年度診療報酬改定までの間は、準用技術料として血糖自己測定(SMBG)を行った場合の加算である「血糖自己測定器加
  • 医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」

    カテゴリー:医療維新 9月20日

    革」に対する総論的打ち手、応招義務の問題など、多岐にわたった。  まず医師の「働き方改革」は、診療報酬改定、医療計画、地域包括ケアシステム、地域医療構想、新専門医制度、医師偏在・需給問題など、現在進行
  • 「医師の働き方改革は喫緊の課題」、2018年度改定の基本方針

    カテゴリー:医療維新 9月15日

     厚生労働省の社会保障審議会医療部会(部会長;永井良三・自治医科大学学長)は9月15日、2018年度診療報酬改定の基本方針に向けた議論を開始した(資料は、厚労省のホームページ)。厚労省が提示した基本方針のた
  • 主要検討テーマは4項目、「医師の働き方改革」への懸念根強く

    カテゴリー:医療維新 9月15日

    テーマとすることを確認した(資料は、厚労省のホームページ)。並行して今年末までに、2018年度診療報酬改定の基本方針の議論を進める。  このうち次期通常国会への法案提出を視野に入れ、議論を進めるのが、
  • 医師の勤務実態、病院種別、診療科別にタイムスタディ

    カテゴリー:医療維新 9月9日

    医療・介護同時改定 toward & beyond」。昨今の医療情勢を概説した上で、2018年度診療報酬改定の注目点を説明した。  「なぜ変わらなければいけないのか。今、変わらなければいけない」  講演
  • 「自然増抑制、診療報酬改定などで対応を」、健保連

    カテゴリー:医療維新 9月6日

    。2018年度診療報酬改定の予算も含め、今年末にかけた予算編成過程で検討する。  この点を指摘したのが、健康保険組合連合会副会長の白川修二氏。「あくまで医療保険制度の改革、診療報酬改定と介護報酬改定の
24